menu
マンガ・ラノベ
『メイドインアビス』ネタバレ最新巻までを解説

【ネタバレあり】TVアニメ第2期放送予定、冒険への憧れがつまった最凶ダークファンタジー『メイドインアビス』の原作あらすじをご紹介!

『メイドインアビス』は、「WEBコミックガンマ」にて不定期連載中の、つくしあきひとさんによるダークファンタジー漫画。巨大な縦穴「アビス」に立ち向かう、少年少女たちの冒険が描かれた物語です。

国民的アニメを彷彿とさせるゆるふわなキャラクターデザインとは裏腹に、その作風は想像を絶するほどに過酷なもの。一瞬の油断が命取りになる大自然に知恵と勇気を駆使して立ち向かう手探り感や、綿密に練られた設定の数々が魅力となっており、多くの読者を虜にしています。

TVアニメ第1期が2017年に放送開始。2019年の劇場版総集編を経て、2020年には完全新作となる劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』が公開。さらに、2022年にはTVアニメ第2期『メイドインアビス 烈日の黄金郷』の放送も予定されています。

本稿では、そんな第2期で描かれるであろう原作10巻までのあらすじをご紹介します。多大なネタバレが含まれているため、第2期を楽しみにしているというアニメ派の方はご注意ください。

アニメイトタイムズからのおすすめ

『メイドインアビス』あらすじ

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?

第1巻:偉大な母に追いつくため、深淵の底を目指す大冒険の幕が上がる

物語の舞台となるのは、約1900年前に発見された直径約1000メートル、深さ不明の巨大な縦穴「アビス」。独自の生態系や、理を超えた不可思議な遺物、奈落の果に眠るという黄金郷の伝承などが、世界中の冒険家たちを誘い駆り立てていた。

主人公の「リコ」は、そんなアビスに憧れを抱いている活発で好奇心旺盛な孤児院暮らしの女の子。アビスに挑む「探窟家」の見習いとして精進していたある日、人間そっくりのロボット「レグ」との運命的な出会いを果たすことになる。

レグは記憶を失っており、自分がロボットであることすら覚えていない始末。しかし、リコはレグをアビス史上最も価値のある遺物「奈落の至宝(オーバード)」ではないかと考え興味津々。彼女の提案もあり孤児院で暮らすことになったレグは、自分の正体を知るために探窟家を目指すことになる。

レグが孤児院に馴染んできた頃、アビスの深層からある人物の痕跡が届けられる。それは、探窟家の中でも最高峰の証「白笛」を持つリコの母親「ライザ」からのメッセージだった。「奈落の底で待つ」。それを自分への伝言だと直感したリコは、レグと共にアビスの底へ旅立つ決意を固める。

アビスが未開の地とされているのは、深く潜れば潜るほど、帰還しようとした時の「呪い」と呼ばれる負荷が強力になるため。アビスの底を目指すということは、二度と地上に戻れなくなることを意味していた。

しかし、見習いとはいえリコも探窟家のひとり。母に会いたいという気持ち以上に、アビスの底を見たいと憧れを抑えることはできなかった。「アビスで通じてずっと繋がっているから」。孤児院の仲間たちとの別れに涙を浮かべながらも、リコたちは笑顔で深淵へと旅立っていくのだった。

第2巻:母を知る白笛・オーゼン登場。リコの衝撃の秘密が明らかに

リコの武器はアビスに関する豊富な知識。しかし、探窟家としてはまだまだ半人前以下。原生生物に襲われるようなことがあればひとたまりもありません。そこをサポートするのがレグの役割。武器となるのは頑丈な体に伸び縮みする腕、そして2時間の昏倒と引き換えに敵を殲滅する切り札「火葬砲(インシネレーター)」。持てる全ての力を駆使して探窟を進めるふたりは、深層二層「誘いの森」の終わりに位置する「監視基地(シーカーキャンプ)」にたどり着く。

同世代の子供「マルルク」や、母親のライザと旧知の仲であり「不動卿」の異名を持つ白笛のひとり「オーゼン」と出会い、つかの間の休息を得るふたり。しかし、リコはそこで自身の出生に隠されたある秘密を知らされることになる。

それは、自身が死産であり、遺物「呪い除けの籠」の力で人の形を保ったまま生き返った存在であったということ。母からのメッセージも偽物である可能性が高いと指摘され、リコはアビスの底へ向かう目的を見失いかけてしまう。

オーゼンの大人気ない対応に、ついに怒りを顕にするレグ。実力行使で黙らせようとするも、白笛のオーゼンには手も足も出ず、切り札の火葬砲にもあっさり対応されてしまう。反動で意識を失ったレグを玩具のように弄ぶオーゼン。さらにリコを追い詰めるため、その目の前でレグの破壊を試みる。

2時間後に意識を取り戻したレグ。目の前には泣き崩れるリコと、オーゼンがリーダーを務める探窟隊「地臥せり」の姿があった。レグに謝罪する地臥せりの男。オーゼンの凶行はふたりの力量を測るためのテストだったのだと教えられる。

結果は不適格。リコとレグは、深層への探窟を続ける実力も覚悟も足りていなかったと叱責されてしまう。それでも母が生きている可能性に賭けてアビスの底を目指したいいうリコ。オーゼンの提案もあり、ふたりは旅を続けられるよう改めて鍛え直されることになる。

ふたりが命がけの試練に挑んでいる頃、オーゼンは昔のことを思い出していた。それはリコの母親、ライザがまだ見習いだった頃の記憶。子供嫌いのオーゼンが何度邪険にあしらおうとも、ライザは白笛であるオーゼンに憧れ自分の師匠になるように詰め寄っていた。

許可した覚えもないのに勝手についてくるライザ。一緒にいる時間が増えるにつれて、不思議な関係が築かれていた。ライザが白笛になり、結婚し、深層でリコ産み落とした場にも居合わせていたオーゼン。最後の記憶は、ライザが帰らぬ旅に出かける直前、成長したリコに出会ったらアビスの素晴らしさを教えてやってほしいと頼まれた時のもの。オーゼンは「自分で言え」と一蹴。その代わり、リコを深層に送り出す手伝いくらいはしてやると約束するのだった。

第3巻:容赦なく牙をむくアビスの原生生物。瀕死のリコの前に現れたのは……

オーゼン、マルルク、地臥せりたちに見送られた後、深層四層「巨人の盃」にたどり着いたリコとレグ。ふたりはそこで危険な原生生物「トガジシ(タマウガチ)」襲われてしまう。

原生生物特有の能力で動きを読まれ、左手に致命傷となる毒の針を受けてしまうリコ。一か八か、呪いを覚悟した上方への逃走には成功するも、トガジシの毒による激痛と、流血を伴う四層の呪いにより、リコは生死の境を彷徨うことになる。旅の終わりを覚悟するレグ。そこへ、ウサギのような耳と被毛に覆われた全身を持つ獣人のような不思議な生き物、「成れ果て」を名乗る「ナナチ」が姿を現す。

瀕死のリコを連れたレグは、4層にあるナナチの隠れ家に案内される。人体に精通したナナチの的確な処置により、どうにか一命を取り留めるリコ。彼女の意識が戻る前の間、レグはナナチと暮らすもうひとりの成れ果て「ミーティ」と出会い、ナナチからふたりの過去とその目的を教えられる。

ナナチとミーティは浮浪児で、元々は「黎明卿」の異名を持つ白笛のひとり「ボンドルド」によって深層5層に連れて来られたということ。アビスの呪いを克服しようとするボンドルドの「呪いをふたりのうち片方に押し付ける」実験によって、ミーティは6層からの呪いを一身に受けたことで人間性を失った存在=成れ果てとなり、「押し付ける側」だったナナチは人間性を保ったまま成れ果てになったということ。呪いの弊害によって不死を得てしまった親を開放するため確実に殺せる方法を探していたこと。そして、レグの火葬砲ならそれが可能であること。

ふたりの境遇に心を痛めるレグ。恩人であるナナチに深く感謝しており、短い時間ではあるものの友情を感じていたレグは、ナナチに後を追わないことを約束させ、ミーティを送り出すという残酷な頼みを引き受ける。

ミーティとの別れに涙を流すナナチ。翌日、意識を取り戻したリコは、暗い夢の中でミーティのような女の子に助けられたという話しをする。ミーティの魂が開放されたことで、アビスへと還っていき、リコの夢の中に現れたのではないか。そう信じたナナチは、ようやく安堵の表情を浮かべる。

リコとレグの誘いもあり、ナナチは探窟のメンバーに加わることになる。冒険を続けるための全ての準備が整った日、ナナチはミーティとの思い出が詰まった隠れ家に別れを告げるのだった。

第4巻~第5巻:深き魂の黎明。最凶の白笛・ボンドルドとの激闘

深層5層「なきがらの海」の終わり、6層「還らずの都」へ降りるための遺構「祭壇」のある「前線基地(イドフロント)」にたどり着いたリコたち。しかし、祭壇の起動には白笛が必要であることが発覚。前線基地での足止めを余儀なくされる。そんなリコたちに、ナナチとミーティにとって因縁の相手であるボンドルドとの邂逅、そしてその娘「プルシュカ」との出会いが待っていた。

活発な性格のプルシュカは、リコに負けず劣らず好奇心旺盛で強い冒険心の持ち主。アビスで生まれ育ったため地上を知らず、不思議な生き物「メイニャ」だけが唯一の友達だった。そのため、地上から来たというリコに強い興味を抱き、歳や性格が近いということもあってすぐに意気投合。自分も一緒に冒険に行きたいとまで思うまでに友情を育むことになる。

プルシュカとの交流もあり警戒が和らいでいた3人。しかし、ボンドルドの魔の手は迫っていた。リコたちが寝静まった頃にレグを拘束。その秘密を解き明かしたいという純粋な興味からレグの解体を強行してしまう。

間一髪、危機に気がついたナナチが救出に駆けつけるが、既にレグの右手は切り落とされた後。ふたりの姿が見当たらないことを不審に思ったリコとプルシュカもその場に合流。レグの惨状を目の当たりにしてもボンドルドを見捨てきれなかったプルシュカを残し、3人は前線基地を離れることになる。

レグを追ってきたボンドルド。遂に白笛との本格的な戦いが幕を開ける。格上であるボンドルドに対して、ナナチの提案したアビスの呪いを利用した作戦で致命傷を与えることに成功。瀕死のボンドルドに白笛を使わせることで6層を目指そうとするも、たまらず駆けつけてきたプルシュカの乱入で作戦は中断。その隙にボンドルドは、遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」の力で精神を植え付けた探窟隊「祈手(アンブラハンズ)」の体を使うことで復活を果たしてしまう。

 
再戦に備え、万全の準備を整えるために前線基地へと消えていくボンドルド。リコたちも作戦を練り直すことになる。レグは前線基地の電力を利用して切り札である火葬砲のエネルギーを充電。その影響で一時的な暴走状態に陥るも、呪いを肩代わりさせる発明品「カートリッジ」で武装したボンドルドを凄まじい勢いで追い詰めていく。

戦いの中で消費され、次々に破棄されていくカートリッジ。その正体は、ナナチのような浮浪児たちを加工して生きたまま箱詰めにしたもの。カートリッジを破棄するたびに、ボンドルドは元となった子供の名前を呼んで感謝の気持を示していく。最後に破棄されたカートリッジの名前はプルシュカ。前線基地に戻った直後、彼女はボンドルドによってカートリッジへと加工されてしまっていた。

必死の抵抗でボンドルドの油断を誘い、切り離された右手からの火葬砲でからくも勝利を収めたリコたち。しかし、その表情に達成感や笑顔はなかった。まだ温もりの残るカートリッジ抱きしめ、リコは泣き崩れてしまう。

その時、カートリッジから何かが零れ落ちる。その白い結晶の正体は、リコたちが探し求めていた白笛、その材料となる遺物「命を響く石(ユアワース)」。人としての形は失ってしまいましたが、プルシュカの魂は死んでいなかった。彼女はリコたちと冒険に行きたいという願いを、リコだけが奏でられる白笛となることで叶えたのだ。

ボンドルドは再び新たな体で蘇るが、もう行く手を阻むようなことはしなかった。それどころか、自分を打倒したリコたちの行動を称え、その憧れの強さに敬意を示す。リコはプルシュカを奏で祭壇を起動。レグ、ナナチ、プルシュカ、そしてメイニャと共に、人間として二度と戻ることの叶わない深界6層へと旅立っていくのだった。

おすすめタグ
あわせて読みたい

メイドインアビスの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング