menu
音楽
『プリマジ!』OPテーマで念願のアーティストデビュー! 鈴木杏奈インタビュー

『ワッチャプリマジ!』オープニング主題歌で念願のアーティストデビューを飾る鈴木杏奈さんにインタビュー「皆さんに私の曲を愛してもらえたらうれしいです! “鈴木杏奈、歌レベチ!”って言われたい!(笑)」

『プリティーシリーズ』の10周年記念作品『ワッチャプリマジ!』(『プリマジ』)で、心愛れもんを好演する鈴木杏奈さん。本作のオープニングテーマ「Dreaming Sound」でアーティストデビューを飾ります。

12月1日(水)にリリースされるシングルには、「Dreaming Sound」のほか、ゲームアプリ『アズールレーン 』「セイレーン作戦」のテーマソング「Sail Away Justice」を収録。夢見る気持ちを大切に、ポジティブなパワーを乗せた「Dreaming Sound」から一転、「Sail Away Justice」は力強いロックナンバーとなっています。

幼少期に歌に目覚め、『THE カラオケ★バトル』(テレビ東京)で頭角を現した鈴木さん。2018年には「ANIMAX MUSIX2018OSAKA」大阪城ホールにてオープニングアクトを熱演、2019年9月には『IDOL舞SHOW』の百合ヶ丘みさき役で声優デビューと、現役高校生というフレッシュな存在でありながら、底知れぬポテンシャルを秘めた実力派です。

本作には、夢に向かってまっすぐに進んできた彼女だからこそ贈れる、輝かしいエールが詰まっています。デビューについて、シングルについて、その想いを教えてもらいました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

「プリマジ!」れもん役&アーティストデビュー「一気に夢が叶った」

――れもん役と同時にアーティストデビューが決まったときの心境はいかがでしたか?

鈴木杏奈さん(以下、鈴木):マネージャーさんたちからサプライズのような形で教えていただいたんです。スタッフの皆さんがいるお部屋に呼ばれたんですが、冷えた雰囲気で、険しい表情をされていて。「これは怒られるな」と確信しました(笑)。

――皆さん演技派!(笑)

鈴木:そうなんですよ! だから「ああ、私何かしてしまったんだ!」と思いました(苦笑)。そんな中で、マネージャーさんから『プリマジ』のオーディションの結果を次々と伝えられたんです。「〇〇は〇〇さんに決まりました」ってひたすら。最後に「オーディション落ちた原因はなんだと思う?」って聞かれるんだろうなって。そしたら「心愛れもん役、決まりました!」ってクラッカーが鳴って。うれしすぎて、その場で泣いてしまいました。一気に夢が叶って、本当にほんとうにうれしかったです。その場面も、クラッカーの音も、鮮明に覚えています。サプライズを考えてくれたスタッフさんたちに感謝です。

――ご家族の皆さんも喜ばれたのではないでしょうか。

鈴木:帰宅してすぐに報告しました。両親は「えっ、本当に!? それドッキリじゃないの!?」って(笑)。偶然にもその日は両親の結婚記念日だったんです。よろこびが重なって「お祝いに行かなきゃね」って。それでみんなでご飯を食べに行きました。その後、アニメ放送の1話で「Dreaming Sound」が流れているのを観て泣いていました。

――ご家族の皆さんでご覧になられたんですか?

鈴木:はい! みんなで観ました!

――鈴木さん自身のお気持ちはいかがでしたか?

鈴木:私も泣きそうに(笑)。レコーディングももちろんしていましたし、キャラクターの絵も見ていたんですけど、改めて放送されて「私、主題歌を歌わせてもらったんだ……」って実感しました。アニメを観て育ってきたので、オープニングを歌えるって本当にありがたいことだし、うれしいことだなとしみじみ噛みしめました。

――アニメを観て育ってきたとのこと。それは『プリティーシリーズ』に限らず?

鈴木:そうですね! いろいろな作品を見ています。少年マンガや戦闘系も好きです。だからアニメ主題歌を歌うというのは、夢のひとつでした。

――オープニングテーマ「Dreaming Sound」はどのような印象がありましたか?

鈴木:初めて聴いたときの印象が「キラキラ」「元気」でした。さらにここからもっとより良い曲にしないとなと思って、自分なりに研究して、練習しながらレコーディングに挑みました。

――レコーディングはいかがでしたか?

**鈴木:歌詞の中に<Pretty Magic><キラキラ>など、ポイントとなるような歌詞があって。その歌い方を意識したり、カッコ良い曲ではあるけど可愛い要素も入れたなと思ったりしました。キラキラしたイメージを崩さないようにしないと!って。最初は緊張していたんですが、楽しく明るい曲なので、肩の力を抜いて、ほっぺを上げて、ニッコニコな笑顔で歌いました!

――カッコよさもあったり、可愛さもあったり……ブロックごとに表情がくるくる変わるなことが印象的でした。特に<聴かせて>の部分は、みんなの声を聴きたい!という純粋な思いも込められているように感じて。

鈴木:あっ、本当ですか!? うれしいです。今は難しいとは思うんですが、いつかライブで皆さんも声が出せるようになった時、掛け声になる部分かなと思っているんです。思わず声を出してしまいたくなるようなパワー、キラキラした感じを出したいなと思っていました。

――フルで最後まで聴くと違った爽やかさがありますよね。

鈴木:そうなんですよね! (インタビュー段階では)まだ皆さんは最後までは聴けないので申し訳ないんですが (笑)。ドキドキ、ワクワクしながら待ってて欲しいです!今後フルコーラスで歌う機会があるので、気になった方はぜひ見に来て欲しいです!

――12月5日(日)には幕張メッセで「プリパラ&キラッとプリ☆チャン&ワッチャプリマジ! Winter Live 2021」があります。シンガロングは難しいかもしれませんが、きっとペンライトなどで応戦してくれるんじゃないかなと。

鈴木:すっごく楽しみです! 高く振り上げて合図して欲しいです!

カップリングは力強く

――カップリング曲の「Sail Away Justice」はゲームアプリ『アズールレーン』「セイレーン作戦」のテーマソング。お話をいただいたときはどんなお気持ちでしたか?

鈴木:「アズールレーン」って、あの「アズールレーン」!?となりました(笑)! もちろん嬉しかったですが、驚きが大きかったです。

――また、表題曲とは一転、力強いロックチューンになっています。鈴木さんとしてはどんな挑戦が詰まった曲になりましたか?

鈴木:元々ロックが好きなので、私が思う「カッコイイ」を表現しよう!と意識して歌いました。音程の高低差が激しくて、レコーディングの時は苦戦したのを覚えています。
どんなに疲れていてもこの曲を完璧に歌えるようになりたくて、カラオケに行くと最後に「Sail Away Justice」を歌うようにしています。これが1番の挑戦かもしれないです(笑)。

 

――シングル制作を経て、改めて今はどんな思いですか?

鈴木:いつも支えてくださるスタッフさん、そしてなにより応援してくださる皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。「Dreaming Sound」と共に、声優アーティストとして良いスタートを切りたいと思います!

おすすめタグ
あわせて読みたい

ワッチャプリマジ!の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング