menu
映画

『ARIA The BENEDIZIONE』斎藤千和さん&皆川純子さん&中原麻衣さんインタビュー|リハーサルの段階から号泣!? 姫屋メンバーが体験した素敵な物語

蒼のカーテンコール最終章。『ARIA The AVVENIRE』『ARIA The CREPUSCOLO』と続いてきた三部作の最後、姫屋のエピソードを描いた映画『ARIA The BENEDIZIONE』が2021年12月3日より公開となる。

TVアニメ『ARIA The ORIGINATION』の12話で描かれていた藍華の昇格試験。実は晃と藍華は特殊な試験をしていた……。

晃と藍華の師弟関係が描かれている『ARIA The BENEDIZIONE』について、藍華・S・グランチェスタ役の斎藤千和さん、晃・E・フェラーリ役の皆川純子さん、あずさ・B・マクラーレン役の中原麻衣さんに語ってもらった。

アニメイトタイムズからのおすすめ

斎藤千和さんが、アフレコで皆川さんのために持参したものとは?

ーー映画が制作されると聞いたときは、どんな気持ちでしたか?

皆川:ファンの方たちは次は姫屋だと思っていたでしょうけど、なぜか私はわかっていなかったんです。というのも、『ARIA The AVVENIRE』をARIAカンパニーのお話ではなく、『ARIA』全体の物語として捉えていたので、そこで終わりだと思っていましたし、オレンジぷらねっとがメインの『ARIA The CREPUSCOLO』が決まったときも、特別版というか、もう一度晃ができることがうれしかったけど、そこで終わりだと思っていたんです。
そのアフレコ現場でスタッフさんに「次は姫屋ですね!」と言われて、すごくびっくりしました。でも、すっごくうれしかったです。

斎藤:私も『ARIA The CREPUSCOLO』を録ったときに「次は姫屋だよ」って言われたんですけど、どんな話をやるんだろうと思いました。姫屋の感動話が想像つかなくて(笑)。

皆川:うそうそ! そんなことないでしょ!(笑)

斎藤:しかもオレぷらのあとだしなぁって(笑)。でも私もすごくうれしかったです。ついに姫屋が来るのか、そして最後を飾れるのかぁって思いました。

中原:私も『ARIA The CREPUSCOLO』の収録のときに、茅野愛衣ちゃんに「次は姫屋らしいよ」と聞いて、「楽しみだけど、いつかなぁ」って話していたら「すぐらしいよ」と言われたので、いろんな驚きがありました。

ーー本当にすぐでしたよね。

皆川:本当にすぐでした!

斎藤:びっくり!

ーー台本を読んだとき、どう思いましたか?

皆川:私は台本を読んで、ぼろぼろ泣いて感動して。これを演じるんだと思ったらすごく緊張してきたし、演じるにはエネルギーがいるし、気持ちをグッと上げないと演じきれないという思いがありました。

でもいちばん心配だったのは、どうやって泣かないで演じるかで、晃を保ちつつ演じるにはどうすればいいんだろうかと本当に悩みました。ところがアフレコでは泣かなかったんですよ! 

斎藤:私も台本を読んだとき、純子ねえが泣いちゃう! って思ったんです。これは収録が大変だぞ! って(笑)。もちろん自分も感動したんですけど、純子ねえのほうが心配で、すぐに連絡しました。「純子ねえ、泣いちゃうと思う!」って。

皆川:「ティッシュをひと箱持って行きます」と言ってくれて、ちゃんと鼻セレブが1箱ドーンと置いてありました(笑)。

斎藤:いちばん大きい鼻セレブをね(笑)。今回は藍華の昇格試験の話だというのは聞いていたんですけど、その裏にこんなことがあったんだ! っていう新しい発見がありました。

藍華というキャラクターが形作られていく中で、(アニメで放送された)裏でもいろんな時間が流れているんだろうなと、自分で想像していた部分はあったんですけど、今作では答えとして、中学生くらいの時期の藍華の少し暗めの感じが明確に見れたので、「そうか、こういう葛藤を乗り越えて今の藍華があるんだな」と思ったら、もっと好きになりました。もともと大好きだったけど、より身近に感じたというか。

ただ強いだけではなく、ちゃんと乗り越えた上での今までの言動だったんだって、新しく書き換えられた感じがして、すごく感動しました。

中原:私は台本を読んだときに、コロナ禍ということもあって、これみんなで収録できるのかなっていうのがまずありました。みんなで収録したいなぁって思ったのがいちばんの感想です。最終章だし一緒にやりたいなって。

ーー実際はどうだったんですか?

中原:私は後輩組(アイ:水橋かおり、アーニャ:茅野愛衣)で一緒に録ることになりました。

斎藤:私は純子ねえと一緒でした。

皆川:私と千和の2人に明日香役の島本須美さんという3人での収録でした。

斎藤:それも気が引き締まった理由の一つだよね。

皆川:憧れの大先輩がいてくださったから。

斎藤:すごく見守ってくれていたんですよ。その存在があったからこそ気が引き締まってできたと思います。

皆川:明日香さんと須美さんがすごく重なったし、個人的に大ファンだったので、本当にうれしかったです。

斎藤:本当に素敵な方でした。

ーーおふたりの掛け合いはいかがでしたか?

斎藤:泣かなかったですもんね! 絶対に泣くと思っていたし、自分自身も泣くと思っていたんです。特に純子ねえがめちゃめちゃ泣くと思っていたから。

皆川:家でのリハーサルで散々泣いたのが良かったのかもしれない(笑)。

斎藤:でも、私はスーンと終わった感じなんですよ。

皆川:感動がないとかではなくね。

斎藤:自分たちが感動したとかではなかったんですよね。これまでのTVシリーズをすべて含めた中でも、スっと入っていき、スっと終わった感じ。やるぞ!とかもっとこうしたい!とかではなく。

皆川:ナチュラルだったよね。

斎藤:ナチュラルだったんですよ、すっごく! それが今さら意外でした。

皆川:私はとあるシーンで、思いが強すぎて力を入れすぎてしまい、監督にもっとフラットに言ったほうが伝わるかもしれないと言われて、確かに・・・と思いました。演技へのリテイクはそれくらいで、本当にあっという間に収録が終わりました。

家で台本を読みつつリハーサルをしていると、半分皆川純子が残っているので、客観視してしまって、うえ~~って泣きながらセリフを読んでいたんですけど、実際に千和と一緒に掛け合いをしたら、さらに自分の中で晃感が増して本当に晃でいられた感じがしてます。

斎藤:私は没頭したというわけでもなく、お風呂に入って出たくらいの感覚だったんです。

皆川:何それ(笑)。

斎藤:もっと若いときは、ぐわーって役に入って「藍華をやれたー」って思う感じだったんですけど、今回はすんなり藍華をやって出てきた感じで、正直なところ「あれ?大丈夫だった?」という気持ちで終わったんです。

でも完成版を見たらすごく良かったから、ナチュラルに、今までの自分の経験値も含めて(役に)入って、私ができる最善のことを演じてこられたんだなと思ったんです。それは最近にしては不思議な、満たされたアフレコでした。

ーー中原さんはいかがですか?

中原:私は台本を読んだ時点で、もう最高だ!って思っていたんです。本当に一緒にやりたかったというのがいちばんではあるんですけど、すごく楽しみになりました。これ、完成したものはどういう風になるんだろうって。

この取材のために完成した映像をいただいたんですけど、ヘッドホンで聞きましたもん(笑)。みんなの声もどういうニュアンスか全部聞きたい!と思ったので。もう最高でした! 

斎藤:あずさも最高です!

皆川:最高です!

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング