menu
映画

『ARIA The BENEDIZIONE』佐藤順一総監督インタビュー|『ARIA』はいろいろな奇跡が起こる、だから『ARIA』だったらやりたい

“蒼のカーテンコール”最終章、総決算のつもりで作っていたけれど……

ーーこれはキャストインタビューと連動した質問になるのですが、斎藤さんが姫屋のイメージを「ギラギラ太陽ではなく夜なんだなぁって。そこから夜が明けて光が入ってくる感じが姫屋っぽい」とおっしゃっていたんです。姫屋は夜という意識はあったのでしょうか?

佐藤:それはもしかしたら天野先生の中にあるのかもしれないです。あえて深夜に追いかけっ子をするって、我々が新しく「藍華のプリマ昇格試験のシーンをイメージしてください」と言われても、普通は出てこない発想だと思うんです。髪の毛の色も、姫屋は黒系の濃い色なので、その2人を闇の中に置くのって勇気がいります。でも、言われてみれば夜がしっくりするし、プリマ昇格の瞬間が朝日というところも、見ていて「そうですよね!」ってなりました。やっぱり天野先生には追いつけないところだなぁと思いました。

ーーそして、今回の主題歌ですが、「ARIA The ANIMATION」のOPテーマである「ウンディーネ」を歌った牧野由依さんが担当しています。これは佐藤総監督からの要望もあったのでしょうか?

佐藤:OP/EDのアーティストさんについて、僕のほうから「この方でお願いします」と言ったことは過去一度もなくて、基本的にフライングドッグの福田正夫ディレクターに提案してもらっています。今回は総決算みたいな気分が音楽チームにもあったようで、「ここは牧野さんにもう一度登板していただきたいと思うんですけどどうでしょう」と言われ、「それは、ぜひぜひお願いします!」と、特に議論することもなくお願いすることになりました。

ーーOPテーマ「エスペーロ」とEDテーマ「ウンディーネ ~2021 edizione~」を歌っています。聴いてみていかがでしたか?

佐藤:今回も作曲・編曲をしてくれているのが窪田ミナさんで、「ウンディーネ」に継ぐ集大成のような1曲にしたいという心構えで、時間をかけて取り組んでくれていたので、僕は出来上がりを楽しみにして待つ感じだったんです。実際に牧野さんの声で歌っている曲を聴くと、うっすらと頬が緩んでしまう感じがして、さすが牧野さんの歌声だなと思って聴いていました。

ーーEDテーマは同じ曲でもあるので、オトナになった感じがしたのですが。

佐藤:そこは年月の経過というところだと思うんですけど、たとえばキャストの声も10年前に比べたら、少しだけ年輪を感じられる部分はあると思うんです。でも、キャラクターを演じるときには、灯里や藍華やアリスになっていて。声質が変わっても、持っているカラーや要素ってずっと変わらずにあるんだなと感じましたし、牧野さんにも変わらず持っている色はあるんだなぁと思いました。

ーーでは最後に、『ARIA』シリーズのファンへメッセージをお願いします。

佐藤:今回描かれているのは藍華たちのドラマですが、ネオ・ヴェネツィアの空気というものは変わらずありますので、それを楽しんでいただければと思います。なので、ネオ・ヴェネツィアに遊びに行くくらいの気持ちで観に行っていただければと思います。

原点回帰という意味も含めての総決算という想いでやっていましたので、何度も観ていただいて、その空気を感じていただけたら嬉しいです。そうしていただけると、「最後だと思っていたけど、また何か次やるらしいぞ」っていうことがあるかもしれません(笑)。『ARIA』は毎回これで終わりと言って続いているので最後感は正直ありませんが、それも観てくださる皆さんの力があればこそなので、たくさんの人に観ていただければ嬉しいです。

合わせて読みたい

『ARIA The BENEDIZIONE』斎藤千和&皆川純子&中原麻衣インタビュー
『ARIA The BENEDIZIONE』斎藤千和&皆川純子&中原麻衣インタビュー

『ARIA The CREPUSCOLO』広橋涼&佐藤利奈&茅野愛衣インタビュー
『ARIA The CREPUSCOLO』広橋涼&佐藤利奈&茅野愛衣インタビュー

『ARIA The BENEDIZIONE』作品情報

イントロダクション

未来形ヒーリングストーリー蒼のカーテンコール《最終章》へーー

『あまんちゅ!』の作者としても知られる天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。

単行本累計465万部、関連書籍累計82万部が発行された本作は、2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化。

その後も、2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA ~ARIETTA~』、2008年に『The ORIGINATION』が制作され、原作コミックの雰囲気そのままの優しい世界が数多くのファンを魅了しました。

そして、TVアニメの1stシーズンから10年目の2015年には『ARIA The AVVENIRE』、16年目の2021年には『ARIA The CREPUSCOLO』と、メモリアルイヤーを祝福するかのように新作が公開。「蒼のカーテンコール」と銘打たれ再び動き出した奇跡の刻は、ファンの想いという“願いの種”の芽吹きによって、3つの物語を生み出すに至りました。

その最終章となるのが、姫屋のメンバーを中心に描かれる完全新作アニメーション『ARIA The BENEDIZIONE』。

天野こずえ描き下ろしの原作をもとに、前作と同じく総監督・脚本:佐藤順一、監督:名取孝浩、アニメーション制作: J.C. STAFFの布陣で制作されます。

水の惑星を舞台に紡がれてきた、過去・現在・未来を繋ぐ想いの軌跡ーーそのフィナーレを、ぜひ劇場で見届けてください。

あらすじ

長い冬を迎えたネオ・ヴェネツィア。寒空の下、合同練習をしていたアイ、あずさ、アーニャの3人は、いつもと様子が違う晃の後をつけたのをきっかけに水先案内人ミュージアムを訪れることになりました。

出迎えた館長の明日香は、姫屋の伝説的なウンディーネとして知られる晃の大先輩。二人は姫屋の創業時から大切に乗り継がれてきた1艘のゴンドラの継承者でもあるのですが、晃の話によると、次の乗り手として期待される藍華にはその気がないというのです。

納得がいかないあずさは、どうしてなのか理由を探ろうとするのですが……。

スタッフ

原作:天野こずえ「ARIA」(ブレイドコミックス/マッグガーデン刊)
総監督・脚本:佐藤順一
監督:名取孝浩
キャラクターデザイン・総作画監督:伊東葉子
美術監督:氣賀澤 佐知子(スタジオユニ)
色彩設計:木村美保
撮影監督:間中秀典
音楽:Choro Club feat. Senoo 
OPテーマ:「エスペーロ」牧野由依
EDテーマ:「ウンディーネ~2021 edizione~」牧野由依
音楽制作:フライングドッグ
音響制作:楽音舎
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:松竹
配給:松竹ODS事業室

キャスト

藍華・S・グランチェスタ:斎藤千和
晃・E・フェラーリ:皆川純子
あずさ・B・マクラーレン:中原麻衣
水無灯里:葉月絵理乃
アリシア・フローレンス:大原さやか
愛野アイ:水橋かおり
アリア社長:西村ちなみ
アリス・キャロル:広橋涼
アテナ・グローリィ:佐藤利奈
アーニャ・ドストエフスカヤ:茅野愛衣
出雲 暁:野島裕史
アルバート・ピット:渡辺明乃
愛麗・S・グランチェスタ:平松晶子
明日香・R・バッジオ:島本須美

 
公式サイト
公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング