menu
アニメ

感情を押し殺して生きてきたホルト。直感的にセブ君に対して惹かれるものがあったんだろうなと思います──春アニメ『魔法使い黎明期』セービル役 梅田修一朗さん×ホルト役 鈴代紗弓さんインタビュー

虎走かける先生による原作小説がアニメ化。現在好評放送中のTVアニメ『魔法使い黎明期』は、『ゼロから始める魔法の書』(ゼロの書)からつながっている物語で、『ゼロの書』のキャラクターたちも登場することでも話題となっている。

主人公たちの成長と、魔法が存在する世界観、シリアスさと軽快さを兼ね備えたストーリーに引き込まれてしまう。

魔法学校に通うものの魔法が上手く使えない劣等生でありながら、実は底なしの魔力を持つという主人公セービルを演じる梅田修一朗さんと、優等生だが、実は《獣堕ち》で、頭に角が生えているのを隠しながら生活をしていたホルトを演じる鈴代紗弓さんに、前半のエピソードを振り返ってもらった。

関連記事
魔法使い黎明期
僕は、思い出せずにいる。自分が一体、何なのか――。魔法学校の生徒セービルは、入学以前の記憶がない。自分がなぜここにいるかもわからないまま過ごす学校生活はどこか空虚で、努力の方法も分からないまま、成績は常に最下位だ。そんなセービルに、魔法学校の学長・アルバスは、突如危険な特別実習を言い渡す。「魔女狩りのある地域で、魔法の有用性を広めてほしい」魔女と教会の戦争が終結して数年――世界はまだ、魔女と魔法を完全に受け入れてはいなかった。時は魔法使い黎明期。これは、何者でもない少年が、心に傷を隠した仲間たちと、自分を見つける物語。作品名魔法使い黎明期放送形態TVアニメ放送スケジュール2022年4月7日(木)~2022年6月30日(木)TBSにて話数全12話キャストセービル:梅田修一朗ロー・クリスタス:岡咲美保ホルト:鈴代紗弓クドー:八代拓泥闇の魔女:花守ゆみり傭兵:矢野正明神父:水中雅章アルバス:大地葉ホルデム:加藤将之リーリ:石見舞菜香スタッフ原作:虎走かける『魔法使い黎明期』(講談社ラノベ文庫刊)キャラクター原案:いわさきたかし一部キャラクター原案:しずまよしのり監督・シリーズ構成:桑原智文芸:虎走かける・森田眞由美キャラクターデザイン...
アニメイトタイムズからのおすすめ

ホルトを演じる上でのこだわり。そして、お互いのお芝居を聞いた感想は?

ーーここまでのエピソードを通して、TVアニメ『魔法使い黎明期』の面白さや魅力はどんなところにあると思いますか?

ホルト役 鈴代紗弓さん(以下、鈴代):オーディションのタイミングで原作を読ませていただいたのですが、もともと『ゼロから始める魔法の書』があることは知っていたので、その世界観と同じ世界で繰り広げられる新しいストーリーなんだ!と思いました。なので、『ゼロの書』を見ていた人も楽しめるというのがひとつと、自分もそうでしたが『魔法使い黎明期』から見ても楽しめる魅力があると思います。

世界観的にはファンタジーで、魔法使いや《獣堕ち》が出てくるのですが、裏テーマとして、差別的な問題は、私たちが生きている現代社会の問題と通じるものがあるので、考えさせられました。そういうところも物語に組み込まれているのは素敵だと思います。

ーー『ゼロの書』で見ていたキャラクターたちが出てくると、なぜかテンションが上りますよね!

鈴代:わかります! ゼロとかは、嬉しいですよね(笑)。

ーーそしておっしゃる通り、どちらから入っても楽しめるところは魅力だと思いました。では、ここまで演じてきたホルトについて教えてください。どのような変化がありましたか?

鈴代:最初に見たときは元気で明るくてヒロインっぽいなと思ったんですけど、物語が進むにつれて、その笑顔の意味というか、過去にかなりいろいろあったんだなという深い部分が見えてくるんですよね。なので、それを背負いながらああいう風に振る舞っていた彼女って、すごく強いなと思いました。

前半にホルトがひとつ殻を破ってからまたさらに本当の彼女の心が見えてくるので、より愛らしく思えたというか。良いなぁと思いました。

ーー彼女自身が、実は《獣堕ち》だったということが明かされますからね。そういう彼女の変化は、最初から意識はして演じていたのですか?

鈴代:原作を読んで流れはわかっていたので、努めて明るく、というところは意識していました。彼女はただ明るいだけではなく、今まで過ごしてきて出来上がったあの笑顔なので、私からすると1話分ですけど、彼女からしたら、ずーっと積み上げてきた人生なんですよね。だから、笑顔だけど何かあるよね?という雰囲気は出したいなと思っていました。

ーー原作があると、キャラクターのバックボーンもわかるので、大きいですよね。梅田さんは、鈴代さんが演じるホルトの印象はどうでしたか?

セービル役 梅田修一朗さん(以下、梅田):第1話のアフレコに行ったときが、自分がセービルとしてアフレコをする最初の日だったので、みんながどういう風にしゃべるのかなっていうのも楽しみにしていたんです。でも、そこですごく覚えているのが、ホルトのひと言めを聞いたときに「うわ、ホルトだ!」って思ったことで。

鈴代さんが話していた通り、努めて明るくしているところもホルトらしさではあるんですけど、本来の性格からにじみ出る部分もすごく感じるお芝居と声なんですよね。一度聞いたらホルトだと印象付くものだなって隣で演じながら思っていました。

僕がマイクに入ると、ホルトとロス先生に挟まれる形になって……今から当然のことを言いますけど(笑)、鈴代さんと掛け合いをするときは、自然とホルトと過ごしているように感じるんですよね。そのくらい、ホルトのことを大事に思っているのが伝わるお芝居でした。

ーー逆に、梅田さんが演じているセービルの印象はどうでしたか?

鈴代:セービルの声を聞く前に、まずブースに入って挨拶をするじゃないですか。そのときに本当に人柄が良いよ~っていう雰囲気がにじみ出ていて(笑)。

梅田:いやいやいや。でも、ありがとうございます。

鈴代:そこでどら焼きを差し入れで持ってきてくれていたんです。しかもスタッフにもキャストにもちゃんと食べやすいサイズのどら焼きを持ってきてくれて、優しい! 素敵な座長さんだ!って思いました(笑)。

私、原作を読んでいて、声が厳密に想像できなかったのがセービルなんです。というのも、かなり難しい役柄で、たぶん感じていることはあるんだけど、それをどう表現していいかわからない、みたいな。何かを思うけど、何を思っているかわからないのが土台としてあると思っていたので、そこをどのくらいのテンション感でセービルとして声を乗せるのかを想像できなかったんですね。

でも、梅田くんの声を聞いて、やっぱり私も「あ~、セービルだ!」って思いました。ホルトは掛け合いをすることが多いんですけど、会話をしていると、どこか壁打ち感があるんです。でも、その声の雰囲気をナチュラルに出せるのって、梅田くんだからだなと思って、壁打ちしやすかったというか。

梅田:良かった(笑)。

ーーちなみに、人柄の話ですと、八代さんとの対談では、掘れば梅田さんの邪悪な部分が出てくるかもしれないという話をしていたんです。

梅田:陰キャだとは言ったけど悪いところかぁ。どういう悪いところがあったら面白いかなぁ?

鈴代:それを聞いている時点で悪い部分はないんじゃないかな。でも、誰にでも優しいところは悪いところかもしれない(笑)。

梅田:これはアフレコのときに、それこそロス先生かホルトの話の延長でそういう流れになったんですけど、「誰にでも優しくしそうだから、不幸な女の子を増やしそう」って言われたんですよ……。主に鈴代さんと岡咲美保さんから。

鈴代:全然実際の話ではなくて、たとえばこういう状況だったらどうするの?みたいな会話をしていたときの返答を聞いて、それはダメだよ!って注意するっていう(笑)。

ーーなんだか、現場の雰囲気が見える感じがしました(笑)。

(C)虎走かける・講談社/魔法使い黎明期製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング