menu
音楽

新アイドルコンテンツ『HeavenlyHelly』1stアルバム発売!【FAB-EL】のリーダー・ルーシュを演じる三野雄大さん、相棒的存在・ファウタを演じる藤澤奨さんにインタビュー 「この作品を機会にHeavenlyHellyを知ってもらえたら」【連載第1回】

『HeavenlyHelly』(ヘヴンリーヘリー)は、声優×音楽×マルチエンターテイメントプロジェクト。神の怒りを買い、人間界に堕とされた天使と悪魔たちが、それぞれ元の世界に戻るために、堕天使=【FAB-EL(ファブエル)】、堕悪魔=【Inferno Teller(インフェルノテラー)】という2つのグループにわかれて、アイドルを目指すという新しいアイドルコンテンツです。

人間界から離れた彼らが何故アイドルを目指すこととなったのか、何故人間界に堕とされることとなったのか……現在YouTubeでは第3章のストーリーが展開中です。

そして、5月25日には、初となる2枚のアルバム『天国から堕ちた天使』(FAB-EL)、『地獄から堕ちた悪魔』(Inferno Teller)がリリースされます。本作にはこれまで発表してきた曲と最新曲、さらに第1章のボイスドラマをパッケージ。入門編としてもオススメの1枚です。

アルバム発売を記念して、アニメイトタイムズでは『HeavenlyHelly』のインタビューを順次公開。今回は【FAB-EL】より、ルーシュ役を演じる三野雄大さん、ファウタ役を演じる藤澤奨さんのインタビューをお届けします。

アニメイトタイムズからのおすすめ

チームワーク抜群!? 共通点の多いルーシュとファウタ

──まずはおふたりが演じられているキャラクターについて教えて下さい。

ルーシュ役・三野雄大さん(以下、三野):ルーシュは天国と地獄の間の門番だった天使なんですが、非常にお馬鹿というか(笑)。勝手に突っ走る系のリーダーです。そこは【Inferno Teller】のリーダーのダンセルと違うところで、ダンセルは統率力のあるカリスマタイプなんですけど、ルーシュは仲間たちがやれやれって思いながらも手を貸してくれるような、親しみやすいリーダーです。そのリーダー像は意識した上で演じています。

ファウタ役・藤澤奨さん(以下、藤澤):僕が演じるファウタは、年齢性別関係なく、全人類と愛し合いたい欲望を持つ天使です。最初に「チームのセクシー担当」と聞いて「セクシー……どうしよう」と(笑)。第1章のときはセクシーよりに振ってたんですけど、演じていくうちに「ファウタは人によってノリが違うんだな」というのが分かってきて。最近は、チーム内で話すときは男子校のノリを意識しています。一方、女の子を落とすときは自分にないセクシーをふんだんに盛り込んで(笑)、口説きモード。人に合わせてさまざまな表情ができるように意識しています。それと、耳元で喋っているような雰囲気を出せるように、マイクとの距離感に気をつけながらアフレコしています。

三野:このふたりは感情が表に出やすいタイプで。他の3人よりもストレートですね。

──自身とキャラクターとの共通点をどんなところに感じていますか?

三野:僕は全体的に似てますね。自分もツッコミ気質なので、ツッコミのセリフはスッと言いやすいですね。だから入りやすいところがありました。

藤澤:僕はまったくセクシーじゃないので(笑)。共通点としては……ファウタはみんなを愛するキャラクターなんですけど、僕も嫌いなものは作らないようにしてて。例えば「こういうところが苦手」と思ってしまうと、話すときにお互いに嫌な気持ちになってしまうだろうから、人の良いところを見るようにしています。

──めちゃくちゃ良いところじゃないですか……!

藤澤:ありがとうございます(笑)。それこそ、物語が進むにつれて、【FAB-EL】のメンバーはただただ欲望のまま生きているわけではなくて、天使な部分も見えてきているので、そこも大切にしながら演じられたら良いなと思っています。

──もともとは天使だったわけですもんね。でも今は堕天使っていう。

三野:そうなんですよね。もともとは天使だったけど今は違うから、地上に堕ちたときにどんな風に人間の価値観を知って変わって行くのかは見どころのひとつだと思っています。中には少しずつ変わっていっているキャラクターもいるので。

藤澤:ルーシュはもともと良いやつですし。

三野:そうそう。良いやつはもちろんなんですけど、天国と地獄の体制自体に疑問を持っていたキャラなので、もともといい意味でも悪い意味で人間に近い価値観があると思っていて。どちらかというと他のキャラクターのほうが天使感が強いと思います。あとルーシュは、ファウタ程ではないけど人間が好きってところは共通点かもね。

藤澤:そうですね。

──確かにルーシュとファウタは共通点が多い気がします。おふたりのリアルの関係性についてもうかがえたらと思いますがどうでしょう?

三野:僕が先輩ではあるんですけど、この作品で一緒になる前は1回話したくらいで。

藤澤:そうですね。事務所でご挨拶したくらいでした。

──藤澤さんは、先輩の三野さんから学ぶことは多いのですか?

藤澤:それはめちゃくちゃありますよ。

三野:いやいやいや、そんなにないけどね(笑)。

藤澤:雄大さんは全体をすごく見ていて。レッスンのときに僕が慌ててしまったときも「ここはこういうことだと思うよ」ってアドバイスをしてくれて、全体の空気を作ってくれるんですよね。ルーシュと一緒で明るい空気を作ってくれるといいますか。雄大さんと一緒にいると、少し落ち込んで暗い気持ちになってしまっているときも「やるか!」って元気が出るんです。僕もそういうことができるようになったらいいなって。

三野:めちゃくちゃ褒めてくれるやん!(笑)

藤澤:もうルーシュまんまというか(笑)。ハマってるなと思います。

三野:ルーシュはもっと砕けた感じではあるけどね。ありがとね。

最新曲「One Chance」は春ならではのファイトソング

──物語は第3章に突入。さらにアルバム『天国から堕ちた天使』がリリースされます。アルバムの話を聞いたときのお気持ちはいかがでしたか?

三野:率直に「おお、出るのか〜!」と。曲をいっぱい歌ってきた中でアルバムがリリースされるのは単純にうれしかったですし、もっと多くの人に届いてほしいと思っていたので、楽しみだなと。

藤澤:これまでの3曲はデジタルシングルでリリースされていて。それに加え、新曲と第1章のボイスドラマを含めた大ボリュームのアルバムになっていて、正直予想していなかったんです。一気に聞けるし、曲の違いも楽しめるので、ぜひお手にとってもらいたいです。

三野:今はデジタルが主流の時代ですけど、手元に残るのは自分たちとしてはうれしいよね。CDがやっぱり良いなって。天使側、悪魔側、2つの作品を並べるだけでもテンションが上がりますし、コレクションとしても楽しめるんじゃないかなと。楽しみだなぁ。

藤澤:形として手元に来るってだけでもワクワクします。

──アルバムにも収録される、第3章を彩る最新曲「One Chance」についても教えていただけますか?

三野:春をテーマにした、めちゃくちゃ爽やかで洗練された曲になっています。5人のハーモニーが僕たちの武器でもあるので、そこを全面に押し出しつつ、春らしさ全開で歌いました。

──爽やかなハーモニーと春ってピッタリですよね。

三野:そうですね。すごく温かな感じがあります。

藤澤:アルバムに収録されている4曲の表情が全部違うところも良いなって。1曲目の「新しい世界へ」ははじまりの曲で、空に翼が羽ばたいていく感じがしていて。

2曲目の「僕色」はしっとりとした、夕方のイメージ。3曲目の「Sugar&Honey」は可愛くセクシーに。最新曲の「One Chance」は春ならではのファイトソングというか。元気づけられる、ストレートな曲調だなって。

三野:確かに。新社会人や新入生にもめちゃくちゃピッタリな歌だなと思います。

藤澤:それぞれキャラクターっぽく歌うところと、自分に寄せて歌うところが混ざっていて。ガヤも多くて、みんなで楽しく歌っている感じがします。聴いてもらったら元気が出る曲になってるんじゃないかなと。

──【FAB-EL】の楽曲は、全曲内澤崇仁さん(androp)がプロデュースされています。「僕色」のような曲もありながらも、基本的にキャッチーで元気をもらえる曲が多いですよね。晴れた日に聴くとすごく気持ちがいいなって。

三野:(頷きながら)そうですね。爽やかな曲ですし晴れた日に合うなと。

藤澤:うんうん。朝に聴くと気持ちがアガりますし、日が落ちた時間に「僕色」を聴くとグッとくるものがあると思います。

三野:夕方から夜くらいの電車の中とかで聴くと、元気がもらえるかもしれません。この場面はこういうシチュエーションで聴いてほしいなっていうのが、結構バラバラで。それもいろいろな色があっていいなと思ってます。

──おふたりがアルバムで注目してほしいポイントはありますか?

三野:もちろん曲も全部注目して欲しいんですが、僕はボイスドラマに注目していただきたいですね。1番初めのシーンなんですけど、天使のみんながファミレスで善行報告会をするところが好きで。人間界に慣れてないメンバーもいたり、逆に既にちょっと適応してるメンバーもいたり…(笑)。そのわちゃわちゃ感を聞いて、こんなキャラクター達なんだ!って分かって貰えたら嬉しいなぁと思いますね。

藤澤:僕は楽曲を楽しんで欲しいです。ドラマと一緒に曲を展開してきたので、ドラマを聴いて、それぞれの章の音楽を聴いて……という流れが出来上がっているんですけど、1章を把握した上で、これまでの音楽を一気に聴けるのはこのCDならではだなと思っています。

Twitterで「#ヘブヘリ」のタグを見ていると「気になってるけどまだ見たことない」という方もいて。そういう方にもぜひ知ってほしいので、ぜひこのタイミングで、ドラマと音楽を両方楽しんでもらいたいです。ドラマを聴いてから音楽を聴くと「あんな悪いイメージのあるキャラクターがこんな透明感のある声で歌ってるのか」というギャップもあると思います。

三野:そうですね。これを機にぜひ知ってもらいたいなと。

 

──ところで【Inferno Teller】の最新曲「Missing Over U」は、堕天使よりも天使よりだという話を耳にしたのですが……。

三野:そうなんですよ。【Inferno Teller】、変えてきたなぁ!って(笑)。「Missing Over U」は春らしさがありながらも、切なさや儚さみたいなものもしっかり入ってて、すごくいい曲だなと思ってます。

──おふたりが【Inferno Teller】で気になる曲、お好きな曲はありますか?

三野:僕は「DROPPIN’」ですね。サビの、重低音から一気に高音に入るところに、革命をイメージさせるところがあって。聴いていてすごくアガります。

藤澤:アニメ好きからすると、【Inferno Teller】の曲ってめちゃくちゃカッコいい曲調なんですよね。オーディションのときに課題で聴いたのが「Storyteller」だったんです。実際に【Inferno Teller】が歌った「Storyteller」を聴くと、すごくノレるし、5人の雰囲気もすごくカッコよくて。【FAB-EL】とはまた違った雰囲気で、何度も聴いてしまいますね。

三野:確かに一貫してスタイリッシュだよね。それも良いところなのかなと思います。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング