menu
音楽

どんどん増していく人間っぽさ!? 新アイドルコンテンツ『HeavenlyHelly』1stアルバム発売!【Inferno Teller】ダンセル役の坂田将吾さん、ペギー役の吾妻奎太さん、ザイール役の佐藤悠雅さん鼎談インタビュー【連載第3回】

『HeavenlyHelly』(ヘヴンリーヘリー)は、声優×音楽×マルチエンターテイメントプロジェクト。神の怒りを買い、人間界に堕とされた天使と悪魔たちが、それぞれ元の世界に戻るために、堕天使=【FAB-EL(ファブエル)】、堕悪魔=【Inferno Teller(インフェルノテラー)】という2つのグループにわかれて、アイドルを目指すという新しいアイドルコンテンツです。

人間界から離れた彼らが何故アイドルを目指すこととなったのか、何故人間界に堕とされることとなったのか……現在YouTubeでは第3章のストーリーが展開中です。

そして、5月25日には、初となる2枚のアルバム『天国から堕ちた天使』(FAB-EL)、『地獄から堕ちた悪魔』(Inferno Teller)がリリースされます。本作にはこれまで発表してきた曲と最新曲、さらに第1章のボイスドラマをパッケージ。入門編としてもオススメの1枚です。

アルバム発売を記念して、アニメイトタイムズでは『HeavenlyHelly』のインタビューを順次公開。今回は堕悪魔=【Inferno Teller(インフェルノテラー)】のダンセル役の坂田将吾さん、ペギー役の吾妻奎太さん、ザイール役の佐藤悠雅さんのインタビューをお届けします。

アニメイトタイムズからのおすすめ

実は悪魔らしくない!? 堕悪魔【Inferno Teller】

──まずは皆さんが演じるキャラクターについて教えて下さい。

ペギー役・吾妻奎太さん(以下、吾妻):僕が演じるペギーはコミュニケーションが苦手で、少しおどおどしたキャラクターです。相手のことをチラチラと見ながらボソボソ話す感じなので、言葉が詰まってしまう部分をテクニックとして入れながら、気持ちを込めて演じることを意識しています。僕自身はペギーとは真反対の性格で、先輩方にもよく言われるんですけどすっごいおしゃべりなタイプで(笑)。よくマシンガントークをします。自分とは似ていないからこそ演じやすいですし、楽しいです。

ザイール役・佐藤悠雅さん(以下、佐藤):ザイールは地獄から抜け出して人間界で平和に暮らしていたところ、ダンセルたちに見つかって、巻き込まれるような形でアイドル活動をすることになるんですが……他のメンバーと違ってもともと人間界にいたこともあって、悪魔というより人間に近いように感じています。悪魔に寄りすぎてしまうと彼のいる意味がなくなってしまうような気がするので、人間として演じるくらいの気持ちでやるというか。ある意味で常識的な悪魔です(笑)。あとは懐の広さと言いますか。悪魔側のストーリーってザイールが巻き込まれるところから始まるんですよね。普通だったら怒ってもおかしくないところだと思うんですけど、彼は許容していて。そういったところは彼の優しさなのかなって。

ダンセル役・坂田将吾さん(以下、坂田):みんなのご飯も作ってるし、ママみがあるよね(笑)。

佐藤:ママみ(笑)。実は最初役作りをするにあたって迷ったところもあったんです。でも皆さんのご意見をいただき、徐々にこの優しいザイールになっていきました。人間のような感性と懐の広さ、優しさは意識して演じています。

──ザイールがいることで物語が進んでいるところもありますよね。

佐藤:なんでもかんでも押し付けられてますからね(笑)。ご飯だけでなく「歌詞作れ、曲作れ」って。あれだけの曲をひとりで作ってるわけですから、実は天才なのかもしれない(笑)。生活力もあるし、なかなかのパーフェクトヒューマンですね。

坂田:そんなスーパーパーフェクトザイールさんと悠雅くんの共通点って?(笑)

佐藤:う〜ん……。かけ離れちゃってるかもしれない……(笑)。自炊できるっていうのがすごいですよね。僕はまったくできないので。

坂田:得意料理は?

佐藤:卵焼きです(笑)。おばあちゃんの味を再現できます! 料理初心者って卵から入るところがある気がします。

坂田:今度作ってきて!

佐藤:絶対やだ(笑)。お腹壊してもいいなら……。

──坂田さんは料理されるんですか?

坂田:僕は結構得意なんです。専門的なものはできないですけど、レシピを見たらだいたい作れるという感じです。昨日はパエリアを作りました。

──それは上級者ですね! 

坂田:美味しかったです。「まだ何か作れるかも」って思ってプリンも作りました。人に振る舞うのは結構好きで、本当は今日も昨日作ったプリンを持ってこようかなと思ったんです。でもナマモノなので少し怖いなと思ってやめておきました。

──では、改めてダンセルのキャラクター性についてもおうかがいしてもいいですか?

坂田:ダンセルは冷静沈着で常に周囲を客観視しているんです。賢さもあるので、頭脳明晰な人がするような喋り方を意識して、キャラクターを作っていきました。あと、ダンセルの根底にある罪悪感のようなもの、【FAB-EL】のルーシュとの関係性も匂わせつつ……。

──【Inferno Teller】は堕悪魔側ではありますけど、あまり悪魔っぽさはないですよね。

坂田:そうなんです。【Inferno Teller】ってあんまり悪魔っぽくないんですよ。悪魔にスポットを当ててキャラクターを役作りしようとすると、ダンセルくんは一体どこが悪いんだろう?と思ってしまって(笑)。台本読んでると礼儀正しいし。

ザイールは優しいし、ダーリョンはどちらかと言えば天使のようですし、ペギーもメガネを外してなければ気弱な青年ですし、エルゴンも荒いところはあるけど根はいい子だし、努力家ですし。そういう意味ではダンセルも優しい人だと思うんですよ。誰に対しても人当たりよく接していますし。ペギー、エルゴン、ダーリョンの前ではたまに上に立つもののカリスマ性がにじみ出てしまった結果、言葉に圧が掛かってしまうときはあったり、ラジバンダリしますけど(笑)。ザイールに対しては上司感はなくて、頼りにしている感じがあります。友だちのような関係性というか。

佐藤:演じていても、ダンセルとザイールの距離感は結構近いような気がします。

坂田:ね。回を重ねるうちにそれはすごく感じていて。ザイールは唯一部下じゃない仲間というか。一方のペギーは双子とは違う部分で愛情を注いでいる部下のひとりというか。手のかかる子ほどカワイイというか。メガネを外したときは少しやっかいですけど(笑)。

吾妻:あははは。

坂田:そうした演じ分けは楽しんでやってます。

──坂田さん自身もリーダー気質で、チームをまとめていらっしゃるというお話を小耳に挟んだのですが。

坂田:えっ、誰から!?(笑)

佐藤:実際ボスだと思っています。ちょっとキザな言い方になりますけど、導いてくれる存在というか。

坂田:キザだねぇ(笑)。

佐藤:普段ダンスなどの練習の中で方向性を決めてくれるのは坂田さんなんです。坂田さんが指示してくれると、僕らもまとまるんですよね。

吾妻:そうなんですよね。「あ、じゃあそれをやってみよう!」って。

──おふたりの話を聞きながら坂田さんがソワソワしている様子なんですが……。

坂田:褒められるとどうしていいか分からなくて(笑)。変な汗が出てきました。

一同:(笑)

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング