menu
映画

キャラクターたちが大人になったからこそできる物語を作りたかった──京極監督から裏話も飛び出した映画『ゆるキャン△』の初日舞台挨拶をレポート

2022年7月1日より映画『ゆるキャン△』の上映がスタート。初日の夜には各務原なでしこ役の花守ゆみりさん、志摩リン役の東山奈央さん、大垣千明役の原紗友里さん、京極義昭監督の4名が登壇する初日舞台挨拶が行われました。

『ゆるキャン△』はあfろ先生が描く人気アウトドア漫画で、女子高生たちのゆるやかな日常とキャンプの様子を描いた作品となっています。同コミックをアニメ化したTVアニメ第1作目が2018年に、スピンオフ作品の『へやキャン△』が2020年に、『SEASON2』が2021年に放映され、今回待望の映画化となります。

本記事では初日舞台挨拶の模様をお届けします!

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

あfろ先生と相談しながら作り上げた作品

壇上で挨拶の後、MCから初日を迎えた率直な感想を尋ねられると、一堂まずはほっとしている様子。花守さんは加えて、本番はこれからという気持ちも強いと述べていました。

原さんはこれまでネタバレは禁止されていたので、やっとファンのみなさんと共有できることに喜びを感じていると語り、上映後、ぜひいっぱい語り合いましょうと会場のファンに語りかけていました。

続いて、京極監督が登壇している貴重な場なので、MCから「大人になったキャラクターたちを描くことになったきっかけは?」という質問が。

京極監督はTVアニメ『SEASON2』までは原作に忠実に描いてきたが、映画はオリジナルストーリーでやることが決まり、色々案出しを行ったそう。その中で劇中、なでしこが「大人になったメンバーたち」の妄想をしているシーンを描いたのが面白かったので、これができないかとあfろ先生と相談しながら作っていったと明かします。

続いて「大人になったキャラクターを演じるにあたって意識した点や、監督や音響監督から指示されたことは?」という質問が。

東山さんはキャラクターのセリフからみんなが大人になっている文章になっていたので、そのセリフに身を委ねることで、自然と大人になっていたというか演じられていたと語ります。

原さんも同じくすんなり演じられたとのことで、一例としてキービジュアルでも分かる、千明が「大人のお水」を飲んでいるシーンを挙げ、今までの千明に則って演じたら一発OKが出たそうです。

花守さんは最初、何パターンか大人っぽいなでしこを演じてみたそうですが、京極監督がその演技を聞いて、なでしこが成長しすぎてすごいショックを受けたそう。そこで少し普段のなでしこに寄せたというエピソードを語っていました。

また、監督から裏話も飛び出し、5人が将来何をするかというのは、キャラの性格や何をしそうかというのをあfろ先生に提案して、逐一返答をもらって、相談しながら決めたそう。作中で公開されてはいませんが、実は高校卒業後から劇中までの進路などもすべて設定しているそうです。

 

(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ゆるキャン△(映画)の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング