menu
アニメ

夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』クオン役・種田梨沙さんインタビュー|「ファンのみなさんが見たかった部分は全て大切に描いています」

『うたわれるもの 偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYO MX、BS11ほかで放送中です。

アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、クオン役の声優・種田梨沙さんへのインタビューを実施!

今作では、主人公のハク役を亡くなられた藤原啓治さんから利根健太朗さんが引き継いで演じられます。種田さんには、そんな利根さん演じるハクと掛け合ってみた感想や収録時のエピソードも伺いました。

ゲームからの『うたわれるもの』ファンのみなさんはもちろん、アニメ『偽りの仮面』の再放送から注目している方もぜひアニメ『二人の白皇』の魅力の一端をチェックしてみてくださいね!


 
関連記事
うたわれるもの 二人の白皇
「頼んだぜ、アンちゃん。」帝の崩御から始まったヤマトの動乱。ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、唯一事実を知るネコネを除いた皆に正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。「うたわれるもの」シリーズ最終章。全ての謎が、今解き明かされる。作品名うたわれるもの二人の白皇放送形態TVアニメシリーズうたわれるもの放送スケジュール2022年7月2日(土)~TOKYOMX・BS11ほか話数全28話キャストオシュトル(ハク):利根健太朗クオン:種田梨沙アンジュ:赤﨑千夏...

関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』オシュトル(ハク)役・利根健太朗さんインタビュー|藤原啓治さんから引き継いだ大役にプレッシャー。研究を重ねた末に見出した“ハクらしさ”とは
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、オシュトル(ハク)役の声優・利根健太朗さんへのインタビューを実施!利根さんが今作で演じるハクは、2020年に逝去された藤原啓治さんから引き継いだキャラクター。本稿では、役を引き継ぐまでの経緯や演じる際に気を付けていることなどを伺いました。オシュトル/ウコン役もオーディション時から藤原さんに寄せるというオーダーが!?――遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。オシュトル(ハク)役・利根健太朗さん(以下、利根):やると決まった時は驚きましたね。やはり前作『偽りの仮面』から月日が経ってしまいましたし、ここまでにたくさんの困難に見舞われたので、本当にアニメ化するのだろうか?と不安がありました。だから、今回から僕がハクを演じることになってプレッシャーを感じることや、素直に喜べない複雑な思いがあるのは間違いないのですが、満を持してのアニメ化なので非常に嬉しい気持ちです。 ――前作であるアニメ『偽りの仮面...
アニメイトタイムズからのおすすめ

クオンを演じる上で大切にしているのは芯の強さ

――前作『偽りの仮面』のアニメから7年、ゲーム『二人の白皇』からも6年が経ちました。遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。

クオン役・種田梨沙さん(以下、種田):ありがたいことに、アニメ『偽りの仮面』やゲーム『二人の白皇』以降も本編以外のゲームなどでクオンを演じさせていただく機会は多かったので、そんなに『うたわれるもの』という作品から離れていた印象はありませんでした。

でも今、もうそれだけの時間が経っていると聞き、またアニメ化発表から年月が経ってしまったことを思い返すと、ようやくみなさんにアニメ『二人の白皇』をお届けできることは素直に嬉しく思います。

私も『偽りの仮面』から関わってきたので、これほど長い間クオンというキャラクターを演じることになるとは思っていませんでした。きっと今回のアニメ『二人の白皇』に出演するすべてのキャストがそう思っているんじゃないかなと。

それこそ『うたわれるもの』はシリーズ全体で20周年を迎えましたし、トゥスクル編のTVアニメやゲーム『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 』から数えて16年という歴史があります。そのため、改めてアニメ『二人の白皇』でクオンというキャラクターを演じて、私も『うたわれるもの』ファミリーになれたんだなと実感しています。


 

――クオンを長年演じる上で意識していることや、印象に残っているディレクションはありましたか? またその中で演じ方が変わるようなことはありましたか?

種田:クオンは自分を“私(わたくし)”という一人称で表すところだったり、「〇〇“かな”」という語尾であったり、話し方が特徴的なのでキャラクターとしては覚えやすいと思います。

ただ、彼女は待っているだけ、守られるだけのヒロインではなくて、どちらかというとハクの相棒としての印象が強いように感じていて。クオンを好きになったらハクも好きになるし、ハクを好きになったらクオンも好きになる。そういうニコイチな部分があるんです。

そんなクオンですが、まだ周りに支えられる年頃の女の子なので、そういう弱い部分と自分のポジションを全うしようとするしっかりした部分の振り幅が大きいと思っています。

だから、演じる時は芯がしっかりしている、自分の信念を貫ける強い部分を軸として、どれだけ弱って取り乱していても、どれだけギャグやシリアスに振ったシーンでも、その強さが無くならないように気を付けて演じています。

『二人の白皇』ではそんな彼女の素性や正体も明かされていくので、彼女の魅力の根底にある部分を今作で改めて知ってほしいなと思います。


 

――種田さんの思うクオンの魅力を教えてください。

種田:意外と居そうで居ないキャラクターなんですよね。しっかりしていてお姉さんっぽいだけでなく、どこか人を惹きつける、この子にだったらついていってもいいと思わせる説得力があると思います。

そういう部分だけでなく、弱い部分もひっくるめて周りの人間を惹きつける……一言で表すとカリスマ性、みたいなものでしょうか。偉そうにしている訳ではないのですが、そういう人を集める才能から只者ではない雰囲気があります。

――ご自身との共通点と、憧れる部分を教えてください。

種田:私も温泉に入ることや食べることは好きなので、『偽りの仮面』の時は「わかるわかる!」って共感しながらそういうシーンを楽しく演じていました。

憧れる部分は、私もハクが大好きなので、彼と出会えたことが一番羨ましいかなと。そんなハクと親しくなったり、トゥスクルではたくさんの家族に愛されていたり、ヤマトでも友人がたくさんできて。クオンは、そういう人の縁に恵まれているんです。クオンも相手もお互いを大切にしていますし、そういうところは凄く良いなって思っています。


 

――改めて前作『偽りの仮面』を振り返ってみた印象もお願いします。

種田:今回の『二人の白皇』はシリアスなシーンが多いのですが、前作『偽りの仮面』ではハクとクオンの出会いや、ふたりの関係が育まれていく中でのキュンとするシーンも描かれました。

物語の前半はギャグテイストが強かったので、『二人の白皇』では考えられないような、キャラクターたちがふざけていて笑えるシーンもあったりしましたね。後半では人間ドラマが凄く丁寧に描かれていて、グッと心動かされるエピソードもありました。

この作品から登場したキャラクターたちの魅力を存分に乗せたような内容になっていたので、今作とはまた違った楽しみ方ができるんじゃないかなと思います。

ですが、そこで楽しい話があったからこそ『二人の白皇』でのシリアスが活きてくると思うので、ぜひ『偽りの仮面』から見ていただきたいですね。

 

(C)うたわれるもの二人の白皇製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング