音楽
『ワッチャプリマジ!』第4クールOPテーマ 鈴木杏奈インタビュー

TVアニメ『ワッチャプリマジ!』の新しい幕開けを彩る「Magic×Color」主題歌アーティスト・鈴木杏奈さんインタビュー|「夢に向かって頑張る女の子たちの気持ちを背負って笑顔で歌いました!」

ポイントは壮大さ

――「Magic×Color」のレコーディングについても、もう少し詳しくおうかがいできればと思います。どのような思いを込めて歌われたのでしょうか。

鈴木:『ワッチャプリマジ!』のオープニングなので、夢に向かって頑張る女の子たちの気持ちを背負って笑顔で歌いました。「大空の下で、遠くまで届けるような感じで歌って」というディレクションを受けて。今回の曲は“壮大さ”がポイントなんだなと感じました。

――歌声に伸びやかさと力強さがありますよね。

鈴木:「Magic×Color」はロングトーンがすごく多いなと思っていました。「伸びやかな声が良いよ」と言われることが多かったので、「私らしさを存分に出せるかもしれない」と思いました。ロングトーンの中でもビブラートの付け方や締め方などで変化を付けたので、皆さんも楽しんでいただけるかと!

――鈴木さんの良いところがギュッと詰まっていますね。

鈴木:ありがとうございます。歌っていても伸びが多くて気持ちよく歌えました。CD発売されたらカラオケにも登場するので、ぜひ歌ってほしいです。

――個人的に、<隣にいる君が迷う時は 私がその手を引く番だね>という歌詞がすごく好きで。鈴木さんのアーティストとしての気持ちが込められているようにも感じたのですが、そこはどうでしょう?

鈴木:自分が手を引かれている側だと思い歌っていたんです。主人公のまつりちゃんが周りの先輩に刺激を受けて、仲間を引っ張っていくように成長するので。

私は未来の自分に引っ張ってもらうような気持ちでした。今後歌っていく中で、「自分が引っ張るぞ!ってなるかな?」って思っています。

――なるほど! ライブではどんな感じを見せたいですか?

鈴木:会場の一番後ろの人まで届くように歌って、「みんなでつながって、一緒に楽しもうね!」という気持ちを大切にしたいです。“歌を届ける”ことを一番にして、後ろの方も最前列と同じような楽しさで聴いていただけたらと思います。

今の私が出せる全力のロックとかっこよさ

――もう一方の「愛情表現法」は激しい曲になりましたね! 衝撃でした。

鈴木:スタッフさんから「カップリング曲は杏奈ちゃんが好きなロックな感じだからね」と伝えられて、すごくワクワクしながら曲を聴いたら、想像を越えたロックだったんですよ!

今までとの差がすごかったので「ここまで激しい曲を歌っていいんだ!」とびっくりしました。スタッフさんも驚くくらいに、めっちゃロックに歌っちゃおう! と気合いが入りました。

歌詞も攻撃的で。<SNS監視>とか、若者の感情を歌っている曲だなと思いました。<GPS>とか最近よく聞く言葉がたくさん使われています。あと、この歌を歌っているのは「メンヘラな女の子なのかな?」と歌詞や曲調から感じていて。

Bメロ部分が台詞みたいな歌詞になっていたので、主人公になりきって台詞を話すように歌おうと心掛けました。

――実際収録はいかがでした?

鈴木:めちゃくちゃ楽しかったです! 基本ずっとがなっていましたが(笑)。自分で練習した歌い方を現場へ持っていったら、すごく褒めていただいて。サビの出だしではがなりを出しています。がなりありとなしで録りましたが、やはり「がなりありが良い」となって、とにかく攻めに攻めた歌い方をスタッフさんと話し合いながら行いました。

声がどこまで出るか心配だったんですけど、アドレナリンが出ていたのか全然大丈夫でした(笑)。好きなように歌っていました。

元々は予定になかった叫び声を何パターンか収録して、デモよりもド派手な曲へと変わっていきました!

――「主人公になりきって」というお話がありましたが、演じるように歌う時は声優経験が生きましたか?

鈴木:はい。声を変えて歌うということはやったことがなかったので。キャラで歌う経験を経て、以前より表現、歌い方の幅が広がったと思います。いつもの鈴木杏奈ではない、皆さんが見たことない部分をお届けしたいなと思います。今の私が出せる全力のロックとかっこよさを詰め込みました! 現段階では、皆さんには「ロックな曲です」とだけお伝えしていますが、皆さんの想像以上にロックだと思うので驚いてもらえるんじゃないかと!

――ライブでどのように表現されるのかが楽しみです。

鈴木:レコーディングの時からライブ映えする曲だなと思っていました。音源より進化した歌声を披露したいです。

ーー「愛情表現法」にはリリックビデオも。このリリックビデオの絵は誰が描いたものなのでしょう。

鈴木:専門学生の方が描いてくださいました。何個か案をもらって選びましたが、どれも本当に良くって! 何度も曲を流しながら考えて、厳選に厳選をした絵を使わせていただいています。黒い衣装で私の思う曲のイメージにピッタリでした!まだ完成形は見ていませんが、絶対かっこいいリリックビデオになるだろうと思っているので楽しみです。

ーー絵を使ったMVも面白いですね。

鈴木:YouTubeでボカロや“歌ってみた”のような感じの、イラストのリリックビデオを私の楽曲でできるのが嬉しく思いました。

ーー「Magic×Color」とのギャップがすごいですよね。

鈴木:それは私も思いました(笑)。CD1枚のギャップすごいですよね。

――「Magic×Color」のMV撮影はいかがでした?

鈴木:MV撮影は真っ白なスタジオで撮影しました。事前に知っていた白い部屋とは全然違う、とてもカラフルで華やかなセットを作ってくださって。白色の衣装がすごく映えて、別世界のように綺麗でした。まるで魔法をかけたようなスタジオで撮れたのですごく楽しかったです。

――今回は初めて、女性バンドとの撮影も。なんだかライブのような雰囲気でしたね。

鈴木:一緒にライブをしているような感覚でした。初対面だったんですけど、フレンドリーに話しかけてくださって。今まで何回もライブをやってきたような安心感がありました。ひとりではなく誰かと一緒にMVを撮るのが楽しかったですね。

――タイトル同様、カラフルなところがポイントですね。明るくて、鮮やかで。

鈴木:天井の窓にカラフルなシートを貼ってくれたので、立つ場所によって入ってくる光が違って。私が動くたび白い衣装に色が入って綺麗で、「Magic×Color」というタイトルにも合うMVになりました。

色が入るだけで華やかになるので、なるべくたくさん色が入るように意識して動きました。衣装をあえて白にしたのは、スタッフさん、スタイリストさんのこだわりだと思います。長いスカートは初めてで。動くたびにひらひらとするので、より軽やかで、風を感じる動きを意識しました。

――笑顔が素敵なMVでした。

鈴木:撮影がすごく楽しかったので、自然と笑顔になりました。スタッフさんからも「初めよりリラックスしているね」、「動きも固くなくなっていいよ」と言っていただいたので、私もノリノリでした!

――衣装を着ると気分は変わります?

鈴木:変わりますよ! 今日この衣装を着たのはMV撮影振りでしたが、MVなどの衣装を着るとスイッチが入って、アーティスト・鈴木杏奈として堂々と胸をはれます。普段と違う自分で、強くなれた感じです。元気をもらえますし、気分があがります。

――ケープスリーブ風のレースも可愛いですよね。同じ白でも左右若干色が違うんだなと。アニメイトタイムズではMVレポートも書かせていただきましたが、撮影の途中、レースにアクセサリーが引っかかってしまうという一幕もありました。

鈴木:そうなんです!(笑) ナチュラルにほどきながら歌ったんですけど、スタッフさんにはバレバレでした。「杏奈ちゃん引っかかってるよ!」って(笑)。いつかライブでこの衣装を着たときは、カラフルな照明を当てていただけたら嬉しいです。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング