menu
アニメ

実際はどんな神様!? 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』女神・男神大図鑑! #9|ベルを監視する美の“女神”・フレイヤ編

シリーズ累計発行部数が1200万部を突破した、大人気小説『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(原作:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト GA文庫/SBクリエイティブ刊/通称ダンまち)。

2022年7月22日より最新TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』が放送中です!

盛り上がりを見せる『ダンまち』ですが、作品の鍵となる存在はやはり「個性豊かな神々」ではないでしょうか。

アニメイトタイムズでは、本作に登場する神々が、実際にはどんな神様なのか紹介する連載を実施中です。

実際に世界中で語り継がれている神話の神々との関連性や、劇中でのエピソード、ファミリアの情報などを解説!

第9回目は北欧神話に登場する「神・フレイヤ」。神々の事を知って、『ダンまち』をより楽しく鑑賞してみませんか!?

 

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』キャスト連載メールインタビューはこちら

◆『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇』キャスト連載メールインタビューはこちら

 

関連記事
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇
迷宮都市オラリオ――『ダンジョン』と通称される、壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。この街で、一柱の小さな女神と出会った冒険者志望の少年は、仲間をつくり、ダンジョンに挑み、多くの死地をくぐり抜け、さらなる<昇格ランクアップ>を遂げていた。そんな彼のもとにもたらされた一通の書状。書かれていたのは、ダンジョン未到達階層への遠征任務。未知なる冒険へ向けて、仲間たちと共に、少年は新たな一歩を踏み出す。これは、少年が歩み、女神が記す、――【眷族の物語ファミリア・ミィス】――作品名ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ新章迷宮篇放送形態TVアニメシリーズダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか放送スケジュール2022年7月22日(金)~TOKYOMXほか【先行配信】2022年7月21日(木)~ABMEAにてキャストベル・クラネル:松岡禎丞ヘスティア:水瀬いのりリリルカ・アーデ:内田真礼ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正ヤマト・命:赤﨑千夏サンジョウノ・春姫:千菅春香カシマ・桜花:興津和幸ヒタチ・千草:井口裕香ダフネ・ラウロス:小若和郁那カサンドラ・イリオン:真野あゆみアイシャ・ベルカ:渡辺明乃リュー・リオン:早見沙織マリィ:福積沙耶ルヴ...

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

北欧神話とは?

主にゲルマン民族(ドイツ、イギリス、フランス、オランダなど)が語り継いできた神話で、ヨーロッパの人々の思想や精神に大きな影響を与えているとされています。

ギリシア神話と同様、長く語り継がれているため、解釈も多種多様。

主流なのはデンマークやノルウェーなど、北欧で語られた物語。一節によると、イギリスなどの国では「キリスト教」などの伝来が早く「北欧神話」に影響が出ている事もあるようです。

北欧神話は、絶望的な戦いや死などに屈しない神々の勇気や、力強さ、スケールの大きさが魅力の物語であり、国内外問わず様々な作品のモチーフに使われています。

愛欲の神・フレイヤ

北欧神話で語られる女神・フレイヤは平和と豊穣の神様の1人。そして恋・愛の女神として有名です。

北欧神話には「女神」のエピソードが少なく、フレイヤの活躍は神話の中で貴重なものとなっています。美しいビジュアルを持っていたとされる彼女は神話の中で、様々な相手と関係を持っていたり、他人の恋の悩み相談を受け解決したり、恋をテーマにした歌を好んで聴いたりと、“愛の女神”として強調されています。

また、彼女は魔法を得意としており、多くの神々に魔法を指導する事もあったそうです。

『ダンまち』劇中でも、イシュタルと並ぶ美の女神で、魅了(チャーム)を使用したり、その美しさから有名な神様として描かれていました。

ヴァナ神族の代表の1人

北欧神話の世界では2種族の神様が存在します。1つ目は、以前紹介したロキや、北欧神話の有名な神であるトール、オーディンなどが含まれる「アサ神族」。

もう1つがフレイヤや、彼女の父であるニヨルド、双子の兄であるフレイなどの「ヴァナ神族」というもの。それぞれアスガルドとヴァナヘイムと呼ばれる神の地で暮らしています。

主に北欧神話で語られるのはアサ神族やアスガルドで起こった出来事で、ヴァナ神族についての記述は多く残っていないとされています。

この2種族はとある事がきっかけで戦争状態にありました。長らく戦いを続ける中で、戦いを終わらせるために各種族が、複数名人質を交換し合って、和睦することになります。

そこでヴァナ神族の代表に選ばれたのが、ニヨルド、フレイ、フレイヤの3人でした。

ヴァナ神族の神で語られるのは、この3人に関する事が多いのですが、フレイヤたちの気質を見る限り、戦いを好むアサ神族たちとは違って、愛や平和、豊穣を大切にしていると考えられています。

愛の女神、そして戦いの原因を作った存在でもある?

フレイヤは、共にアスガルドへやってきた兄・フレイと結婚しますが、アスガルドにいる全ての神々と関係を持っていたと言われています。

また神だけではなく、そこに住む巨人や妖精たちからも求婚されるなど、誰にでも別け隔てなく愛を振りまいていたようです。

ロキの記事でも触れた、神の宴会での口論事件では「全員がフレイヤと関係をもっているくせに」と言われる一幕もありました。若干だらしない印象を感じてしまいますが、それ以上に沢山の愛情を持っていた女神と言えます。

先程、フレイヤはヴァナヘイムから人質としてやってきたと記述しましたが、正確にはそうではありません。フレイヤは和睦の使者としてではなく、自力でアスガルドにやってきたと考えられているのです。

ある日、グルヴェイグと呼ばれる女性が、アスガルドにあるオーディンの館に侵入しました。彼女はすぐさま殺されてしまいますが、巧みな魔法を使って何度も蘇り、そこに住む人々をたぶらかすなどちょっかいを出し続けます。

そこで怒ったオーディンが槍を使って戦いを開始。そこからアサ神族とヴァナ神族の戦いが始まったとされています。

北欧神話を研究する学者たちは、このグルヴェイグこそ、女神フレイヤだと考えているそうです。

フレイヤの涙

ふしだらなエピソードも多いフレイヤですが、彼女の正夫であるオードとの話に触れるとイメージが少し変わるかもしれません。

オードはとても勇敢で旅好きな神であり、フレイヤを残して自由に旅をしていました。ある日、旅からなかなか帰ってこないオードを心配したフレイヤは泣きながら諸国を旅しオードを探したそうです。

その時、フレイヤの涙が世界中の岩などに染み込んで金になったと言われています。黄金の事を「フレイヤの涙」と呼ぶ国もあるようです。いろんな相手と関係があったフレイヤも特別な感情を抱くことがあったんですね。

ベルに執着する女神 『ダンまち』におけるフレイヤ(CV:日笠陽子)

 
迷宮都市オラリオ内でもトップクラスの実力を持つフレイヤ・ファミリアの主神。美の女神なだけあって、美しく妖艶な神様です。美貌を生かした彼女の「魅了(チャーム)」は人間だけでなくモンスターをも望み通りにすることができます。

彼女の眷族たちも皆、人並み外れた力を持っており、団長のオッタルはオラリオ内で唯一のLv.7の冒険者です。その他にもLv.6のメンバーの数も多く、「ロキ・ファミリア」と肩を並べる、あるいは上回るほどの実力と言えるでしょう。

奔放な性格をしており、神話と同じくほとんどの男神と関係を持っています。それでいて冷静沈着で交渉事も難なくこなし、常に物事を優位に立って進めていくことの出来るやり手です。

ベルへの執着

驚異的な躍進を遂げ、現在ではオラリオでも有名になったベルですが、彼の素養をいち早く見抜いていたのはフレイヤでした。彼女もヘルメスと同じく、ベルが英雄になることを望んでおり、あの手この手を駆使してベルの成長を促します。

しかしあくまでも“フレイヤが想像する英雄としてベルが成長する”ことを望んでいるので、ヘスティアやベルにとっては凶事ともいえることを多々起こしています。

フレイヤは美の女神であり、愛に溢れた女神でもあるため、ベルをオラリオを変える英雄にするだけではなく、彼と男女の関係になることも望んでいます。ベルと直接会った時には堂々と口説いており、ヘスティアに怒られていましたね。

今後も彼女がどのような形でベルに関わるのか、また、それを受けてベルがどういった成長を遂げるのか、気になるところです。

フレイヤ・ファミリア メンバー紹介

オッタル(CV:小柳良寛)

32歳
フレイヤ・ファミリア 団長
Lv7
二つ名:猛者(おうじゃ)
種族:猪人(ボアズ)
スキル:戦猪招来(ヴァナ・アルガンチュール)
魔法:ヒルディス・ヴィーニ

オラリオ内で最もレベルが高い最強の冒険者。

フレイヤに全てを捧げている。彼女が特別視するベルの成長には、いち冒険者として期待の目も向けている。

■スキル・魔法について
・戦猪招来(ヴァナ・アルガンチュール)……獣化し全ての能力を上げる。 

・ヒルディス・ヴィーニ……詳細は不明。かなりの効果、威力を持った魔法とされる。

アレン・フローメル(CV:八代拓)

25歳
フレイヤ・ファミリア 副団長
Lv.6
二つ名:女神の戦車(ヴァナ・フレイア)
種族:猫人(キャットピープル)

副団長を務める男性冒険者。『都市最速』の称号を持つ。

無愛想で喧嘩っ早い過激派。

ヘグニ・ラグナール(CV:小林裕介)

▲左:ヘグニ

▲左:ヘグニ

76歳
フレイヤ・ファミリア 幹部
Lv.6
二つ名:黒妖の魔剣(ダインスレイヴ)
種族:黒妖精(ダークエルフ)
魔法:ダインスレイヴ、バーン・ダイン

かなり珍しい種族である黒妖精(ダークエルフ)の男性冒険者。

同じ幹部でありエルフでもある、ヘディンと共に白黒の騎士、最凶の魔法剣士と呼ばれている。

■スキル・魔法について
・ダインスレイヴ……二つ名の由来となる人格を変更する魔法。普段は気弱な性格だが、それが一変し残虐な性格となる。

・バーン・ダイン……爆炎魔法。リーチは短いが威力は絶大。

ヘディン・セルランド(CV:島﨑信長)

▲右:ヘディン

▲右:ヘディン

77歳
フレイヤ・ファミリア 幹部
Lv.6
二つ名:白妖の魔杖(ヒルドスレイヴ)
種族:白妖精(ホワイトエルフ)
魔法:カウルス・ヒルド

ヘグニと同郷の白妖精(ホワイトエルフ)の男性冒険者。雷魔法と戦況の把握が得意。

■スキル・魔法について
・カウルス・ヒルド……高威力の白い雷の玉を複数発射する。

ガリバー兄弟(CV:市川太一)

▲アルフリッグ

▲アルフリッグ

▲ドヴァリン

▲ドヴァリン

▲ベーリング

▲ベーリング

▲グレール

▲グレール

29歳
フレイヤ・ファミリア 幹部
Lv.5
二つ名:炎金の四戦士(ブリンガル)
種族:小人族(パルゥム)

小人族(パルゥム)の4つ子兄弟。長男からアルフリッグ、ドヴァリン、ベーリング、グレールという名前。

4人とも顔が似ていて見分けることが難しい。

参考

「北欧の神話(山室 静)」筑摩書房

「北欧とゲルマンの神話事典:伝承・民話・魔術(クロード・ルクトゥ (著), 篠田 知和基 (翻訳), 広野 和美 (翻訳), 木村 高子 (翻訳))」原書房

「図説 北欧神話の世界(ヴィルヘルム ラーニシュ (著), Wilhelm Ranisch (原著), Emil Doepler d.J. (原著), 吉田 孝夫 (翻訳))」八坂書房

「図説 北欧神話大全(トム バーケット (著), 井上 廣美 (翻訳))」原書房

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング