menu
声優

伊東健人さんアーティストデビュー記念インタビュー|川谷絵音さんの「惜しい!」の声とともに突き詰めたこだわりの楽曲「真夜中のラブ」

2022年9月21日(水)、声優・伊東健人さんがアーティストデビュー! 川谷絵音さんプロデュース楽曲「真夜中のラブ」が同日に配信リリースとなります。

アニメイトタイムズでは、そんなファン待望のデビューを記念して、伊東さんにインタビューを実施。デビューの心境や川谷さんに楽曲提供を依頼した理由、学生時代に触れていた音楽や、「真夜中のラブ」の聴きどころなど幅広く語っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

デビューは嬉しい気持ちよりも新年の挨拶に近い?

――アーティストデビューおめでとうございます。デビューが決定した時の心境をお聞かせください。

伊東健人さん(以下、伊東):ありがとうございます。実は嬉しい気持ちはほとんどなくて……「新年のあけましておめでとうございます」に近い感じです(笑)。

――え! 意外なのですが……。

伊東:というのも“嬉しい”“ハッピー!”という感じではなく、年を重ねて粛々と迎える感覚。「おめでとうございます」と言われると、新年のような気の引き締まる思いで「おめでとうございます」と返したくなります(笑)。

周囲の方がポジティブな反応を見せてくださるので、嬉しく思います。改めてよろしくお願いしますという気持ちですね。

あと「真夜中のラブ」を聴いてくださった同業者の方の反応がすごく良くて、手応えを感じています。

――どなたからお祝いのメッセージをいただきましたか?

伊東:たくさんの方から反応をいただきましたが、中には学生時代のバンドメンバーや普段はあまり連絡を取っていない同級生からも来ました(笑)。

――学生時代のバンドメンバーは川谷さんからの楽曲提供に驚かれました?

伊東:そうですね。川谷さんとは活動していた時期や場所が被っていたので、驚いていました。

アーティスト活動が始動した時から、(みんなの)想像を超えるようにしたかったので、第一歩としては上々ではないかと! 「予想してなかっただろ?」としめしめ感があります(笑)。

――予想されてたんですね! 手応えはいつから感じていました?

伊東:曲が出来てからですね。最初はデビューするか否かも結構悩んだのですが。

――なぜ悩まれたんでしょうか? 

伊東:伊東健人として歌う想像ができなくて……レコーディングやライブなどキャラクターを背負わずにできるのか?と。背負う作品がないのはすごく難しくて、アーティスト活動は自由な反面、自分の性質的に向いてないなと思っていました。

だから、ソロ活動の話が来たからなんとなくやってみるというのは、きちんと音楽活動されている方々に失礼だなと感じて。考えをまとめて自分の中で納得できる答えが出たらデビューしようと思い、1、2ヶ月くらい真剣に悩みました。最初にお話いただいた時は8:2でやらない気持ちでした(笑)。

――かなり高い割合で断る予定だったとは……なぜデビューしようと考えが変わったのですか?

伊東:デビューしようと思わなかった理由がいくつかありました。作品を背負っていないことや、音楽活動を始めるならこだわりが強いので、絶対わがままを言ってしまうのも懸念事項で。歌いたい曲や音色、コードなども注文したいと話しました。

なので、声優が漠然とソロデビューしたってだけの音楽にはしたくなくて。真剣に悩みましたが、声優のお仕事やファンの皆さんを大切にできるかの確認が取れたので、デビューへと踏み切れました。

――デビュー曲を決めるにあたって、ビジョンはありましたか?

伊東:こんな曲がいいなとぼんやりした構想がありまして。一緒にやってみたいと思い、川谷絵音さんにダメ元で楽曲提供をお願いしました。とはいえ、ダメ元でしたから、まさか受けてもらえるとは思いませんでした。

――すごい! なぜ川谷さんにお願いしたのでしょうか?

伊東:純粋に彼が作る曲が大好きだからです。自分を偽った曲は出したくないし、例えば青春の曲なんかも僕のイメージとは違う。なら、等身大の曲を歌おうと考えたときに、やっぱり川谷さんだと思いました。

――普段から川谷さんの曲は聞かれていますか?

伊東:はい。好きな曲は数えきれないですね(笑)。

――どんな時に聞かれます?

伊東:仕事の合間の移動中とか。川谷さんはいくつもバンドを掛け持ちされていて、それぞれ違ったアプローチがあって、気分でプレイリストを変えています。ずっと聞いてしまうから恐ろしいですね(笑)。ちなみに、坂本真綾さんへの提供曲(「ユーランゴブレット」「細やかに蓋をして」)なども聞いていますよ。

――そんな川谷さんから楽曲がもらえるとなったら嬉しいですよね。

伊東:もう、嬉しいを通り越して「なんで?」となりました(笑)。過去声優さんに楽曲提供はされていますが、僕はデビュー1曲目ですから。

――ボーカルレコーディングの現場でお話する機会があったそうですが、その感想は川谷さんへ直接伝えましたか?

伊東:色々話したので、言った気がします。真面目な話や最近の話などもして。

――他にはどんなお話をされました?

伊東:お互いが若い頃の話やアニメの話……音楽を作っている時間よりアニメを見ている時間の方が長いと言ってくれて。今は数年前の作品を見てるそうですよ。

――へぇ! 少し意外ですね。

伊東:そうですね。最近ですと、『ハケンアニメ』主題歌のジェニーハイ「エクレール」でゲストボーカルに高野麻里佳さんを迎えていたり……意外にも近い場所にいるなと思いますね。

――お二人ともバンドマンなので、音楽的なお話もされました?

伊東:バンドレコーディングに立ち合えた時にたくさん話しました。学生の頃、誰と対バンしていたかとか、同じ駅近くのライブハウスに行っていた話とか。話していて懐かしくなりましたね。

ファンも伊東健人も「全員が同じ方向を見られる活動があると将来的にも良いな」

――アーティストデビューを発表した時に「自分やファンが迷った時に帰れるような「家」みたいなものを作りたいと思ってデビューの決心をした」とお話されていました。「家」に込められた意味について教えてください。

伊東:今は声優の業務内容が多岐にわたっていますよね。作品に出演するという柱は変わりませんが、芝居や朗読、服を作ったり……TV、ラジオなども。そうなると応援してくれる人はどこを見ていいかわからないですよね。そんな時にとっかかりのポイントとしてアーティスト活動があるといいなと思いまして。自分としては活動を集約する先が欲しかったんです。

ただ、皆さんが見ている伊東健人はきっとバラツキがあると感じていて、全員が同じ方向を見られる活動があると将来的にも良いなと思い、「家」と表現させていただきました。

――今後は伊東さんの活動の集約先がアーティスト活動になるんですね。

伊東:そうですね。アーティスト活動は、作品を背負わず、伊東健人で勝負しなくてはならないので。嘘をついてない、素の伊東健人ですから。みんなが帰ってくる「家」のような場になれば良いなと思います。

楽曲だけでは止まらなくなりますし、YouTubeチャンネルもできて、10月22日にはイベントも決まっていて。着飾ってない伊東健人でいたいなって思います。

――素の伊東さんをどのタイミングでファンに見てもらいたいと思いますか?

伊東:限定することはなく、作品などを含めて良いバランスで輪になって繋がるのが理想です。入り口が作品や歌、なんでも良くて、派生して他も好きになってもらえたらありがたいので、自由で良いと思います。

おすすめタグ
あわせて読みたい

伊東健人の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング