menu
アニメ

第6期は最初からクライマックス! 「これ以上強くなってほしくない」互いのキャラクターの強さとは? 秋アニメ『僕のヒーローアカデミア』緑谷出久役・山下大輝さん、死柄木弔役・内山昂輝さん インタビュー

コミックスのシリーズ世界累計発行部数6500万部を突破した、堀越耕平先生による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』。2022年10月1日よりTVアニメ第6期が放送されます!

「ワン・フォー・オール」に秘められていた新たな“個性”である「黒鞭」を手にし、ヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと共に成長中の緑谷出久(デク)。一方、敵(ヴィラン)連合の死柄木弔は記憶を取り戻したことで覚醒し、巨大勢力「超常解放戦線」のトップへ。デクと死柄木、ヒーローと敵(ヴィラン)の全面戦争がついに始まります!

今回、待望の第6期放送を直前に緑谷出久役・山下大輝さん、死柄木弔役・内山昂輝さんにインタビューを実施! 両勢力のキーキャラクターを演じるふたりに、第6期の見どころやお互いのキャラクターに関する印象を伺いました。

関連記事
僕のヒーローアカデミア(6期)
超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、“個性”で社会や人々を救ける“ヒーロー”になることを目指し、ヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと共に成長していく。デクは爆豪、轟と共にNo.1ヒーローであるエンデヴァーの事務所へインターン活動に臨む。最高峰の現場に身を投じたデクはワン・フォー・オールに眠る新たな“個性”黒鞭を操るなど、ヒーローとして確かな成長を見せる。一方、敵<ヴィラン>連合の死柄木弔は、リ・デストロ率いる異能解放軍と激突。リ・デストロとの戦いで窮地に陥る中、死柄木は忘れていた凄惨な幼少期の記憶を取り戻し、覚醒する。異能解放軍を掌握し、その勢力を拡大しつつ、全てを壊すため自らに新たな力を求めるのだった。デクと死柄木、ヒーローと敵<ヴィラン>。その全面戦争の時が迫る―!作品名僕のヒーローアカデミア(6期)放送形態TVアニメシリーズ僕のヒーローアカデミア放送スケジュール2022年10月1日(土)〜日本テ...
アニメイトタイムズからのおすすめ


「これ以上強くなってほしくない」互いのキャラクターの強さ

――第6期はシリーズの大きな山場となりますが、ここまで到達したことについての感想を教えてください。

緑谷出久役・山下大輝さん(以下、山下):話数を重ねるごとに世間の皆さんが共に盛り上がってくれているな、と。「きっとこれは行くところまで行くんじゃないか」と思いました。第1期の頃とは全然熱量も違うので、改めて気合を入れて挑みました。

死柄木弔役・内山昂輝さん(以下、内山):こんなに長い期間に渡ってアニメ化を積み重ねていける作品は中々ないので、とても貴重な経験をさせていただいているなと思います。

さっき確かめたんですけど、『ヒロアカ』の世界はまだ1年くらいしか経っていないんですよ。でも現実世界は6年くらい経っていて。僕自身はこの6年で結構声が変わっているんです。だから過去の回想シーンが流れるところとか、当時の声を聞いて「若っ!」って(笑)。

一同:(笑)

内山:自分でも可愛いと思っちゃうくらいでした(笑)。でも、時間の経ち方のギャップはあるものの、キャラクターたちも急速に変化を遂げていて。そこは、自分の変化も利用してキャラクターの変化を表現したいと思っています。

――第5期でデクと死柄木は大きな変化を見せました。お互いのキャラクターの印象を教えてください。

山下:死柄木は恐ろしいですよね。成長というのか、変化というのか。圧倒的な力を感じています。デクからはまだ見えていませんが、個人的にはこれ以上強くなってほしくないなと(笑)。

今後どうなってしまうんだというくらいですよね。第5期の最後なんて「映画かよ?!」というくらいの戦いを繰り広げていて。

――そんな死柄木に立ち向かうデクの成長についてはいかがですか?

山下:常に成長していると思いますし、第5期では「ワン・フォー・オール」の根幹に触れ始めました。超パワーだけではなく、歴代継承者の片鱗を感じて、今まで以上に「ワン・フォー・オール」と向き合わないといけないんだと。これからは一心不乱に頑張るだけではなく、“個性”のコントロールといった課題が増えたなと感じました。

また第5期ではエンデヴァーのもとで修行をしましたけど、そこで「プロとは?」「ヒーローとは?」と考えるようになって。この一件でヒーローに対する考え方に変化があったんじゃないかと思います。

――内山さんのデクに対する印象を教えてください。

内山:立派な主人公だと思います(笑)。

――(笑)

内山:初期から振り返ると、最初は“個性”を持っていない状態から出発して、そこから「ワン・フォー・オール」の秘密を抱えて。背負った能力がまずとてつもなく大きいですけど、実はそれを持ち続けるメンタル面がすごいと思います。初期はとにかく根性が持ち味だった印象もあるし。そこから“個性”を着実にブラッシュアップさせていて、どんどん強くなってきたと思います。

――そんなデクと相対する死柄木についてはいかがでしょうか?

内山:死柄木もまた大きな変化を遂げましたよね。第5期の終盤では“個性”が拡張していましたけど、今度はさらにその能力をパワーアップさせるための手術に入っていて。だから今回のシーズンではもっともっと強い姿が見れるんじゃないかと期待しています。

今まで以上にハードでシリアス

――第6期の原作や脚本をご覧になった感想を教えてください。

山下:実は、僕はあえて先の展開を知らないようにしているんです。台本をいただいたその時の気持ちで演じたいと思っていて。でも今回は皆どこかしらを削りまくっているなと。学生やプロヒーローはもちろん敵(ヴィラン)側も。皆が皆、ただ戦うだけではなく、そこにあるいろいろな想いが複雑に絡み合っていて、単純には考えられない話だと思いました。

――人間ドラマがすごいですよね。

山下:各々ありますからね。第5期では敵(ヴィラン)側にスポットがあたっていましたが、今回はその先が描かれていて。一視聴者として見るのとデクとして見るのでは全然違うなと思いました。今後を含めて、ずっと心が揺さぶられる覚悟で収録に挑んでいます。

――内山さんはいかがですか?

内山:原作を読んで思ったのが、今回のアニメの「全面戦争編」という宣伝文句の通り、本当にずっと戦っているなと。まず、これを毎週連載していたことがすごいことだなと思いました。これまで、学校内の話がメインになると、あまり敵(ヴィラン)連合は登場していなかったんですが、今回はずっと戦闘が続くので、敵(ヴィラン)側のキャラクターたちの存在感もこれまで以上に強くなっていると思います。

ここに至るまでヒーロー側も修行や成長があったり、その過去が描かれてきましたが、敵(ヴィラン)側も同じように物語を積み重ねてきた。そうやって成長した二つの勢力が全力で戦うので、今まで以上にハードでシリアスな展開になりますし、作品全体で見ても確実にクライマックスのひとつになると思います。

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング