menu
声優

男性声優5人組グループ「GOALOUS5」が“ドラマチック障害物競走”に挑戦! テーマソング第4弾「Get set, 5!」MV撮影公式レポートが到着!

人気男性声優の熊谷健太郎さん、小松昌平さん、寺島惇太さん、仲村宗悟さん、深町寿成さんからなる5人組グループ「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」。声の力で人々を虜にし「世界声福(征服)」を目指すダークヒーローをコンセプトとして、2019年5月22日(水)より活動中です。

このたび、2023年1月12日(木)に発売となるテーマソング第4弾「Get set, 5!」MV撮影公式レポートが到着しました!

アニメイトタイムズからのおすすめ


第4弾テーマソング『Get set, 5!』MV撮影公式レポート

男性声優の熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成からなる5人組グループ「GOALOUS5(ゴーラスファイブ)」が、2023年1月12日にテーマソング『Get set, 5!』をリリースする。

声の力で“世界声福(征服)”を目指す“悪の組織”幹部の「GOALOUS5」。首領から届く指令を遂行するのが、彼らの主な活動内容だ。

「GO5チャンネル」(YouTube・ニコニコ動画)では、その様子が定期的にアップされており、ゆるくもひたむきな姿で多くの視聴者を虜にしている。また、並行してテーマソングも発表。

2019年の第1弾『GO5! GOALOUS5!』を皮切りに、『5AHEAD!』、『MIRAGE SHOW』とコンスタントにリリースしており、今作『Get set,5!』は第4弾となる。そこで、同曲のMV現場に密着。現場の全景も追いつつ、5人一人ひとりをピックアップしてレポートする。

【第4弾テーマソング『Get set, 5!』MV SPOT】

 
【試聴動画】

五人五色のドラマチック障害物競走!

今回のMVのテーマは、“ドラマチック障害物競走”。レーンが引かれた競技場らしき空間で、跳び箱やハードル走、網くぐり、パン食い競走などの種目をこなす5人の姿を収め、“どんな試練にも挑み、突き進む”彼らのがむしゃらさを表現した。

ハイスピードカメラで撮影された映像の数々は、ほとばしる汗を感じられそうなほど。また、3年半もの活動を経て、自身のカラーも色濃く出てきているため、アドリブを巧みに入れ込んでいく姿も見られた。

ゴーラスブルー・熊谷は、「自分は“普通”もこなす役回りである」という意識で撮影に挑んでいた印象。

跳び箱の撮影では、「今のところちゃんと跳ぶ人がいないんだよ」と監督に言われると、8段の跳び箱をストレートに跳び越え「みんなが跳ばないから、僕が跳ぶんです」と言い残した。

また、床を這いつくばる網くぐりでは、台車に乗って網の中をスイーッとくぐり抜け。GOALOUS5らしくしっかり荒技を決めつつ、「(新調したばかりの)隊服を汚さずに帰ってきましたよ!」と爽やかに笑い、優等生ぶりもにじませた。

毎度アクションに注目が集まるゴーラスグリーン・小松も、跳び箱の撮影で躍動。

メンバー4人からキックで跳び超える案が上がり、見事成功。現場からは「おおっ!」との声が上がり、小松も思わずガッツポーズを見せた。網くぐりでは、網に引っかかって眼鏡が外れてしまうハプニングに見舞われ、4人から「ダサッ」と言われてしまった小松だが、ゴールシーンではその眼鏡を使った決めポーズに監督が「100点!」と太鼓判。雪辱を果たしていた。

ソロ撮影は一番手で臨むことが多かった、ゴーラスイエロー・寺島。跳び箱は一旦ちゃんと跳んでみたものの、イエローのキャラクターを活かし最終的に「跳ばない」を選択。勢いよくロイター板を踏んだ直後、人魚のような可憐な横座りを披露し、爆笑をさらった。

また、ハードル走ではレーンの右側を走り左手でハードルを全倒し。その潔さに、一緒に走った小松と仲村は走りながら笑っていた。

ともあれ、一番にふざけてみて後に続く4人に進むべき方向を示す様子はまさにリーダー。何度か見られた「方向性は?」(寺島)、「間違ってないよ!」(監督)というやり取りも印象的だった。

そんな寺島の様子を見てか、ゴーラスホワイト・仲村は自由に暴れた。跳び箱では、一発目から上部のクッション部分に手をかけて、グワッ!と倒立。思わぬアプローチにスタッフをざわつかせたが、きれいな前転を経て着地し監督から即OKをもらった。

また、網くぐりは、立ったまま強引にくぐり抜け、ゴールシーンはかかと落としでゴールテープを切るという荒々しいムーブを提案。

本来のカメラアングルからはみ出てしまう動きではあるが、監督も面白いと次々採用。画角のほうを変更していた。ちなみに、合間に撮った生放送用のコメントムービーでも誰よりも遊んでいるので注目だ。

仲村同様、強い世界観をもつゴーラスピンク・深町は、持ち前の跳躍力を様々なシーンで披露。跳び箱の撮影では、高さ8段にも関わらず上部に片膝立ちで跳び乗ったほか、ゴールの撮影では腰上の高さで固定されたゴールテープも難なく飛び越えた。

ゴールシーンは、画角に収まらずテイク2となったが、今度はただ跳ぶだけではなく、指ハートしながらジャンプ。ハイスピードカメラで押さえられたキュートなポーズに、現場は大いに沸いた。

ちなみに、網くぐりの撮影で唯一網をくぐらないという暴挙に出たもの深町。網の上を走り抜けるピンク色の靴が一瞬映るだけというシュールな映像に、満足げな表情を浮かべていた。

おなじみGOALOUS5らしいダンスシーンも!

ソロや2~3人のグループ撮影を終えると、サビのダンスシーンへ。ダンス以外も体を動かす撮影が多かったが、休憩中にもできる限り練習していた5人。

フォーメーションが変わる部分や、ポジションごとにタイミングが異なる振りに苦戦していたものの、第4弾ともなると徐々に体が慣れてきたのだろう。テスト撮影を難なくこなし、監督が「いいじゃん!」と笑顔で一言。

ただ、ラストのサビが難所に。前出のフォーメーションチェンジや、しゃがむタイミングとその直後の振りへの切り替えなど、気にしなければいけない部分が多く、5人を悩ませた。楽曲一番の見せ場でもあるため、気合いも入っているのだろう。

OKが出てもなお「もう一回やったほうがいいんじゃない?」(寺島)などと言い合い、納得するまで撮り直した。
疲れが溜まってきた頃にはミスをしてしまうメンバーもいたが、そこでお互い鼓舞し合うのも、気心知れた彼らならでは。

コレオグラファーの熱い指導にも最後までくらいつき、無事撮了となった。

第1弾のMVが撮影されたのは、2019年の夏。当時は、MV撮影はもちろんGOALOUS5らしい“ゆるカッコいいダンス”も初めてだったこともあり、撮影にはかなり時間がかかっていたが、今回はそこがかなり明確になっていた印象。「このカットは決めたほうがいいからもう1回撮りたい」「こういうキャラだからこんなアクションをしたい」など、一つひとつの提案がピンポイントかつ的確になっていたため、GOALOUS5らしい映像をスムーズにカメラに収めることができた。

「みんなカッコよくなってきたね」とは、監督がたびたび口にしていた言葉。年を重ね、どんどん凛々しくなっていくGOALOUS5は、世界声福に弾みをつける!

MVアナザー衣装カット

撮影:竹中智也
文:松本まゆげ

テーマソング第4弾「Get set, 5!」商品情報

発売日:2023年1月12日(木)
価格:
MV 盤(CD+Blu-ray)/品番:GCGC-0015 2,640 円(税込)
数量限定ゴーラス盤/品番:GCGC-0015 4,400 円(税込)

アーティスト:GOALOUS5(熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成)

発売・販売元:株式会社ジークレスト

・収録内容
<CD>
1.Get set, 5!
2.GOALOUS Festa
3.Get set, 5!(Instrumental)
4.GOALOUS Festa(Instrumental)

<Blu-ray>
1.Get set, 5! Music Video
2.Making

「GOALOUS5」関連リンク

「GOALOUS5」公式Twitter
「GO5 チャンネル」 YouTube
ニコニコ動画
2次元キャラクター化プロジェクト「MISSION:GO5」

(C) GCREST, Inc.
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング