menu
ブルーロック
アニメ

冬アニメ『イジらないで、長瀞さん 2nd Attack』インタビュー連載企画 第3弾:ガモちゃん役 小松未可子さん|第2期にはガモちゃんがらみの長編エピソードも! アクセントになっている部長の扱いにも注目

Sデレ女子の長瀞さんと、彼女にイジられまくる“センパイ”の関係性を描いたラブコメアニメ待望の第2期『イジらないで、長瀞さん 2nd Attack』が2023年1月より放送中! 本作は長瀞さんとセンパイのドキドキの関係性を時にイジり、時に見守る“長瀞フレンズ”と長瀞さんの友情も本作の魅力の1つです。

アニメイトタイムズでは、第2期の放送を記念して、出演声優陣への連続インタビュー企画を実施中。第3弾はフレンズの一人・ガモちゃんを演じる小松未可子さんです!

関連記事
イジらないで、長瀞さん 2nd Attack
「後輩の女子に泣かされた……!!」ある日の放課後、たまに立ち寄る図書室で、スーパー“ドS”な後輩に目をつけられた!先輩を、イジって、ナジって、はしゃぐ彼女の名前は──『長瀞さん』!憎たらしいけど愛おしい。苦しいのに傍にいたい。あなたの中の何かが目覚める、“Sデレ少女”の物語。作品名イジらないで、長瀞さん2ndAttack放送形態TVアニメシリーズイジらないで、長瀞さん放送スケジュール2023年1月7日(土)〜TOKYOMXほかキャスト長瀞さん:上坂すみれセンパイ:山下大輝ガモちゃん:小松未可子ヨッシー:鈴木愛奈桜:井澤詩織部長:水樹奈々姉瀞:南條愛乃須ノ宮:鈴代紗弓折原:前田佳織里スタッフ原作:ナナシ(講談社『マガジンポケット』連載)監督:ウシロシンジシリーズ構成:岸本卓キャラクターデザイン:鈴木美咲音楽:吟(BUSTEDROSE)音楽制作:キングレコードアニメーション制作:OLM製作:「イジらないで、長瀞さん」2製作委員会主題歌OP:「LOVECRAZY」上坂すみれアニメイト通販での購入はこちらED「MYSADISTICADOLESCENCE♡」長瀞さん(CV.上坂すみれ)、ガモちゃん(CV.小松未可子)、ヨッシー(CV.鈴木愛奈)、桜(CV.井澤詩織)アニメイト通販での購入はこちら公開開始年&季節2023冬ア...
アニメイトタイムズからのおすすめ


ガモちゃんは周りが見える子で、回を追うごとにイジりながらも二人を見守る視線へ

――第1期を終えた時の感想をお聞かせください。

ガモちゃん役・小松未可子さん(以下、小松):第1期はあっという間に駆け抜けていったなという感覚があります。

ガモちゃんが初めて登場した時は、長瀞さんと仲がいい「謎の怖いギャル集団」みたいな印象でしたが、少しずつ、ガモちゃん、ヨッシー、桜の個性も際立っていき、長瀞さんとパイセンの背中を押していくような関係性になっていきました。

イジるところはイジりつつも、二人がいい感じだなという時には温かく見守って、というメリハリもよくて。せっかくいいチームワークになってきていたので、もうちょっとやれたらいいなと第1期終了直後は寂しさも感じていました。

ただ原作は続いていますし、どこからでも第2期ができそうだなとも思っていました。部長が出てきてから、新たな波乱の展開が始まったばかりでもあったので、第2期でもまだまだ荒れそうだなという予感もありました(笑)。

――第1期から第2期まで1年半空きましたが、長く感じましたか? 短く感じましたか?

小松:そんなに(期間が)空いた感じはしませんでした。オンエア時期としては第1期と第2期で1年半空いていますが、間にイベントもありましたし、第2期の収録もそれほど空いていなかったので。

――第1期で演じていく中で感じたガモちゃんの変化や魅力、また演じ方が変わった点などあれば教えてください。

小松:第1期のオーディションの時は割とギャル感強めで演じていましたが、第1話を踏まえて第2話、第3話と続けていくうちに、長瀞さんとは違うイジりの成分が加わっていったように感じます。

演じている中で、ガモちゃんは意外と周りをちゃんと見ている人なんだなと思いました。周りを俯瞰で見ながらバランスを取ってイジる、ちゃんとした子なんだなと。

後半では長瀞さんのために、イジりながらも後押しするようなところがあって、温かく見守る視線に変わっていったのかなと思います。

――フレンズの中でも先頭に立ってセンパイをイジっているような印象です。

小松:確かに先陣を切っていく感じはありますね(笑)。パイセンへのイジり方も、何のためにイジるのかという目的や理由が変わったように思います。

第1期第7話は小松さんが遊べた回? 毎回自分に課したアドリブへの反応に手応えも!

――第1期で印象に残ったシーンやエピソードをお聞かせください。

小松:個人的に好きだったのは第7話の夏祭りですね。長瀞さんのいいところがぎゅっと凝縮された回だなと思います。

長瀞さんとパイセンの放っておけないところやピュアさ、そして見守るフレンズという構図で、この回でピースがカチっとハマったなという手応えを感じました。

あとは、いろいろと遊べた回でもあったので印象に残っています。

――「遊べた」というのはどういう意味でしょうか?

小松:「パイセン、ゲットだぜ」など、私の中で勝手にオマージュという感じで演じている部分があるんです。

毎回アドリブ要素を強めに入れるというのを個人的な課題にしていて、足りないと音響監督から足されてしまうくらいで(笑)。毎回、ガモちゃんポイントを作ろうと意識して、足りないところはディレクションで補うつもりで演じていました。

――放送後に視聴者やファンの方から反応があったんじゃないですか?

小松:あったみたいですね(笑)。毎回放送後にハッシュタグをたどっていくと反応があって、自分でも「よしよし!」と手応えを感じていました。

(C)ナナシ・講談社/「イジらないで、長瀞さん」2製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

イジらないで、長瀞さん 2nd Attackの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング