映画
アニメ映画『BLUE GIANT』完成披露舞台挨拶公式レポが到着

アニメ映画『BLUE GIANT』完成披露舞台挨拶公式レポートが到着! 山田裕貴さん、間宮祥太朗さん、岡山天音さんら豪華キャスト陣が登壇!

シリーズ累計920万部突破したジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す、大人気漫画『BLUE GIANT』。同作を原作とするアニメーション映画『BLUE GIANT』が、2023年2月17日(金)より全国公開となります。

映画公開を記念して、2月7日(火)にTOHOシネマズ 日比谷にて完成披露舞台挨拶が実施されました。イベントには、出演声優の山田裕貴さん、間宮祥太朗さん、岡山天音さんらキャスト・スタッフ陣が登壇。本作への想いや制作秘話などが語られました。

今回、本イベントの公式レポートが到着しましたので、ご紹介します。

完成披露舞台挨拶公式レポートが到着!

大きな拍手に迎えられ、山田裕貴、間宮祥太朗、岡山天音、立川譲監督が登壇。

かねてより原作ファンと公言していた宮本大役の山田は「大好きな作品の声を担当するということで色んな思いがありますが、是非楽しんでいってください」とやや緊張気味な面持ちで挨拶。

沢辺雪祈役の間宮祥太朗は「『BLUE GIANT』の映画化と聞いて声優は難しいと思いましたが、山田裕貴くんが大を演じると聞いて、2人の親和性があると思った。熱が伝わるような体感型映画になっていると思います」と続けた。

そして玉田俊二役の岡山天音は「元々原作が大好きで大にパワーをもらってきた一人ですが、『BLUE GIANT』ファンの皆さんはより愛を深めてくれるきっかけに、そしてまだ触れたことがない方も大のエネルギーを感じ取ってもらいたい。」と語った。

初めて一般の方が鑑賞されるとあって「6人で作り上げた“JASS”の音を聞いてもらえるのがとても楽しみ」と山田が話すと、「自分の声の不安はさておき、間違いなく熱くなってもらえると思います!」と自信をもって話す間宮に対し、「演奏のシーンは漫画にはない表現の形で監督やスタッフの映像化する意味を見せつけられた気がします。劇場アニメの声優は初挑戦なので、ちょっと恥ずかしいです」と岡山が恥ずかしがる場面も。

オファーをもらった時のことを聞かれた山田は「この漫画を映画化するのは無理じゃないか?!と思っていたんですが、アニメーションだったら確かに!なるほど!と思ったけど、『大役です』と言われた時『えっ!えっ!えっ!そうすっか』」とリアクション含めてその時の驚きを表現し笑いを誘った。

演じたキャラクターについて聞かれると、間宮は「雪祈は、初対面の玉田にへたくそ!と言える厳しさと優しさの表裏一帯なところが好き」、岡山は「お調子者で跳ねてるポップなイメージがあったので、ドキドキしながらも色々と試してみた。泥臭くて魅力的なキャラクター」と演じた玉田について語った。

本作の“とにかくアツい情熱で音楽に打ち込む青春が描かれている”ことにかけ、19歳の頃アツくなったことは?と聞かれた山田は「上京してからバイトしていた飲食店で“俳優王に俺はなる!”とネームプレートに書いた」と会場は爆笑の渦に。「俺は宣言して自分自身に課していたが、大は本当に思って信じているタイプなんです」と自信と演じたキャラの違いを話した。

一方間宮は「歌とギター担当でバンドをやっていた。役者をやりながら音楽をやっていて、音楽一本のメンバーの足かせになってるな~と思い、辞めたました」と過去を振り返った。

岡山はあまり19歳の頃を思い出せないと悩み、色々考えたのち「山田さんと初めて会ったころ」と思い出すが、その初対面が“少女時代”のライブと告白。すかさず「音が関連している…」と山田が突っ込むが、「いや上手くないと」と岡山がすかさず切り返した。

イベント後半では、スペシャルゲストとして、音楽と沢辺雪祈のピアノ演奏を担当した上原ひろみ、宮本大のテナーサックス演奏を担当した馬場智章、玉田俊二のドラム演奏を担当した石若駿が登壇!再び大きな観客の拍手で出迎えられた。

上原は「この音をみなさんへ届けたいという一心で取り組んできたので、感無量です」と挨拶。テナーサックスの馬場は「音が聞こえてくるような漫画『BLUE GIANT』の音を出すのは少し怖い部分もあったが、多くの方にこの音が届いてほしいと思います」と思いを語った。ドラムを担当した石若は「ドラムの演奏を通して玉田の気持ちや感情を表現したが、とてもチャレンジングでした。ストーリーが進むにつれ音に変化があると思いますので、ぜひ注目してください」と語った。

ピアノ演奏のほかに音楽も担当した上原は「バンドの曲は情熱が伝わるように、劇伴は1 シーン1シーンの感情のサポートができるようにと監督と細かく話して作りました。参加した全ミュージシャンが魂を込めて120%の力を出してくれました」と感謝の気持ちを語った。

さらに「原作を読んでいる時から音が聞こえてきて、勝手に曲を書いていた。じつはその楽譜が原作に載ってたりします」と仰天エピソードを明かした。

「大の音に近づけていくよう、上原さんと監督と常々相談していた」という馬場。

石若は「どうやったら初心者の演奏のように聞こえるかを色々試した。スティックの持ち方を変えたりして『まだ上手すぎる?』と上原さんと馬場さんから客観的な意見をもらっていた」と語った。

また、馬場と石若が同じ札幌出身で幼少期から一緒に演奏していたと聞いてびっくりしたという上原。「この作品の大と玉田の関係と重なるところがあったので、こんなラッキーあるんだ!と思った。それもあって3人の関係に近い“JASS”を作り出すことが出来た」と募る思いを話した。

そして立川監督は「是非素晴らしい音楽チームの音と、それを乗せた映像も一緒に楽しんでもらいたい。大の台詞で『音で感情を伝えられる』とあります。音と映像を組み合わせて伝えることに邁進してきました。是非受け取って欲しいです」と、本作に込めた思いを観客へ改めて伝えた。

最後に山田から「この映画の構想が6年も前で、そこに沢山の人が関わっている。映像も音も、そして原作の力を信じていれば自然と広がっていくと思える映画です。今度は皆さんの声で色んな人に進めてほしいと思っています。最後まで楽しんでいってください!」と本作に込めたアツい思いで締めくくった。

イベント概要

日時:2月7日(火)19:00~19:40
会場:TOHOシネマズ 日比谷/スクリーン12(千代田区有楽町 1-1-3 東京宝塚ビル地下)
登壇者(敬称略):山田裕貴、間宮祥太朗、岡山天音、上原ひろみ、馬場智章、石若駿、立川譲監督

アニメ映画『BLUE GIANT』作品情報

公開情報

2023年2月17日(金)全国公開

イントロダクション

石塚真一×立川譲×上原ひろみ

熱くて 激しい 青春が スクリーンで鳴り響く

2013年に石塚真一が「ビッグコミック」(小学館)で連載を開始した漫画「BLUE GIANT」(シリーズ累計:890万部超)。その圧倒的表現力は多くの読者を魅了し、“漫画から音が聞こえてくる”とも評され、現実のジャズシーンにも影響を与えている。

その「BLUE GIANT」が、「最大の音量、最高の音質で、本物のジャズを届けたい」という想いから、映画化される。監督は、「モブサイコ100」シリーズや劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(18)で注目の立川譲。脚本は、連載開始前からの担当編集者で、現在はstory directorとして作品に名を連ねるNUMBER 8。アニメーション制作は「幼女戦記」(17)などで注目のスタジオ・NUTが手掛ける。

そして主人公・宮本大の声には、原作を読みひたむきに夢を追う大の姿に自身もシンパシーを感じていたという山田裕貴。大が東京で出会うピアニスト・沢辺雪祈に間宮祥太朗、そして大に感化されドラムを始める玉田俊二を岡山天音と、数々の話題作に出演し、目覚ましい活躍をみせる豪華俳優陣がキャラクターに命を吹き込む。

また、“音”の面でも最高のスタッフが集結。音楽は、世界的ピアニストの上原ひろみが担当。

上原は、主人公たちのオリジナル楽曲の書き下ろしをはじめ、劇中曲含めた作品全体の音楽も制作する。また、主人公たちのバンド・JASSの演奏を支えるアーティスト陣も豪華なメンバーが揃った。サックス(宮本大)は、国内外のトップアーティストが集まるオーディションを経て選ばれた馬場智章。ピアノ(沢辺雪祈)は、音楽の上原ひろみ自身が演奏し、ドラム(玉田俊二)の演奏はmillennium parade等、多数のアーティストから支持を集める石若駿が担当。最高のジャズトリオの演奏が作品を彩る。

ストーリー

「オレは世界一のジャズプレーヤーになる。」

ジャズに魅了され、テナーサックスを始めた仙台の高校生・宮本大(ミヤモトダイ)。

雨の日も風の日も、毎日たったひとりで何年も、河原でテナーサックスを吹き続けてきた。

卒業を機にジャズのため、上京。高校の同級生・玉田俊二(タマダシュンジ)のアパートに転がり込んだ大は、ある日訪れたライブハウスで同世代の凄腕ピアニスト・沢辺雪祈(サワベユキノリ)と出会う。

「組もう。」大は雪祈をバンドに誘う。はじめは本気で取り合わない雪祈だったが、聴く者を圧倒する大のサックスに胸を打たれ、二人はバンドを組むことに。そこへ大の熱さに感化されドラムを始めた玉田が加わり、三人は“JASS”を結成する。

楽譜も読めず、ジャズの知識もなかったが、ひたすらに、全力で吹いてきた大。幼い頃からジャズに全てを捧げてきた雪祈。初心者の玉田。

トリオの目標は、日本最高のジャズクラブ「So Blue」に出演し、日本のジャズシーンを変えること。

無謀と思われる目標に、必死に挑みながら成長していく “JASS”は、次第に注目を集めるようになる。「So Blue」でのライブ出演にも可能性が見え始め、目まぐるしい躍進がこのまま続いていくかに思えたが、ある思いもよらない出来事が起こり……。

情熱の限りを音楽に注いだ青春。その果てに見える景色とはーーー。

スタッフ

原作:石塚真一「BLUE GIANT」(小学館「ビッグコミック」連載)
監督:立川譲
脚本:NUMBER 8
音楽:上原ひろみ
キャラクターデザイン・総作画監督:高橋裕一
メインアニメーター:小丸敏之、牧孝雄
ライブディレクション:シュウ浩嵩、木村智、廣瀬清志、立川譲
プロップデザイン:牧孝雄、横山なつき
美術監督:平栁悟
色彩設計:堀川佳典
撮影監督:東郷香澄
3DCGIディレクター:高橋将人
編集:廣瀬清志
アニメーション制作:NUT
製作:映画「BLUE GIANT」製作委員会
配給:東宝映像事業部

声の出演/演奏

宮本大:山田裕貴/馬場智章(サックス)
沢辺雪祈:間宮祥太朗/上原ひろみ(ピアノ)
玉田俊二:岡山天音/石若駿(ドラム)

公式サイト
公式ツイッター(@bluegiant_movie)

(C)2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会 (C)2013 石塚真⼀/小学館
おすすめタグ
あわせて読みたい

BLUE GIANTの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング