音楽
TRD最新シングル「Cozy Crazy PARTY!」から広がる世界/インタビュー

軽やかに内包された“また会える”というメッセージ。TVアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ2』EDを飾る、近藤孝行さんと小野大輔さんによるユニット・TRDの「Cozy Crazy PARTY!」インタビュー

いつも以上に手応えを感じた「Hope Step」

――カップリング「Hope Step」についてもおうかがいさせてください。少し懐かしいシティポップの匂いがする曲ですよね。

近藤:制作する前に毎回ヒアリングをしていただいているんです。個人的にはシティポップが大好きで。「シティポップのような曲が歌えたら良いな」と思い、事前に参考曲を考えて打ち合わせに臨んだところ、サウンドプロデューサーの西岡さんから「今回シティポップとかどうですか?」というご提案をいただいて。「いや、僕も思っていました!」と。「例えば雰囲気で言うとこんな感じで」とご提案いただいた曲が、僕が考えていた曲と一緒だったんです。

――すごい……!

近藤:僕が大好きな曲で。それをバシッと提示していただき、その時点で「この曲は僕の中で大事な曲になりそうだな」と感じていました。

――小野さんもシティポップはお好きですか?

小野:好きですね。僕らの年代の人たちってリアルタイムに聴いて育っていますし、やっぱり琴線に触れますよね。僕は(山下)達郎さんが好きなので、車の中でよく聴いているんです。やっぱり良いですよね。重くなくて。

――軽やかに届いてきますよね。それは今回の2曲に言えることだと思うのですが、「Hope Step」は“ひとりじゃないよ”というメッセージが本当に軽やかに、そして柔らかに伝わってきて。その温度感がとても心地いいなと思いました。

小野:手前味噌ではありますが、あの曲に励まされる方は多いんじゃないかなと僕は感じています。歌の良いところって……ともすれば重くなったり、意味がつきすぎてしまうテーマだったりしても、軽やかに伝えることができるんですよね。そういう意味でシティポップという曲調は、メッセージを軽やかに伝えたいときにとても有効なんだなと思いました。コンセプトとしても、軽やかに、というのはあったので、まさにそれが伝わっているというのはありがたいことだなと。

――「Hope Step」のレコーディングはいかがでしたか?

近藤:仮歌を西岡さんが歌ってくださっているんです。シンセメロと仮歌と、と何パターンかで資料をいただけるのですが、僕は仮歌派で。仮歌の方の歌い方が入ってしまうこともあるんです。今回の西岡さんの仮歌がとても甘くて、自分の中で勝手にハードルが上がってしまって。「なんか違う」と思ってしまったのですが、今思うと全然違くはなくて。要は自分らしく歌えばよかっただけなのですが、西岡さんの仮歌があまりに良かったものですから、意識が持っていかれてしまったんですね。だから西岡さんに「お願いですから、今度から仮歌をそんなに上手に歌わないでください」と(笑)。西岡さんは「すみません〜(笑)」っておっしゃっていましたけど。僕はそれが印象に残っていますね。

――それだけ素晴らしかったということですね。

近藤:はい、本当に素晴らしかったです。

――小野さんはいかがでしたか?

小野:あまりに良い曲で。この曲って、聴いていても、自分たちで歌っていても、背中を押されるような楽曲なんですよね。だから歌いながら自分たちも明るくて前向きな自分になっていく感覚があって。それがとても気持ちよくて、うれしかったです。

(作詞/作曲を担当された)菅谷豊さんも現場に来てくれていたんです。それを菅谷さんにもお伝えしたら「ありがとうございます!」と。西岡さんとも「めっちゃ良いですね」「ですよね」「編曲も良いですよね」「がんばりますよ」というやりとりをしました。お互いに褒め合うという(笑)。

いつも「素晴らしい楽曲をいただいてありがとうございます」と感謝を伝えているのですが、「Hope Step」は本当にね。近藤くんがさきほど「大事な曲になりそうだなと感じていました」と言ってましたけど、僕もそれはレコーディングの時に感じていました。「これは……! めちゃくちゃいい曲に仕上がるぞ!」という手応えがいつも以上にあったことが印象に残っています。

――今後のTRDにとっても大切な曲が生まれたということですね。

近藤:そうですね。本当に良すぎて。僕、声出しがてら毎日歌っているんですけど、「Hope Step」を締めに絶対歌っているんですよ。今「アカペラで歌ってください」と言われても歌えます。それくらい染み込んでいます。またこういう曲調を歌いたいですね。もうTRDはシティポップグループとしてやっていきますかね(笑)。

小野:(笑)。また歌いたいよね。

近藤:うん、そうそう。また歌いたい。

――ぜひ聴きたいです。

小野:ですよね。そう思いました。

――シティポップはもちろん、いろいろなサウンドのTRDを聴いてみたいです。最後に2023年のTRDの活動についてもおうかがいさせてください。

小野:近藤くん、どうでしょう?(笑)

近藤:さきほど「いろいろなサウンドのTRDを聴いてみたい」とおっしゃっていただきましたが、僕たちも同じで、いろいろな曲を歌ってみたいという気持ちがあります。他にも「こういう曲を歌ってみたい」というのは夢としてあるので、そこはプロデューサーとも話をしています。2023年、また新しい曲が世に出るんじゃないかなと思っております。

小野:僕はそういう意味では……僕たちはずっと希望の歌を歌い続けてここまできたので、逆説的に悲恋であったり、後ろ向きなテーマだったりをバラードで歌っても、今の僕たちだったら表現できるんじゃないかなと考えています。もう僕らも大人になったので(笑)。今だからこそ歌えるような曲もあるのかなと。

――お話を聞いてTRDの可能性は無限に広がっているんだなと、改めてワクワクしました。

近藤:そうですね。そういう面ではある意味有利というか。どちらかがサブではないし、バンドメンバーで言うところのボーカルとベース、ギターみたいなポジショニングでもないし。各々の長所を伸ばし、短所を補っていけるという面でいうと、有利だなと。幅が広いんだと思います。

――近いところで挑戦してみたい音楽のジャンルというとどうでしょうか。

近藤:シティポップや、女性アーティストさんが歌えるような曲調の楽曲をしっとりと歌ってみたいな、と思いますね。例えばAimerさんやAdoさんの曲って、男性でも声の高い人であれば歌えるキーだと思うんです。そういったものに挑戦してみたいなという自分もいたり、その反面ゴリゴリのヒップホップでラップをやってみたいという思いもあります。

小野:それも面白そうだね。僕は、そうだな……今回の「Cozy Crazy PARTY!」「Hope Step」は、少し昔の楽曲のテイストを取り入れて、最新のアレンジを加えて曲を作っているんですよね。そういう意味では、古き良きJ-POPのバラードの味付けでTRDが表現したらどうなるんだろうなというところには興味があります。

――期待しています!

[インタビュー・逆井マリ]

2ndシングル「Cozy Crazy PARTY!」商品情報

発売:2023年2月15日(水)

【INDEX】
M1.Cozy Crazy PARTY!
作詞;畑亜貴
作曲:黒須克彦
編曲:西岡和哉

M2.Hope Step
作詞/作曲:菅谷豊
編曲:西岡和哉

M3. Cozy Crazy PARTY! (Instrumental)
M4. Hope Step(Instrumental)
※アニメ盤は上記に加え「Cozy Crazy PARTY!(TVedit)」を収録

初回限定盤(CD+Blu-ray)

PCCG.02154
価格:2,200円(税込)

通常盤(CD ONLY)

PCCG.02155
価格: 1,760円(税込)

アニメ盤(CD ONLY)

PCCG.02156
価格:1,870円(税込)

※仕様・特典は予告なく変更となる場合がございます。

関連情報

TRD配信情報

https://lnk.to/TRDms

ラジオ情報

「TRDのDope Rad Talking」
文化放送 超A&G+より 毎週木曜21時30分より 放送中!

TRD公式サイト
TRD公式ツイッター(@TRD_music)
TRD公式Instagram
TRD公式YouTubeチャンネル

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング