映画
「サンフェス2023」劇場版『機動戦士Ζガンダム』三部作イベント公式レポ到着

「サンライズフェスティバル2023」劇場版『機動戦士Ζガンダム』三部作トークショー公式レポートが到着! メカニカル作画監督・仲盛文氏が登壇し、富野由悠季総監督へ直訴したエピソードなどを披露!

2023年1月9日(月・祝)から29日(日)にかけて開催されたアニメファンのための夢の祭典「サンライズフェスティバル2023」。

1月28日(土)に東京・新宿ピカデリーにて、劇場版『機動戦士Ζガンダム』三部作の上映会が開催されました。

上映後にはトークショーが実施され、メカニカル作画監督の仲盛文氏が登壇。富野由悠季総監督へ直訴したエピソードなど制作当時の裏話を披露したほか、来場者からの質問にも答えました。

今回、本イベントの公式レポートが到着しました!

▲左から、司会を担当した仲プロデューサー、仲盛文さん

▲左から、司会を担当した仲プロデューサー、仲盛文さん

トークショー公式レポートが到着!

1月9日(月・祝)から始まった、バンダイナムコフィルムワークスの上映イベント「サンライズフェスティバル 2023」(サンフェス 2023)。1月28日(土)には新宿ピカデリーで、劇場版『機動戦士Ζガンダム』三部作の一挙上映会が行われた。

上映されたのは、『機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-』『機動戦士 Ζ ガンダムⅡ A NewTranslation -恋人たち-』『機動戦士 Ζ ガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-』の全三部。

さらに、上映後にはトークショーも実施され、ゲストとしてメカニカル作画監督(以下、メカ作監)の仲盛文さんが登壇。司会進行はバンダイナムコフィルムワークスのプロデューサー・仲寿和さんが担当した。

5時間近い上映を一気に観てからのトークショーにもかかわらず、来場者からは熱い視線を感じるステージ。

まず初めに司会が質問してみたところ、2005年の公開当時に劇場で見た人は全体の半分くらい、TV版視聴済みの人も半数ほどだった。

仲さんはメカ作監ということで、スクリーンに原画を表示しながら、当時の思い出を振り返った。

▲アッシマーの顔面が破壊されるシーンの原画

▲アッシマーの顔面が破壊されるシーンの原画

仲:アッシマーの顔面が破壊されるシーンは、スタッフみんなこうなるとは思っていなかったはずなんですよね。富野(由悠季)総監督の絵コンテでは“サブカメラが出てくる”くらいの指定しかなかったので。

昔の作品なのでサブカメラの設定も無く、自由に描いちゃえと。城前龍治くんというすごく上手い原画マンと一緒に考えたのですが、なかなかうまくいって気に入っています。

百式もツインアイにするかモノアイにするか決まってなかったんです。監督に聞いたら『どっちでもいいよ、好きにしていいから』と。だったら、元ガンダムという裏設定もあるし、かっこいいのでツインアイにしちゃいました。

▲微細な手の設定を前に当時を振り返る仲さん

▲微細な手の設定を前に当時を振り返る仲さん

仲:このガンダム Mk-Ⅱの手も、当時の設定には無かったので新たに設定を起こして描きました。当初、この一連のシーンは新作の予定ではなかったんです。ただ、劇場版の作業が進んでいくうちに、“新作にしなきゃダメだろう”となって。

僕が直した親指は、アムロの顔にかかっていたんですけど、阿部邦博くんが笑いながら『アムロの顔にかかっちゃダメじゃん』とか言って直してくれたんですよね。

彼は超絶うまい人で、手のラフを細部がわかるぐらいに描いてくれて、その場でラフ設定をまとめてくれたんです。こんだけ細かく描いたんだけど、なんか他の作品でも参考にしてくれてるのかな?

司会:この手アップの設定は『機動戦士ガンダムUC』の制作時に参考にさせていただきました。こういった新作カットを決めるのはどういった経緯だったのでしょうか?

仲:TV版を粗つなぎしたやつを富野監督とスタッフ全員で見て検討するのですが、監督が切ったコンテの段階で決まっているものもあったし、スタッフから“これは新作にしたい”というのもあったんです。

第1部で140カットくらい新作が増えることになって、“(スケジュールに間に合わないから)旧作のままで行きましょう”という意見も出ました。

先ほどの手のアップのカットは後から新作になったカットでした。作画する立場としては、新作になって良かったな、と思う反面、新作カットが増えるとやはりしんどかったです。

司会:第3部の時は富野監督との激しいやり取りがあったそうですね。

仲:コロニー・レーザー内での最終決戦シーンは、新作にしない予定だったんですよ。第3部にはそれ以外の戦闘シーンがほとんど無いので、ここを新作にしてくれないとメカの見どころが減ってしまうと思って、監督に直訴したんです。

直訴した結果怒られてクビになってもいいや、と覚悟して。監督に『実はお願いがあって、あのシーンを新作にしたいんです』と言ったら、『それをやる原画マンなんていないじゃん。仕上げだって、背景だって、制作だってOKしてないでしょ?』と返されたんです。

でも実は、第2部の作業が終わっていた重田敦司くんには先に根回しをしていたので、『原画マンは大丈夫です』と答えたら、逆に『スタッフの中でそういうこと言ってくれるヤツがいてくれて嬉しい』と富野監督に褒められちゃったんです。

で、次の日にスタジオに行ったら、自分の机の上に生の(鉛筆書きの)コンテが置いてあって『お前が言い出したんだから、お前がチェックしろ』って書いてあったんです。(監督に一晩で絵コンテを描かせるなんて)そこまでのことだとは思っていなかったので、『えーーー!』って思ったんだけど、僕が監督にリテークを出せるわけでもなく、『本当にありがとうございます』とお返事しました。

その戦闘シーンは60カットくらいあったんですが、カトキハジメさんも『やっぱ、あそこ新しくしたいよね~』と言って、コロニー・レーザー内の設定を新しく描き下ろしてくれたんです。

そういうこともあって、新作にして本当に良かったなって思うんですけど、仕上げさんとか背景さんとかキャラ作監とかへの根回しを忘れていて、その後、めちゃめちゃ怒られました。

自分ではやって良かったと思ってるんですけど、(ファンから)あそこが新作になって良かった、という意見は意外と聞かないので、果たしてどうだったのかな?と気にはなっています。

司会:今日来た皆さん、そう思ってくださっていますよね?

(割れんばかりの大拍手)

当時はいろいろなことがあったかもしれませんが、やっぱりやって良かったなと、あの頃怒っていた人たちも思っていると思います。

ちなみに当時の富野監督は、相当ピリピリされていたんですね?

仲:TVシリーズをやられていた40代の時は本当にイライラしていて、『なんで!バカかお前は!』と怒りっぽくて、うかつに近づけませんでした。

その後、60代になられて、劇場版『Ζ』でご一緒した時には優しく話を聞いてくれて。僕がすごくくだらない事を聞いても、『なんでそんな事聞くの!』って言いながら、真剣に考えて返事してくれるんです。大人として素晴らしいなと思いました。見習いたいです。

▲富野監督とのエピソードを披露する仲さん

▲富野監督とのエピソードを披露する仲さん

司会:基本サンライズではDVDやBlu-rayでリテークはしないという方針なのですが、このカットをBlu-ray版で直すように相談されたのですか?

仲:このカットはですね、僕は直す予定は全然なかったんです。第3部の公開にコロニー・レーザー内の新作部分のメカ修正が間に合わないので、制作さんと相談してBlu-rayでリテークさせてもらう約束で、上映版は重田敦司くんの絵でそのまま画面にしてもらったんです。

そうしたら、富野監督が『なんか直すんだって?直すんだったら、僕も直したいところがある!』と言ってこられて。結局、監督も15カットの新作をBlu-rayリテークで入れたんです。僕はコロニー・レーザー内のメカ修正をしたかっただけなんですけどね…。

司会:ミネバがバイオリンを弾いているシーンとか、修正はトータルで 30~40 カットくらいありそうだなと。

仲:実は結構あるんですよね。このジャミトフに関しては、監督が『シロッコがジャミトフを殺すシーンを入れたい』と言ってました。僕の記憶では、額に銃を突きつけるカットを入れようとしてたんじゃないかな。

▲ファンの感想が気になるという仲さん

▲ファンの感想が気になるという仲さん

ここで会場から仲 盛文さんへの質問を受け付けることに。

Q.ジム・キャノンⅡ、ガンダム TR-1[ヘイズル]、ガザ Eといった珍しい機体が登場しますが、どなたのアイデアだったのでしょうか?

仲:ジム・キャノンⅡを出したのは、モビルスーツを洗いざらい出してもうアーガマにはモビルスーツがいないよ、ということ表現するためです。機種の選定については、富野監督にこだわりはなかったんですが、絵コンテにたまたまジム・キャノンⅡらしきものが描かれていたので、これでいいかな、と。

ヘイズルはゼダンの門に取り付いているカットですよね。あれは城前くんが“ヘイズルはすごくかっこいいから、描くしかない!”と描いたんです。あのシーンにはマラサイもいて、長いライフルを持っているのですが、それも原画マンのアドリブですね。

仲さんたちスタッフのこだわりと勇気に拍手が広がった。

Q.TV 版からラストシーンが変わっていますが、変わると知った時のスタッフの方々の印象は?

仲:どう変わるかというのは具体的には知らなかったんですが、“変えたい”というのは最初に聞いていたので、『こうなったか』ぐらいな感じですね。観客としては第3部のラストを見て、ちょっと救われた気になったので良かったと思いました。

スタッフとしては、感想を挟む余地がないぐらい忙しくて余裕のない作り方でしたから、本当に完成してホッとしたというのが一番の感想です。

残念ながらすべての質問に答える時間はなく、ここで終演に。

1985年のTVシリーズをベースにしながら、20年後に新作カットを加える制作手法になったことについて不安があったという仲さんだったが、最後のコメントでは次のように語っていた。

▲もっといろいろと話したかったという仲さん。緊張して内容が飛んでしまったという

▲もっといろいろと話したかったという仲さん。緊張して内容が飛んでしまったという

仲:作る側としては、完全新作の方が楽な部分もあったんですけど、古いフィルムをベースにしたからこそ、見ていて安心できる部分もありました。

さらに新作カットでちょっと良いところを加えることができていたらと思います。劇場版『Ζ』というものはTV版とは別物ですが、TV版と劇場版、両方好きになってもらって、これからも『Ζ』を愛してもらえると嬉しいです。どうもありがとうございました。

▲今後発売予定の原画集への期待が高まるトークショーであった

▲今後発売予定の原画集への期待が高まるトークショーであった

今回上映された『機動戦士Ζガンダム A New Translation』三部作は、Blu-ray が好評販売中のほか、バンダイチャンネルほか各配信サービスにて好評配信中。

さらに、原画集の発売も決定しており、近日予約受付開始予定となっている。

続報は、『機動戦士Ζガンダム』公式サイトと、公式ガンダム情報ポータルサイト「ガンダムインフォ」をチェックしてみよう。

イベント情報

サンライズフェスティバル 2023
『機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-』
『機動戦士ΖガンダムⅡ A New Translation -恋人たち-』
『機動戦士ΖガンダムⅢ A New Translation -星の鼓動は愛-』

開催日:2023年1月28日(土)
会場:新宿ピカデリー
ゲスト:メカニカル作画監督・仲盛文
司会:仲寿和(バンダイナムコフィルムワークス)

『機動戦士Ζガンダム A New Translation』原画集発売決定!

近日受注開始予定!

続報は『機動戦士Ζガンダム』公式サイトと公式ガンダム情報ポータルサイト「ガンダムインフォ」をチェック!

「サンライズフェスティバル」とは

「サンライズフェスティバル」は、株式会社サンライズ(現:株式会社バンダイナムコフィルムワークス)が、映画館とタッグを組んで2010年から毎年開催してきた上映イベントです。

アニメーションを中心としたオリジナル IP(Intellectual Property=キャラクターなどの知的財産)を40年以上にわたり創出し続けてきた株式会社サンライズと、株式会社バンダイナムコピクチャーズ(2015年に当社より分社)が持つ潤沢なIPの中から、周年作品を中心に人気タイトルを連日上映し、トークショーを織り交ぜた内容で多くの方にご来場いただいて参りました。

2022年、サンライズはバンダイナムコフィルムワークスへと社名を新たにしましたが、「サンライズフェスティバル」は名称を変更することなく継続致します。

そこには、ファンの方々にご愛顧いただいている“サンライズ”の名を冠することで、これからもより強く作品に親しみをもっていただきたい、という願いが込められています。

公式サイト
公式Twitter

(C)サンライズ (C)創通・サンライズ
(C)BNP/T&B PARTNERS
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング