声優
声優・逢坂良太さん、アニメキャラクター代表作まとめ(2023年版)

声優・逢坂良太さん、『鬼滅の刃 遊郭編』『ダイヤのA』『Opus.COLORs』『あんさんぶるスターズ!!』『夢色キャスト』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2023 年版)

8月2日は、声優・逢坂良太さんの誕生日です。おめでとうございます。

逢坂良太さんは、『鬼滅の刃 遊郭編』妓夫太郎や『ダイヤのA』沢村栄純、『Opus.COLORs』多岐瀬響、『あんさんぶるスターズ!!』七種茨などのキャラクターを演じている声優さんです。

そんな、逢坂良太さんのお誕生日記念として、アニメイトタイムズでは「声優・逢坂良太さんの代表作は?」というアンケートを実施しました。アンケートでは、オススメのコメントも募集しております。そんなコメントの中から選んでご紹介します。

 

※アンケートに参加していただいた方、また、コメントを投稿して頂いたみなさまに感謝申し上げます。

※コメントは、基本投稿された文章を重視して掲載しております。

目次

まずはこちらのキャラクターから!

『ガンダム Gのレコンギスタ』クリム・ニック

・色んな作品から逢坂さんファンになった方々、逢坂さんの天才クリムは必見です(30代・男性)

『赤髪の白雪姫』ゼン・ウィスタリア・クラリネス

・逢坂さんは、ゼン殿下の王子様として気品溢れる声とまだ成長途中である澄んだ声がとても合っています。

一言一言にしっかりと重みを感じる台詞回しもとても素敵です。(20代・女性)

『ハイキュー!!』赤葦京治

・一見クールで落ち着いたイケボだけど、バレーをしている時は感情が乗りまくっているのが最高すぎる!

後輩と話す時の優しい声や木兎さんと話す時の呆れた感じも最高すぎます…(20代・女性)

『彼女がフラグをおられたら』旗立颯太

・次々と主人公役を演じるようになって来た逢坂さんが〝おにあい〟で共演された木戸衣吹さんとメインの役どころで再共演されるとあって物凄く期待感満載になりました。

沢山のヒロイン達に囲まれながらもちゃんと自己が確立して主人公として立派に演じてくれてました。(30代・男性)

『ノケモノたちの夜』スノウ

・普段口は悪いのに、妹のウィステリアへの思いは誰にも負けない、ウィステリア思いのキャラクターです。

実際にウィステリアを捜し続けるため悪魔狩りをしている部分も、まさに彼らしい感じでした。

見た目はクールなのに、口は悪く、それでも妹思いという部分が印象に残る好青年でした。(20代・男性)

『アオペラ -aoppella!?-』丹波燐

・曲良し、シナリオ良し、キャラクター良しの『アオペラ』という作品で、逢坂良太という声優の最大限の良い所が引き出されていると思います。

見た目はヤンキーのような燐に、地声で伸び伸びとした高音が特徴の逢坂さんはギャップがありすぎて大好きです。

その歌声をアカペラで聞けるというのも1つの醍醐味ですね。(10代・女性)

『革命機ヴァルヴレイヴ』時縞ハルト

・声優になる前からロボットに乗りたいとおっしゃっていた逢坂さんですが、時縞ハルトくんは初めてのロボットアニメの主役として非常に意義深いキャラクターと思います。

私も実際、ヴァルヴレイヴを見てハルトの優しさとその背後にある強靭な心に魅了され、それを細かいところまで表現してくれた逢坂さんの芝居に感心し、応援するようになりました。(20代・女性)

『夢色キャスト』朝日奈響也

・私にとって永遠の推しです。響也くんは終始王子様で優しくみんなから頼られるリーダーで、逢坂さんの声と演技がマッチしていてとても素晴らしいキャラクターです。

響也くんが涙を流すところや強い意志を感じるシーンでは、心をグッと掴まれて私を夢中にさせました。

キャラクターソングも逢坂さんの力強く芯の通った歌い方は響也くんにピッタリで、今でもたくさん聴いています。これからもずっと推させていただきます。(20代・女性)

『あんさんぶるスターズ!!』七種茨


・高音低音ともに美声で歌の上手さが際立っている(30代・女性)


・芯のある真っ直ぐで力強い歌声と自由自在な音域が茨にピッタリです。

キャラに向き合う姿勢が世界一かっこいいです。(20代・女性)


『Opus.COLORs』多岐瀬響

関連記事
Opus.COLORs
――あなたの世界は、何色ですか?美術界に『パーセプションアート』が生まれておよそ10年。今やすっかり世の中に浸透し、人々の生活を彩っている。パーセプションアートの生みの親にして著名な『アーティスト』でもあった月見里夫妻の息子・月見里和哉は、幼馴染の都築純とともに、自身もパーセプションアーティストになるという夢を抱いて美術分野の名門・永茜高校に入学したばかり。そんな和哉には、もうひとつの目的があった。それは、10年前に起った『ある事件』をきっかけに自分のことを避けるようになった“もうひとりの幼馴染”との友情を取り戻すこと......。パーセプションアートの生みの親にして著名な『グレーダー』でもある父を持つ多岐瀬響は、永茜高校パーセプションアート学科のグレーダー専攻に通う3年生。和哉や純とは家族ぐるみの幼馴染だが、もう何年もの間2人を避け続けている。響の心には、決して明かすことの出来ない傷跡があった......。ぶつかり合い重なり合う、様々な“色”と“色”。彼らの目に映るその景“色”とは?今描き出される、青春【アート】ストーリーの世界へ、ようこそ。作品名Opus.COLORs放送形態TVアニメスケジュール2023年4月6日(木)〜2023年6月22日(木)TOKYOMX・...

・主人公の和哉と疎遠になってしまった幼なじみです。和哉とのデュエット曲『New frame』『Clear』もキャラの心情をよく表現していて好きです。

キャストがとても豪華な作品ですが17人がイベント出演というのがすごいと思います。(20代・女性)


・私が逢坂さんのことを好きになったきっかけのキャラクターとアニメ作品です!

主人公・和哉くんのパートナーの響くん。和哉くんとの仲はあまり良くなかったのですが、最近は少しずつ笑うようになったり、自分の気持ちを和哉くんに伝えたりといい感じになってきています!

響くんのこと、本当に大好きです! 響くんの声優さんが逢坂さんで良かったと思ってます!(10代・女性)


次ページ:『ダイヤのA』沢村栄純はこの後に!
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング
目次
目次