声優
『AD-LIVE 2023』総合プロデューサー 鈴村健一インタビュー

究極の即興劇『AD-LIVE(アドリブ)』の15周年公演『AD-LIVE 2023』が開演! 今年のテーマに込められた想いやキャスティングのポイントとは──総合プロデューサーの鈴村健一さんにインタビュー!!

 

公演ごとのキャスティングのポイントは「文脈」と「マッチングの妙」

――毎回、豪華で個性的なキャスト陣が出演されていますが、キャスティングはどのように決められているのでしょうか?

鈴村:一番苦労するところで、いつも大変です(笑)。

キャスティングにはいろいろ要素があって、過去の公演に出ていただいている方で、「今回の演目に合いそうだな」という人もいるし、サプライズ人事的に初めて登場してくださる方とか様々です。

いろいろ考えていますが、組み合わせに関しては、経験値が高い人と初めましての方で組むのが基本ですが、もう1つ大事なのがマッチングの妙がおもしろそうな人というのは考えます。

今回なら津田さんと森久保くん。2人共『AD-LIVE』の大功労者で、森久保くんも津田さんも初出演の人とコンビを組んでもらって手助けしてもらうことが多くて、「この人と組ませれば安心」という信頼感があります。そんな2人のマッチングはより高いクオリティの即興劇になるのではないかなと。

そんなふうに各公演で文脈を探していて、蒼井くんと新木さんは昔、同じ舞台で共演していたとか、鳥海さんは下野くんをいじりやすいとか(笑)。そういうものも大切にしながらキャスティングしています。

 

 

――声優に限らず、2.5次元の舞台や劇場で活躍されている俳優さんもキャスティングされていたり、幅広いですね。

鈴村:『AD-LIVE』は声優が出演する作品というイメージが強いかもしれませんが、僕は誰でもできるものだと思っています。

いつか声優業以外の他業種の方とやってみたいという想いがあったので、『AD-LIVE 2022』で初めて演出の川尻さんのお力もお借りして、舞台で活躍されている方に参戦していただけました。演目的にもピッタリだったので、お声掛けするなら今しかないと。

そこから新しい扉が開いたので、声優界以外の方にも出ていただきたいですし、声優とマッチングすることで見たことがないものが作れるようにしたいなと思っています。

 

『AD-LIVE』のおもしろさは「何が起きるのか誰にもわからないところ」

――鈴村さんにとって『AD-LIVE』のおもしろさや魅力とは?

鈴村:何が起きるのか誰にもわからないことですね。それがエンタメとして究極ではないかなと思います。

アニメなどでも視聴者の方は何が起きるのかわからないというものもありますが、『AD-LIVE』はスタッフさえもわかっていないところが即興劇のおもしろさです。

それくらいピュアな空間が歪む瞬間も訪れますが、それはどんなに巧みな脚本を書いたり、どれほど稽古してもなかなか生まれないもの。それが舞台上で作れるというところが『AD-LIVE』のすごさだと思います。

 

 

――イベントなどで即興劇やムチャ振りに対応することに慣れているので、『AD-LIVE』にも臨機応変に対応できている部分もあるのかなと。

鈴村:それは間違いなくありますね。声優はあらゆるエンターテインメントの世界でも特にマルチだと思っていて、全部をやっているタレントがこんなにいる業界はないと思います。

歌って、踊って、ラジオパーソナリティをやって、TVにも出て、アニメや洋画の吹き替えもやって、舞台にも出て。そんな人は珍しいはずですが、『AD-LIVE 2023』に出演する人はほとんどやってますからね。

そう考えると適応性が高いと思っていますが、初めて『AD-LIVE』に出る時は、みんな怖がっています(笑)。

でもそれは、おもしろがるというより真剣に取り組んでくれて、お芝居として、演劇として、どうやるのかという入口をしっかり守ってくれているという事。だからこそ、クオリティは保てているし、ただの一発芸のバラエティっぽくならないのだと思います。

即興劇はヘタをすると一発芸のバラエティになってしまう危険性もあるけど、そうならずちゃんとストーリーが生まれて、演劇的にたどり着いているところは、マルチな要素を持っていながら、慎重に橋を渡ってくれるからだと思います。

 

15年のノウハウをすべて詰め込んだ舞台『AD-LIVE 2023』

――では皆さんへメッセージをお願いします。

鈴村:『AD-LIVE』をご覧になっていただいている皆さん、ありがとうございます。おかげさまで15周年を迎えることができました。

これまでたくさんの公演を作ってきましたが、今回はかなり集大成感があると思います。

 

 
役者が一からキャラクター作りをして挑むスタイルが多い『AD-LIVE』に、まったく準備ができずに立ち向かうことになるキャストがいたり、何の設定も知らないまま舞台に上がるという要素は『AD-LIVE 2016』のマインドダイブに近いし、いろいろなことがその場で決まる「運命の玉」というシステムも全てをくじで決める『AD-LIVE ZERO』(2019年度)の要素に近かったり。

過去の公演を積み重ねてきたからこそ、それらのエッセンスを上手に抽出して、凝縮したのが今回の公演です。15年の間に培ってきたノウハウをすべて詰め込んでいますので、ぜひ多くの方に観ていただきたいです。

まだ『AD-LIVE』をご覧になったことがない方は、何も考えずに見ていただいて大丈夫です。「今回見る前に過去の公演を見たほうがいいのかな?」と心配される方もいるかもしれませんが予習をしなくては楽しめないということはございません。

今回の公演をご覧になっていただければ、自然と過去の公演にも興味が湧いたり、見たくなると思います。まずは今回の公演をご覧ください。

生で舞台を見ることもできますし、ライブ・ビューイングやライブ配信もありますので、お好きな形のチケットをゲットして楽しんでください。よろしくお願いします。

 

公演概要

「AD-LIVE 2023」

※東京・大阪公演→昼公演:12:00開場・13:00時開演/夜公演:16:30開場・17:30開演
※東京特別公演
→土曜 昼公演:13:00開場・14:00開演/夜公演:17:30開場・18:30開演
→日曜 昼公演:12:00開場・13:00開演/夜公演:16:00開場・17:00開演

【東京・J:COMホール八王子】
8月26日(土):下野 紘・鳥海浩輔/8月27日(日):津田健次郎・森久保祥太郎

 
【大阪・メルパルクホール大阪】
9月23日(土):蒼井翔太・新木宏典/9月24日(日):武内駿輔・畠中 祐

 
【東京特別公演・片柳アリーナ】
11月11日(土):浅沼晋太郎・岡本信彦・小野賢章・梶 裕貴
11月12日(日):内田雄馬・木村良平・陳内 将・福山 潤

全日出演:鈴村健一

 
◆チケット情報 ※各チケットURLについては、30日0時以降オープン予定
<「AD-LIVE 2022」Blu-ray・DVD購入者対象先行優先販売>
6月30日(金)10:00~7月9日(日)23:59
https://pia.jp/v/adlive2023/
※「AD-LIVE 2022」Blu-ray&DVDに封入されている 「AD-LIVE 2023」チケット優先販売申込券に記載があるシリアルでのお申し込みとなります。
※1シリアルコードにつき1回のお申し込みのみ有効となります。1公演1席種につき2枚まで。

<ぴあ独占抽選先行> 
7月14日(金)10:00~7月24日(月)23:59
https://w.pia.jp/t/adlive2023/

<一般発売(チケットぴあにて)> 
8月5日(土)10:00~ 【Pコード】520-374
https://w.pia.jp/t/adlive2023/

・チケット価格
東京・大阪公演:7,500円(税込)/東京特別公演:8,500円(税込) ※未就学児童入場不可

・公演に関する問い合わせ
ホットスタッフ・プロモーション 050-5211-6077 (平日12:00〜18:00)

・チケット購入に関する問い合わせ
チケットぴあhttp://t.pia.jp/help/index.jsp

 
◆全公演、ライブ・ビューイング&ライブ配信決定!
ライブ・ビューイング詳細については特設HPをご覧ください。
https://liveviewing.jp/ad-live2023/

※ライブ配信詳細については後日発表いたします。

 
公式サイト
公式ツイッター(@AD_LIVE_Project)

 

(C) AD-LIVE Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング