声優
即興舞台劇「AD-LIVE」声優出演回数ランキング

「AD-LIVE2023」東京公演まであとわずか! 2008年から続く「AD-LIVE」声優出演回数ランキング! 1位は“ミスターAD-LIVE”のあの声優!

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカ役や『銀魂』の沖田総悟役などで知られる声優・鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める即興舞台劇「AD-LIVE」。キャラクター設定も台本も台詞も一切決められておらず、全てが舞台上で作られていく異色の舞台劇です。

舞台上で物語が紡がれていく臨場感、普通の舞台ではありえないハプニングの面白さ、出演者を救うことも迷宮に誘い込むこともあるアドリブワード、即興劇とは思えない伏線回収など、その魅力を語り尽くすのは簡単ではありません。

先駆けである企画を含め、2008年の初公演から今年で13回目となり、毎年多くの人気声優、舞台俳優が出演することでも注目を集めている「AD-LIVE」。そこで、本稿ではそんな本作への出演数をランキング形式でお届けします。

独特の緊張感があるという「AD-LIVE」に最も挑んでいるのは誰なのか(ファンならもうお分かりかもしれませんが)。どうぞご覧ください!

※年度ごとではなく、公演に出演した回数をカウント。鈴村健一さんは除外しています。

「AD-LIVE」出演回数ランキング

同率第7位 蒼井翔太さん(出演回数5回)

同率7位、1人目は『うたの☆プリンスさまっ♪』の美風藍役などで知られる蒼井翔太さん。鈴村さんとは同作で共演されています。これまで平凡な市役所職員やピンク色の髪の青年、きらびやかなドレスをまとったキャラクターなど様々な役を演じてきた蒼井さんは、今年の9月23日の公演にも出演予定です。今年はどんな姿で舞台に登場するのでしょうか。

関連記事
蒼井翔太さん、浅沼晋太郎さん出演!様々な感情が沸き起こった「AD-LIVE 2017」大阪公演2日目レポート
鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める即興劇プロジェクト「AD-LIVE2017」がついに千秋楽。10月15日(日)、メルパルク大阪にて行われた大阪公演でついに幕を閉じました。最終日の舞台に立ったのは、蒼井翔太さんと浅沼晋太郎さん。舞台経験豊富な2人が紡いだのは、どんな物語なのでしょうか? 本稿では、昼夜両公演の様子をレポートします。※今年のテーマ・システムについては、初回公演レポートや出演者発表会レポートも併せてご確認ください!>>今年は半数が初参加「AD-LIVE2017」出演者発表会レポ>>鈴村健一さん&てらそままさきさん出演、千葉公演1日目レポート>>鳥海浩輔さん&中村悠一さん出演、「AD-LIVE2017」千葉公演2日目レポート>>関智一さん&羽多野渉さん出演、「AD-LIVE2017」東京公演1日目レポート>>豊永利行さん&森久保祥太郎さん出演、「AD-LIVE2017」東京公演2日目レポート>>高垣彩陽さん&津田健次郎さん出演、「AD-LIVE2017」大阪公演1日目レポート作家宅に侵入した奇妙な青年「AD-LIVE」初挑戦の蒼井さんと、「AD-LIVE」プロジェクトを演出・脚本として裏からも支えている浅沼さんによる楽日の昼公演。この公演は「侵入者と家主」と...

 

同率第7位 下野紘さん(出演回数5回)

同率7位、2人目は『鬼滅の刃』の我妻善逸役などで知られる下野紘さん。アドリブワードを使った即興ソングはファンの間でもはやお馴染み。「AD-LIVE2023」には今年最初の公演となる8月26日に出演予定。着々と準備が進んでいるようで、鈴村さんにも即興ソングを期待されているようです。

関連記事
小野賢章さん&下野紘さん出演!即興ソングが次々と飛び出す「AD-LIVE 2018」大阪公演1日目レポート
鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める「AD-LIVE2018」が絶賛ツアー中。“究極のアドリブ”をテーマとした「AD-LIVE2018」は、2018年10月27日(土)、大阪・メルパルク大阪にて、お互い2年ぶりとなる小野賢章さん&下野紘さんが出演しました。これまで、ある程度大まかなストーリーが組み立てられていた“90分間の即興劇”の「AD-LIVE」ですが、今年はある程度の「世界観」と「最後の行動」が決まっているのみ。メインキャストが物語を紡ぐストーリーの世界は、鈴村さんが編集を担当する小説家が書いている小説の中の世界という設定。「最後の行動」を、各公演のメインキャスト1人だけ(昼夜で交代)が決め、事前にそれだけを相方を除くスタッフと共有するが、ストーリー自体もその場で決定していくために、出演者だけでなく演出陣を含めた裏方スタッフも都度アドリブで対応していくシステムです。メルパルク大阪の1日目を飾った2人は一体、どんなストーリーを紡いだのでしょうか? ここでは、簡単なレポで振り返ります!“下野さんらしい”ストーリーはメリハリ抜群昼公演でラストの行動を担当したのは、下野さん。これまでも「AD-LIVE」で演じているアイドル・ニノミヤマサキで登場し、さわやかな...

 

同率第7位 津田健次郎さん(出演回数5回)

同率7位、3人目は『呪術廻戦』の七海健人役などで知られる津田健次郎さん。津田さんは出演者としての参加だけでなく、「AD-LIVE」制作の裏側に密着した映画「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」(2019年公開)の監督も務めています。今年も8月27日の公演に出演予定。即興のはずなのに作り込みを感じる津田さんの「AD-LIVE」は必見です!

関連記事
初出演の西山さんが驚きの役に挑戦! 津田健次郎さん&西山宏太朗さんが出演した「AD-LIVE 2020」2日目をレポート
2020年9月から11月にかけて、8日間16公演が開催された「AD-LIVE2020」。今年は、「リアル脱出ゲーム」のSCRAPとコラボレーションし「アドリブ劇×謎解き」に挑戦したことでも話題に。無観客ながら生配信を行い、全国各地のファンが物語と謎の行方を見守りました。2日目は、津田健次郎さんと西山宏太朗さんが出演! 初日に続き「AD-LIVE」常連と初参加の組み合わせで、物語を紡いでいきました。ここでは、昼夜両公演の模様を少しだけレポートします。※以下、【】内はアドリブワードです。平川を意識する吉瀬の真の目的は?昼公演では、津田さんが和装の男性・平川源平、西山さんが吉瀬涼子という女性に扮して登場しました。平川は見た目に反して陽気な人物で、謎解きにクリアすると踊りだしてしまうほどで、度々吉瀬からツッコミを入れられていました。対する吉瀬は、ミディアムヘアが似合う細身で長身の女性。平川からも「【モヤシ】のようにスリムですね」と外見を評されていました。そんな平川に向かって「めちゃめちゃ感じてます、ご縁!」と強めに言ってみたり、妙に色気を振りまく様子が見られた彼女。さらに、水晶玉を手にかざし「天から光を得て、肌を潤す」という謎の言動も。これには、平...
関連記事
祝・映画「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」公開!本編を少しだけレビュー
映画「ドキュメンターテイメントAD-LIVE」が公開中。本作は、文字通り鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める即興劇プロジェクト「AD-LIVE」にまつわる映画で、鈴村さんは主演。監督・脚本は津田健次郎さんが担当し、制作の裏側などを映し出します。鈴村さん自ら脚本を書いたドラマCDの発売記念イベントで、「普通にトークするだけじゃ面白くないから」と発案したのが「AD-LIVE」の前身となる即興劇。そのときは岩田光央さんと櫻井孝宏さんが出演し、それぞれ鈴村さんと組んでいましたが、2014年からはキャストの人数と公演数を大幅に増やし、毎年異なるテーマのもとアドリブ劇を繰り広げています。今回の映画で観られるのは、「AD-LIVE2017」の様子。鈴村健一さんのほか、てらそままさきさん、鳥海浩輔さん、中村悠一さん、関智一さん、羽多野渉さん、豊永利行さん、森久保祥太郎さん、高垣彩陽さん、津田健次郎さん、蒼井翔太さん、浅沼晋太郎さんが、2人一組で出演しました。テーマは「ヒミツ」。キャストには事前に「自身のキャラの設定と結末の行動」「自身のキャラが抱える秘密」「2人の関係性」が知らされ、本番ではそれに沿って物語を進めることになります。全12公演、全て異なる世界観...
関連記事
「初の劇場映画監督がこの作品で嬉しい」――津田健次郎さん&鈴村健一さん登壇「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」初日舞台挨拶レポート
津田健次郎さん脚本・監督、鈴村健一さん主演で、「AD-LIVE2017」の裏側を振り返る映画「ドキュメンターテイメントAD-LIVE」が、2019年2月2日公開。初日には、新宿バルト9にて、2人の登壇する舞台挨拶が行なわれました。ここでは、このときの様子をレポートします。 虚実入り交じるのが「AD-LIVE」各地の映画館でライブビューイングもあった舞台挨拶は、上映後に行われ、映画を見終わったお客さんからの大きな拍手が2人を迎えました。津田さんは、「受け入れていただけるか」と公開まで緊張していたそうで、「終わったとき拍手が起こったのを聞いて、ホッとしております」と吐露しました。鈴村さんは「AD-LIVE自体は僕の企画ですが、この映画に関しては津田さんの想いにすべて託しました。主演としても映画が無事公開されたことはとてもうれしい」と明かしました。2017年の「AD-LIVE」を追っていることからもわかるとおり、企画自体は2年以上前から進んでいたとか。「託した」ため鈴村さんは一切プロットに対して意見しなかったそうで、津田さんからAD-LIVEがどう見えているかに重点がおかれているそうです。プロットを確認した際も「“津田さん語”で書かれていて独特。読み解くのが大変でした」...

 

同率第5位 小野賢章さん(出演回数6回)

同率5位、1人目は『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役などで知られる小野賢章さん。過去6回出演している小野さんは、2016年に演じたシンバル奏者・小川奏太を2018年の10周年記念公演にも登場させるなど、演じる役も舞台上のお芝居もユニークなところが魅力です。今年は11月11日の東京特別公演に出演予定。今回はどんな役を用意されるのか気になりますね。

関連記事
“音楽”が繋いだ親子愛を小野賢章さんと森久保祥太郎さんが繰り広げる! 「AD-LIVE 2016」八王子公演【2日目・昼】レポ
 鈴村健一さんがプロデュースする、即興劇プロジェクト「AD-LIVE(アドリブ)2016」。昨年の熱狂をそのままに2016年の秋も開催され、6日間12公演を駆け抜けました。 アニメイトタイムズでは、昨年にひき続き全日の昼公演のレポートを公開予定。本稿では、9月11日(日)に開催された八王子2日目昼公演の模様をご覧いただきましょう。今回、“精神”を旅するふたりはどんな人物? 関係は? アドリブワードが起こした奇跡も含めてどうぞ!【出演者/9月11日@オリンパスホール八王子】小野賢章さん森久保祥太郎さん ステージ上でセッションも!“音楽”が繋いだ親子愛「意識不明になった人や心を閉ざした人の精神に入り込み、記憶を刺激して意識を回復させる」という、全く新しい治療法「マインドダイブ」。「AD-LIVE2016」の物語は、この治療法を使って入り込んだ“意識を失っている人の精神の中”で、描き出されていきました。昼公演では小野さん演じる小川奏太が、ショウタロウ(演:森久保さん)の精神に入ります。  前回のレポートでも触れましたが、「AD-LIVE2016」は出演者1人が相手も含め2人分の人物設定、そして全体の世界観を考えているとか。この回では、小野さんが考えた設定に森久保さん...

 

同率第5位 梶裕貴さん(出演回数6回)

同率5位、2人目は『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役などで知られる梶裕貴さん。「AD-LIVEがないと生きた心地がしない!!」とSNSに投稿したことがあるほど、AD-LIVE好きな梶さん。共演者との化学変化を楽しんでいる様子が印象的です。今年は主要キャストが4人の東京特別公演(11月11日)に出演予定で、通常の2人回以上の化学変化が期待できそうです。

関連記事
梶裕貴さん&前野智昭さんによる、巧妙な“仕掛け”に引っ掛かった!? 「AD-LIVE ZERO」千葉1日目(昼・夜公演)レポート
鈴村健一さんが総合プロデューサーを務める即興劇プロジェクト「AD-LIVE」が、今年も開幕!2019年9月7日(土)、千葉・幕張国際研修センターにて、メインキャストに梶裕貴さんと前野智昭さんの同期コンビを迎えた千葉初公演(昼・夜公演)の模様をレポートします。今年は「AD-LIVEZERO」と題し、原点回帰へ。これまで、あらかじめ決められていた演出(雨、停電など)やキャラクター設定は、すべて開演2時間前にくじで決定。メインキャスト2人は、くじで引いたキャラクター設定を加えた役で舞台に立ち、演出陣は18個の演出くじ(うち、3個は舞台開始30分後に引く)をすべて使い切り、それ以外で舞台に介入できないのがルール!キャストも演出陣も含めたスタッフ陣も、これまで以上に順応性と対応力が求められる“即興劇らしい即興劇”です。初日公演は、AD-LIVE出演の常連・梶さんと、2018年に初参加ながら巧みな言葉選びと“神引き”で物語を展開させた前野さんという組み合わせ。また、今年は鈴村さんだけでなく、クリエイティブプロデューサーとして森久保祥太郎さんもステージ裏から指示を出し、時にステージに立って物語を導くことも。ステージ上、ステージ裏ともに一瞬たりとも気が抜けない舞台と...

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング