アニメ
『ゾン100』梅田修一朗×楠木ともり×古川慎×髙橋ミナミ 声優インタビュー

『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』梅田修一朗さん×楠木ともりさん×古川慎さん×髙橋ミナミさん 声優インタビュー|シズカが啖呵を切るシーンは、これから社会人になる人に1回は見て欲しい

『月刊サンデーGX』にて連載中の『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』がTVアニメ化。MBS/TBS系全国28局ネットにて放送中です。本作は、ある日突然ゾンビ・パンデミックが発生し、ブラック企業で働く天道輝(アキラ)が絶体絶命の状況で「ゾンビになるまでにしたい100のこと」を叶えるために行動する物語。100のことを叶えるなか、アキラは親友の竜崎憲一朗(ケンチョ)、リスクヘッジを第一に考えていた三日月閑(シズカ)などと出会い、行動を共にします。8話ではそんな一行に日本文化が大好きなドイツ人・ベアトリクス・アメルハウザーも加わり、目的地であったアキラの故郷を目指して、共に歩みを進めることになりました。

アニメイトタイムズでは、アキラ役の梅田修一朗さん、シズカ役の楠木ともりさん、ケンチョ役の古川慎さん、ベアトリクス役の髙橋ミナミさんにインタビュー。ブラック企業時代のアキラのパワハラ上司・小杉権蔵との再会を描いた6・7話、ベアトリクスが登場した8話について振り返っていただきました。

関連記事
ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~
入社3年目のブラック企業で身も心もすり減らす天道輝(テンドウアキラ)、24歳。憧れの経理・鳳さんへの恋もままならず、絶望的な毎日を繰り返す中...ある日突然、街でゾンビ・パンデミックが発生! 大量のゾンビに追われるアキラは、絶体絶命の中「人生を変える言葉」を閃く。それは......「今日から会社に行かなくてもいいんじゃね?」告白、合コン、日本一周......!?ブラック企業から解放され、復活したアキラの「ゾンビになるまでにしたい100のこと」が、いま始まる―――!!作品名ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~放送形態TVアニメスケジュール2023年7月9日(日)〜9月24日(日)第10話~第12話:2023年12月25日(月)MBS・TBS系にて話数全12話キャスト天道輝:梅田修一朗三日月閑:楠木ともり竜崎憲一朗/ケンチョ:古川慎ベアトリクス・アメルハウザー/ベアトリクス:髙橋ミナミスタッフ原作:麻生羽呂・高田康太郎(小学館『月刊サンデーGX』連載中)監督:川越一生副監督:上田華子シリーズ構成:瀬古浩司キャラクターデザイン:田中紀衣ゾンビデザイン:福地純平音楽:宮崎誠選曲:合田麻衣子音響制作:dugoutアニメーション制作:BUGFILMS制作:小学館集英社プロダクション主題歌OP...

「こういう人物になりたい」と思える要素がたくさんある作品

――ここまでの物語を振り返りつつ、改めて原作を読んだときの感想を教えていただければと思います。

アキラ役・梅田修一朗さん(以下、梅田):アキラは入社初日から徹夜でサービス残業をさせられるブラック企業に勤めていました。そんな彼は、周りがゾンビだらけという絶望的な世界になったとき、「今日から会社にいかなくてもいいのでは」と解放された気持ちになって、やりたいことを明るく、楽しくやっていこうとします。絶望的な世界になったことを前向きにとらえる、その逆転の発想が面白い作品だと思いました。そんなアキラ以外にも登場人物の人間性や価値観が深掘りされていくのも、本作の魅力だと感じています。それぞれの登場人物の感情に共感できることも多く、「自分ならどうするだろう、どういう感情になるだろう」と思いながら原作を読んでいました。

シズカ役・楠木ともりさん(以下、楠木):いわゆる“ゾンビもの”作品って、みんなが希望を失った状態で生きることを目標に頑張っていくものが多いという印象があります。一方の本作は、生きることが目標のひとつではあるのですが、それに一心不乱という訳じゃなくて。むしろ生きることは前提で「生きていくなかであれもしたい、これもしたい」とそれぞれの登場人物が力強く思うんです。そういう登場人物たちに胸を打たれて、私もこうなってみたいと思いました。

ケンチョ役・古川慎さん(以下、古川):本作はフィクションではありますが、“いかにして生きるか”というテーマが詰まっているんです。登場人物たちが危機的な状況でも明るく笑って、明日に向かって生きていく、困難を乗り越えるというところに興奮しました。また、コメディ要素をふんだんに挟んでいるから、絶望的な世界観ではあるのに読んでいて辛くならないのかなとも思っています。「こういう考え方をしたい、こういう人物になりたい」と思える要素がたくさんあるので、誰かのバイブルになりうる作品だと感じています。僕も大好きです。

ベアトリクス役・髙橋ミナミさん(以下、髙橋):まず、ゾンビが蔓延る世界になることによって、アキラがブラック企業の縛りから解放され、ポジティブな人間に目覚めるという切り込み方がすごい!と思いました。シズカもアキラと関わることで本来の気持ちを解放し、ケンチョも自分を解放して裸になっていく(笑)。そしてベアトリクスは、ゾンビ・パンデミックが発生した世界で、できる限り憧れていた日本文化に触れていきます。そういうみんなを見ていると、自分の願いも解放できるんじゃないかと思えてくるんですよね。変な言い方かもしれませんが、絶望的な世界観ながらも、すごく希望にあふれた作品だなと感じています。

――登場人物たちの立場・行動・考え方に共感したり、憧れを抱いたりして熱くなれる作品ですよね。登場時のケンチョみたいな思いを抱いて生きている方もいる気がします。

古川:ですよね。「僕もお笑い芸人になりたい」って。

梅田:あっ、そこですか!?

古川:あっ、違った(笑)? でも、ケンチョって、本当に誰かを笑顔にしたい、笑わせてあげたいという気持ちを持っている人なんです。他者あってこそ自分の幸せがあるという考え方をする人間だと感じました。作中でコメディ部分を担うことも多い彼ですが、何だかすごく眩しい人物ですよね。僕もケンチョみたいでありたいけれど……。

楠木:え!古川さんはケンチョみたいになれると思います!

髙橋:そうですよ。今日のインタビュー前の撮影でも、ずっと笑かしてくれましたよね。

梅田:あれはもう、ケンチョそのものでした。

髙橋:よっ、笑かし代表!

梅田:よっ!

古川:……そういうおだて方、よくないと思うよ(笑)。

髙橋:いやいや、思ったことを言っているだけですよ!

楠木:古川さんのおかげで、いい笑顔で撮れたんです!

古川:ありがたい言葉です。……楠木さんが撮影しているときだけ、あんまり何もできずに申し訳ございませんでした。

楠木:でも雰囲気が明るくなったので! ただ確かに、私のときだけみんな違うことに集中していましたよね(笑)。

梅田:実は笑かしに行こうかなと思っていたのですが、もうキリっと表情モードになっていたので、「あっ、これ今じゃないな」ってなっちゃって。

古川:「やめたほうがいい」となりました。

楠木:く、空気を読んでくださったんですね!

髙橋:私はヒツジに夢中になっていました。

楠木:……。

髙橋:す、すみませんでした!

梅田・古川:すみませんでした!!

楠木:(笑)。

――今のやり取りで、みなさんの関係性がよく分かりました(笑)。

(C)麻生羽呂・高田康太郎・小学館/「ゾン100」製作委員会
ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング