映画
『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』メインビジュアル第2弾&劇場予告公開

『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』メインビジュアル第2弾&劇場予告編&入場者プレゼント情報が公開! 藤井道人監督よりコメントも到着

2023年11月23日(木・祝)より公開となる、シーズン2に新たなシーンと視点を加えて再構成した劇場版『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』。

このたび、本作のメインビジュアル第2弾と劇場予告編が公開されました。

さらに、入場者プレゼント情報、前作『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』のアンコール再上映情報も発表。

あわせて、本作で監督を務めた藤井道人氏よりコメントが到着しています。

関連記事
攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間
草薙素子たち公安9課は、難民集団「N」を率いるシマムラタカシと邂逅する進化の特異点迫る廃墟・東京で、ポスト・ヒューマンのレイドが始まる——2045年。全ての国家を震撼させる経済災害とAIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争へと突入した。電脳社会に突如出現した新人類“ポスト・ヒューマン”による電脳犯罪を阻止すべく、全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課は、先の大戦で廃墟と化した東京へと向かう。奪取された原子力潜水艦による核大戦の危機が迫るなか、公安9課、アメリカ、ポスト・ヒューマンによる三つ巴の戦闘が激化していく――。作品名攻殻機動隊SAC_2045最後の人間放送形態劇場版アニメシリーズ攻殻機動隊SAC_2045スケジュール2023年11月23日(木)キャスト草薙素子:田中敦子荒巻大輔:中博史バトー:大塚明夫トグサ:山寺宏一イシカワ:仲野裕サイトー:大川透パズ:小野塚貴志ボーマ:山口太郎タチコマ:玉川砂記子江崎プリン:潘めぐみスタンダード:津田健次郎ジョン・スミス:曽世海司久利須・大友・帝都:喜山茂雄シマムラタカシ:林原めぐみスタッフ原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社KCデラックス刊)総監督:神山健治×荒牧伸志監督:藤井道人...

メインビジュアル第2弾が公開

今回公開されたメインビジュアル第2弾は、全世界から注目される気鋭のイラストレーターであり、本作のキャラクターデザインを手掛けるイリヤ・クブシノブ氏の描き下ろし。

また、本作の主題歌を手掛けるmillennium paradeのメンバーでもあり、シーズン2のオープニングシーケンスを監督したクリエイティブレーベル「PERIMETRON」の神戸雄平がディレクションデザインを担当しています。

主人公・草薙素子が左右異なるタッチで描かれており、本作のテーマとなる<現実>と<電脳世界>、そして〈ダブルシンク(二重思考)〉が象徴的に表現されています。

手を差し伸べながらまっすぐとこちらを見つめる印象的な素子の姿は、シリーズのクライマックスに待つ物語の結末を予感させるものになっています。

劇場予告編が解禁

挿入歌「Find Me」とともに草薙素子と人類の脅威・ポスト・ヒューマンの少年・シマムラタカシとのシーズン2におけるクライマックスシーンから始まる本映像は、主題歌「No Time to Cast Anchor」が流れる中、本作のハイライトが点描され、シリーズの集大成となるラストへの期待が高まります。

劇場予告編

1週目入場者プレゼントが発表

今回発表となったメインビジュアル第2弾に加え、イリヤ・クブシノブ氏が新たに劇場入場者プレゼント用の描き下ろしイラストを両面にあしらった、特製ビジュアルシートになっており、各劇場で先着で配布されます。

1週目入場者プレゼント「特製ビジュアルシート」情報

仕様:A4サイズ/両面
絵柄:メインビジュアル第2弾&イリヤ・クブシノブ描き下ろしイラスト
配布日:11月23日(木・祝)〜11月30日(木)

※特典は数量限定の為、無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※チケットを複数枚お持ちいただいた場合でも、お一人様一回のご鑑賞につき、1つお渡しします。
※本特典の転売、内容の複写・複製・転用は一切禁止となります。
※制作段階で生じる初期傷やカスレが理由による特典の返品・交換は一切いたしかねます。
※チケット購入特典ではございません。ご入場を伴わない配布はお断りさせていただきます。

『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』のアンコール再上映が決定

11月10日(金)から11月16日(木)までの1週間限定で、前作となる『攻殻機動隊SAC_2045 持続可能戦争』のアンコール再上映が決定。『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』上映予定の全劇場で上映されます。

『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』アンコール再上映情報

上映期間:11月10日(金)〜11月16日(木)【1週間限定】

※『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』上映劇場にて上映いたします。
※公開劇場・鑑賞料金等、詳細は公式HPをご確認ください。

藤井道人監督よりコメントが到着

『攻殻機動隊 SAC_2045』完結しました。
神山監督と、荒牧監督から受け取った、とても重いバトンをようやく観客の皆さまにお渡しできる日が来たことに、大きな安堵と寂しさを感じています。アニメーションと実写は、手法は違えど「伝えたい物語がある」という情熱は同じでしたし、支えてくださったスタッフの皆さまに心から感謝いたします。
是非劇場でお楽しみください。

藤井道人(ふじい・みちひと)プロフィール

1986年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。大学卒業後、2010年に映像集団「BABEL LABEL」を設立。
伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』(2014年)で商業作品デビュー。
第43回日本アカデミー賞にて映画『新聞記者』が最優秀作品賞含む6部門受賞、他にも多数映画賞を受賞する。
『青の帰り道』(18年)、『デイアンドナイト』(19年)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20年)、『ヤクザと家族 The Family』(21年)、『余命10年』(22年)など精力的に作品を発表しており、今年は『ヴィレッジ』、『最後まで行く』が続けて公開。
今最も動向が注目されている映画監督の1人である。

『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』作品情報

攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間

あらすじ

草薙素子たち公安9課は、難民集団「N」を率いるシマムラタカシと邂逅する

進化の特異点迫る廃墟・東京で、ポスト・ヒューマンのレイドが始まる——

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害とAIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争へと突入した。電脳社会に突如出現した新人類“ポスト・ヒューマン”による電脳犯罪を阻止すべく、全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課は、先の大戦で廃墟と化した東京へと向かう。奪取された原子力潜水艦による核大戦の危機が迫るなか、公安9課、アメリカ、ポスト・ヒューマンによる三つ巴の戦闘が激化していく――。

キャスト

草薙素子:田中敦子
荒巻大輔:中博史
バトー:大塚明夫
トグサ:山寺宏一
イシカワ:仲野裕
サイトー:大川透
パズ:小野塚貴志
ボーマ:山口太郎
タチコマ:玉川砂記子
江崎プリン:潘めぐみ
スタンダード:津田健次郎
ジョン・スミス:曽世海司
久利須・大友・帝都:喜山茂雄
シマムラタカシ:林原めぐみ

(C)士郎正宗Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング