映画
『マーベルズ』ジャパンプレミアイベント レポート到着

『マーベルズ』ジャパンプレミアイベント開催! 水樹奈々さん、村中知さん他、“最強”の声優陣が登壇!「アベンジャーズ最強を超えた強さに感動」

『エンドゲーム』(2019)では最凶最悪の敵サノスを相手に圧倒的な戦闘能力で立ち向かい、一気に形勢を逆転させる大活躍を見せた、アベンジャーズ最強のヒーロー キャプテン・マーベル。

そんな彼女さえも苦戦する謎の敵ダー・ベンが襲来。過去最大級の危機に、キャプテン・マーベル、ミズ・マーベル、モニカ・ランボー の 3人がチームを結成し立ち向かう。マーベル・スタジオ最新作『マーベルズ』が、2023年11月10日(金)に日米同時 公開となります。

11月8日(水)に、キャプテン・マーベル役の水樹奈々さん、モニカ・ランボー役の村中知さんら“最強”の吹替声優陣に加え、宇垣美里さん、大倉士門さん、景井ひなさん、小杉竜一さん(ブラックマヨネーズ)、DJ KOO さん、蝶野正洋さん、ハシヤスメ・アツコさん(元 BiSH)ら様々なジャンルの“最強マーベル・ファン”も駆けつけたジャパンプレミアイベントが開催。

この度、イベントレポートが公開となりました。

 

関連記事
マーベルズ
アベンジャーズ最強ヒーロー、キャプテン・マーベルの新たな物語。キャプテン・マーベルの“ある過去”を憎み、復讐を誓う謎の敵が現れる。その狙いは、地球をはじめ彼女が守ってきたすべてを滅ぼすことだった。一人では救えない危機が迫るなか、彼女を家族のように慕う敏腕エージェント〈モニカ・ランボー〉、彼女に憧れるアベンジャーズオタクの高校生ヒーロー〈ミズ・マーベル〉と、3人が入れ替わる謎の現象が発生。これまで一人で戦ってきたキャプテン・マーベルは仲間との運命的な繋がりからチームを結成し、新たな“強さ”に目覚めていく。作品名マーベルズ放送形態実写映画シリーズキャプテン・マーベルスケジュール2023年11月10日(金)キャストキャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル:ブリー・ラーソン(水樹奈々)カマラ・カーン/ミズ・マーベル:イマン・ヴェラ―ニ(松岡美里)モニカ・ランボー:テヨナ・パリス(村中知)ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)ヤン王子:パク・ソジュン(江口拓也)ダー・ベン:ゾウイ・アシュトン(佐竹海莉)スタッフ監督:ニア・ダコスタ製作会社:マーベル・スタジオ公開開始年&季節2023実写化映画(C)2023Marvel『マー...

 

映画『マーベルズ』各界の“最強”が集まるジャパンプレミアイベント 概要

日時:11月8日(水)
会場:TOHO シネマズ六本木 スクリーン7
(〒106-0032 東京都港区六本木 6‐10‐2 六本木ヒルズ けやき坂コンプレックス)

登壇者(敬称略):水樹奈々(キャプテン・マーベル役 声優)、村中知(モニカ・ランボー役 声優)

宇垣美里(フリーアナウンサー・俳優)、大倉士門(モデル)、景井ひな(TikTok クリエイター・タレント)、小杉竜一(お笑い芸人/ブラックマヨネーズ)、DJ KOO(DJ/TRF)、蝶野正洋(プロレスラー)、ハシヤスメ・アツコ(タレント/元 BiSH)

 
公開を 2 日後に控えたこの日、いち早く本作をこの目に焼き付けようと劇場に集まったファンで劇場は超満員!大スクリーンに予告映像が流れ会場内の熱気も高まったところで、「キャプテン・マーベルの新たな物語を見届けたい!」と集まった各界の“最強”ゲストが次々に登壇!宇垣美里、大倉士門、景井ひな、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、DJ KOO、蝶野正洋、ハシヤスメ・アツコ(元 BiSH)らが盛り上がるファンたちの間を抜けてステージまで向かい始めると劇場内は割れんばかりの拍手と歓声が上がり続けた。

<アナウンサー界“最強”マーベルファン>の宇垣は「一人ではたどりつけない最強ということですので、一作品ではたどりつけない最強にたどり着くため、沢山予習をしてきました!『ミズ・マーベル』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』や『ワンダヴィジョン』など、沢山の作品を観返してきたので気持ちは高ぶっています。」とその熱いマーベル愛を語り、<モデル界“最強”マーベルファン>の大倉は「私は最強の幸せ者です!昨年結婚して、仕事もプライベートも幸せに過ごしています。妻に今日僕がこのイベントに参加することを話したら、「ずるい~!」と言っていました。(笑)次回は是非最強夫婦として来たいと思います。」と負けじと愛を語った。景井は「どんな気候でもファッションを優先する“最強”です!今回はヒーローが 3 人出てきて、猫ちゃんも沢山出てくるので、とても楽しみにしています。」と話し、本作を楽しみにしていると笑顔をみせた。

また、2005 年度 M-1 王者<お笑い界“最強”芸人>で自身も大のマーベルファンであり、先日解禁された霜降り明星のせいやとの「キャプテン・マーベル最強伝説映像のナレーション」にも参加した小杉は「小さかった息子に勧め、シリーズは全て見ています。今ではその息子に逆に世界観などを教えてもらっています。小杉家最強のヒーローは妻です。

うちのキャプテン・マーベルは非常に力強い存在です。(笑)」と答えると会場は爆笑の渦に。の DJ KOO は「大好きで夕べも見てきました。皆さん僕がリーダーという事を初めて聞かれた方がいるとおもうのですが(笑)、平均年齢が一番高いダンスユニットとしてギネス記録を作っていきたいと思います。」と独特の回答をし会場を驚かせ、<プロレス界“最強” 黒のカリスマ>の蝶野は

「マーベルズと違って私が橋本真也、武藤敬司と組んでいた闘魂三銃士は何の助け合いもないんです。信頼関係なし(笑)でもマーベルズのように一つになって戦う事を私もずっと夢見ていました。」と話した。そして、<芸能界・眼鏡女子“最強”ゲスト>のハシヤスメはマーベル眼鏡をかけての登場で「私は眼鏡が最強です。生まれたときから眼鏡が生えてきているんです。(笑)すべてに期待したいです。

BiSH 時代はアベンジャーズのようなグループを目標にしていました。今は一人になったので、キャプテン・マーベルのように頑張れる女性になっていきたいです。」と作品への愛と期待を語った。それぞれが場内に手を振ったりマスコミ向けの写真撮影に応え、会場のボルテージがマックスとなる中、満を持して本作の吹替声優キャストから水樹奈々、村中知の2名が登場した。

 
本作は『キャプテン・マーベル』の4年ぶりの続編ということで MC から心境を聞いてみるとキャプテン・マーベルを演じた水樹は「またキャプテンマーベルに声をあてさせて頂けることを本当に嬉しく思っております。過去にはミサイルや宇宙船を素手で持ち上げましたが、本作でもさらにその最強さと不屈の精神に魅了されるのではないかなと思っています。」と感慨深い様子を見せると、さらに本作で初めてチームを組み戦うキャプテン・マーベルについて、「孤高の戦士として戦ってきた彼女がチームを組みます。強すぎるがゆえにチームプレーが出来ないと言われてきたのですが、どうしても太刀打ちできない相手が本作で現れるんです。彼女がチームを組んだことで見ることができる新しい一面が沢山詰まっています。そして戦闘シーンが格好いいので是非見て頂きたいです!」と、前作の頃も振り返りながらキャプテン・マーベルの華麗なカムバックに喜びの表情を見せた。

キャプテン・マーベルの親友の娘で、前作では少女だったが今作では大人になりキャプテン・マーベルとともに戦うこととなったモニカ・ランボーについて村中は「幼少期は家族のようにしたってきたキャロルなのですが、どのように彼女とチームを組むことになったか、その真実が分かります。3 人がチームを組むとなった時に、お互いがどう影響していくのか。目まぐるしい戦闘や 3人が集まることで生まれるテンポ感に是非注目頂きたいです。」とコメント。さらにその戦闘シーンについて水樹は、「戦闘シーンの収録が大変だったんです。3 人で腹から声を出しているので、誰がどのタイミングで声を出してるのか、確認するのも一苦労でした。それほどに目まぐるしいアクションシーンが続きます!」と、息の合った様子を見せた。

またアベンジャーズ最強のヒーローであるキャプテン・マーベルは、新たなチームを結成して強さを手に入れるが、水樹は本作の魅力について「キャプテン・マーベルの成長の過程を見て頂きたいです。色んな運命的な繋がりがあり、3 人がチームを組むことになるんです。幼かったころから慕ってきたモニカとも、一緒に協力して戦うことになります。モニカがいたからこそ、仲間の支えがあることで強くなれることを学べたと思います。彼女の精神的な成長部分、ドラマとしての一面も是非注目してほしいです。」と今作の魅力を熱く語った。

ここで、吹替声優キャストに「これは私が最強だ」と思う特技などを聞いてみると水樹は「走りながら歌うことが最強です!やはりライブへ向けてトレーニングを積んでいるので、スタジアムの端から端まで走っても大丈夫なように努力しています!しかも 10cm くらいのハイヒールを履いて駆け回りながら歌うのは、最強なんじゃないかな?と思っております。」と回答し、村中も「鼻が良くて、嗅覚が最強です!直前に人が触ったものを当てることができます!」と最強ポイントについて明かし会場を沸かせた。

フォトセッションでは声優陣だけではなく、最強ゲストたちも再び舞台上に登壇!9 人が横に各界の最強たちが並び、まさに“アベンジャーズを超える!?”個性的なフォトセッションとなった。

 
最後に本イベントを締めくくり水樹が「沢山の星々を救い孤高のヒーローとして戦いを続けてきたキャプテン・マーベル。その彼女がマーベルズというチームを結成し、仲間と絆を結んだ先にある強さを手に入れる物語です。アクションも本当に凄いです。アベンジャーズ最強の彼女が本作でみせる、さらに強い姿に感動しました。是非最初から最後までスクリーンにくぎ付けで見て頂きたいです!」と改めて本作の魅力をアピール。盛大な拍手に見送られ、大盛況のうちにイベントは終了した。

 

『マーベルズ』作品情報

マーベルズ

あらすじ

アベンジャーズ最強ヒーロー、キャプテン・マーベルの新たな物語。キャプテン・マーベルの“ある過去”を憎み、復讐を誓う謎の敵が現れる。

その狙いは、地球をはじめ彼女が守ってきたすべてを滅ぼすことだった。

一人では救えない危機が迫るなか、彼女を家族のように慕う敏腕エージェント〈モニカ・ランボー〉、彼女に憧れるアベンジャーズオタクの高校生ヒーロー〈ミズ・マーベル〉と、3人が入れ替わる謎の現象が発生。

これまで一人で戦ってきたキャプテン・マーベルは仲間との運命的な繋がりからチームを結成し、新たな“強さ”に目覚めていく。

キャスト

キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル:ブリー・ラーソン(水樹奈々
カマラ・カーン/ミズ・マーベル:イマン・ヴェラ―ニ(松岡美里
モニカ・ランボー:テヨナ・パリス(村中知
ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)
ヤン王子:パク・ソジュン(江口拓也
ダー・ベン:ゾウイ・アシュトン(佐竹海莉)

(C) 2023 Marvel
関連記事
マーベルズ
アベンジャーズ最強ヒーロー、キャプテン・マーベルの新たな物語。キャプテン・マーベルの“ある過去”を憎み、復讐を誓う謎の敵が現れる。その狙いは、地球をはじめ彼女が守ってきたすべてを滅ぼすことだった。一人では救えない危機が迫るなか、彼女を家族のように慕う敏腕エージェント〈モニカ・ランボー〉、彼女に憧れるアベンジャーズオタクの高校生ヒーロー〈ミズ・マーベル〉と、3人が入れ替わる謎の現象が発生。これまで一人で戦ってきたキャプテン・マーベルは仲間との運命的な繋がりからチームを結成し、新たな“強さ”に目覚めていく。作品名マーベルズ放送形態実写映画シリーズキャプテン・マーベルスケジュール2023年11月10日(金)キャストキャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル:ブリー・ラーソン(水樹奈々)カマラ・カーン/ミズ・マーベル:イマン・ヴェラ―ニ(松岡美里)モニカ・ランボー:テヨナ・パリス(村中知)ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)ヤン王子:パク・ソジュン(江口拓也)ダー・ベン:ゾウイ・アシュトン(佐竹海莉)スタッフ監督:ニア・ダコスタ製作会社:マーベル・スタジオ公開開始年&季節2023実写化映画(C)2023Marvel『マー...
(c)2023 Marvel
おすすめタグ
あわせて読みたい

マーベルズの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング