2.5次元
舞台「地獄楽-終の章-」2024年2月に東京・大阪にて上演決定

舞台「地獄楽-終の章-」が2024年2月に東京・大阪にて上演決定! 木津つばささんらメインキャスト16名と原作者・賀来ゆうじ先生のコメントが到着

2023年2月に上演された舞台「地獄楽」の続編となる舞台「地獄楽-終の章-」が、2024年2月15日(木)から東京と大阪にて上演決定!

このたび、総勢16名の出演キャスト、メインビジュアル、ソロビジュアル、特報PVが公開されました。

新たな出演者として、亜左 弔兵衛役を佐奈宏紀さん、物語の大きな鍵を握る天仙役を立道梨緒奈さんが演じます。さらに新たな上陸組である山田浅ェ門殊現役を小南光司さん、山田浅ェ門十禾役を松田岳さん、画眉丸を崇拝する石隠れ衆の刺客・シジャ役を櫻井圭登さんが担当。

また、キャスト16名と原作者の賀来ゆうじ先生よりコメントが到着しました。

▲メインビジュアル

▲メインビジュアル

関連記事
地獄楽
時は江戸時代末期。抜け忍として囚われ死罪人となった元・石隠れ最強の忍“画眉丸”は、極楽浄土と噂される島から「不老不死の仙薬」を持ち帰れば無罪放免となれることを告げられる。画眉丸は最愛の妻と再会するため、打ち首執行人“山田浅ェ門佐切”とともに仙薬があるという島へ向かうことに。島に上陸した画眉丸と佐切に立ち塞がったのは、同じく仙薬を求める死罪人たち。そして、島に潜む未知の生物、人工的で不気味な石像、島を統べる仙人たち......謎多き島で、果たして画眉丸は仙薬を見つけ出し、生きて帰ることが出来るのか——!?作品名地獄楽放送形態TVアニメスケジュール2023年4月1日(土)~2023年7月1日(土)テレビ東京ほか話数全13話キャスト画眉丸:小林千晃山田浅ェ門佐切:花守ゆみり亜左弔兵衛:木村良平山田浅ェ門桐馬:小野賢章杠:高橋李依民谷巌鉄斎:稲田徹山田浅ェ門付知:市川蒼山田浅ェ門士遠:小林親弘山田浅ェ門典坐:小林裕介ヌルガイ:小市眞琴山田浅ェ門仙汰:山下大輝山田浅ェ門衛善:古川慎山田浅ェ門期聖:土岐隼一山田浅ェ門源嗣:ボルケーノ太田天仙:諏訪部順一 甲斐田裕子メイ:小原好美スタッフ原作:賀来ゆうじ『地獄楽』(集英社ジャンプコミックス刊全13巻)監...

特報PVが解禁

メインキャスト16名と賀来ゆうじ先生のコメントが到着

原作者・賀来ゆうじ先生

改めまして、舞台「地獄楽」第二弾おめでとうございます。舞台「地獄楽」のいちファンとして、僕もとても嬉しいです。前回公演の千秋楽直後からずっっっと楽しみにしていました。DVDも今日までに何度見返したかわかりません。第二弾にはあの人は登場するんだろうか?あの人はどう演出されるのだろうか? 第一弾の観劇体験を思い返せば、期待せずにはいられません。

画眉丸役・木津つばささん

舞台「地獄楽-終の章-」、引き続き画眉丸を演じさせて頂きます、木津つばさです。アニメの放送もあり、より多くのファンの皆様に支持されている素敵な作品の続編を、第2弾という形で再び板の上に生きれる事を幸せに思います。今作からは新たなキャラクターも登場し、残念ながら出演が叶わなかった仲間の為にも、この素晴らしいキャスト一丸となって神仙峡を生き抜かねばと良い意味でのプレッシャーと覚悟を強く抱いております。「成長」をテーマに、画眉丸とカンパニーの皆様とそしてお客様と紡がれる時間を大切に演じていきたいと思っておりますので、大切な人の為に己らを鼓舞し戦う僕たちの、業を報いる姿を是非劇場で体感して頂けると幸いです。

山田浅ェ門 佐切役・白本彩奈さん

待望のアニメ放送を経て、こうしてまた佐切に息を吹き込めること、沸々と喜びを感じています。人はそれぞれに恐怖や葛藤があり、どれもが"愛"と隣合わせ。その先の決意を味方につけることが、どれだけ心を強くさせるか、そんなことを思いながら、また丁寧に、優しく、この世界に色付けしていきたいです。新たな仲間を迎え、さらにパワーアップした舞台「地獄楽-終の章-」を、是非楽しみにお待ちいただけると嬉しいです!

亜左 弔兵衛役・佐奈宏紀さん

元々原作を楽しく読ませて頂いていた一ファンです。舞台化の発表を見た時は、「僕も極楽浄土に連れてって」と嘆いたほど…なので、こうしてご縁を頂けて、とても嬉しく思います。亜左 弔兵衛ほどの激情をもった人物を演じるのは、自分にとって新たな挑戦になる気がしていますが、性根は自分とすごく近いものがあると感じています。とにかくワクワクが止まりません。勇之介の思いもしっかり繋いで、役作りしていきます!!

山田浅ェ門 桐馬役・田淵累生さん

舞台「地獄楽」の第2弾がついにきました。第1弾に引き続き上演できること、桐馬を演じることができることを嬉しく思います。アニメ化も始まり、盛り上がっている中で舞台が完結ということで最高の締めくくりができるよう精一杯尽力します。兄さんと並んで戦えるように、強く変化していく桐馬をお楽しみに!では劇場でお会いしましょう。

杠役・太田夢莉さん

第一弾に引き続き、杠を演じさせていただきます。テレビアニメが放送されて以降、私の身近でも「地獄楽」の話題を耳にすることが増え、更にファンの方が多くなったように感じております。原作を大切にしながら、舞台ならではの世界観を楽しんで演じたいです。そして、今回、新しい衣装を製作してくださりました! 再現度の高い素敵な衣装もお楽しみください。ご来場をお待ちしております!

山田浅ェ門 士遠役・中村太郎さん

前作に引き続き山田浅ェ門 士遠役を演じさせていただきます、中村太郎です。また「地獄楽」の世界の中で士遠として生きることが出来るのがとても嬉しいです。典坐を失った悲しみをより強く感じる続編となりますが、彼の師匠で居続けられるように、いつかまた会えた時に恥のないよう生きたいと思います。今作の応援もよろしくお願いします。

ヌルガイ役・吉浜あずささん

ヌルガイ役を演じさせていただきます、吉浜あずさです。またこの作品に帰って来られたことを心から嬉しく思います。前作で培った経験と想いを胸に、今作でもヌルガイと共に全力で生き抜きたいと思います。より一層パワーアップした舞台「地獄楽-終の章-」を、皆様にお届けできるよう精一杯頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください!

民谷 巌鉄斎役・郷本直也さん

前作に続けて民谷 巌鉄斎を演じさせて頂く事になりました郷本直也です。とても光栄で御座います。ようやく私の剣豪っぷりを皆様にお見せ出来る事になるのかと思うと冷や汗が止まりません…笑。ナントカエモンとそして仲間達と力を合わせて物作りに取り組んでいこうと思いますので何卒宜しくお願い致します。

山田浅ェ門 付知役・宮崎 湧さん

山田浅ェ門付知役を演じさせていただきます、宮崎湧です。初演に続き、第二弾も付知くんを演じられることを心から嬉しく思います。彼の人間味のある豊かな心を表現できるよう、もっともっと彼を掘り下げて、憑依してもらえるように探求を続けます。細やかで素早い戦闘を殺陣で表現できるよう、身体作りと素振りに勤しみ稽古に臨みます。物語が紡ぐメッセージをしっかりとお客様に届けられるよう、誠心誠意向き合います。応援のほど、よろしくお願いいたします。

山田浅ェ門 殊現役・小南光司さん

舞台「地獄楽-終の章-」にて、「山田浅ェ門 殊現」を演じさせて頂きます。小南光司です。この度、舞台「地獄楽」に携われる事とても嬉しく思います。原作も元々知っていて、漫画を読み、アニメを観ていたのでオファーを頂いた時はすんごく嬉しかったです。それともう一つ。主演の木津つばさくんの熱量を初演で演じていた方々から聞いていたので、その辺りも含めて今からとても楽しみです。珠現というキャラクターは作中でもかなり力があって、作品的にも影響力のある役なのでとても役作りに苦戦するんだろうなぁとわくわくです。初演の皆さんで作り上げた舞台「地獄楽」に更なる火力を引き出せるよう、全力で楽しみたいと思います。よろしくお願い致します。

山田浅ェ門 十禾役・松田岳さん

山田浅ェ門 十禾役を演じさせて頂くことになりました松田岳です。地獄と極楽を同時に味わうような強烈な世界観に一瞬で引き込まれたのを覚えています。息が浅くなるような緊迫感と予測不能な展開が続き、ラストまで目が離せませんでした。演じさせて頂く十禾さん。重要人物で気が引き締まりますがご本人ののらりくらりとした脱力感も見習い、十禾さんに近づいていけたらなと思います。

シジャ役・櫻井圭登さん

この度、シジャ役を演じさせて頂きます。櫻井圭登です。原作を読ませて頂いて、シジャの人間像に圧倒されっぱなしでした。役者としても、とてつもない挑戦になると思います。初演も観させて頂いたのですが、凄まじい熱量と運動量に圧巻されました。そんな作品に携われる事、心から幸せに思います。待ってて下さい、画眉丸さん!

メイ役(W キャスト)・澤田理央さん

今回も前作に引き続きメイ役で出演させていただく、澤田理央です。大好きなこの作品にもう一度メイとして舞台に立てる事をとても嬉しく思います。不思議な力を持ったメイの魅力を皆様にお届けできるように精一杯演じます! どうぞよろしくお願いします。

メイ役(W キャスト)・高乘蒼葉さん

こんにちは!メイ役を演じます、小学5年生11歳の高乘蒼葉です。前回に引き続き、またメイちゃんになれると聞いた時は、とても嬉しかったです。私は原作を読むたびに、メイちゃんの決断に涙が出ます。そしてその『勇気』にいつも励まされているので、舞台からも、メイちゃんの『勇気』と『思い』を皆さまにいっぱいお伝えできるように、がんばります!

天仙役・佐々木喜英さん

今作より天仙役を演じさせていただきます、佐々木喜英です。「地獄楽」の原作が好きで、初演の舞台も一ファンとして客席から観劇していたので、今回この作品に携われる事を大変光栄に思います。立道梨緒奈さんと2人で天仙を演じ、陰と陽の両極を表現しながら物語を最後まで紡いでいけるよう精一杯努めて参りますので、応援の程よろしくお願いいたします。皆様と劇場でお会いできる日を楽しみにしています。

天仙役・立道梨緒奈さん

このたび天仙役を演じさせていただくことになりました、立道梨緒奈です。もともとアニメを観ていたので、お話をいただいたときは驚くと同時にとても嬉しかったです。出演が決まってから原作も拝読し、美しくも狂っていたり、冷たさの中にある温かさであったり、一言では説明のできない世界観にのめり込みました。様々な人間模様や心理描写に目が離せなかったです。このシーンは、あのシーンは…そして今作は天仙2人での戦闘シーン…舞台ではどのように描かれるのか。私も楽しみに稽古に臨みたいと思います。是非、劇場でお会いしましょう。

舞台「地獄楽-終の章-」情報

日程・劇場

【東京公演】
2024年2月15日(木)~2月18日(日)
シアター1010 東京都足立区千住3丁目92 千住ミルディスⅠ番館

【大阪公演】
2024年2月23日(金)〜2月25日(日)
クールジャパンパーク TT ホール 大阪府大阪市中央区大阪城3−6
※公演回数・日時は変更の可能性があります

あらすじ

ここは“神仙郷”。死罪人と打ち首執行人が幕府の命により上陸する。

彼らの目的はただひとつ。

生き残り、「不老不死の仙薬」を持ち帰ること。

石隠れ最強の忍として恐れられた死罪人・画眉丸は、山田浅ェ門 佐切と共に、いくつもの死線を超えていく。

全ては最愛の妻と再会するためにー。

“仙薬奪取”の為に、共闘をはじめる上陸者たち。

激戦の中で立場をこえた“絆”を結びながらも、圧倒的な力を持つ“天仙”を前に、志半ばで倒れていく。

混沌極まる事態の中、新たな曲者たちが上陸する。

様々な思惑が錯綜し、戦場は混乱の渦へー。

死闘の果てにたどり着く、“神仙郷”の真実とは。

この物語の結末は、“地獄”か“極楽”か。

生死を賭けた最終決戦、いざ開幕。―必ず生きて帰る…君の為に。

スタッフ

原作:「地獄楽」賀来ゆうじ(集英社 ジャンプ コミックス刊)
演出:加古臨王
脚本:Spacenoid Writers’ Room(月森葵、野ノ栖千晶、会沢青)
音楽: 佐々木久夫(SeanNorth)
美術: 乘峯雅寛
技術監督:寅川英司
舞台監督: 田中 翼/佐光 望
照明:大波多秀起
音響:前田規寛
映像:O-beron inc.
衣裳:雲出三緒
ヘアメイク:木村美和子(do:t)
小道具:黒瀬有美/翁長聖菜
アクション:船木政秀
演出助手:野田麻衣/齋藤有里
振付:富田 彩
宣伝美術:五島英一
制作:Office ENDLESS
主催:エイベックス・ピクチャーズ

出演者

【画眉丸】木津つばさ
【山田浅ェ門 佐切】白本彩奈
【亜左 弔兵衛】佐奈宏紀
【山田浅ェ門 桐馬】田淵累生
【杠】太田夢莉
【山田浅ェ門 士遠】中村太郎
【ヌルガイ】吉浜あずさ
【民谷 巌鉄斎】郷本直也
【山田浅ェ門 付知】宮崎 湧
【山田浅ェ門 殊現】小南光司
【山田浅ェ門 十禾】松田 岳
【シジャ】櫻井圭登
【メイ】澤田理央・高乘蒼葉(Wキャスト)
【天仙】佐々木喜英・立道梨緒奈

〈アンサンブル〉
片伯部浩正
藤原儀輝
小林聖尚
福島悠介
小川丈瑠
栁原華奈
市川絵美
岡本真友
山田美貴
中込萌
中野紗耶可
※出演者は変更になる可能性がございます。

チケット

【東京公演】
●S席:12,500 円(税込)
S席特典:1 階席+神仙郷お土産付き
神仙郷お土産:特製巾着
●A席:8,900 円(税込)
※お席は 2階席のご案内となります。

【大阪公演】
●S席:12,500 円(税込)
S席特典:ステージ寄り前方席+神仙郷お土産付き
神仙郷お土産:特製巾着

●A席:9,900 円(税込)

《オフィシャル HP1 次先行》
受付期間:11/23(木)12:00~12/10(日)23:59
東京公演
大阪公演

公式サイト
公式X

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング