声優
「らしんばんラジオ」声優・直田姫奈インタビュー|’23年12月パーソナリティ

「らしんばんラジオ」2023年12月パーソナリティ・直田姫奈さんインタビュー|クリぼっちに贈る、聖夜の冷え冷えエピソード! 掃除が苦手な直田さんにとって耳よりな情報とは?

中古アニメグッズの買取や販売で知られるアニメショップ「らしんばん」。現在、パーソナリティが店内でのお買い物を彩る「らしんばんラジオ」が全店舗にて放送中です!

ラジオではパーソナリティの自由なトークに加えて、らしんばんにちなんだバラエティ豊かなコーナーや買い取りについてわかりやすく解説するコーナーをお届け!

2023年7月~12月のパーソナリティは、『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢役、『BanG Dream!』桐ヶ谷透子役などで知られる直田姫奈さんが担当します。

今回は、ラジオ収録を終えた直田さんにインタビューを実施! クリスマスにまつわるエピソードや来年の抱負について語っていただきました。

1人暮らしの初クリスマスのエピソードを告白!

――半年間務めた「らしんばんラジオ」パーソナリティも今回が最後の収録となりましたが、録り終えた感想を教えてください。

直田姫奈さん(以下、直田):リスナーさんからのお便りで、今回が最後なんだということを感じまして。色々と感慨深い気持ちになりながらお喋りをさせていただきました。

――前回のインタビューで、2023年を最高の「らしんばんラジオ」で締めくくれるよう、最後まで私らしく頑張っていきたいとおっしゃっていましたが、よい締めくくりはできましたか?

直田:変にはりきったり、湿っぽい雰囲気になることはなく、フラットな状態で収録させていただきました。私らしくいつもと変わらない「らしんばんラジオ」をお届けできたのかなと思います。

――早速、各コーナーについて伺っていきます。「直田姫奈の日常!」のコーナーでは、クリスマスのエピソードをお話されていましたね。

直田:クリスマスは煌びやかなイメージがあるじゃないですか。でも、反対に寂しい想いをされている方もいると思っていて。

――確かに人によって運命が別れる日ですよね。

直田:そうなんですよ! だから全人類が楽しいクリスマスを過ごしているわけじゃないぞということを伝えて、落ち込んでいる方を元気付けるために私が過ごした一番寂しいクリスマスのエピソードを共有させていただきました。

――どんなエピソードなのか気になります。

直田:1人暮らしを始めて最初に迎えたクリスマスなんですけど、クリスマスイブは素うどんをひとりで食べて、次の日は個人経営のご飯屋さんでアルバイトしながら賄いを食べていました。

常連さんからは「なんで今日いるの!? 若い子なんだから遊ばないと!」と言われて、「寒いから遊びたくないです。どこ行っても混んでいますし」と冷め切った答えをしたのを覚えています(笑)。

だけど、こんなクリスマスの過ごし方も決して悪いものだとは思っていないので、皆さんにはぜひ色んな方法でクリスマスを謳歌してほしいです。

――声優を始めてからクリスマスの過ごし方は変わりましたか?

直田:幸いなことに仕事が入り、皆さんに会える機会が増えました。1人で過ごすクリスマスから脱却して、より充実したものに昇格したと感じています(笑)。

――ちなみに直田さんはサンタさんを何歳まで信じていましたか?

直田:中学校に入る前まで信じていたかなぁ。小学生の時は、サンタさんとコミュニケーションを取るために手紙を書いていました。両親もイベントを大切にするタイプなので返事を書いてくれたんですよね。すごく嬉しかったです。

子どもならではの配慮として、サンタさんに高いプレゼントをおねだりして、自分の両親には安いものをもらうことをしていました(笑)。

――素敵なエピソードですね。もし、今年のクリスマスプレゼントをもらえるとして何が欲しいですか?

直田:実は「らしんばんラジオ」で少し早いクリスマスプレゼントをもらっているんです。

――ええ!? そうなんですか!

直田:ラジオ内でもどんなクリスマスプレゼントが欲しいか聞かれて、最初はロボット掃除機の「ルンバ」って答えたんです。掃除するのが本当に苦手なので……。

でも、最近家に来て掃除を代行してくれるサービスができたじゃないですか。どうせなら機械じゃなく、人の手で自宅の水回りとかを綺麗にしてほしいなぁと思っていたんです。

そんな時に、芸能人でも安心して任せられる会社があると耳寄りな情報をいただきまして。この情報こそ、今年のクリスマスプレゼントだと思って、今後利用したいなと思います。

――前回の「らしんばんラジオ」でも秋刀魚を食べるお店を教えてもらっていましたよね。直田さんがラジオを通して届けているものも多いと思いますが、直田さんも何かを得られるという関係が素敵だなと感じました。

直田:実は最近そのお店に行ったんですけど、秋刀魚が終わってしまっていて食べられなかったんです。でも久しぶりにお茶碗に入ったお米を食べることができました。店の名前を教えてくれて本当にありがとうございます。

――12月3日はプレイステーションの日ということで、ゲームのエピソードについても話されていましたね。

直田:初めて買ったゲーム機はゲームボーイで、ニンテンドーDSが出てからは『おいでよ どうぶつの森』をプレイしていたという話をしました。

その後、一時期ゲーム離れしたこともあったんですけど、ガラケーがスマホになってからはアプリゲームをするようになりましたね。初めて課金したゲームは今でも鮮明に覚えています。

――どんなゲームをされていたのですか?

直田:私と同世代の女子ならプレイされていると思うんですけど、イケメンシリーズの『新章イケメン大奥◆禁じられた恋』という恋愛シミュレーションゲームです。

このゲームには、ハッピーエンドとノーマルエンドがあって、ハッピーエンドを迎えるには有料アイテムを買わなきゃいけなくて。推しキャラの九条のハッピーエンドがどうしても見たくて課金しました。

300円くらいの可愛い値段だったんですが、初めての課金にはなかなか勇気が必要で。大変な想いをしたものの、素晴らしいハッピーエンドを見られて満足することができました(笑)。

――直田さんは、『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』『崩壊:スターレイル』といったアプリゲームに出演されていますが、自身が出演されるゲームをプレイされますか?

直田:演じたキャラクターがストーリーにどう関わっていくのかを楽しむためにプレイすることはありますね。

ただ、先ほど課金の話をしましたが、もともとゲームにたくさん課金するタイプではなくて。キャラクターが出るまでガチャを引き続けることはしたことはないです。あくまでストーリーを楽しむ範囲にとどめています。

おすすめタグ
あわせて読みたい

直田姫奈の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング