映画
『大室家』倉知玲鳳・伊藤彩沙・古賀葵の公式インタビュー公開

『大室家 dear sisters/dear friends』倉知玲鳳さん・伊藤彩沙さん・古賀葵さんの公式インタビュー公開! 出演が決まった時の感想や、演じたキャラたちへの思いを語る

コミック百合姫(一迅社刊)にて連載中の『大室家』(著・なもり)がアニメ映画化! 2024年に全国劇場にて、『大室家 dear sisters』が2024年2月2日公開、『大室家 dear friends』が2024年公開予定公開となっています。

この度、メインキャラクターのひとりである大室花子のクラスメイトを演じる倉知玲鳳さん(小川こころ役)、伊藤彩沙さん(相馬未来役)、古賀葵さん(高崎みさき役)のオフィシャルインタビューが公開されました。本作に出演が決まった時の感想や、自身の演じたキャラクターたちについて思いを語ってくれています。

『大室家 dear sisters』『大室家 dear friends』倉知玲鳳×伊藤彩沙×古賀葵オフィシャルインタビュー公開!

──『大室家』への出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください。

小川こころ役・倉知玲鳳さん(以下、倉知):本当に嬉しかったです。実は『大室家』の姉妹作にあたる『ゆるゆり』はリアルタイムで拝見していた作品なんです。その頃はまだ声優になる前で、声優を目指すこともしていなかった頃。ただただ好きで見ていた作品にこうして関わらせていただけるということで、嬉しい気持ちが一番でした。出演できたこと自体も嬉しいですし、『大室家』がアニメ化されるってことも嬉しかったです。なので、役者としてもファンとしても喜びました。

▲小川こころ

▲小川こころ

▲倉知玲鳳さん

▲倉知玲鳳さん

相馬未来役・伊藤彩沙さん(以下、伊藤):私は、声優デビューのきっかけとなるオーディションがあった頃に、妹が『ゆるゆり』にすごくハマっていたんです。櫻子と向日葵のキャラクターソング『恋のダブルパンチ』を一緒に聴いて、原作の漫画も貸してくれて、私も「めっちゃ面白い!」と思っていました。私にとって『ゆるゆり』のアニメは、声優になりたいという気持ちの支えになっていた作品です。頑張る力をくれていた作品だったので、『大室家』に出演が決まったときはすごく嬉しかったですし、妹に報告できたときは幸せでしたね。『ゆるゆり』は私の人生の中で大きく影響を与えてくれた作品なんです。

▲相馬未来

▲相馬未来

▲伊藤彩沙さん

▲伊藤彩沙さん

高崎みさき役・古賀葵さん(以下、古賀):私もすごく嬉しかったです。『ゆるゆり』って誰もが知っている共通言語ですよね。私のラジオで、安元洋貴さんが歌われた『ゆりゆららららゆるゆり大事件』(ドラマCD『百合男子』キャラクターソング)のリクエストをいただいてかけたことがあったり、事務所の先輩である大久保瑠美さん(『ゆるゆり』吉川ちなつ役)に作品のことを伺ったりしていたんです。ご縁を感じる作品だったのでとても光栄に思っています。余談ですが、事務所からオーディション用に送ったサンプルボイスが音割れしてしまっていたようで、そこから伝わる一生懸命さが「みさきっぽい」とスタッフさんたちの間で話題になったと聞きました(笑)。

▲高崎みさき

▲高崎みさき

▲古賀葵さん

▲古賀葵さん

──花子役の日高里菜さんを含む小学生組4人で揃ってアフレコしたそうですが、どんな雰囲気でしたか?

倉知:みさきちと花子様のやりとりが本当に可愛くて。横で聴いていたんですけど、にやけが止まらなくなって、心で「かわいすぎる〜!」と思いつつ台本で顔を隠していました。

伊藤:私もみさきちとのくだりは、目を閉じてほほえみながら聴いていました。心がすごい浄化されていくので、アフレコ中にいい時間を過ごさせてもらってるなぁって。

古賀:本当に皆さんめちゃくちゃ可愛いんですよね。「いる!こころちゃんと未来ちゃんがいるー!」って思って感動しました。

伊藤:会話のテンポがいいので、みんなで録れてよかったです。

──小学生組の魅力とは?

倉知:4人のバランスがすごくいいですよね。『ゆるゆり』のごらく部や『大室家』の三姉妹とも違う、この4人のバランスが私は好きです。

古賀:もともと花子様、こころちゃん、未来ちゃんの3人でいたところに、みさきはつっかかっていったんですよね。最初の登場は、「なんだこいつ」って思われそうなみさきなんですけど、3人が優しく受け入れてくれる。しっしってされることなく、一緒に遊んでくれる3人を見て、「なんて優しい子たちなんだろう」と思いました。

倉知:いい子しかいない!

伊藤:ボケとツッコミのテンポ感は『ゆるゆり』シリーズの魅力で『大室家』にも通じている部分があると思うんですけど、それはこの小学生組にもしっかりと感じましたね。こころが天然ボケをかまして、未来がツッコんだり(笑)。シュールな感じのボケも多いので、そんなシーンを演じられるのもすごくうれしかったです。

──最後に、『大室家 dear sisters』の見どころとファンの方へのメッセージをお願いします。

倉知:これを見て癒されない人はいないだろうなという作品になっています。ぜひ劇場で心をほぐされて、マイナスイオンを感じてほしいですね。お仕事帰りなんかに行ってもらって心を癒されて、次の日も頑張るぞって思ってもらえたら嬉しいです。

伊藤:『大室家』は三姉妹それぞれの視点と日常が魅力のひとつで、しかも映画としてたっぷりと楽しめる。三姉妹なので一度で3倍分美味しい作品だと思います。いろんな雰囲気の世界観を楽しんでくださいね!

古賀:アニメーションになったことによって初めて声がついたキャラクターがたくさんいます。それぞれのキャラクターがどういう掛け合いをしていくのか楽しみにしてほしいですね。そしてこの世界で繰り広げられる、心が溶けてしまうほどのドキドキとキュンキュンを全身で浴びてくださいね!

『大室家 dear sisters』作品情報

2024年2月2日(金)劇場公開決定!

上映劇場:https://ohmuroke.com/theater

本編:約40分

あらすじ

中学1年生の大室櫻子は、学校でも家でも元気いっぱい。三姉妹の中心として姉の撫子、妹の花子に呆れられながらも楽しい毎日を過ごしている。

今日は学校で向日葵に宿題を手伝ってもらい意気揚々と帰宅した櫻子。しかし家は静まり返っており誰もいない様子。実は先に帰っていた花子はソファの影で息をひそめている。

花子には絶対に櫻子に見つかりたくない理由があったが、あっさり櫻子に見つかってしまい、大笑いされてしまう。花子の顔はマジックペンがついておりヒゲのようになっていたのだ。

遠慮なく笑う櫻子にイラッとする花子だったが、さらに怒り顔なのが姉の撫子。食べるのを楽しみに取っておいたアイスがなくなっているという。アイスを食べた犯人として撫子と花子に疑われ、一気に形勢不利になった櫻子。三姉妹は2対1になりがちだ。

スタッフ

原作:なもり(コミック百合姫/一迅社刊)
監督・コンテ:龍輪直征
助監督:岩崎安利
シリーズ構成・脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:植田和幸
編集:瀧川三智
美術監督:緒続学
色彩設計:小松亜理沙
撮影監督:浅川茂輝
音響監督:ひらさわ ひさよし
音響制作:Cloud22
音楽:白戸佑輔
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:パッショーネ×スタジオリングス
製作:「大室家」製作委員会
配給:ショウゲート

■オープニング主題歌「My Dear SiSTARS!」
歌:大室櫻子(CV. 加藤英美里)、大室撫子(CV. 斎藤千和)、大室花子(CV. 日高里菜)
作詞:5u5h1
作編曲:本田正樹(Dream Monster)

■エンディング主題歌「大げさに愛と呼ぶんだ」
歌:大室花子(CV. 日高里菜)、小川こころ(CV. 倉知玲鳳)、相馬未来(CV. 伊藤彩沙)、高崎みさき(CV. 古賀葵)
作詞・作曲・編曲:本田正樹(Dream Monster)

キャスト

大室櫻子:加藤英美里
大室撫子:斎藤千和
大室花子:日高里菜
小川こころ:倉知玲鳳
相馬未来:伊藤彩沙
高崎みさき:古賀葵
園川めぐみ:上坂すみれ
三輪藍:東山奈央
八重野美穂:悠木碧
古谷向日葵:三森すずこ

公式サイト
公式ツイッター(@omrk_movie)

主題歌「My Dear SiSTARS! / 大げさに愛と呼ぶんだ」2024年2月7日(水)発売!

★購入はこちら

原作コミックス情報

『大室家』

著者:なもり
連載:一迅社『コミック百合姫』

累計発行部数50万部突破!
コミックス第1巻~第6巻、絶賛発売中!

(C)なもり/一迅社

(C)なもり・一迅社/「大室家」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング