アニメ
冬アニメ『俺だけレベルアップな件』三川華月(水篠 葵役)インタビュー【連載06】

冬アニメ『俺だけレベルアップな件』連載インタビュー:水篠 葵 役 三川華月|人間くさく、1人ひとりが何か目的を持って必死に生きているのが魅力

『ピッコマ BEST OF 2019』マンガ部門第1位を受賞した人気SMARTOON(縦読み電子マンガ)『俺だけレベルアップな件』が待望のアニメ化し、好評放送中!

先日放送された6話では、ダンジョン内で同じパーティーメンバーから罠にハメられ、巨大グモのボスモンスターとたった2人で戦うことになった旬と賢太。巨大グモと互角に戦う旬を見て、賢太は驚きを隠せない。そして旬はギリギリの戦いを繰り広げた後に、何とかボスモンスターを撃破する。

旬と賢太を置き去りにした攻撃隊の6人がダンジョンへ戻り旬たちに襲いかかるが、その時旬に、「6人を倒せ」という緊急クエストが発動する。次々と自分と同じ、モンスターではなくハンターである攻撃隊を倒してく旬。最後に残ったリーダーの右京は強化スキルを使うが旬には通用せず、6人全員を倒してダンジョンを脱出する。

『俺だけレベルアップな件』のアニメ化を記念して、インタビュー連載をお送りしています。今回ご登場いただくのは主人公の妹・水篠 葵役を演じている三川華月さんです。作品の印象やここまでのお話の中で好きなシーン、お気に入りキャラ、今後の見どころなどを語っていただきました。

 

関連記事
俺だけレベルアップな件
異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”が突如発生してから十数年、世界には”ハンター”と呼ばれる超人的な力に覚醒した人間たちが出現する。ハンターはその力を使い、ゲート内のダンジョンを攻略し対価を得ることを生業としているが、強者揃いのハンター達の中で、「水篠旬」は人類最弱兵器と呼ばれる低ランクハンターとして生活していた。ある日、低ランクダンジョンに隠された高ランクの二重ダンジョンに遭遇し、瀕死の重傷を負った旬の目前に謎のクエストウィンドウが現れる。死の間際、クエストを受けると決断した旬は、自分だけが「レベルアップ」するようになり—。作品名俺だけレベルアップな件放送形態TVアニメスケジュール2024年1月6日(土)〜TOKYOMXほかキャスト水篠旬:坂泰斗諸菱賢太:中村源太水篠葵:三川華月向坂雫:上田麗奈最上真:平川大輔白川大虎:東地宏樹後藤清臣:銀河万丈犬飼晃:古川慎スタッフ原作:DUBU(REDICESTUDIO) Chugong h-goon(D&CWebtoonBiz.発行)監督:中重俊祐シリーズ構成:木村暢キャラクターデザイン:須藤智子サブキャラクターデザイン:古住千秋モンスターデザイン:徳田大貴プロップデザイン:白石創太郎アクションディレクター:菅野芳弘キーアニメー...

前回の記事

関連記事
冬アニメ『俺だけレベルアップな件』連載インタビュー:水篠 旬役 坂 泰斗さん|旬が決して諦めず、常に自分の限界に挑み続ける姿から発せられる熱量が1番の魅力
『ピッコマBESTOF2019』マンガ部門第1位を受賞した人気SMARTOON(縦読み電子マンガ)『俺だけレベルアップな件』が待望のアニメ化! 2024年1月から好評放送中!先日放送された5話では、入院中に絶え間ないトレーニングと、デイリーミッションをクリアしていくことで、攻撃レベルだけではなく、肉体も鍛えていった旬。退院し、家に戻った旬は生活費を稼ぐために、C級ダンジョン攻略を目指すパーティに参加する。数合わせとして参加したのは旬と大企業の御曹司である諸菱賢太。攻撃隊の6人のハンターは、昆虫タイプのモンスターと遭遇するもチームワークを見せて撃退。更にダンジョンを進んでいくと眠っている巨大グモのボスモンスターと大量のマナ鉱石を発見する一同。マナ鉱石を運び出す装備を取りに行くと言い残してボスの部屋から立ち去った攻撃隊の6人は、旬と賢太を裏切り出入口をふさいでしまう。罠にハマったことに気付いた旬と賢太に、ゆっくりと近づいてくる巨大グモ。戦う決意を固める旬と賢太の運命はいかに?『俺だけレベルアップな件』のアニメ化を記念して、インタビュー連載をお送りしています。今回ご登場いただくのは、主人公の水篠旬役を演じている坂泰斗さんです。5話を振り返っ...

 

命を削りながら演じる坂さんに受けた大きな刺激

――『俺だけレベルアップな件』の原作や資料などを読んで感じた印象と魅力を感じた点、たくさんの人を引き付ける理由など、お聞かせください。

水篠 葵 役 三川華月さん(以下、三川):レベルアップしないとされている世界の中で旬だけがレベルアップしている点がとても面白いですし、爽快だなと思いました。バトルシーンは毎回同じようなバトルをするのではなく、旬のレベルに応じて戦い方が全然変わってくるので飽きずに楽しめる点だと思いますし、戦う相手もめちゃくちゃ個性があって好きです。

また、しっかりと人間くさいところが描かれているのも大変、魅力的だなと思いました。綺麗事ばかりではないそんな世の中で、1人ひとりが何か目的を持って必死に生きているのだと感じました。いろいろな要素が詰まっているからこそ、たくさんの方が楽しめる面白い作品になっているのではないかと思います。

 

 

――主人公の旬についての印象と演じられた坂さんのお芝居についての感想をお聞かせください。

三川:命を削っているな……大丈夫かな……という印象がありました。坂(泰斗)さんと収録時間が一緒になることが多いので、いろいろなお芝居を近くでたくさん見させていただきました。

印象に残っているのはバトルシーンの収録です。特に旬のレベルが低い最初の方のバトルシーンでは、大ダメージを負いながら長い時間戦うことになります。それを一回だけではなく何度も収録しなければいけないので、「あっ……これ以上やると坂さん、倒れてしまうのでは……!! 大丈夫かな!?」と本気で思うくらい、毎回全力で演じられていました。そのくらい命を削りながら旬を演じている坂さんからとても刺激を受けました。

 

ダンジョンに向かう旬を見送る葵の気持ちについて、受けた印象的なディレクション!?

――演じる葵の印象をお聞かせください。また魅力を感じる点や似ている点はありますか?

三川:葵は明るくしっかりしていて人のことを思いやれる、とてもいい子という印象があります。たまーに子どもっぽかったりお茶目な表情を見せたり、特にお兄ちゃんの前ではそういう年相応で妹らしい面が見えるので、そこがとても魅力的でかわいくて大好きです。

私も兄がいるので共感できるなという部分はたくさんありました。兄よりはしっかりしている自信はめちゃくちゃあるのですが、なんだかんだ兄という存在に甘えちゃうところが似ているかもしれません!(笑)

 

 

――演じる時に意識された点やキャラを構築していく中で参考になったり、印象深かったディレクションもあれば合わせて教えてください

三川:もし、私が葵の立場だとしたらお兄ちゃんが危ない目にあいながらハンターをしていることに対して、もっと危機感を持ち毎日心配しちゃうと思うんです。そういうプランでお芝居を持って行った時に、心配すぎるがあまり怒りすぎたり重たくなりすぎたりということがありました。

「例えばだけど、君のお父さんとかが危ないかもしれない工事現場に毎日お仕事に行ってるとして、最初は本当に気をつけて怪我しないで生きて帰ってきてねって見送るかもしれないけど、それを何年も同じ危機感を持ちながら毎日やり続けるかなぁ。そういう生活が日常になってきたら最初よりは慣れてもくるよね、きっと」とこのような内容のディレクションをいただいて、「確かに……!」と思いました。

もちろん心配しないわけじゃないけれど心配の度合いが行きすぎていた私にとって、この例えがとてもしっくりきたので印象に残っています。

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング