2.5次元
『ペダステ』新シリーズの公演タイトル・日程・劇場発表!

舞台『弱虫ペダル』新シリーズの公演タイトル・日程・劇場発表! 「ペダステ」シリーズ、ついに最終公演

渡辺航氏の人気漫画『弱虫ペダル』の舞台化作品、舞台『弱虫ペダル』(通称:ペダステ)。

本日、新シリーズの第4弾公演、舞台『弱虫ペダル』Over the sweat and tearsの公演タイトル、ロゴ、日程、劇場が解禁!

あわせて、2012年から12年続いてきた「ペダステ」シリーズの最終公演ということが発表されました。

「ペダステ」シリーズがついに最終公演! スタッフよりコメント到着!

脚本・レース演出メソッド創作/監修:西田シャトナー氏

自転車という乗り物の不思議さを、いつも思いながら舞台『弱虫ペダル』を作ってきました。

自転車は、ただ2つの車輪で自立し、人間を獣より速く走らせる。それを見たことのない人には信じられない、思い込みをくつがえす、魔法のような乗り物です。

こんな不思議の実在が世界の真実なら、どんな不可能そうなことも、私達は必ずやれる。そのことが、原作『弱虫ペダル』にもずっと描かれています。

この夏私達が皆さんにお見せするのは、この物語の中でもとびきりの奇跡を主人公たちと観客たちが成し遂げる、最高のレースです。ご期待ください!

演出:鯨井康介氏

手嶋純太として走った時代。そして演出家として仲間の走りを見つめる今。思えばどちらも先輩の背中を追いかけながら、自分の出来る事は何かと問いかけてきた日々だったように思います。

舞台『弱虫ペダル』は、私にたくさんのチャンスと夢をくれました。それを掴み取ろうと、頭と脚を回して回して。また回して。

そうやってもがき続けた日々が、遂に一つのゴールを迎えようとしています。

これまでペダステを愛し、時には沿道の花々として共に作品を彩ってくれた皆様に心からの感謝を申し上げます。ペダステって、本当にファンタスティックですね。

遂に今作最終章。

涙と汗の向こうに、何が待っているのか。頼もしい仲間と、皆様と共に探しにいきたいと思います。

音楽:manzo氏

舞台音楽制作の経験が全くない私に、舞台『弱虫ペダル』の音楽制作のご依頼が来たのは2011年の事でした。

以来、13年にわたって今回の最終公演まで音楽に携わらせていただきました。

稽古場でキャスト・スタッフさんが懸命にペダルを回す中、私は仕事場で全力で音楽制作というペダルを回し続け、いかに音楽家として健やかに育ててもらったかと思うと感謝してもしきれません。

キャスト・スタッフさんが懸命にゴールを目指すのと同じく、今回も今まで通り私は全力でペダルを回します。

皆さま、その熱を、是非劇場で体感してください!

主催より

13年前、舞台化をご提案した際に、渡辺航先生からいただいた条件は「必ず実現する」ということ。それは、非常に簡潔で、大変な難題でした。

まだ誰も見たことのない景色を目指し、道なき道を走る不安は計り知れないものでした。

しかしそれ以上に、未踏の場所へ辿り着けるかもしれないという期待感、突破するしかないという意地、カンパニー全員が「弱虫ペダル」を愛し、演劇を愛し、プロフェショナルとして全力で根性注入し、涙と汗を越え、繋いできたハンドルを、道を、受け継ぎながらも、変わらずここまで走り続けてきました。

この作品には、皆のかけがえのない『青春』が詰まっています。

本作、舞台『弱虫ペダル』Over the sweat and tearsをもって「ペダステ」はシリーズとして大きな区切りを迎えます。

2012年2月1日の開幕から12年という時間を、舞台『弱虫ペダル』という一本道を皆様と共に走ってこられたことを、何よりも誇りに思います。

これまで舞台『弱虫ペダル』を愛し、応援いただき、誠にありがとうございました。

最終公演「舞台『弱虫ペダル』Over the sweat and tears」。

劇場にて、皆様のご来場をお待ちしております。

舞台『弱虫ペダル』Over the sweat and tears 公演情報

◆公演日程:2024年8月31日(土)~9月8日(日)
◆劇場:シアターH https://theater-h.jp/
◆原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
◆脚本・レース演出メソッド創作/監修:西田シャトナー
◆演出:鯨井康介
◆音楽:manzo
公式サイト
公式X(@y_pedalstage)

舞台『弱虫ペダル』とは

肉体による表現にこだわる演出家 西田シャトナーが生み出した“パズルライドシステム”という表現技法で、舞台化不可能と言われていたロードレースを舞台上で表現し、演劇業界に新たな金字塔を打ち立てた。

一本のハンドルと俳優によるマイムで舞台上に圧倒的リアリティと熱量のある自転車レースを出現させる演出方法は、演劇界の革命的手法と各方面から賞賛された。

舞台で幅広く活躍する躍進的な実力派俳優たちはロードレースを表現するため、舞台上を縦横無尽に全力で疾走する。体力の限界に挑む彼らの本気の走りと汗による「熱気」は観る者の心を「熱く」させ、多くの観客を感動させている。2022年の10周年には、脚本を西田シャトナー、演出にはこれまで手嶋純太を演じてきた鯨井康介を迎え新シリーズがスタートした。

———そして2024年8月、舞台『弱虫ペダル』Over the sweat and tearsがシリーズ最終公演となります。
ここまで12年間走り続けたペダステ最後のレースを、血の一滴まで振り絞る最後の走りを、ぜひご期待ください。

舞台『弱虫ペダル』THE DAY 2 Blu-ray/DVD発売情報

7月17日(水)発売

【販売価格】
Blu-ray:10,780円(税抜価格9,800円)
DVD:9,680円(税抜価格8,800円)

【商品仕様】
DISC2 枚組(DISC 1:本編映 DISC 2:特典映像)

《特典映像》
メイキング映像(稽古場、バックステージ 等)

《封入特典》
ブックレット

【発売元・販売元】
発売元:株式会社マーベラス
販売元:東宝株式会社

(C)渡辺航(秋田書店)2008/ 舞台『弱虫ペダル』製作委員会

おすすめタグ
あわせて読みたい

弱虫ペダル(舞台)の関連画像集

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング