2016/7/15 22:30

TVアニメ『リゼロ』エミリアorレム、3章に突入し小林裕介さんが選ぶヒロインは……

 TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)の声優陣やテーマソング担当アーティストの特別インタビューを連続で掲載していく「Re:ゼロから始める取材生活」。アニメイトタイムズにて掲載中の本企画、第14回目ではナツキ・スバル役の小林裕介さんと、レム役の水瀬いのりさんが登場!

 どん底状態のスバルと必死に大切な人を守ろうと奮闘するレムが対照的な15話、そして衝撃的なラストシーンについて語っていただきました。もちろん究極の二者択一などライトな質問もありますよ! 好評のリレーインタビュー企画では前回登場の高橋李依さんからの質問とファンの皆さんからいただいた質問にもお答えいただいております。

 
■ 絶望のどん底のスバルに魔女教の怪人・ペテルギウスが立ちふさがる

――まず先日オンエアされた15話の感想をお願いします。

ナツキ・スバル役 小林裕介さん(以下、小林):何1つ進展がなく、何1ついいことがなかった、一番絶望的な回でした。セリフも狂乱・激怒・絶望といったものばかりで、正直“もうやだ”と最初に思った回でした(苦笑)。

レム役 水瀬いのりさん(以下、水瀬):スバルは今まではギリギリ立て直したり、心の中の何かを寄りどころにしたり、救いや希望に変えてきたけど、もう抱えきれなくなっていた感じがしました。見てくださった方も、スバルがあのようになってしまうのも仕方がないと思われたのではないでしょうか。私もスタジオで見ていていたたまれない気持ちになりました。


―― 一方のレムは凛々しく勇敢に立ち向かっていましたね。そしてペテルギウスのインパクトの大きさといったら。

小林:一緒にテストで演じているときは平気だったんですけど、本番時後ろで見ていたら笑いをこらえるのに必死で(笑)。ロズワールもすごかったけど、さらにすごいのがでてきましたね。あんな言動だけど、やっていることは残虐非道で気持ち悪くもあり、スバルが初めて殺意を抱く相手になったこともあり、かなり衝撃的でした。

水瀬:皆さんはペテルギウスに関して事前情報もないまま、オンエアを見たと思うので、よりインパクトがあったでしょうね。私自身も台本を読んで、実際に音声が付くことでどうなるのかなと思ったけど、松岡(禎丞)さんがその想像を超えるお芝居をされていました。でも更に高みを目指す松岡さんがいて、「十分キモいですけど」という気持ちで(笑)。テストからスバルと全力でぶつかっていて、後半はほぼスバルとペテルギウスとレムの3人だったので、集中力を切らさないように頑張りました。

――魔女教という言葉は作中に何度か出てきたし、11話のレムの回想シーンや14話でロズワール邸に戻る途中で囲まれるシーンもありましたが、具体的なキャラが出てきたのは初めてでは?

水瀬:前回に15話の見どころをお話しするときも言いたかったし、登場自体も指折り数えて待っていました(笑)。軽口なのに言ってることは残酷で、狂気じみた感じや不気味さや怪しさをアニメで見られると思うと期待してました。


■ ラストのスバルの腕の中で告白し、絶命したレムのシーンが印象的

――15話での印象的なシーンを挙げていただけますか?

水瀬:スバルは見せ場があり過ぎましたよね。

小林:そうだね。でも最後にレムを看取るシーンは怒りなのか悲しみなのか、自分でやっててもわからなくなっていました。最後までスバルに優しさや慈愛を持ったまま、メッセージを残して死んでいくレムに心を打たれて、複雑な気持ちでいっぱいでした。

水瀬:私もそのシーンは印象的でした。スバルという大切な人の腕に抱かれながら死んでいって、死に際に「大好き」とつらく悲しい告白をしましたが、レムにとっては好きな人を守り、その人の腕の中で生を終えるということは、やりたかったことの1つだったと思います。だから、悲しみだけでなく、慈愛や温かみを込めて演じました。寂しくて、未練があるお別れよりは「ありがとう。これからも生きて」と希望を託すようなお芝居ができればと思ったシーンだったので、いろいろ考えながら演じました。

――15話の中盤で、魔女教に急襲されて、スバルを連れ去ろうとしたとき、「この場に死に往く理由すら奪うのかぁーー!」と叫ぶシーンもありましたね。

水瀬:彼女が生きていく使命は、自分を救ってくれたスバルと結びついているので、生きていくなかで考えるのはいつもスバルだと思うので、レムの中のスバルの大きさを感じました。


■ 水瀬さんが選ぶのはスバル? それともラインハルト?

――重い話が続いたところでライトな話題も。以前、水瀬さんに「スバルとロズワールをどちら選ぶか?」の質問をした時、スバルを選びましたが……「ラインハルトが出てきたらわからない」と言っていました。実際にラインハルトが出ても気持ちは変わりませんか?

水瀬:やだぁ、どう答えても好感度下がりそう(笑)。……トキメキをくれるのはラインハルトさんですね。カッコイイ! 絆的な部分で考えればスバルなんですよ。レムを演じているからという理由だけでなく、見ていて感情移入できるキャラなので試行錯誤しながら成長していく姿に胸を打たれますよね。ロズワール様は何って言ったらいいのかわからないけど……大事な人ですよね(笑)。


――実際に3章に出てきたラインハルトはカッコよかったですか?

水瀬:やっぱりカッコよかったです。フェルトとのやり取りも、幼い主に仕える大人のイケメンというのは、私にささりまくりで(笑)。私以外の女子もキュンキュンしていると思いますよ。最近はユリウスさんもいいんですけど。

小林:ダメだぁ、ただのメンクイだ(笑)。

水瀬:スバル君も素敵! そう! みんな素敵でいいところがあるよ!

――という水瀬さんの発言を受けてスバルとしての感想は?

小林:(やさぐれながら)いいんじゃないですか? 僕もイケメンか、そうじゃない人かと言われたらイケメンのほうがいいですもんね。あっ、俺、男だ!

水瀬:どっちに行こうとしてるんですか?

小林:どこにも行こうとしてないから!


■ 小林さんは2人のヒロインのどちらを選ぶ?

――小林さんにも以前、「レムとラム、どちらを選ぶか?」と質問したらレムと即答していましたが、エミリアかレムの二者択一はエミリアを選んだような。

小林:どうだったかなあ?

水瀬:でもアフレコ現場ではよく言っていますよね。「なんでエミリアなのかな?」って。りーちゃん(高橋李依さん)がいないところで。

小林:隠れて言ってるわけじゃなくて、たまたまいないだけだから! でも王選編になってから、エミリアとの絡みは傷付くことばかりで15話以降も……。その中でなんで気持ちが変わらないんだろうという疑問ばかり出てきますね。その間もレムは献身的にスバルを支えているのに。そうなってくると理由を知りたい。なぜそこまでエミリアに気持ちがいくのか? 男としてスバルに問い正してみたい。

――小林さんも毎回精根尽き果てるような収録をしているから癒やされたいという気持ちが湧いてくるのもあるんじゃないですか?

小林:そうかもしれない。


――現時点ではエミリアとレム、どちらを選びますか?

小林:レムです!

水瀬:レムよかったね! 私も今までの話の流れだとスバルがそんなに好きじゃないのか、みたいに思われちゃうかもしれないけど、結構好きですからね! みんな、僅差なんです!

小林:イケメンと僅差って気持ちいいね(笑)。

水瀬:ラインハルトさんは「カッコイイな。やっぱりそうだったな」止まりだけど、スバルは作品を通してどんどん好きになるキャラなので、一番奥行きや伸びしろがあるんです!


■ 3章に入ってから感じるスバルの変化とは?

――うまく着地したところで(笑)、3章に入ってレムと行動することが多くなったスバルですが、小林さん的にはレムへの印象に変化はありましたか? 

小林:2章と比べて、すごく積極的になったり、スバルへの想いをダイレクトに出してくれるようになりましたよね。でもスバルを想うあまり、傷付いてほしくないと単独行動に出てしまうことは、スバルにとっては逆効果で複雑な心境だろうなって。僕からすればレムの気持ちはよくわかるけど、スバルはそれを理解できない心境なんですよ。

水瀬:みんなが優しすぎて、その優しさが傷付けてしまっていることに気付かず、想いを貫こうとすることで生じる心のすき間は私も感じます。スバルが危ない目に遭えば、レムは絶対助けるけど、スバルにとっては自分が情けないからと責めたり、悔しい想いにつながってしまって。でも、その優しさにスバルが気付ける日が来たら、スバルの中のレムが大きくなるのかなと。レムは毎回、優しさの種を蒔き散らしてるじゃないですか? それが一斉に咲いたら好感度ヤバそう(笑)。

――もう既にレムの好感度は突き抜けていると思います。逆にスバルの好感度は……。

小林:低迷、底が見えませんね……。

水瀬:2クール目に入ってからはエミリアとのやり取りもうまくいかず、敵が多い状況ですからね。

宣伝担当:13話のエミリアがハーフエルフということで攻められているときスバルが「ふざけてんじゃねぇーーっ!!」と飛び出してきたのを見て、「ウザっ!」と思っちゃった。

小林:僕も「あ~、やっちゃった」って思いましたもん。

宣伝担当:知ってても思っちゃったくらいだから、知らない視聴者の方はウザさ倍増でしょうね。  

小林:ほめ言葉と受け止めておきます(笑)。


■ 2人が選ぶレムの「ベスト・オブ・かわいいシーン」

――15話までで「この時のレムが一番かわいかった!」と思ったシーンを教えてください。

小林:14話の宿に一度泊まって、スバルを眠らせたシーンですね。悪い女でしたね。

一同: (爆笑)

小林:かわいいところは、頭をなでた時にぽっと頬を赤く染めたりしたシーンなどたくさんあったけど、女性を感じたのはあのシーンでぐっときましたね。

水瀬:11話でベッドに横たわるスバルの手を握って、「こういうときに何をしてあげたらいいのかわかりません。わからないから、レムがされて一番嬉しかったことを…」と言ったシーンがかわいいなと。彼女の潜在的妹力ではないですけど(笑)、お姉ちゃんにしてもらったことを参考にしたのがレムらしいなって。ラムとレムの関係の素晴らしさも見えたし、それをスバルにしてあげる、心を開いている感があって、スバルがうらやましくなりました。

――14話でスバルがヴィルヘルムと稽古した後、レムがひざ枕するシーンもかわいかったですね。

水瀬:スバルに「情けないと思うことと、一緒にいることとは矛盾しませんよ」と言ったシーンですよね。妹感がすごいのに、ふと瞬間に母性や温かみを感じる時があって。


――ひざ枕で髪をなでられたら男性的にはヤバいですよね?

小林:僕はちょっと恥ずかしいかも。でもあそこまで落ちている時にあんなことされたら好きになっちゃいますよね。だからこそ、なぜエミリアなのか……わからない。

水瀬:生きてて、なかなかあんな経験ないですよね。髪をなでられたら照れるのに、自分がする時は照れないんだなって。意外と大胆ですよね。自然体でただしてあげたいと思っていることを無意識にやっているだけで、スバルが照れたらレムも照れちゃうんだろうけど。優しくて温かい空間ですね。

小林:見ている人も「スバル、そこ替われ!」って叫んでいるんでしょうね(笑)。


■ 毎回楽しくて気になる次回予告。2人のお気に入り回は?

――記事をご覧になった皆様から募集した質問へのご回答をお願いします。「毎回、ユニークな次回予告にくすっと笑ってしまいますが、お気に入りの回は?」。

水瀬:私は14話の予告の“ラム、リム、ルム、レム、ロム、”の5つ子ですね。まさかのロム爺の麦人さんと一緒に、最後の「ドッキリ大成功!」と声を合わせた瞬間の夢のユニゾンも実現して。ラム以外とシンクロしたセリフを言う機会があるとは(笑)。大ベテランの麦人さんと一緒にできたこともうれしかったし、印象に残っています。



小林:以前もお話ししましたが、ロズたん、スバたんの掛け合いが楽しかったですね。短い時間の子安(武人)さんがかなり混ぜ込んでくるので負けまいと張り合った結果、「ロズたん」、「スバたん」のたった4文字の掛け合いでおもしろみを作れるんだという新しい発見もあり、楽しかったです。ロズワールが大好きなので、コミカルな掛け合いができてうれしかったです。

――本編がシリアスになればなるほどギャップが大きくなって。小林:そうですね。

水瀬:最初に耳で楽しんで、次に映像込みというふうにしないと両方入ってこないですよね。


■ 小林さんと水瀬さんの初対面をプレイバック!?

――当連載ではリレー質問企画を行っています。前回登場のエミリア役・高橋さんから小林さんへの質問です。まず「スバルは初対面でも距離を詰めるのが得意なので、「初対面の人への接し方のコツ」と「友達の作り方」を教えてください。あと「友達のタイプ」も」。

小林:僕、人見知りするので、なるべく自分から話しかけないようにしているんです。

水瀬:それでも頑張っていることとか、ありますか?

小林:共通の話題を持っていって、相手の仕草を観察して、「これ以上話したらいけないかも」と判断したらやめますし、「まだ行けるな」と思ったらなんとか膨らませるように頑張ります。

水瀬:私もされていたのかな?

小林:いのりんと最初に話した時、覚えてる。他の作品で共演した時、別の作品でまた共演するのが決まっていたから「今だ!」と思って、「おはようございます。小林です。今度、ご一緒させていただく……」、「あ~! アレですよね。よろしくお願いします」というやり取りがあって、あんまり目を合わせてくれなかったので、「あっ、終わりだ」と思ってすごすごと帰っていったのを覚えてます(笑)。でもそこで話せたから2回目は「『ここさけ』見ておもしろかった」とがっつり話した気がします。

小林:何かしら話題が見つからないと話に行けなくて。でもイベントですぐ話さなきゃいけない時は、とにかく話して、話しやすい空気を作ろうとします。でも最近思ったのは話しかけるのも怖いけど、相手が自分をどう思っているかがわからないのが怖くて。正直、あんまり気にしてないだろうなと最近学んで、初対面の人でも「お疲れ様です。何飲んでるんですか?」とどうでもいいことも話すようにしてます。


――すごくよそよそしいですね。

小林:いきなりズバっとはさすがにいけないです。僕もいきなり踏み込んでくる人は苦手なので、同じことはしたくないから。相手にちょっと気を遣われているなとわかるくらいがちょうどいいかなと。


■ 小林さんが女性キャラ5人をポジション分け!?

――次の質問は「エミリア、レム、ラム、ベア子、フェルトをそれぞれポジション分けしてください」です。

小林:まずフェルトは「妹」です。エミリアは「お姉ちゃん」。

水瀬:お姉ちゃんなんだ!?

小林:「姉ちゃんダメだなあ。こうやんの!」って、姉として世話をしたいんです。恋人にすると疲れそうだから(笑)。姉弟だったら適度な距離感でバカにもできるし。レムは「恋人」ですかね。

水瀬:おお! ここでヒロインになってしまった(笑)。

小林:ベア子は「友達」、親友になれたらうれしいですね。ああいうツンツンしてる子って興味を持っちゃうんです。自分をあまり出そうとしない人に対しては突っ込んで行きたくなる悪い性格なんです(笑)。そういう人をデレデレにさせたら俺の勝ちみたいな。

水瀬:なかなか上級者ですね。

小林:人見知りとか言っておきながら(笑)。でもベア子はなんだかんだ言っても気にかけてくれるじゃないですか? それなのにこっちが踏み込もうとすると「そういうのはいいかしら」と突っぱねてきて。「またまた。なんでなんで」と行きたくなっちゃう。遊び心をくすぐられるというか。だから親友にしたいです。

――今まで挙げたポジションの中で一番手がかかってますよね。

水瀬:確かにレムとしては寂しい。親友と思っていたのに好きかもって。ヤダヤダ!(笑)

小林:恋人と親友だったらどうしても親友のほうが仲が深くなるじゃないですか!? 恋人は大切にしたいから触れられない部分もあるけど、親友だったらそこも触れられるし、ケンカできるのもいいところで。ベア子のほうに行っちゃうかもしれないけど、愛情はレムに向けている。言い訳っぽい?


――もしレムに「私と親友、どっちを取るの?」と聞かれたら?

小林:そうしたら「レムだよ」って言います。

水瀬:おお! でもレムとベア子が話してたら、レムにとって私が知らないスバルがいて……ヤバイヤバイ! そしてラムの名前がまだ出ていないという(笑)。

小林:話しながらラムをどうしようか考えてましたけど一番難しい。う~ん……ただのクラスメイト。ラムには何をやっても勝てない気がするんです。ベア子と似ているところもあるけど、応対の仕方など親密度が違って。ラムには本当に壁を感じる気がして。向こうから来ない限り、こっちも行けないと思う。まあ、ちょっと欄外ですね(笑)。

水瀬:りえしょん(村川梨衣さん)には言葉を選んで伝えておきます(笑)。


■ 次回登場の渡邊政治監督、音楽の末廣健一郎さんへ質問

――次回登場する渡邊政治監督、音楽の末廣健一郎さんへ質問をお願いします。

小林:演出の仕方が独特な部分があると思うんです。1話の最後にお互いの目に映る相手を映している演出にはどんな意図があったのか、知りたいです。

水瀬:監督はすべてのキャラの心情や想いを把握されているわけですが、それゆえに一番誰が好きなのか、知りたいです。

小林:末廣さんには一番好きな劇伴を聞かせてほしいです。

水瀬:死に戻りする時の劇伴のタイトルが知りたいです。レムの音楽を作る時に心がけていることを教えてください。個人的にはレムが鬼がかった時の曲が好きです。


■ スバルの底はまだまだ終わらない。しかし希望を失わず見てほしい16話

――第16話がオンエア直前です。16話の見どころや個人的に注目してほしいポイントを教えてください。

小林:スバルはダークサイドに落ちていると言われていますが、むしろ落ちるのはこれからで、今までのは序章です。好き嫌いは分かれると思いますが、彼の中に渦巻いている感情は彼にしかわからないものだと思うので、理解できないことを前提で、それでも見守ってほしいです。ウザいのは百も承知ですが、救われる日が来ると信じて、ちょっと離れて見守ってください。我慢して。それしか言いようがありません。自分で演じていてもうっとうしさしかないから。

水瀬:また、いろいろなキャラがいろいろな表情を見せ始めるので、疑いながら見ることかな。正直過ぎると墓穴を掘るし、真っ直ぐ過ぎるがゆえに見透かされたり、生きていくことの難しさが16話にはよく出ています。スバルは何とか自我を保とうとしているけどうまく行かず、神様がいたら救ってほしいと思うくらいどん底に落ちるので。この先に起こることで、皆さんの評価も分かれると思いますが、消えかける信念を灯し続けようと頑張る姿に見放したりせず、希望を持って見守っていただけたらと思います。

 次回、「Re:ゼロから始める取材生活」第15回に登場するのは、監督・渡邊政治さん、音楽・末廣健一郎さんです。どんな話が飛び出すのか、どうぞお楽しみに!


★第16話 予告動画もcheck♪



■『Re:ゼロから始める取材生活』はこちら

『リゼロ』小林裕介さん、高橋李依さん、内山夕実さん、第2話までを観ての感想は?

小林裕介さんも気になる伏線の数々――そして第4話では初EMTにも注目……!?

水瀬いのりさん&村川梨衣さんが提案する『Re:ゼロから始める異世界生活』の楽しみ方

水瀬いのりさん、村川梨衣さんが語る、主人公・スバルに対しての印象と魅力

鈴木このみさんが歌う『リゼロ』OPテーマに込められたメッセージとは

『リゼロ』MYTH & ROID歌うEDテーマ、難易度が高い発注に独特の取り組みで挑戦!

小林裕介さん&高橋李依さんが考える「E・M・T」なキャラや声優は?

『リゼロ』スタッフが語る、小林裕介さん&高橋李依さんら声優陣のキャスティング理由

■ 作品情報

【放送情報】
テレビ東京:毎週日曜日 深夜1:05~
テレビ大阪:毎週火曜日 深夜1:35~
テレビ愛知:毎週木曜日 深夜2:05~
AT-X :毎週金曜日 夜10:00~
[AT-X リピート放送]
毎週日曜日 夜11:00~
毎週月曜日 午後2:00~
毎週木曜日 朝6:00~
※放送日時は予定となります。予告無く変更になる可能性がございます。

【ストーリー】
コンビニからの帰り道、気が付くと異世界へとやってきてしまった普通の高校生、菜月昴。右も左も分からない異世界に放り出され、途方に暮れていたスバルに手を差し伸べたのは美しい銀髪の少女だった。絶望から救ってくれた少女に何かお返しがしたいスバルは、少女の探しものを一緒に探すことになるのだが……。



【スタッフ】
原作:長月達平(MF文庫J「Re:ゼロから始める異世界生活」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:大塚真一郎
監督:渡邊政治
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
プロップデザイン:鈴木典孝、岩畑剛一
美術設定:金城沙綾(美峰)
美術監督:高峯義人(美峰)
色彩設計:坂本いづみ
撮影監督:峰岸健太郎(T2studio)
3Dディレクター:軽部 優(T2studio)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響監督:明田川 仁
音響効果:古谷友二(スワラ・プロ)
音楽:末廣健一郎
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

【キャスト】
ナツキ・スバル:小林裕介
エミリア:高橋李依
パック:内山夕実
フェルト:赤﨑千夏
レム:水瀬いのり
ラム:村川梨衣
ベアトリス:新井里美
ラインハルト:中村悠一
エルザ:能登麻美子
ロズワール・L・メイザース:子安武人
プリシラ・バーリエル:田村ゆかり
アルデバラン:藤原啓治
クルシュ・カルステン:井口裕香
フェリックス・アーガイル:堀江由衣
ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア:堀内賢雄
アナスタシア・ホーシン:植田佳奈
ユリウス・ユークリウス:江口拓也
ほか

【楽曲情報】
[第1クール]
・オープニングテーマ
 鈴木このみ 「Redo」
・エンディングテーマ
 MYTH & ROID 「STYX HELIX」

[第2クール]
・オープニングテーマ
 MYTH & ROID 「Paradisus-Paradoxum」
・エンディングテーマ
 エミリア(CV:高橋李依)「Stay Alive」


>>TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』公式サイト
>>TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』公式Twitter(@Rezero_official)
>>Re:ゼロから始める異世界ラジオ生活





(C) 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

関連コンテンツ

『リゼロ』のランチバッグや『ポプテピピック』軍手などが交換できる「ゲーマーズ 春の本まつり2017」が開催!
『リゼロ』のランチバッグや『ポプテピピック』軍手などが交換できる「ゲーマーズ 春の本まつり2017」が開催!2017/03/16 15:30
『リゼロ』のランチバッグや『ポプテピピック』軍手などが交換できる「ゲーマーズ 春の本まつり2017」が開催!
プレミアムバンダイから、『Re:ゼロから始める異世界生活』のヒロイン「エミリア」「ラム」「レム」3人セットのフィギュアが登場!
プレミアムバンダイから、『Re:ゼロから始める異世界生活』のヒロイン「エミリア」「ラム」「レム」3人セットのフィギュアが登場!2017/03/11 10:00
プレミアムバンダイから、『Re:ゼロから始める異世界生活』のヒロイン「エミリア」「ラム」「レム」3人セットのフィギュアが登場!
2月に開催した「Re:ゼロから始めるレムの誕生日生活 in 渋谷マルイ」が期間限定通信販売を実施! Tシャツや缶バッジなどを展開
2月に開催した「Re:ゼロから始めるレムの誕生日生活 in 渋谷マルイ」が期間限定通信販売を実施! Tシャツや缶バッジなどを展開2017/03/09 13:30
2月に開催した「Re:ゼロから始めるレムの誕生日生活 in 渋谷マルイ」が期間限定通信販売を実施! Tシャツや缶バッジなどを展開
『艦これ』『ペルソナ』など人気アニメを歌で彩ったアーティスト達が集結! 「APTEMI∑ FES‐アルテミスフェス‐」3月14日開催決定
『艦これ』『ペルソナ』など人気アニメを歌で彩ったアーティスト達が集結! 「APTEMI∑ FES‐アルテミスフェス‐」3月14日開催決定2017/02/22 18:05
『艦これ』『ペルソナ』など人気アニメを歌で彩ったアーティスト達が集結! 「APTEMI∑ FES‐アルテミスフェス‐」3月14日開催決定
『艦これ』『ラブライブ』『リゼロ』などから美少女が大集合! ディーラーブース渾身のフィギュアたちをご紹介! その1【2017冬】
『艦これ』『ラブライブ』『リゼロ』などから美少女が大集合! ディーラーブース渾身のフィギュアたちをご紹介! その1【2017冬】2017/02/19 21:26
『艦これ』『ラブライブ』『リゼロ』などから美少女が大集合! ディーラーブース渾身のフィギュアたちをご紹介! その1【2017冬】

注目の商品

【グッズ-タオル】Re:ゼロから始める異世界生活  マイクロファイバーバスタオル  レム&ラムaos2017年05月 中 発売予定【グッズ-タオル】Re:ゼロから始める異世界生活 マイクロファイバーバスタオル レム&ラム¥6,480【グッズ-タオル】Re:ゼロから始める異世界生活 マイクロファイバーバスタオル レム&ラム
【グッズ-Tシャツ】Re:ゼロから始める異世界生活 デザインTシャツB XLサイズ【AnimeJapan2017】aos2017年05月 上旬 発売予定【グッズ-Tシャツ】Re:ゼロから始める異世界生活 デザインTシャツB XLサイズ【AnimeJapan2017】¥3,500【グッズ-Tシャツ】Re:ゼロから始める異世界生活 デザインTシャツB XLサイズ【AnimeJapan2017】
【グッズ-Tシャツ】Re:ゼロから始める異世界生活 デザインTシャツB Lサイズ【AnimeJapan2017】aos2017年05月 上旬 発売予定【グッズ-Tシャツ】Re:ゼロから始める異世界生活 デザインTシャツB Lサイズ【AnimeJapan2017】¥3,500【グッズ-Tシャツ】Re:ゼロから始める異世界生活 デザインTシャツB Lサイズ【AnimeJapan2017】

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 伝説の“Z”がついにベールを脱いだ! 『劇場版マジンガーZ』(仮題)より、第一弾ビジュアル解禁
伝説の“Z”がついにベールを脱いだ! 『劇場版マジンガーZ』(仮題)より、第一弾ビジュアル解禁 伝説の“Z”がついにベールを脱いだ! 『劇場版マジンガーZ』(仮題)より、第一弾ビジュアル解禁
2 小野賢章さん・細谷佳正さんから『遊☆戯☆王ARC-V』最終話アフレココメント到着! 小野さんが一番印象に残ったデュエルも判明
小野賢章さん・細谷佳正さんから『遊☆戯☆王ARC-V』最終話アフレココメント到着! 小野さんが一番印象に残ったデュエルも判明 小野賢章さん・細谷佳正さんから『遊☆戯☆王ARC-V』最終話アフレココメント到着! 小野さんが一番印象に残ったデュエルも判明
3 斉藤壮馬さんがアーティストデビュー決定! ≪SACRA MUSIC≫から1stシングル『フィッシュストーリー』をリリース!
斉藤壮馬さんがアーティストデビュー決定! ≪SACRA MUSIC≫から1stシングル『フィッシュストーリー』をリリース! 斉藤壮馬さんがアーティストデビュー決定! ≪SACRA MUSIC≫から1stシングル『フィッシュストーリー』をリリース!
4
番外編&スピンオフなども続々と制作決定! 2期や続編が決定しているアニメを一挙紹介 番外編&スピンオフなども続々と制作決定! 2期や続編が決定しているアニメを一挙紹介
5
『鋼の錬金術師』史上初の大規模原画展の開催日&会場が発表! イベントキービジュアルも公開に 『鋼の錬金術師』史上初の大規模原画展の開催日&会場が発表! イベントキービジュアルも公開に
6
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』より、ST☆RISHのメンバーをイメージした7種類のコラボバッグが登場 『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』より、ST☆RISHのメンバーをイメージした7種類のコラボバッグが登場
7
GACKTさんにとって声優とは? あの大御所声優との出会いを語る!「個性派アーティストGACKTの声優道」 GACKTさんにとって声優とは? あの大御所声優との出会いを語る!「個性派アーティストGACKTの声優道」
8
「ツキウタ。スプリングフェア ~イースターラビッツ~」を全国のアニメイトで開催! 開催期間の前半と後半で特典が変わる! 「ツキウタ。スプリングフェア ~イースターラビッツ~」を全国のアニメイトで開催! 開催期間の前半と後半で特典が変わる!
9
早見沙織さん・宮野真守さん出演『劇場版 はいからさんが通る』前編は2017年11月11日公開決定! 後編の副題&公開時期も明らかに 早見沙織さん・宮野真守さん出演『劇場版 はいからさんが通る』前編は2017年11月11日公開決定! 後編の副題&公開時期も明らかに
10
現役男性保育士のイクメンコミック『てぃ先生』アニメ化続報! てぃ先生役は島﨑信長さん!! 現役男性保育士のイクメンコミック『てぃ先生』アニメ化続報! てぃ先生役は島﨑信長さん!!
1 第11回 声優アワード:受賞者 発表!主演男優・女優賞は『君の名は。』主人公&ヒロインがW受賞、歌唱賞にAqours(アクア)
第11回 声優アワード:受賞者 発表!主演男優・女優賞は『君の名は。』主人公&ヒロインがW受賞、歌唱賞にAqours(アクア) 第11回 声優アワード:受賞者 発表!主演男優・女優賞は『君の名は。』主人公&ヒロインがW受賞、歌唱賞にAqours(アクア)
2 番外編&スピンオフなども続々と制作決定! 2期や続編が決定しているアニメを一挙紹介
番外編&スピンオフなども続々と制作決定! 2期や続編が決定しているアニメを一挙紹介 番外編&スピンオフなども続々と制作決定! 2期や続編が決定しているアニメを一挙紹介
3 人気男性声優陣が横浜アリーナに集結!「Kiramune Music Festival 2017」3月5日公演の模様をレポート
人気男性声優陣が横浜アリーナに集結!「Kiramune Music Festival 2017」3月5日公演の模様をレポート 人気男性声優陣が横浜アリーナに集結!「Kiramune Music Festival 2017」3月5日公演の模様をレポート
4
GACKTさんにとって声優とは? あの大御所声優との出会いを語る!「個性派アーティストGACKTの声優道」 GACKTさんにとって声優とは? あの大御所声優との出会いを語る!「個性派アーティストGACKTの声優道」
5
『ガールズ&パンツァー 最終章』第一話は2017年12月9日(土)より上映開始! ティザービジュアルの公開や、4DX・MX4Dでの上映も決定 『ガールズ&パンツァー 最終章』第一話は2017年12月9日(土)より上映開始! ティザービジュアルの公開や、4DX・MX4Dでの上映も決定
6
小野賢章さん・細谷佳正さんから『遊☆戯☆王ARC-V』最終話アフレココメント到着! 小野さんが一番印象に残ったデュエルも判明 小野賢章さん・細谷佳正さんから『遊☆戯☆王ARC-V』最終話アフレココメント到着! 小野さんが一番印象に残ったデュエルも判明
7
伝説の“Z”がついにベールを脱いだ! 『劇場版マジンガーZ』(仮題)より、第一弾ビジュアル解禁 伝説の“Z”がついにベールを脱いだ! 『劇場版マジンガーZ』(仮題)より、第一弾ビジュアル解禁
8
『うたの☆プリンスさまっ♪』の人気企画『劇団シャイニング』の舞台化が決定! キャスト陣によるビジュアル撮影の現場に潜入しました! 『うたの☆プリンスさまっ♪』の人気企画『劇団シャイニング』の舞台化が決定! キャスト陣によるビジュアル撮影の現場に潜入しました!
9
ゲーマーズで『ラブライブ!サンシャイン!!』の3大企画開催! ステッカーがもらえるキャンペーンや出演声優直筆コメント入りスタンプの設置など ゲーマーズで『ラブライブ!サンシャイン!!』の3大企画開催! ステッカーがもらえるキャンペーンや出演声優直筆コメント入りスタンプの設置など
10
「ツキウタ。スプリングフェア ~イースターラビッツ~」を全国のアニメイトで開催! 開催期間の前半と後半で特典が変わる! 「ツキウタ。スプリングフェア ~イースターラビッツ~」を全国のアニメイトで開催! 開催期間の前半と後半で特典が変わる!
Twitter
Facebook
animate Times Channel
animate Times
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット