menu
みんなの声

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』あらすじ&感想まとめ(ネタバレあり)



『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のあらすじと感想コメントのまとめになります。あらすじは、随時更新し、最新話までを掲載していきます。

また、みなさんのからの感想、口コミを紹介しています。作品の評価やネタバレも含まれます。

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』を視聴された方は、感想やレビュー、考察を待ちしております。

感想&レビューコメントを投稿する


『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』目次

第1話「青年、ちいさな娘と出会う。」のあらすじ
第2話「ちいさな娘、新たな生活をはじめる。」のあらすじ
第3話「青年、留守にする。」のあらすじ
第4話「ちいさな娘、その『事件』。」のあらすじ
第5話「ちいさな娘、雪に感激する。」のあらすじ
第6話「幼き少女、旅に出る。」のあらすじ
第7話「幼き少女、港町へ行く。」のあらすじ
第8話「青年、故郷に着く。」のあらすじ
第9話「青年、弟の結婚式と幼い少女と。」のあらすじ
第10話「幼き少女、クロイツに帰る。」のあらすじ
第11話「幼き少女とにゃんこパラダイス」のあらすじ
第12話「幼き少女、願う。」のあらすじ


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 各話あらすじ・スタッフ紹介

第1話 「青年、ちいさな娘と出会う。」

18歳の若さで、凄腕の冒険者として名を知られる青年デイル。とある依頼で深い森を訪れた彼は、そこでボロボロに薄汚れた魔人族の少女と出会う。少女の名は『ラティナ』。親と死に別れ、おまけに片角を折られているなど、いかにも訳有りなラティナを見捨てられず、森から連れ帰ることにしたデイルだが……。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第1話青年、ちいさな娘と出会う。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:柳瀬雄之 演出:日下直義 総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀 作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、関口雅浩、出口花穂
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第1話 場面カットはこちら

第2話 「ちいさな娘、新たな生活をはじめる。」

森で拾った魔人族の少女ラティナに対して、親代わりとして育てる決意をしたデイル。下宿先である『踊る虎猫亭』で一緒に暮らしはじめた二人だが、店の手伝いや言葉を覚えようと頑張るラティナの健気な様子に、デイルは親バカへの階段を順調に上りはじめていた。そんな中、ラティナが街で迷子になってしまい――!?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第2話ちいさな娘、新たな生活をはじめる。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:大久保富彦 演出:大久保富彦 総作画監督:西田美弥子、出口花穂 作画監督:西田美弥子、出口花穂、岩田芳美
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第2話 場面カットはこちら

第3話 「青年、留守にする。」

仕事で数日間、家を空けることになったデイル。「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」とゴネるものの、公爵閣下からの依頼のため、泣く泣く出発することに。仕事中も時折ラティナを想って暴走するデイルは、無事に仕事を完遂することが出来るのか!?一方、留守番をすることになったラティナは――?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第3話青年、留守にする。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:M.F.K 演出:日下直義 総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀 作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂、児玉 萌、関口雅浩、富沢和雄
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第3話 場面カットはこちら

第4話 「ちいさな娘、その『事件』。」

友だちと一緒に学舎へ通うこととなったラティナ。なにかと過保護なデイルから護身用の魔法を教わったり、学舎でシルビアという少女と仲良くなったりと、楽しい日々を過ごしていた。そんなある日、学舎内でラティナを魔人族と知った教師が騒動を起こしたことで、ラティナは自分と周りとの『違い』に気づいてしまいーー。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第4話ちいさな娘、その『事件』。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:大薮恭平 演出:大薮恭平 総作画監督:舛舘俊秀、出口花穂 作画監督:舛舘俊秀、出口花穂、岩田芳美
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第4話 場面カットはこちら

第5話 「ちいさな娘、雪に感激する。」

学舎での事件の後、季節は冬になっていた。生まれて初めて見た雪に大はしゃぎするラティナ。事件を乗り越え、すっかり元気を取り戻した彼女は、デイルには内緒でとある人物に相談を持ちかけていた。一方、デイルは仕事から帰ってきても、なにかと忙しくしているラティナとすれ違ってしまい落ち込みモードへ突入――!?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第5話ちいさな娘、雪に感激する。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:則座誠 演出:則座誠 総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀 作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂、関口雅浩
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第5話 場面カットはこちら

第6話 「幼き少女、旅に出る。」

デイルとラティナが出会ってから、2年。故郷からの手紙をきっかけに、デイルはラティナを連れて久しぶりに実家へと帰省することを決める。デイルとの初めての二人旅を前に、ラティナは大喜び!そうして旅の準備に勤しむ中、王都へ買出しに向かったデイルは、そこで少々因縁のある女性ヘルミネと遭遇しーー。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第6話幼き少女、旅に出る。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:大久保富彦 演出:大久保富彦 総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂 作画監督:大久保富彦、出口花穂、岩田芳美、津熊健徳
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第6話 場面カットはこちら

第7話 「幼き少女、港町へ行く。」

デイルの故郷へと向かう道中で、美しい港町・クヴァレを訪れたデイルとラティナ。観光目的で数日宿泊することにし、初めての海や食べ物を満喫する二人は、『寡黙な鴎亭』というレストランで食事をとることに。そこでラティナは、楽器を演奏している女性の腕輪が、自分の持っている腕輪と似ていることに気づいて――。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第7話幼き少女、港町へ行く。
脚本:吉岡たかを 絵コンテ:M.F.K 演出:阿部雅司 総作画監督:西田美弥子 作画監督:志賀道憲、成松義人、西田美弥子、原田峰文
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第7話 場面カットはこちら

第8話 「青年、故郷に着く。」

デイルの親戚であるヨーゼフに案内され、獣人族の村を訪れたデイルとラティナ。そこでラティナは、ヨーゼフの娘であるマーヤに懐かれ、数日ほど一緒に過ごすことに。年下であるマーヤに対して、お姉さんのようにふるまうラティナ。だが、デイルの故郷へ向かうため、ラティナはマーヤとお別れをしなければならなくなり――。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第8話青年、故郷に着く。
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第8話 場面カットはこちら

第9話 「青年、弟の結婚式と幼い少女と。」

デイルの故郷ティスロウへと到着した二人。帰省の目的でもあるデイルの弟の結婚式までの間、ティスロウで暮らすことになったラティナは、デイルの家族ともすぐに打ち解け、新鮮な毎日を送っていた。そんなラティナを可愛がるデイルの祖母ヴェンデガルドは、一族でも秘密とされている場所へとラティナを連れて行き――?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第9話青年、弟の結婚式と幼い少女と。
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第9話 場面カットはこちら

第10話 「幼き少女、クロイツに帰る。」

結婚式も無事に終わり、クロイツへと帰ることになった二人。仲良くなった天翔狼たちやデイルの家族との別れを寂しがるラティナだったが、必ずまたティスロウを訪れると約束し、ケニスやリタの待つクロイツへと出発する。その後、二人は来たときと同じように獣人族の村へと立ち寄るが、そこで待っていたのは……?

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第10話幼き少女、クロイツに帰る。
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第10話 場面カットはこちら

第11話 「幼き少女とにゃんこパラダイス」

数ヶ月ぶりのクロイツで、友だちと再会するラティナ。買ってきたお土産や旅の話で盛り上がる中、学舎からの帰り道でラティナは一匹の猫を見かける。その際にシルビアから「猫の集会」の話を聞き、大好きな猫に会いたい気持ちを膨らませるラティナ。そんな彼女にとある人物が「猫屋敷」の話を持ちかけて――。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第11話幼き少女とにゃんこパラダイス
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第11話 場面カットはこちら

第12話 「幼き少女、願う。」

季節は再び秋へと近づき、学舎の卒業を控えたラティナ。そんな折、ラティナはデイルと旧知の仲である美女ヘルミネから子ども扱いされたことで、複雑な気持ちを抱いていた。さらに、卒業後の将来についてクロエやルディたちの話を聞いたラティナは、「早く大人になりたい」という気持ちがどんどん強くなっていて――。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。第12話幼き少女、願う。
その他の『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第12話 場面カットはこちら


コメント投稿時のお願い

コメント投稿時は、下記のようにコメント前に、話数を入れていただければと思います。

【投稿例】
●『ーー作品名入るーー』 ○話
コメント


みなさんのメッセージは、随時公開させていただきます。

コメントを投稿する

コメント一覧

公開中 0件 ※承認中のコメントは表示されません。

公開されているコメントはありません

       

コメントを投稿する(ログインする)

ログインすると、これらの操作が行えます。

  • コメントの投稿
  • 投稿したコメントの削除
  • 投稿したコメントが承認中かどうかの確認

以下のアカウントからログインください。

みんなの声TOPへ戻る

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング