春アニメ『ゾンビランドサガ リベンジ』種田梨沙✕衣川里佳✕田中美海インタビュー【連載12 Part.2】

アニメ『ゾンビランドサガ リベンジ』水野愛役 種田梨沙さん✕ゆうぎり役 衣川里佳さん✕星川リリィ役 田中美海さんインタビュー|3期があったらフランシュシュがロボットになるかも!?【SAGA_R:12_ Part.2】

 

リリィはフランシュシュのためにの想いが更に強く。5話でライトと歌う曲が重なった時の演技は繊細に!?

――次はリリィについてお聞かせください。

田中:リリィはそれほど変わらない気がしますが、2期では1人でオーディションに応募したり、フランシュシュのためにという想いも強くなって、リリィ発信のことも増えたかなと思います。

5話のオーディションでの歌の課題で、ライト君と同じ曲を偶然選んでしまった時、一瞬、動揺や弱さを見せたところは今までには見せたことのない一面だったのでこだわって収録しました。

その後、メンバーの顔を思い浮かべて話すシーンも彼女にとって大切な存在になったんだなと実感できました。

――1期の時と同様に当番回は泣かせるエピソードで。

田中:そうですね(笑)。(サキ役の田野)アサミさんからも「めっちゃ泣いた」とLINEが来たりして。リリィだけでなく、フランシュシュのみんなは死んでいるけど、頑張って輝いている姿を見ると感動できるんですよね。

――この連載第5回の時(田中さん・河瀬さん・佐藤さん座談会)にもおっしゃっていましたが、スキャットや落語などに挑戦されていて。かなり時間をかけて取り組まれていたんですよね。

田中:スキャットは私にとって初挑戦でしたが、「リリィだったら絶対にできるはずだから私もついていかなくちゃ」という気持ちでやりました。


 

2期で自発的に行動し始めたゆうぎり。自ら動き出せば道は開けるというメッセージも

――ではゆうぎりについてお聞かせください。

衣川:1話の始まり方から重い話になるのかなと思ったら、『ゾンビランドサガ』らしいおふざけが結構あって。でも終盤に近づくにつれて、大古場さんにゾンビであることを突き止められてしまったり、ゆうぎり回もシリアスになったりとアップダウンが激しかったなと思いました。

でも全体を通して、フランシュシュというグループの強さと進化を感じました。愛ちゃんも純子ちゃんも過去アイドルとして活躍していたけど、悩みながらも壁を乗り越えて進化したし、リリィちゃんも元々、天才子役だけど、ピンチになってもアドリブで乗り切ったりして。ライト君が「俺にはできない」と言っていたように、元々の能力に加えて、土壇場でまた進化を見せてくれて。過去を捨てず、更に今持っている力を加えて進化しているのがいいんですよね。

田中:ゆうぎりだって、そうでしょ。お母さんみたいで。

衣川:1期では、伝説の花魁として能力が高いはずなのに、あえて前には出ていなかったけど、2期では自分からも意見したり、行動するようになって。2期には、自分から動き出せば道が開けるんだよというメッセージが込められていたんじゃないかなと思っています。

――ゆうぎりはメンバーを見守る立場で、年齢よりも大人びていたり、達観しているような感じでしたが、その理由が8~9話でわかりました。

衣川:8~9話のエピソードもそうだし、見受けされる前にもいろいろなことを経験しているんですよね。あとみんな死んでしまった後、ゾンビとして新たな人生を歩み始めたわけですが、過去も大切にしているところが素敵だなと思います。

――1期ではゆうぎり回がないと言っていましたが、2期前にゆうぎりセンターの「佐賀事変」が作られ、しかもMVまで制作されて、2期でも前後編に渡ってと、強力なゆうぎり推しが。ゆうぎりファンの後押しも大きかったのでは(笑)。

衣川:それもあったのかもしれませんね(笑)。2期の当番回の前に、歌とMVを先出ししているところもすごいですよね。1曲でMVと本編、2度おいしいという(笑)。だからスタッフの皆さんを全面的に信頼できるし、今後も続きを作ることがあったとしても「きっとまたおもしろいものを作ってくれるんだろうな」と思っています。

種田:8~9話はゆうぎりファン待望だったでしょうね。私も知っていたのに7話で次回予告を見たら鳥肌が立っちゃった。

田中:いきなり雰囲気がガラッと変わったし。

衣川:音楽もテイストが違うし。8~9話を見た方はもう一度、「佐賀事変」を聞き直してほしいです。曲の印象も感じる意味も変わると思うので。


 

種田さんのお気に入りは4話でステージに走って向かったシーン。1話の社歌はめちゃめちゃシュール!?

――2期全話の中で好きなシーンやエピソードを教えてください。まず愛のお気に入りシーンをお聞かせください。

種田:自分のキャラ的には4話で、愛ちゃんが走って、メンバーが待つステージに上がるまでのシーンです。まさかこの作品で王道を見られるんだという驚きもあったし(笑)、演出の完成度も高くて、一番素敵になるように考えて作ってくださったんだなと実感できたし、オンエアを見た時はアフレコの時以上に感動しました。

自分のキャラ以外だと5話でリリィちゃんが「リトルパラッポ」を歌った時、子供たちが喜んでいるところですね。振り返ればフランシュシュのファン1号も子供(第1期3話)で、フランシュシュは子供からお年寄りまで、佐賀の人たちに幅広く愛されているアイドルになれているのが感じられたのが嬉しかったです。しかもネット上でバズるという(笑)。

――愛といえば、1話の「イカの魂無駄にはしない〜小島食品工場株式会社社歌〜」も衝撃的でしたけど……。

種田:そうでした。すっかりなじみ過ぎて忘れてました(笑)。私は本気で歌ってくださいと言われたのに、みんなは淡々と歌っていて、めちゃめちゃシュールでした。アバンもあっという間に終わってしまって。

田中:「OPはこれ!?」みたいな(笑)。

(C)ゾンビランドサガ製作委員会
(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング