『逆転裁判』宝塚歌劇での舞台化発表!“逆転裁判”オーケストラ..

『逆転裁判』宝塚歌劇での舞台化発表も!本物のオーケストラとゲームの楽しさがひとつとなった“逆転裁判特別法廷2008秋・オーケストラコンサート”

 カプコンは、人気ゲーム『逆転裁判』シリーズの楽曲をオーケストラで演奏する“逆転裁判特別法廷2008秋・オーケストラコンサート”を、9月23日、渋谷・Bunkamuraオーチャードホールにて開催した。

 このコンサートは、『逆転裁判』シリーズの楽曲を、東京フィルハーモニー交響楽団が演奏するというもの。2008年4月20日に開催された春公演の好評を受けての、アンコール公演という形だ。本物のオーケストラによる『逆転裁判』の世界を堪能しようと、今回も熱心なファンが詰めかけ、会場は超満員となった。だが、今回のコンサートでは通常のコンサートの開演前に、「NEW 逆転裁判 NOTゲーム プロジェクト発表会」という気になるプログラムが用意されていた。まずは、こちらの発表の内容を紹介しよう。


●『逆転裁判』が宝塚歌劇に!

 『逆転裁判』シリーズでおなじみのキャラクター、サイバンチョや成歩堂君たちの映像による諸注意で場が和んだところで、いよいよ発表会はスタート。暗転した画面に映し出されたのは、“NEW 逆転裁判 NOT ゲーム”そして“逆転裁判 舞台化決定!!”の文字!予想外の発表に、会場は大きなどよめきに包まれた。だが、本当の驚きはこのあと。舞台を上演するのが、なんとあの宝塚歌劇であることが発表されると、驚きの声は最高潮に至ったのだった。ここで壇上には『逆転裁判』シリーズプロデューサーの松川美苗さんと、『逆転裁判』宝塚公演で脚本と演出を担当する鈴木圭さんが登場。舞台化の説明を行なった。松川さんによると、きっかけは『逆転裁判』開発スタッフの中に宝塚ファンがおり、一緒にやりたいという企画が2年前に上がったとのこと。カプコン開発本部長の稲船氏がGOを出したことで、2年をかけて実現に至ったという。

 脚本演出の鈴木圭さんは『逆転裁判』のゲームを以前から面白いと思っており、音楽やシナリオの良さ、そしてなによりオーケストラコンサートの春公演の客席の熱気に打たれて、今日の発表に繋がったという。気になる舞台の主人公は、宝塚歌劇団宙組の蘭寿とむさんが務める。キャラクターはもちろん成歩堂龍一だが、舞台上での役名は海外版の“フェニックス・ライト”が使われるという。鈴木さんによれば「宝塚らしくということで、ゲームではできなかったナルホド君のラブロマンスを作ってみたいと思います」とのことで、歌と踊り、ラブロマンスを加えた『逆転裁判』が一体どんな舞台になるのかが楽しみだ。スクリーンではビデオメッセージも上映され、まずはカプコンの稲船氏が「カプコンの稲船です。2年前に企画が上がったときは無理だと思ったんですが、『逆転裁判』が宝塚で本当に舞台化されると聞いて驚いています。カプコンにとっても宝塚にとってもすばらしいことだと思うので、皆さん楽しみにして下さい」と挨拶。続いて登場した蘭寿とむさんは、「宝塚でやるということで、ゲームでは見られない歌や踊り、ラブロマンスをお見せできると思います。舞台で皆様をお待ちしておりますので、法廷でお会いしましょう!」と颯爽と挨拶。パンフレットのキャラクタータイプ診断を実演、検事の御剣タイプになってしまい笑いを集めていたものの、映像の最後で成歩堂龍一、いやフェニックス・ライトに早変わりし、凛々しく「異議あり!!」と叫ぶと、会場は驚きの歓声に包まれたのだった。宝塚歌劇によるバウ・ロマン『逆転裁判 -蘇る真実-』は、宝塚バウホール公演が2009年2月5日~2月15日、日本青年館での東京特別公演が2009年2月24日~3月2日に上演される予定だ。

●コンサートには霜月はるかさん扮するラミロアも!

 そして休憩を挟み、コンサートの本編へ!演奏は東京フィルハーモニー交響楽団、指揮を世界を舞台に活躍する栗田博文氏が担当する超本格派……なのだが、それだけでは終わらないのが『逆転裁判』のコンサート。スクリーンには成歩堂龍一や御剣怜侍、サイバンチョといったキャラクターが登場し、軽妙な笑いを交えながら、楽曲に関わる名シーンを見せる演出が映し出される。一見ネタに走っているが、オーケストラに不慣れな人の緊張をほぐし、また初めてコンサートを見る人には、楽曲とゲームのシーンを結びつけて聴きやすくなる演出だ。「新しい物語 伝説はもう一度、逆転する」という期待感の高まる文字が映し出されると、一曲目は「王泥喜法介 新章開廷」からスタート。これに「逆転裁判1~3 法廷組曲」が続き、王道の楽曲で空気を高めていく。続いては成歩堂のテーマ……と思わせて、偽成歩堂こと(?)芝九蔵虎之助の「スウィンギン・ゼニトラ」が演奏されるなど、客席を飽きさせない構成だ。「ゴドー~珈琲は闇色の薫り」や「大いなる復活~御剣怜侍」などの名曲の数々が演奏され、一旦休憩となった。

 休憩後は「逆転裁判4 法廷組曲」から「悪漢組曲」へ。だがこの日のメインといってもよかったのが、続いての「恋するギターのセレナード」。スペシャルゲストとして登場した霜月はるかさんが、『逆転裁判4』に登場する歌姫・ラミロアに扮して、高らかな歌声を披露。ガリューウェーブならぬ、東京フィルハーモニー交響楽団とのコラボレーションが実現したのだった。ここで、ステージにはシリーズ最新作『逆転検事』の江城プロデューサー、山崎ディレクターが登場。「舞台が法廷ではなく現場なので、どんな面白い舞台が用意できるか。第一話は、御剣の執務室が舞台になります。東京ゲームショーで試遊できるので楽しみにして下さい」(山崎D)、「隣の山崎と殴りあいながら、順調に進めています。一日でも早く届けられるよう、一人でも多くの人に楽しんでもらえるよう頑張ってますので、『逆転検事』楽しみにして下さい」(江崎P)と語っていた。

 再びコンサートに戻ると、ここでブログのファン投票により選ばれた「捜査官組曲」へ。これは糸鋸圭介、罪門恭介、宝月茜の刑事3人のテーマをメドレーにしたものだ。そしてコンサートは、「綾里真宵 ~逆転姉妹のテーマ」を挟んで、「逆転裁判3・終幕」で一旦幕。「逆転裁判3・終幕」ではスクリーンでそれぞれのキャラクターが思い出を語り、感動の大団円となったのだった。

 そしてアンコール……なのだが、ただのアンコールでは終わらないのが『逆転裁判』コンサート。なんとスクリーンで居眠りを始めたサイバンチョを、客席が拍手で起こすという粋な演出。万雷の拍手でサイバンチョが目覚めたところで、アンコールの演目は「大江戸戦士トノサマン」!そして最後といえばこの人は外せない「成歩堂龍一 ~異議あり!」では、ラストは会場全員が成歩堂君と共に「異議あり!!」を叫んだのたった。そして本当にラスト、ダブルアンコールに選ばれたのは「タイホくん ~守ってあげたい」。タイホくんのコミカルかつ切ない映像をバックに、コンサートは幕を閉じたのだった。

宝塚版『逆転裁判』で脚本と演出を担当する鈴木圭さん

宝塚版『逆転裁判』で脚本と演出を担当する鈴木圭さん

成歩堂龍一=フェニックス・ライトを演じる宝塚歌劇団宙組の蘭寿とむさん

成歩堂龍一=フェニックス・ライトを演じる宝塚歌劇団宙組の蘭寿とむさん

これがフェニックス・ライトモードの蘭寿さんだ

これがフェニックス・ライトモードの蘭寿さんだ

東京フィルハーモニー交響楽団の演奏は荘厳の一言

東京フィルハーモニー交響楽団の演奏は荘厳の一言

おすすめタグ
あわせて読みたい

レポートの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング