アニメ
稲垣早希が語る「思春期限定!憧れ声優の声になる方法」って?

アスカものまねで人気爆発“エヴァンゲリオン芸人”の桜・稲垣早希がアニメイトTVに登場――「思春期限定!好きな声優の声になる方法教えちゃいます!!」

 キミは桜・稲垣早希を知っているか?中学時代に『新世紀エヴァンゲリオン』に出会い、その魅力にとりつかれた彼女は、惣流・アスカ・ラングレーに共感して声まねを練習。その後よしもとクリエイティブ・エージェンシーで芸人としてその才能を開花させる。

 アスカのコスプレ&ものまねで相方の増田倫子と繰り広げるネタが話題となり、M1に出場、エヴァ漫才で3回戦進出を果たした稲垣。現在MBS他で放送中の『ロケみつ』で関西地区での人気を確立した彼女は、その後関東でもじわりじわりと人気に。「べっぴんランキング2010」で2位を獲得。美人芸人としてモデルなどにも起用されるなど、その活躍は今も拡大中だ!

 そんな稲垣早希がアニメイトTVに登場!『エヴァ』との出会いから、最新の『けいおん!!』ネタまで彼女の秘密を大公開!特に本人いわく「思春期だからできた」と語る“アスカ声”になるための秘策は必読だ!


●“1stインパクト”はサキエルとの戦闘シーン。アスカは病んでいく姿に共感して好きになりました!

――元々は芸人を目指していた訳じゃないんですよね?

稲垣:はい、最初は女優さんになりたかったんです。NSCに女性タレントコースができて、そこでは演技もやるし、モデルもやるということで「NSCに行ったら女優になれるんや!」と思って“ぷら~っ”と入ったらこういうことになりました(笑)。


――でも演技が出来ないとものまねも出来ないわけじゃないですか?

稲垣:でも、本物の“みやむー”(宮村優子)とは違いますし、私はしょせん、ものまねやなと思いますね。


――ものまねから本人の代役になったケースもありますよ?

稲垣:私はアスカの大ファンなので、私のなかでアスカは永遠にみやむーだと思ってます!


――話は変わりますが子供の頃どんなマンガとかアニメを見てましたか?

稲垣:アニメだったら『スレイヤーズ』とか『忍空』とか『幽遊白書』、『るろうに剣心』……高橋留美子さんの作品は好きですね。まあ子供やったので普通に好きでしたね。
 今でも周りからオタクと言われるのですが、みんながニュースを見る代わりに私はアニメを見ているだけで、普通に学校から帰ってきてテレビを付けてアニメを見るという感覚で、今もアニメが好きっていう、……中二病なんです(笑)。


●練習してたらいつの間にか“アスカ声”に!思春期限定「好きな声優の声になる方法」とは!?

――そんななかで『エヴァンゲリオン』と出会うわけですね。『エヴァ』はリアルタイムなんですか?

稲垣:97年のお正月位に一挙放送していたのを見たのが初めてで、ラミエルとの戦闘シーンがすごくかっこよくて、当時からしたら『エヴァ』のクオリティって高かったと思うので、それで「何これ!?」と。
 “これずっと放送してるなら見よう!”と思いました。ただ厳しい家だったので同じマンションの違う部屋に住んでいる、いとこの家にこっそり行って見ていました(笑)。


――最初は戦闘シーンの格好良さに惹かれて、そこからアスカが好きになっていったんですか?

稲垣:今でも『エヴァ』で一番面白いのは戦闘シーンやと思っているんですけど、戦闘シーンがあり本編のストーリーがあり、それに合ったキャラクターがいて、その中でもアスカがすごく好きになったんです。
 当時の私はクラスでもあまりしゃべらない子だったので、アスカの“強気な女の子”の部分に憧れみたいなものを感じたんです。


――あまりしゃべれなかったということですが、レイに共感することなくアスカだったんですね。

稲垣:アスカの場合途中から病んでいって、TVアニメでメインキャラが病んでいくなんてアニメを見たことがなくて。
 あんだけ強気で「馬鹿シンジ!」とか言っている子でも、そんな弱い面があるんやと思ったときに憧れが共感に変わりました。レイは最初から何も思わなくて、クローンってわかった瞬間、もうがっかりって感じでした(笑)。


――そこからアスカのものまねをしようと思ったのはどうしてですか?

稲垣:小さい頃からアニメのキャラクターになりきるのが好きやったので、男の子が戦隊モノのマネをするのと同じ感覚で、“アスカになりたい”と思ったのですが2次元やからなれない。
 ただ声は3次元の声優さんがやっているので、“声だけやったらアスカになれるんちゃうか?”と思って、アスカに近づきたいという一心でずっと練習していました。


――自分の声が似ているからものまねしようということではなく、アスカのものまねは練習で会得した技なんですね。

稲垣:元は全然違う声だやったんですよ。でも毎日学校から帰ってきて、ずーっと同じシーンを見て、繰り返し繰り返しずーっと練習をしていたある日、「もしかしてこれって似てるんかな」と思ったら、声変わりしてたんです!たぶん思春期やったんで……。


――思春期の声変わりと、自分の声がアスカに似てくるのは別だと思いますが……

稲垣:でも声帯が柔らかい時期にやったから……。地声も宮村さんに似ているねと言われるんですが、結局地声じゃないんですよね。最初は「あんたバカぁ?」も全然似ていなかったですし。


――ということは思春期なら頑張れば自分のなりたい声になれるかもってことですか?それはすごいですよ!


●中1で女優を志し、なぜか芸人に。「理由は不純なんですけど(笑)」

――最初に「元々は女優になりたい」とおっしゃってましたが、そのきっかけはなんだったんですか?

稲垣:山口智子さんに憧れていて『ロングバケーション』を見て、「めっちゃ可愛い。あんな女優さんになりたい」と思いました。
 中1の時に母に「テレビの仕事がしたい、事務所に入りたい」って言ったら、とりあえず担任の先生に聞いてみようということになって、三者面談になり「高校受験があるから、それが終わってからなら好きなことをして良い」ということになりました。向こうも3年間で気が変わるだろうと思っていたんでしょうね。上手く大人に言いくるめられたみたいな(笑)。で、そこは泣く泣くあきらめて。


――泣く泣くということは、その時点でかなり真剣な決意だったんですね。

稲垣:そうですね。高校生になって大阪の小さな事務所だったんですけど、そこでレッスンとかしたんですが、あまり仕事も来ないのもあって1年で辞めて、その後、“ぼけーっ”と特にやりたいこともなく過ごしていたんですが、3年生になって進路の話が出てきて、“やっぱりテレビの仕事がしたい”と思ったんです。
 その後、NSCにタレントコースができたというのを知ってすぐにNSCに入って、グルメレポーターとかやっていました。


――その後、事務所にお笑いを勧められたそうですが、お笑いの道を選んだのはなぜですか?

稲垣:大阪には吉本以上の事務所はないですし、高2の1年間事務所を辞めていた時の、自分の心の“もぬけのから感”を知っているし、就職も断ってめっちゃ先生に怒られたりして吉本に来たのもあって。
 動機は不純ですけど「お笑いをやっていたら女優さんも出来るかも知れんで」と言われた言葉を思い出して、お笑いのやり方もまったく知らなかったんですけど、とりあえず!みたいな気持ちで。


●『エヴァ』ネタは偶然の産物。やるならとことんの精神で大ウケ、M1出場へ!

――『エヴァンゲリオン』のネタをやろうと思ったきっかけは?

稲垣:これはすごい偶然で“萌え系ラジオ”を大阪でやっていたんですが、その公録があるので前説をしてくださいというオファーが来たんです。その前説もお客さんがオタクなので「“萌え”を含めた“萌え漫才”をしてくれ」とプロデューサーから言われて。
 そのときに、中学のときにやっていたものまねを思い出して。エヴァネタならコスプレしたら喜ばれるし目立つやろということで、コスプレで初めて舞台に出たんです。


――本当に偶然ですね。

稲垣:そうですね。プロデューサーが言ってくれなかったら、エヴァ漫才とか思いついていないですね。


――反応はどうでしたか?

稲垣:今まで“桜”はすべりまくっていたんですよ。お笑いもまったく知らなかったし。でもそのときは今までで一番ウケたんです。
 めちゃめちゃ嬉しくって、速攻どこがウケてどこがあかんかったのかをチェックして、これは一部の人だけど受け入れてもらえるんやと思って、「これでM1受けへん?」って相方に言って、一般のお客さんの前でやりました。M1では3回戦まで行きました。


●「好きになれないとネタにできません」――再び『けいおん!!』ネタが見られるかも!

――またまた話は変わって、いきなりですが今年の春のアニメで注目作品はなんでしょう?

稲垣:今期は『けいおん!!』が良いですね。2期の放送を待ってました! 『けいおん!』がすごく好きで、同じタイプのギターを買っちゃたぐらいです(笑)。


――『けいおん!』ネタへの期待が高まります(笑)

稲垣:一応コスプレ衣装もあって、唯ちゃんのコスプレでギターを弾いて舞台で披露したこともありました。今回『けいおん!!』が始まったので、部屋にあるギターをまた引っ張り出そうかなと思ってます。


――『エヴァ』でも『けいおん!!』でもそうですが、ものまねしやすいアニメとかってあるんですか?

稲垣:そういうのはなくて、『エヴァ』もそうですけど、好きじゃないと絶対にものまねを練習しようと思わないんです。『けいおん!』も自分でハマったし、初音ミクもあの声を出してみたいと思ったので家でずっと練習してみたりとか、私が興味のあるものを、無理やりお客さんに見てもらっているみたいな感じはありますね(笑)。
 好きになったとしても、もちろん私の声の範囲で出来るかどうかの問題もあるので、キャラクターはチョイスしなければいけないんですけど。


――今後挑戦してみたいことはなんですか?

稲垣:もともと女優になりたいという夢があったので、今、吉本の劇場でお笑いとは別に、お芝居をやらせてもらえるチャンスがあるので、そういうのにどんどん呼んでもらえたらなと思います。
 声のお仕事はナレーションをやらせてもらっているんですけど、そんなに幅広くやっている訳ではないので、機会があったらぜひ挑戦したいです。でも本当の声優さんを目の前にしたら、多分テンションが上がって仕事にならないかも(笑)。
(敬称略)

<インタビュー:だーくまたお>
<撮影・文:藤本厚>

<イベント情報>
桜・稲垣早希 秋葉原スペシャルイベント~SEASON1~
・6月12日(土) 12:00~
・ソフマップアミューズメント館8階イベントスペース

桜・稲垣早希 渋谷スペシャルイベント
・6月12日(土) 19:00~
・タワーレコード渋谷店B1イベントスペース『STAGE ONE』

桜・稲垣早希 秋葉原スペシャルイベント~SEASON2~
・6月13日(日) 11:00~&14:00~(2回開演)
・石丸電気SOFT本店7階

ロケみつ~ロケ×ロケ×ロケ~DVD発売記念イベント
・6月19日(土) 14:00~
・千里セルシー広場(屋外)
出演:月亭八光、宇都宮まき、ローラ・チャン、桜・稲垣早希
内容:トーク&桜・稲垣早希握手会

桜・稲垣早希「桜の季節~卒業~」DVD発売記念イベント
・6月26日(土)14:00~
・阪急西宮ガーデンズ4F スカイガーデン

・6月26日(土) 18:30集合/19:00~
・タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース

史上最大のお笑いフェスティバル
YOSHIMOTO PRESENTS LIVE STAND 2010

・7月17日~19日 13:00~20:00
・幕張メッセ国際展示場4~8ホール
・各プレイガイドにてチケット先行販売中 6,900円(税込)

※各イベント詳細は公式ブログでチェックだ!!

>>“桜は、稲垣早希と増田倫子から出来ています。”
>>ロケみつ|桜・稲垣早希の目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集