menu
アニメ
劇場版アニメ『忍たま乱太郎』乱太郎役・高山みなみさんインタビュー

「家族をつなぐ作品になって欲しいです」――劇場版アニメ『忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』インタビュー企画第二弾は乱太郎役・高山みなみさん

 TVアニメが好評放送中の『忍たま乱太郎』(尼子騒兵衛さん原作『落第忍者乱太郎』朝日新聞社刊)。原作の連載が25周年を迎え、3月12日には初の長編劇場版アニメ『忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』が公開されます!

劇場版アニメ公開を記念して当サイトでリレーインタビュー企画をお届けしています。第二弾にご登場いただくのは主人公・乱太郎役を演じる高山みなみさんです。

アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

19年描かれて続ける「笑い」と「絆」が人気の秘密


――TVシリーズが19年に突入しました。これまで演じてきた感想は?

乱太郎役・高山みなみさん(以下高山):頑張ってるなあって(笑)。でも、長く続けさせていただけて嬉しく思います。もちろんたくさんの皆さんが応援してくださった賜物だと感謝してます。

――この作品が長く愛されている理由や魅力はどこにあると思いますか?

高山:たぶん何も変わらないところかな。スタートからずっこけギャグだったり、三段オチ、ダジャレの連続で、それは今も変わらない。誰にでもわかりやすいですし、どの世代にも受け入れてもらえるからいいですよね。そして先生と生徒、先輩と後輩、親と子などいろいろな関係が描かれていて、どれも良好であることが見ていて心地いいし、長く愛されている理由かなと思います。

<次ページ:毎回笑って、ほっこりできるお茶の間のコミュニケーションツールに>

毎回笑って、ほっこりできるお茶の間のコミュニケーションツールに


――原作の尼子騒兵衛先生は、「子供達は忍術学園に対してあこがれがあるみたい」とおっしゃっていました。

高山:忍術学園の先生と生徒、先輩・後輩、家族の絆が楽しく描かれていますからね。忍術学園の生徒は親元から離れて学んでいるわけですが、みんな、家族を大切に想う気持ちがあるんです。お休みになるとすぐにおうちに帰って、お手伝いしたり、家族で楽しい時間を過ごしたりして、また学園に戻っていく。キャラクター達がお互いに信頼し合っているのがわかるし、見ている方にも伝わっているのかなと思います。

――こういう時代だからこそ、必要な作品なのかなと。

高山:そうですね。見ていただければ、誰でもほっこりできると思うし。いろいろな事件や、いさかい事も起こるけど、決して悪じゃなくて、笑って許せるレベルで、ちゃんと解決できる。それは大事なことじゃないかな。一番いいのは押し付けがましくないところ。だから気楽に見られると思います。

――毎回、笑顔で見終われるのはいいですね。昔は一家でTVを見て爆笑してましたがこの作品が今、コミュニケーションのきっかけになるかもしれません。

高山:そうかも。昭和のお笑いっぽいところもあるし(笑)。夕方に乱太郎を家族で見て、その後に食事をしながら語り合う。そんな家族の習慣の一部になってくれたらいいなと思います。

50人を超えるキャスト。オールスターキャラが全員輝く劇場版


――いつも10分で、もの足りないなと思っていたファンには長編の劇場アニメ化は朗報ですね。

高山:劇場版になるのは2回目ですが、1回目は15年前のことなので正直、よく覚えてなくて(笑)。でも前回は併映だったのが今回は一人立ちできたのはすごいなと思います。18年やっててよかったです。劇場版と言ってもTVシリーズといい意味で何も変わらないです。いつもの世界観が、大きなスクリーンで表現されています。お茶の間で見ている感覚で見られるし、初めてでもスムーズに入れる良さはTVシリーズそのままです。

――サブタイトルの"忍術学園 全員出動!"どおり、忍術学園のオールスターキャストが勢ぞろい。

高山:TVシリーズでも大人数でスタジオがごった返すことがありますが、今回は本当に一同に会する感じで。キャストだけでも50人超えで、キャラはさらに多くなるので何人になるやら。数えるのは諦めましたけど(笑)。アニメを見ている方のお気に入りのキャラは、出てくる可能性大ですよ。

――大人数のキャラが出てくるので、それぞれのキャラの良さや見せ場が作られているのがすごいです。

高山:かわいいシーン、かっこいいシーン、ずっこけてるシーンなど、印象的なシーンがいっぱいあって、いつでも誰かが輝いたり、活躍してます。みんながかっこよくて描かれているのが見どころだと思います。これだけの人数なので大変だったと思いますが、スタッフの皆さんの、キャラに対する愛情を感じます。

忍術学園のメンバーのカッコよさと一人で行動する乱太郎が見どころ


――あと尼子先生は「絵コンテでかなり細かいところまで描かれている」とおっしゃってました。

高山:大画面ならではできる遊びもあると思うので、そこは見逃さないようにしてほしいですね。大きいものはより大きく。八宝斎さんの頭とか(笑)。

――忍術学園の生徒や先生が普段の3枚目的なところと作戦行動の時に見せるかっこよさのギャップがいいですね。

高山:特には組は、いつもずっこけてるけど、実は「この子達ってできる子じゃん! 全然ダメじゃないよ」と思えちゃいます。忍術学園の中では1年は組が最高だと思ってますよ。

――終盤の忍術学園の生徒や先生達が協力し合うシーンはウルっときました。

高山:ものすごく派手ではないけど、じわじわ来ますよね。演じてると感情がぐっと盛り上がって、でも熱すぎない。でもキャラクターの1人1人を見ていると目頭ちょっと熱くなっちゃいますよね(笑)。

――乱太郎的な見せ場を挙げるとすれば?

高山:いつもは乱太郎、きり丸、しんべヱの3人でいることが多いけど、今回は単独行動することになって。は組や「乱きりしん」の枠から出て、頑張っている姿を見てほしいです。乱太郎の本来のやさしさとか、強さがわかるし、彼の気持ちがすごく出てます。

劇場版を観た後に語り合ってほしい。今後もホームのような作品に


――今回、人気お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが手潟潔斎役、次長課長の河本準一さんが大間賀時曲時役を演じます。

高山:別録りだったので見てないんですよ! 芸人さんらしいアドリブを期待しちゃいますが、アドリブを挟めるようなスキがあったかな? 想像がつかないけど、どんな演技をなさってるのか、私も楽しみです。

――この映画のこんなところを見てほしいというポイントは?

高山:いろいろな絆が描かれているので、親子やお友達同士など大切な人と見てほしいです。誰でも「そうだよね」と共感できる部分も大きいと思うし。見終わった後には語り合ってほしいですね。「あそこのギャグおもしろかったよね?」、「えっ、そうだったんだ!」と教え合う楽しさもありますよ!

――最後に今後の『乱太郎』にかける意気込みや抱負を聞かせてください。

高山:これからも基本的に大きく変わることはないと思うけど、見てる人が思わず微笑んでしまうような作品であってほしいし、そういうキャラであってほしい。ずっと愛される乱太郎にしていきたいです。そして、進学や就職などで見られなくなっても、ふらっとTVを付けたらやっている、誰にとっても心のホームになれる作品に出来たらいいですね。そしてスタジオも年齢層が広いですが、2~3世代と楽しんでいただけるように。まずは春の劇場版に全力投球! そして来年はTVアニメも20周年になりますので頑張ります!!

<取材・文:永井和幸>

『忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』
3月12日より全国ロードショー!
配給:ワーナーブラザーズ映画
原作:尼子騒兵衛「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊)
監督:藤森雅也 / 脚本:浦沢義雄
声の出演:高山みなみ、田中真弓、一龍斎貞友、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、河本準一(次長課長) 他

>>劇場版アニメ『忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』公式サイト
>>『忍たま乱太郎』DVD公式サイト
>>実写版『忍たま乱太郎』公式サイト
(C)2011 アニメ版「忍たま乱太郎」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

忍たま乱太郎の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング