仮面ライダーバーステーマソングMV撮影現場に密着&インタビューも

伊達明&後藤慎太郎デュエットの仮面ライダーバーステーマソング「Reverse/Re:birth」ミュージックビデオ撮影現場に密着&ミュージックビデオ出演の俳優陣にインタビュー!

 テレビ朝日系にて現在絶賛放映中の『仮面ライダーオーズ/OOO』。先日、1971年に放映された『仮面ライダー』第1話から記念すべき1000回目を迎え、その特別編として第999回~1000回にかけて前・後編のストーリーが展開されるなど、多くの特撮ファンの心を躍らせている作品だ。

 そしてなんと、仮面ライダーバースに変身する伊達明と、相棒の後藤慎太郎のデュエットによる仮面ライダーバーステーマソング「Reverse/Re:birth」がリリースされることが決定!楽曲のミュージックビデオ撮影が都内某所にて行なわれたので、その様子をお届けしよう。

 今回のミュージックビデオは、先日の第999回&1000回放送記念に登場し大きな話題となった「伊達組」が再集結。

 仮面ライダーバース役の伊達明が監督になり映画を撮る、と言う構成の「伊達組」から、伊達明、後藤慎太郎、そして劇中に登場する巨大財団・鴻上ファウンデーションで秘書を務め、「伊達組」ではメイク&アシスタントを担当した里中エリカが出演する。

 伊達明役の岩永洋昭さんと里中エリカ役の有末麻祐子さんは、「伊達組」T-シャツにつなぎで登場。今回の伊達の役どころはミュージックビデオの監督ということで、撮影中、モニターを見つめる岩永さんの眼差しは真剣そのもの。

 また、メイク&アシスタントという役どころの里中役を務める有末さんは、撮影中、一つ一つのリクエストに丁寧に応えながらも、カットがかかると笑顔でリラックス。合間に少しずつ調整を入れながらも、二人の完璧な演技で撮影はスムーズに進行した。

 そしてシーンが変わり、スーツ姿で現場へ登場したのは後藤慎太郎役の君嶋麻耶さん。テストカットの撮影も完璧で、流れるように本番へ。迫真の表情でカメラに向かい、曲に合わせてリズムを取りながら、キレの良い動きでシーンを作り上げていく。

 劇中では相棒同士である伊達役の岩永さんとの息もピッタリ。2人のコンビネーションの良さを伺わせた。

 続いて撮影が行なわれたのは、里中エリカ役の有末さんが出演するワンシーン。撮影前、入念に説明を聞き、いよいよ撮影がスタートするとそれまで笑顔だった有末さんの表情も真剣に。カットがかかり、モニターチェックにも熱心な眼差しを向けていたが、「OK!」の声がかかると一転、リラックスした表情を見せていた。

 その後再び現場に登場したのは、伊達明役の岩永さん。撮影前、何度もポーズや動きを確認し、いよいよ本番へ。ダイナミックな動作と気迫のこもった表情でカメラに向かい、仮面ライダーバースの持つ強さを演出。合間には再び熱心に動きを確認する姿も見られ、順調なペースで撮影は進行していった。

 今回、ミュージックビデオへ出演する3名の囲み取材も実施!岩永さんと君嶋さんは歌に初挑戦と言うことで、その心境やミュージックビデオへ出演した感想などを語ってもらった。

――「Reverse/Re:birth」を歌うことが決定したときの心境と、レコーディングの感想をお聞かせください。

岩永洋昭(伊達明役/以下岩永):僕で大丈夫かな?という不安もありましたが、お話を頂いたときはとても嬉しかったですね。できる限りの力を出してやらなくちゃな、という気持ちで歌に臨みました。元々歌うことは好きなんですが、レコーディングは緊張しましたし、難しかったです。細かいところを修正しながら一曲を作り上げていくので、改めて歌は深いんだな、と思いました。

君嶋麻耶(後藤慎太郎役/以下君嶋):歌は一度やってみたいと思っていたことだったので、すごく嬉しかったです。また岩永さんともお仕事ができるということで、楽しみにしていました。レコーディングは、途中キツい部分もあったので、休憩をいれたりしながらやりましたね。1曲録るのに、これだけ体力が必要なんだな、と思いました。

――では有末さんは、曲を聴いてみていかがでしたか?

有末麻祐子(里中エリカ役/以下有末):劇中の2人の関係性や良いコンビネーションが出ていると思うので、聴いていただけるファンの方にもすごく楽しんでもらえると思いますし、私も楽しんで聴きたいですね。

――普段の『仮面ライダーオーズ/OOO』とは違う形の、ミュージックビデオにご出演されてみていかがでしたか?

岩永:頂いた絵コンテを見て、かっこよく撮っていただけるんだろうな、と想像していました。1000回記念はお祭り騒ぎのような感じだったので、今回はその時の気持ちは引きずらずに、かっこいい感じにしたいと思って臨みましたね。(ミュージックビデオへの出演は)初めての経験と言うこともあり手探りの部分も多かったですが、すごく楽しかったです。

君嶋:今朝7時くらいから(撮影中に)走ったので、既に筋肉痛が出てきてます(笑)。僕も1000回記念のことは意識せず、これはこれ、という感覚で録っていましたね。「Reverse/Re:birth」の中では後藤の葛藤やそれに対する決意が表れていると思うので、その部分を出して行きたいな、と思いながら撮影をしていました。

有末:里中は劇中で、つなぎを着たり、T-シャツ姿だったり、ということはあまりないんです。なので、新鮮ですし、何より私自身がとても楽な格好でした(笑)。岩永さんが歌っていたり、君嶋さんが走っていたり、1000回記念の時とは全く違うイメージの里中が出てきたりするので、このミュージックビデオの中ではまた新しい3人を見ることができると思います!

 仮面ライダーバーステーマソング「Reverse/Re:birth」は、キャッチーながらも戦いを思わせる激しさを秘めたラウド・ロック・ナンバーに仕上がっており、突き抜けるような爽快感がたまらない1曲。CD+DVDバージョンには今回撮影されたミュージックビデオが収録される予定なので、ぜひチェックしてほしい。

<取材・文:杉山玲菜>

>>テレビ朝日|仮面ライダーオーズ/OOO


おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング