menu
アニメ
『ダンまち』原作者・大森先生インタビュー

ヘスティアのデザインには先生も思わず「ほぁ!?」 ――『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』原作者・大森藤ノ先生へ単独インタビュー

 ヘスティアの「例の紐」でも話題沸騰中のTVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(以下、ダンまち)。個性あふれるキャラクターたちもさることながら、独特な世界設定や手に汗握るバトルの数々は原作ファンのみならず、多くのアニメファンを魅了している。

 そんな『ダンまち』を生み出した大森藤ノ先生は、今回のアニメ化や本作をどのようにとらえているのだろうか? 本稿では、その答えを探るべく行った、大森先生への単独インタビューの模様をお届けしていく。作品の誕生秘話やファンも気になるアノことなど、『ダンまち』ファミリア必見の話題をぜひともご覧いただきたい。


アニメイトタイムズからのおすすめ
●ところどころに隠されたメッセージを解読してみるのもアリ?

――『ダンまち』はどういった構想から生まれたのでしょうか?

大森藤ノ先生(以下、大森):ミノタウロスと戦う主人公。本当にこの妄想から始まった物語だと思います。

――ステータスやスキルが背中に表示されるというのも斬新な発想でした。こちらはどのようにして生まれたのでしょうか?

大森:元々はWeb小説として投稿していた作品だったので、多くの人に読んでもらえるように、キャラクターの能力の数値化という当時の流行をファンタジー世界に落とし込みました。後は現実に存在するヒエログリフの碑文を見て、ぱっと思い付いたような気がします。

――大森さんのこだわりやアイデアがアニメに反映されている部分はあったりするのでしょうか?

大森:こだわりというわけではありませんが、主人公の背中やナイフに刻まれている文章の内容は考えさせて頂きました。解読されてしまったら「おい」と突っ込まれてしまう箇所が何箇所かあるかと思います(笑)。


●ヘスティアのキャラクターデザインは先生もビックリ!

――世の中にはライトノベル作品だけでも膨大な数があると思いますが、その中からご自身の作品がアニメ化決定しましたと聞いた時いかがでしたか?

大森:まずWeb小説時代、拙作を面白かったと評価してくださった読者の方々に感謝しました。作品に寄せられる感想を見て、新人賞への応募を決めましたので。

――そして今回、『ダンまち』が実際にアニメになって、キャラクターたちが動き回る姿を見ていかがでしたか?

大森:楽しむ前に、少し恥ずかしかったです(笑)。

――ファンの間で、ヘスティアがすごくカワイイと話題ですが、ヤスダスズヒトさんよりあのキャラクターデザインが上がってきて、見たときどんな感想を持ちましたか?

大森:ほぁ!? となりました。TVアニメを視聴してくださった方ならわかって頂けると思います。


●実はミノタウロスがヒロインだった!?

――その他のキャラクターたちのアニメでの印象はいかがでしょうか?

大森:原作よりみんな可愛くなっていると感じました。

――ちなみにお気に入りのキャラクターはいますか? 理由もお聞かせいただければと!

大森:ミノタウロスです。正ヒロインだからです。

――大森さんが考える、アニメのオススメポイントはどこでしょうか?

大森:キャラクター達は勿論、素晴らしい音楽や美術で構成された世界観そのものだと思います。原作小説では表現し切れない、わくわくできるファンタジー世界がアニメにあると思います。

――今後、アニメ『ダンまち』に期待することはありますか?

大森:「ダンジョンに(略)」ではなく「ファミリア・ミィス」というサブタイトルが浸透してくれないだろうかと夢想を抱いています。

――では最後に、原作とアニメに期待するファンのみなさんへメッセージをお願いします。

大森:わくわくする、そんな風に言って頂けるよう今後も作品作りに励んでいきますので、応援よろしくお願いいたします。

 いかがだっただろうか? 「まさか!?」と思うような意外な話題は、これからのアニメ放送をさらに楽しむ一助となっていれば幸いだ。なお、アニメ『ダンまち』は現在、TOKYO MXほかにて好評放送中。4月27日(月)には、20時30分より「1話~3話振り返り一挙放送直前ニコ生『神様の宴(ヘスティア・パーティ)』」をニコニコ生放送で放送予定だ。さらに、番組終了後は同じくニコニコ生放送にてアニメ一挙放送も行われる。生粋の『ダンまち』ファミリアもアニメを見逃してしまったかたも合わせてお楽しみに。


●TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
1話~3話振り返り一挙放送直前ニコ生『神様の宴(ヘスティア・パーティ)』


日時:4月27日(月)20時30分~21時30分
※一挙放送は21時30分より

[出演]
ベル・クラネル役 松岡禎丞
ヘスティア役 水瀬いのり
ワーナー 中山信宏

[配信ページURL]
1話~3話振り返り一挙放送直前ニコ生
1話~3話振り返り一挙放送

■TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

【放送情報】
2015年4月3日より毎週金曜25:05~(予定)TOKYO MXを皮切りに放送開始!
KBS京都、テレビ愛知、サンテレビ、BS11でも放送開始!

【STAF】>
原作:大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:ヤスダスズヒト
監督: 山川吉樹
シリーズ構成:白根秀樹
キャラクターデザイン:木本茂樹
美術監督: 水谷利春(ムーンフラワー)
色彩設計:安藤智美
撮影監督:福世晋吾
編集:坪根健太郎(REAL-T)
音響監督:明田川仁
音楽:井内啓二
OPテーマ:井口裕香
EDテーマ:分島花音
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:ダンまち製作委員会

OPテーマ:「Hey World」井口裕香
EDテーマ:「RIGHT LIGHT RISE」分島花音

【CAST】
ベル・クラネル:松岡 禎丞
ヘスティア:水瀬 いのり
アイズ・ヴァレンシュタイン:大西 沙織
リリルカ・アーデ:内田 真礼
エイナ・チュール:戸松 遥
シル・フローヴァ:石上 静香

<あらすじ>
迷宮都市オラリオ――
『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
その【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、
構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。
これは、少年が歩み、女神が記す、―【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】―



>>TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』公式サイト
>>『ダンまち』公式Twitter

(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング