アニメ
あの名場面はココだ! 『俺ガイル』で行く聖地巡礼

黄色い缶の甘いコーヒーをお供にどうぞ! 『俺ガイル』で行く千葉の旅。やはり俺の聖地巡礼はまちがっている!?

「このライトノベルがすごい!」を2連覇し、2015年4月~6月末にかけてTVアニメ第2期も放送された渡航先生原作のライトノベル『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(以下、俺ガイル)。そんな『俺ガイル』の舞台となるのが、千葉だ。

 TVアニメ第2期の放送もひと段落したところで、千葉を中心に俺ガイルの聖地を紹介する。是非とも、この機会に訪れてみて欲しい。一緒に行く人がいなくてもきっと大丈夫! おひとり様に優しいこの作品。ひとりで行っても楽しいはず! むしろひとりで行ったほうが楽しいまである……かも!? 聖地巡礼のお供には、黄色い缶が目印の、あの甘いコーヒーがおススメだ!


●TVアニメ第1期『俺ガイル』で行く聖地巡礼! そうだ、千葉へ行こう!

◎「いなげの浜」 / [Googleマップ]

 まず紹介するのは、TVアニメ第1期、第1話~4話までのエンディングで出てきていた海岸「いなげの浜」だ。アニメでは、セピア調の色彩と少し愁いを帯びたような切ない演出が印象的だったが、現実では夏になると海水浴客で賑わうような場所だ。ひとりで海に行くのはハードルが高いと感じるおひとり様も、安心してほしい。海水浴以外にも、「いなげの浜」のある「稲毛海浜公園」では、プールやヨットハーバーなどもあるそうなので、ぼっちでも楽しめるはずだ。


◎「ホテルニューオータニ幕張」 / [Googleマップ]

 次に紹介するのは、第5話で小清水亜美さん演じるキャラクター、川崎沙希のバイト先、バー・「エンジェルラダー 天使の階」があったホテル・「ホテル・ロイヤルオークラ」のモデルとなった「ホテルニューオータニ幕張」だ。作中通りドレスコードが存在するようなので、訪れる際は要注意だ。


◎「マリンピア」 / [Googleマップ]

 三か所目は、『俺ガイル』作中では「ワリンピア」として登場した、JR京葉線・稲毛海岸駅前にある商業施設「マリンピア」だ。施設内にはいくつかカフェもあるようなので、ひとりで行っても安心! 第5話で主人公・比企谷八幡(CV:江口拓也)だけが呼ばれなかった勉強会の会場を探してみよう。


◎「ららぽーとTOKYO-BAY」 / [Googleマップ]

 続いては、これまで紹介してきた場所が存在する千葉県千葉市美浜区から一旦離れ、第6話で由比ヶ浜結衣(CV:東山奈央)の誕生日プレゼントを用意するために、雪ノ下雪乃(CV:早見沙織)と八幡が訪れた大型商業施設。船橋にある「ららぽーとTOKYO-BAY」を紹介したい。八幡や雪乃のようにショッピングを楽しむもよし、食事をとるお店やイベントなども充実しているので、家族と外出したり、デートスポットとしての利用がオススメだ。映画館もあるので、ひとりで行っても困ることはないぞ。


◎「JR海浜幕張駅」 / [Googleマップ]

 そして外すことができないのが、第5話ラストシーンや、第7話で八幡の所属する奉仕部の活動のために待ち合わせを行った「JR海浜幕張駅」周辺だ。駅を出て少し歩けばすぐに『俺ガイル』で見覚えのある景色が待っているぞ。よく大規模なイベントが開催されている「幕張メッセ」が近くにあるので、行ったことがある人も多いかもしれない。大きなイベントのついでなど、少しの時間で聖地巡礼できるので、見た事無い人には一番手軽でオススメのスポットだ!


◎「高原千葉村」 / [Googleマップ]

 「千葉駅かと思った!? 残念、千葉村でしたー!」 という訳で、平塚静先生(CV:柚木涼香)でも外道でもないけれど、次は「高原千葉村」を紹介したい。高原(こうげん)千葉村ですよ! “たかはら”ではないのでお間違えなく! そんな高原千葉村は、千葉の人たちに広く親しまれている施設だということで、市内の学校の生徒たちが利用したり、キャンプを楽しんだりと様々な人たちが利用している。利用時は予約が必要なので、その点は注意してほしい。


◎「千葉ポートタワー」 / [Googleマップ]

 第9話では、結衣と花火大会へと出かけた八幡。そんな花火大会の会場から見えていた一際高いビルが「千葉ポートタワー」だ。千葉のデートスポットと言えばここ! ということで、おひとり様で向かうのは推奨できない。是非、誰かと一緒に行ってください(切実)。1階にある、千葉の名産品である落花生やびわを用いたお菓子や、第1期番外編の体育祭回にチラッと登場していた千葉県のマスコット、”チーバくん”グッズが購入できる「ポートショップ」は必見だ。

●もちろん第2期も! 千葉の名所はまだまだあるぞ!

 ここからは、TVアニメ第2期『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』で、八幡たちが訪れたスポットを紹介する。もちろん、おひとりさまでも大丈夫なスポットをピックアップしたので安心してほしい。


◎「ショッピングセンターMio」 / [Googleマップ]

 第2期から最初に紹介するのは、3話で小町を怒らせてしまった八幡がメールを送ろうとしてやめてしまった場面で通りかかった「ショッピングセンターMio」だ。京成「千葉中央駅」と直結しているので、訪れやすいのではないだろうか?


◎「京成ローザ」 / [Googleマップ]

 お次は、第2期・4話で葉山隼人(CV:近藤隆)に連れられ、八幡の中学時代の同級生・折本かおり(CV:戸松遥)とその友達である仲町(CV:藤田咲)と4人で行った映画館、「京成ローザ」だ。映画館はやはり、ひとりでも誰と行っても楽しめる素晴らしいスポットだ。誰かと行く場合は、映画の効果音に驚いて八幡のように道化を演じて笑いものにならないよう注意したいところ。


◎「千葉パルコ」 / [Googleマップ]

 八幡&葉山一行が折本、仲町と一緒に訪れ、戸部翔(CV:堀井茶渡)や、一色いろは(CV:佐倉綾音)と遭遇したショッピングなどに最適のスポットが「千葉パルコ」だ。また、折本や仲町に散々ディスられた、千葉県が発祥だと噂されるファミリーレストラン”サイゼリヤ”や、4人で入ったカフェのモデルとなった場所も存在するそうなので、探してみよう!


◎美浜大橋 / [Googleマップ]

 なぜか結婚できないアラサー独身教師こと、平塚先生に第8話で八幡が連れ出された場所が美浜大橋だ。夕焼けがとても綺麗にみられるスポットだが、ふたりのように誰もいない夜の時間にひっそりと繰り出すのもオススメだ。それにしてもなんで平塚先生は結婚できないんですかね? 8話のあの予告での残念さも含めて、あんなに可愛らしい女性が結婚できないなんて不思議でなりません。


◎稲毛浅間神社 / [Googleマップ]

 八幡の可愛い妹、比企谷小町(CV:悠木碧)と雪乃と結衣、そして八幡の4人で初詣に訪れたのが稲毛浅間神社だ。こちらは木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)という安産や子育ての神様を主神として祀り上げている。また、浅間神社の最寄り駅で、小町の可愛い「ごみいちゃんのバカ! ボケナス! 八幡!」の罵倒が印象的だった場面の京成稲毛駅のほうも見逃せない。小町はいないですけどね!


◎葛西臨海公園 / [Googleマップ]

『俺ガイル』の主な舞台となる千葉から離れ、最後は第2期の最終回で奉仕部の3人が訪れた「葛西臨海公園」をご紹介。園内にある「葛西臨海水族園」では、あの八幡が子供みたいにはしゃいだハンマーヘッド・シャークや、その生き様に共感したことでヒキ魚くんと雪乃に呼ばれるきっかけになった、ナーサリーフィッシュなどを実際に見ることができる。他には、3人で乗ったダイヤと花の大観覧車や、第2期のラストシーンを飾った展望レストハウス辺りも忘れずに訪れておきたい。必見の俺ガイルスポットだ。


●駅員姿の八幡も!? 『俺ガイル』×『千葉モノレール』コラボ第2弾が開催!

 7月11日より、千葉モノレールとのコラボグッズ第2弾が発売中! そして7月25日からは運行中の『俺ガイル』ラッピングモノレールの車内アナウンスを雪乃と結衣が担当する! 沿線やモノレールの豆知識に加え次の駅の案内なども務めるので俺ガイルファンは必聴だ。詳しい運行情報は、千葉モノレールのサイトで公開されるので要チェック! またグッズ第2弾は千葉都市モノレール千葉駅窓口にて発売中! 千葉モノレールの制服を纏った八幡たちが描かれたステッカーや、キーホルダーなどのグッズは見逃せない。

 今回紹介した以外にも、第1期Blu-ray特典映像の企画”やはり俺の千葉観光はまちがっている。”で訪れた”マザー牧場”や、八幡たちが修学旅行で訪れた京都など、本作の舞台はまだまだ存在する。さらに、スマートフォンアプリ「舞台めぐり」にて『俺ガイル』のコースが配信されているので、そちらを利用して夏休みは是非、千葉へ行こう!


■TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』

【スタッフ】
原作:渡 航(小学館「ガガガ文庫」)
キャラクター原案:ぽんかん(8)
監督:及川 啓
シリーズ構成:菅 正太郎
キャラクターデザイン:田中雄一
音楽:石濱 翔(MONACA)、高橋邦幸(MONACA)
音響監督:本山 哲
アニメーション制作:feel.

【キャスト】
比企谷八幡:江口拓也
雪ノ下雪乃:早見沙織
由比ヶ浜結衣:東山奈央
一色いろは:佐倉綾音
戸塚彩加:小松未可子
材木座義輝:檜山修之
比企谷小町:悠木 碧
平塚 静:柚木涼香
雪ノ下陽乃:中原麻衣
葉山隼人:近藤 隆
折本かおり:戸松 遥

【あらすじ】
 過去のトラウマと、独自のひねくれた思考回路によって「ぼっち生活」を謳歌しているように見える比企谷八幡は、ひょんなことから生活指導担当教師、平塚 静に連れられ「奉仕部」に入部する。同じ部に所属する息を呑むほどの完璧美少女・雪ノ下雪乃や、クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣とともに、クラスメイトの人間関係の問題の解決から文化祭実行委員の運営に至るまで、数々の案件をこなす毎日をすごしていた。季節は移ろい、秋。八幡ら2年生は修学旅行に行くことに。そんな中、奉仕部に持ち込まれた依頼とはいったい!? 新登場の一色いろはも加わって、彼らの関係もさらに複雑さをみせ始める。――八幡のやさぐれた価値観も少しずつ変化せざるをえない、そんな経験を通し、果たしてこの先、彼の高校生活はどんな展開を迎えるのか!?



>>TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』公式サイト
>>TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』公式Twitter

■アニメイトタイムズの人気記事!

『テイルズ オブ リンク』ディレクターが語る、中村悠一さんキャスティング秘話

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

最新『僕のヒーローアカデミア』一番くじ情報!

「きっかけは気軽でいい」次世代アーティストオーディションが求める人材像

『甲鉄城のカバネリ』美樹本晴彦さんに聞く、生駒と無名が生まれるまで

(C)2013 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。

(C)渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続
おすすめタグ
あわせて読みたい

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集