menu
アニメ
『プリズム・レインボーライブ』ボーイズたちの物語を振り返る

アツいボーイズたちのキズナ――『プリティーリズム・レインボーライブ』コウジ、ヒロ、カヅキの物語を振り返る

 2016年の1月に劇場公開されるアニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』。本作は『プリティーリズム・レインボーライブ』に登場した男子キャラクターである神浜コウジ(CV:柿原徹也)、速水ヒロ(CV:前野智昭)、仁科カヅキ(CV:増田俊樹)のユニット“Over The Rainbow”をはじめとした男子プリズムスタァが主役となる作品となります。そんな劇場版の公開に向けて、『プリティーリズム・レインボーライブ』で描かれたOver The Rainbow結成までのストーリーを振り返ってみましょう!

 
■ OverTheRainbowのメンバー3名を紹介!

 Over The Rainbowは神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキの3人からなるユニットということで、ここではメンバーの3人をそれぞれ解説。3人の関係性やバックボーンを中心に説明していきます!

●神浜コウジ
 幼稚園の頃から仁科カヅキと共にダンススクールに通っていたコウジは、ダンスの道では無く作曲の道に進んでいきます。その後、その高い作曲能力を買われたコウジはプリズムスタァ(※『プリティーリズム』の世界のアイドルのようなもの)養成学校・エーデルローズに入学。そこでコウジの作った歌に感銘を受けた速水ヒロとの出会いを果たします。

 そして、コウジとヒロの2人はユニット「Hiro×Koji」としてコウジが作った歌「pride」でデビューする事が決まるのですが、その記者会見で「pride」はコウジでは無くヒロが作った歌として発表されました。これに傷心したコウジは、ユニットを解消しエーデルローズを辞め、「自分の作った歌は誰も幸せにできない」と、1人ギターを弾く日々を送るようになります。

 
●速水ヒロ
 速水ヒロはその端正なルックスから、多くの女性ファンを持つプリズムスタァ。しかし、幼少の頃は貧しい母子家庭で育っており、テレビで見るプリズムショーを真似て1人公園で遊んでいたところをエーデルローズの理事長を務める法月皇に拾われる形でエーデルローズに入学する。

 そこでコウジとの出会いを果たし、その作曲能力に感銘を受けたヒロ。そこからコウジと二人組ユニットとしてデビューする事になるが、コウジの作った歌を自分の歌として偽り、親友を裏切ってしまいます。

 
●仁科カヅキ
 コウジと幼馴染だった仁科カヅキは、ダンススクールの経験を活かしてダンスの道へ。一度はエーデルローズへの入学を考え、入学試験を受けたカヅキは成績トップで合格。しかし、「エーデルローズはプリズムショーを楽しんでいない」と感じたカヅキは入学を辞退し、子供の頃から憧れを抱いていたストリート系出身のプリズムスター・黒川冷と同じストリートの道へ進みます。

 そのストリートではカヅキの仲間思いな性格から多くの仲間から慕われるリーダー的存在となっています。

 
 
■ 苦難の連続だったOver The Rainbow結成までのストーリー

 上で紹介した3人のキャラクターはコウジを通じての繋がりはあるものの、まだ3人がグループを結成するという所までは想像つかないと思います。それはコウジとヒロとの間にある大きな問題を始めとした様々な問題が解決することで、3人はOver The Rainbow結成へと歩みを進めていくのです。ここではOver The Rainbow結成までの流れを解説していきます。

 コウジがエーデルローズを辞めたことで、ユニット「Hiro×Koji」としてのデビューが叶わなくなったヒロは、ソロでのデビューが決まります。しかし、コウジが作った「pride」でのデビューを熱望していたヒロは、卑怯な手段でコウジから「pride」を歌う許可を得ようと画策します。

 そして許可を得て「pride」でデビューをした後も、「自分が一番コウジの歌を表現できる」とコウジの作る歌に強い執念を抱きながら、ありとあらゆる手段でコウジから曲を手に入れようとするヒロ。一見、悪者の様に見える彼の行動ですが、その裏にはエーデルローズ主宰の法月仁の存在がありました。

 そもそも、Hiro×Kojiとしてデビューする際に「pride」をヒロが作った曲としたのも全ては法月仁のアイデア。しかし、法月仁の父親でエーデルローズ理事長の法月皇に拾われ、今まで育てて来て貰った恩や、母親が抱えていた借金を肩代わりして貰ったことに恩を感じていたヒロは、法月仁の指示に逆らうことが出来ず、親友であるコウジを裏切る形となってしまいました。そんな中でも、コウジの歌に感銘を受けた時の気持ちは忘れておらず、「コウジの曲を歌いたい」という思いが歌への執着を高めていました。

 そんな葛藤の中、度々ヒロはエーデルローズの寮に戻るのではなく、昔母親と住んでいた質素なアパートに戻り、出て行ってしまった母親をひたすら待つ生活を送っていました。

 その後もヒロはコウジから歌を奪い、コウジを罵倒したことがきっかけとなりカヅキとダンス対決など、2人の前に立ちはだかり続けたヒロ。

 しかし、コウジの曲の力や、法月仁の卑劣な考え方に嫌気が刺したヒロは、自らを犠牲に法月仁の悪行を世間に知らしめることを決意します。

 ヒロはツアー最後の公演で、ファンに向けて自分が歌ってきた歌が全てコウジの作曲した歌と言うこと、エーデルローズに良くしてもらっていたことなど、自分が偽りのアイドルであることを発表し、ステージ上でコウジへ向けて謝罪。そして自身の引退を発表しました。

 ライブが終わると、会場に駆けつけていたコウジとカヅキに「エーデルローズを頼む」と自身の後任として思いを託したヒロですが、この一件で法月仁の悪行が法月皇の耳に入り、仁はエーデルローズから追放。ヒロの誠意に触れ、和解したコウジと大きく舵をとり直したエーデルローズを見たカヅキは、改めて入学を決意。ここで晴れて天才アーティスト・神浜コウジ、絶対アイドル・速水ヒロ、ストリートのカリスマ・仁科カヅキの3人はユニットOver The Rainbowを結成しました。

 
 
■ 3人の魅力たっぷり! プリズムショーの楽曲を紹介!

 本作を語る上で切っても切り離せないのが、プリズムスタァたちが行うプリズムショーというライブ形式のエンターテイメント。歌の途中にはプリズムジャンプというアイススケートをモチーフにした演出があり、大会などではその芸術性やジャンプの回数で特典がつく競技的な側面も持つ。「プリズムショーは心のきらめき」という言い伝えがあり、心のきらめきを高めることで、常人には成し得ないパフォーマンスをすることができるというもの。ここでは、『プリティーリズム・レインボーライブ』で登場したコウジ、ヒロ、カヅキの関連楽曲を紹介しつつプリズムショーの魅力をお伝えしていきます!


●ヒロのソロデビュー曲「pride」
 元々「Hiro×Koji」の楽曲としてコウジが作ったこの曲ですが、後にヒロのソロ楽曲として登場します。この楽曲の見所と言えば、思わず心を奪われてしまうようなヒロの甘いセリフ! ヒロ様のへそチラとリップ音が響くプリズムジャンプ「情熱熱風スターライトキス」など、ヒロ様のアイドル的魅力が詰まった1曲です!

 
●コウジからヒロへのメッセージが込められた曲「FREEDAM」
 ヒロとカヅキがダンス勝負をする際に、コウジがカヅキの為に書き下ろした楽曲。「プリズムショーは自由であるべき」というカヅキの考え方からタイトルを取ったと考えられますが、歌詞にはコウジとヒロがエーデルローズ時代に語り合ったセリフや、ヒロへ向けてのメッセージが隠されており、ヒロが法月仁から離れる要因の一つとなりました。プリズムジャンプでは、カヅキのハートが燃え盛る様な熱いパフォーマンスが特徴で、「バーニングソードブレイカー」など男の子が憧れる要素が盛り込まれているのが特徴。もちろんカヅキが得意とする躍動感溢れるダンスも必見です!

 
●3人が手を取り合う友情の曲「athletic core」
 Over The Rainbowとして初めて発表した楽曲。『プリティーリズム・レインボーライブ』では最終回で登場しました。対立し合ったヒロとコウジ・カヅキが同じステージで同じ衣装を纏って披露する姿は、本作を見た方なら感動してしまうこと請け合いです! そしてプリズムジャンプ「オーバー・ザ・レインボー」では3人の寝姿や手を取り合う姿など、3人の魅力が詰まった楽曲です!

 駆け足でご紹介してきましたが、Over The Rainbowの3人にはここでは語りきれないほどのストーリーが盛りだくさん! なので、今回初めてOver The Rainbowを知ったという方は是非『プリティーリズム・レインボーライブ』を観たり、楽曲などを予習しておくことで、2016年1月9日から全国ロードショーされる「KING OF PRISM by PrettyRhythm」を何倍も楽しめること間違いなしです! Over The Rainbowのその後の物語や、新たに登場する次世代のプリズムスタァたち、そして復讐の炎を燃やしていた法月仁は登場するのかなど、1月9日は劇場でその目撃者になりましょう!


■「KING OF PRISM by PrettyRhythm」
2016年1月9日全国ロードショー

・前売券: A,B,Cの3種類 販売中
A 5枚綴りグループ前売鑑賞券「正装ver.」 7,500円(税込)
B 5枚綴りグループ前売鑑賞券「もふもふマフラーver.」 7,500円(税込)
C 通常前売鑑賞券 1,500円(税込)

*前売券購入者特典はKING OF PRISMオリジナルA4クリアファイル!
※なくなり次第終了となります。
※特典配布対象となる前売券は、5枚綴りグループ前売鑑賞券A、Bです
・原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア /監督:菱田正和/脚本:青葉 譲/CGディレクター:乙部善弘/キャラクター原案&デザイン:松浦麻衣/制作:タツノコプロ/配給:エイベックス・ピクチャーズ株式会社/協賛:株式会社タカラトミーアーツ/製作:キングオブプリズム製作委員会

・キャスト
神浜コウジ:柿原徹也/速水ヒロ:前野智昭/仁科カヅキ:増田俊樹/
一条シン:寺島惇太/太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬/香賀美タイガ:畠中 祐/十王院カケル:八代 拓/鷹梁ミナト:五十嵐雅/西園寺レオ:永塚拓馬/涼野ユウ:内田雄馬/
如月ルヰ/大和アレクサンダー/法月 仁:三木眞一郎

・Over The Rainbow振り返りムービー「90秒でわかるOver The Rainbow」はこちら!


■Over The Rainbowのベストアルバム「Over The Rainbow SPECIAL FAN DISC」
アーティスト名: Over The Rainbow(cv.柿原徹也・前野智昭・増田俊樹)
2015年12月23日発売 2,500円(税抜)
・収録内容(CD)
01. BOY MEETS GIRL
02. Reboot
03. pride
04. FREEDOM
05.athletic core
06.Flavor
07.タイトル未定
08.オリジナルオーディオドラマ
09. BOY MEETS GIRL inst
10. Reboot inst
11. pride inst
12. FREEDOM inst
13.athletic core inst
14.Flavor inst
15.タイトル未定 inst

■Over The Rainbow「ROAD to Over The Rainbow ~デビュー2周年記念DVD~
アーティスト名: Over The Rainbow(cv.柿原徹也・前野智昭・増田俊樹)
DVD2枚組 (税込) 4,104 (税抜) 3,800


■「プリティーリズム・レインボーライブ」が気になる方はこちら!
DVD『プリティーリズム・レインボーライブ DVD BOX-1&2』
>>BOX-1商品ページ
>>BOX-2商品ページ


■いますぐOver The Rainbowのナンバーを聴きたい方はこちら!
>>「プリティーリズム・レインボーライブ プリズム☆ボーイズコレクション」
>>「プリティーリズム・レインボーライブ プリズム☆ソロコレクション byコウジ&ヒロ&カヅキ」


>>「KING OF PRISM by PrettyRhythm」公式サイト
>>「KING OF PRISM by PrettyRhythm」公式Twitter

(C) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020冬アニメ最速放送
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング