menu
アニメ
映画『名探偵コナン 純黒の悪夢』池田さん&古谷さんインタビュー

劇場版『名探偵コナン』が「通常の3倍」観たくなる奇跡の対談!――劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」』インタビュー

 今年でTVアニメ&劇場版シリーズが20周年に突入した『名探偵コナン』。そんな記念すべき第20作目となる劇場版最新作『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』が2016年4月16日(土)より全国東宝系ロードショー!

本作の公開に先立ち、物語の鍵を握る人物・赤井秀一役の池田秀一さんと安室透役の古谷徹さんにインタビューを敢行! 過去の他作品でも、ライバルとして戦ってきた長いお付き合いになる池田さんと古谷さん。『名探偵コナン』でも、ライバル関係にあるお二人ならではの見どころから、お仕事に対する姿勢、そしてプライベートでのお付き合いまで、たっぷり語っていただきました!

おふたりのファンで、まだ『名探偵コナン』みていない人、記事で興味を持ち『名探偵コナン』をこれから見る人は、ネタバレも含みますのでご注意ください。

▲左より、古谷徹さん、池田秀一さん

▲左より、古谷徹さん、池田秀一さん

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

「赤い?」に「アムロ?」! 池田さんと古谷さんは、キャラクターの第一心象は?


――本作で、赤井と安室の二人が物語のキーパーソンになると聞いた時の率直な感想をお聞かせください。

安室透役・古谷徹さん(以下、古谷):いやぁ、もう楽しみでしょうがなかったです! TVシリーズでは、まだ直接は出会ってないんですけど、もうお互いの正体はわかっていて……。安室的には、同僚を失った件に赤井が関わっているということで、赤井に対して確執があったので、今回の映画で安室と赤井が対決するのではないかと楽しみにしていました。

赤井秀一役・池田秀一さん(以下、池田):いや、本当にね。お待たせしました! 誰に対して言っているのか、わからないですけど……(笑)。今はゲームとかいろいろやっていますけど、だいたい収録は別録りですから、古谷さんと対峙するのは久しぶりです。『機動戦士Zガンダム』の劇場版(『機動戦士Zガンダム A New Translation』、三部作で、2005〜2006年に公開)以来じゃないかな。

古谷:そうですね。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でも、まだ出会ってないですしね。あの時以来ですね。

池田:10年ぶりぐらいですね。
▲左より、赤井秀一(CV:池田秀一)、バーボン(CV:古谷徹)

▲左より、赤井秀一(CV:池田秀一)、バーボン(CV:古谷徹)

――この役名を、このキャストで演じると聞いた時は、どのように思われましたか。

池田:赤井秀一という役をいただいた時に、どっかで聞いたことある名前だなっていうのが第一印象でした。それでやっていくうちに、だんだんわかってきまして、僕の考えていたことが正しかったんだなと……(笑)。

僕は赤井秀一として、15年前ぐらいから作品に出させていただいているんですけど、知らないうちにアムロ(『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイ。CV:古谷徹さん)じゃなくて、安室っていうのが出ていると聞いて、「えぇ? 誰の許可を得て?」って思ったんです(笑)。でも、久しぶりに古谷さんとご一緒にバトルをやることができて、光栄に思っている今日この頃です(笑)。

古谷:よく言う……(笑)。僕も実は10周年記念の映画『探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』という作品で、犯人役をやらせていただいて、それ以外にも、TVシリーズでもちょっとした犯人役で、何度かコナンには出させていただいているんですね。実は、家族みんながコナンの大ファンなんです。TVシリーズもですが、特に映画は、もう何度も劇場に観に行くというほどコナン好きだったので、まず10周年の作品で、メインキャラクターとして出させていただいた時には、もう父親冥利に尽きるといいますか、もう自慢しまくりでした(笑)。

その後、TVシリーズで、安室透という役で出させていただくとお話をいただいた時に、「名前が安室透って、やっぱりこれは僕しかできないだろう!」って(笑)。まぁ、赤井秀一のことは知っていましたから、「この二人は何かあるぞ!」と思っていましたし、すごく楽しみでした。それで、キャラクターを見たら、超イケメンじゃないですか!しかも演じていくうちに、頭はいいし、イケメンだし、ボクシングもできるし、テニスは上手いし、最近ではギターも弾けるし、「もう何でもできるスーパーヒーローじゃん!やったぜ!」って思いました(笑)。

この役を描いてくださった原作者の青山剛昌先生には本当に感謝していますし、僕にとってはずっとライフワークにしたいと思うぐらい大好きなキャラクターになりました。だから今回の映画は、本当に楽しみで、もう……燃えつきました(笑)。

▲左より、キール、バーボン(CV:古谷徹)

▲左より、キール、バーボン(CV:古谷徹)

――青山先生から、キャラクターについて何か言われたことはありましたか。

古谷:一度、サイン色紙を持って会食をさせていただいて(笑)。そしたら、青山先生も色紙を持っていらして……(笑)。そこでお互いファンだということがバレバレになりまして、お互いのサインを交換させていただいたんです。その時にも、先生は「ガンダムが大好きなんです」と話してくださったので、やっぱりそうなんだなと……。

確かその時に、僕が原作の最新刊を持っていて、降谷零(安室透の本名。CV:古谷徹さん)という名前が原作に出ていたんです。それで、「ちょっと名前が安易すぎるんじゃないんですか!」って、先生にツッコミを入れたんですよ(笑)。ガンダムのキャラクター名だけでなく、僕の本名まで入れてくださったということが僕にとっては本当に嬉しくて、そのことを伝えたら、先生が「実は、ちゃんと意味もあるんですよ」と……。零というのが0に繋がるという話を聞きました。その後、出演者とスタッフのみんなで鳥取の「青山剛昌ふるさと館」へ足を運んだ時に、先生がシャアのコスプレをしている学生時代の写真が飾ってありました。

池田:ちょっと嫉妬した?

古谷:ちょっと、しましたねぇ。「何だ、アムロのコスプレしてないんじゃん」って(笑)。でもそうやって、僕らの代表作品であるガンダムをリスペクトしていただいて、自分の作品に描いてくださっているっていうのは、本当に嬉しい限りですよね。

▲赤井秀一(CV:池田秀一)

▲赤井秀一(CV:池田秀一)

――池田さんは赤井に対して、どのような印象を持っていますか。

池田:あんまり何もしないやつですよね(笑)。あまり何もしないのに、おいしいところだけもっていくっていうね(笑)。もう本当にありがたい役で、そんなにベラベラしゃべるわけじゃないし、助かります!

古谷:助かりますって!(笑)。

――青山先生から、キャラクターについて何か言われたことはありましたか?

池田:そういうお話はあまりしたことないですね。お会いしても、作品の話はしないです。ただ、今年のお正月にパーティーがあって、そこで久しぶりにお会いして、先生が「赤井、今度の劇場版で描きましたから!」と言われたので、僕は「頑張ります!」と答えました。

7年のブランク、池田さんは赤井が死んだと思っていたのか?


――本作でキャラクターを演じる際に、特に意識した部分などがありましたら、お聞かせください。

古谷:今回の作品の中で、どこが見どころなのかなって、いろいろ考えたんですけど……。安室的には、まずバーボン(安室透の別名。CV:古谷徹さん)とキールが黒の組織に拉致されてしまう。そこは予告でも出ているのですが、そこからバーボンは脱出するんです。縛りつけられて、銃口を向けられていたところから、どうやって脱出するのかというトリックのようなものがあるわけですが、ここは、見どころになるんじゃないかなと僕は思います。



その後で、実は安室の口から解説というか、タネ明かしするんですよ。そのシーンは延々と安室一人でしゃべるし、演じていても大変だったんですけど、僕もちょっとポイントをおいて、お芝居をしたところなので、そこをしっかり観ていただきたいなと思っています!

池田:その安室のシーンをしゃべっている時に、赤井はその話を黙って聞いているわけです(笑)。

古谷:そういうキャラクターですもんね。楽してますね(笑)。

池田:楽してますねぇ~(笑)。

古谷:本当に憎たらしいったらね~(笑)。
▲左より、黒ずくめの組織・ウォッカ、ジン

▲左より、黒ずくめの組織・ウォッカ、ジン

――収録現場で、監督やスタッフといろいろとお話されましたか。

古谷:もちろん本作がけっこう深い話で、しかも長い歴史の中の本筋なので、座長であるコナン役の高山みなみさんにいろいろ聞いたりとか、それをスタッフに確認したりとかしながら、作っていきました。安室でいえば、安室透である部分とバーボンである部分と降谷零である部分がひとつの作品の中に全部入っているわけです。(編集部注:古谷さんは、『名探偵コナン』で、同一人物でありながら3つの名前と顔を持っているキャラを演じています。安室透は表の顔の名前で私立探偵。バーボンは2つ目の名前で、潜入捜査中の組織のコードネーム。3つ目の降谷零は本名。)だから、そこで対する相手にもよりますけど、特に赤井に対しては、言葉遣いも変わるわけじゃないですか。台本に書かれたセリフの語尾とか、ちょっと違和感を覚えたところなんかは、自分でセリフを直してやらせていただきました。

池田:僕は直すほど、そんなにしゃべってないんで……(笑)。

古谷:そんなことないですよ(笑)。

池田:でも途中、7年も出てなかったので……。

古谷:池田さんは赤井が死んだと思っていたんですか?

池田:いや、死んだとは思ってない。これで死んだのかなって、一瞬思ったわけですよ。青山先生も、もう赤井に飽きて、新たなキャラクターを用意してるなと……(笑)。それでも10年ぐらいお世話になったんだから、「ありがとうございました!」と心の中で思っていたら、コナン役の(高山)みなみちゃんが「死んでません!」って、小声で教えてくれたので、「あぁ、やっぱりな」と思って……。おかげさまで、まだ生かしていただいております(笑)。

<次ページ:ふたりが感じる『名探偵コナン』が愛され続けるワケ>
(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード