menu
声優
映画『ワンピース』リレーインタビュー 中井和哉さん、平田広明さん

ゾロとサンジがインタビューでも対決?! 映画『ONE PIECE FILM GOLD』キャストインタビューリレー 中井和哉さん、平田広明さん

 劇場版最新作『ONE PIECE FILM GOLD』が2016年7月23日(土)公開! 
週刊少年ジャンプ(集英社)にて、連載中の国民的人気コミック『ONE PIECE(ワンピース)』。1999年から放送が開始したTVアニメだけでなく、2000年からは劇場版も公開。そして、劇場版は今作が3年半ぶり、第13作目となります。前作『ONE PIECE FILM Z』に引き続き、今作も原作者・尾田栄一郎先生が総合プロデューサーに就任。これまでにないドキドキ&ワクワク120%の作品になっています。

 舞台は、政府公認の独立国家グラン・テゾーロ。世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集うその世界最大のエンターテインメントシティは、世界政府すら手を出すことのできない絶対聖域だった。そこでルフィたちの前に現れたのは、その国の支配者である黄金帝ギルド・テゾーロ。海賊、海軍、そして世界政府ですら容易く金の力で動かすテゾーロの底知れぬ野望が動き出し、今、新世界の勢力図が塗り替えられようとしていた―。

 映画公開記念として、麦わらの一味で、ロロノア・ゾロ役の中井和哉さん&サンジ役の平田広明さんにインタビュー! 作品の観どころや、おふたりにしかわからないキャラクターの魅力など、いろいろと語っていただきました。

▲左:中井和哉さん 右:平田広明さん

▲左:中井和哉さん 右:平田広明さん

 

アニメイトタイムズからのおすすめ
■ 夢の競演?! サンジ役の平田さんとゾロ役の中井さんがボケ&ツッコミで、観どころをご紹介!


――映画『ONE PIECE FILM GOLD』が公開ですが、映画をご覧になった感想をお聞かせください。

平田広明さん(サンジ役/以下、平田):とにかく、きらびやかで華やかでしたよね。サンジがどうこうというよりも、全体がキラッキラしていましたね。誰が派手好きなんだろう? 尾田っち(原作者・尾田栄一郎)かな……?

中井和哉さん(ゾロ役/以下、中井):『ONE PIECE』の世界って、砂埃っぽかったりとか、傷だらけだったりとか、そういうイメージの方が強かったりもするんですけど、今回の映画は本当にきれいで、豪華絢爛で、その中に重みもあるような作品です。今までとは、違った切り口の画面作り、お話作りになっていると思います。

 
――映画『ONE PIECE FILM GOLD』の観どころを教えてください。

平田:ご覧になる方が気に入ったところを観ていただけたらと思ってますので、僕からは、あまり申し上げないんです。皆さんいろんな思い入れがあるじゃないですか。サンジファンだったり、僕のファンだったり、足技の人のファンだったり……。

中井:同じだよ! 今、自分のことしか言ってないですよ(笑)。

平田:(中井さんに向かって)ちょっと黙っててくんねえかな……(笑)。

中井:何か言わないと、止まらなかった感じが……。

平田:(中井さんに)ありがとう! そんなにネタがなかったので、いいところで止めてくれて……(笑)。今回の作品は金太郎あめみたいに、どこを切り取って観ても、楽しめるんじゃないのかな。個人的なことは申しあげないと言っておきながら、言っちゃいますけど、僕が好きなのは尾田っちの動物の使い方ですね。

カメ車(グラン・テゾーロ内アトラクションのひとつ。カメをエンジン代わりにした車)とか、赤目フクロウ(グラン・テゾーロの侵入者を監視するフクロウ)とか、動物系が作中に絡んでくると、ちょっとワクワクするのが僕のおすすめポイント。そこだけじゃないですけど、動物系のシーンがかわいらしくて好きですね。赤目フクロウがいる(麦わらの一味がグラン・テゾーロの禁止区域に侵入する)シーンで、ブルックがみつからなかったという……(笑)。

中井:好きですね。あの(ブルックが絶叫する)シーン、いいですね(笑)。

平田:チョーさん(麦わらの一味で音楽家のブルック役を演じる声優)も相当ベテランなのに、ペース配分しない役者さんだから、思いっきり(アフレコ収録で)絶叫して、普通に声が枯れてるところがすごい。あれね、狙ってるんだよ! 枯れるまで叫んでおこうって……(笑)。

中井:素敵です!

平田:あれがベテランの使うテクニック!!

中井:素敵ですね! あと、劇中の話ですが、麦わらの一味が、チームプレーするんです。彼らは、チームワークはあるんですけど、チームプレーはしない人たちだと思っていたので意外でした。映画では、初めから「じゃあ、こうやってみようか!」って、みんなで企てるシーンがあって、それは今までにないことで面白いなと……思いました。

 
平田:とはいっても、チームプレーにルフィ(モンキー・D・ルフィ。『ONE PIECE』の主人公で、麦わらの一味の船長。CV:田中真弓)は、居ないけどね(笑)。

中井:そうなんですよね。「この人は作戦通りできないだろうという人は、ちゃんとチームから除いてる」っていうのがポイントですね(笑)。ネタバレ的になることを言ってしまうと、そのシーンではゾロも絡んでないです。ゾロ不在の中、「こういうことができる人たちなんだ!」って知れたのは、なかなか新鮮で面白かったですね。

平田:イコール、「ゾロはいなくても大丈夫!」ってことが証明されてるかな?

中井:(平田さんに向かって)やめてください! 本当にやめてくださいね(笑)。ちょっとそういうハラハラした気持ちで観ていた部分もあったんですから……(笑)。「よかった! 最後に(ゾロが)ちょっと活躍して……」と思いましたね。

 
――では、男性目線から見て、「ここがかっこいい!」 、「ここがかわいい!」というシーンはありましたか?

平田:ナミさんナミさんナミさんナミさんナミさんナミさんナミさん(麦わらの一味で航海士。CV:岡村明美)……。

中井:ホント、サンジみたいですね(笑)。

平田:ナミさんナミさんナミさんナミさんナミさん、ナ~ミ~さん!


――ナミさんの特にどの辺りのシーンがよかったですか?

平田:全部全部全部! ナミさんナミさんナミさん!

中井:最低だな(笑)。

平田:役(サンジ)になりきって、仕事だよ、仕事!

中井:すごいなぁ~(笑)。

▲右:カリーナ(CV:満島ひかり)

▲右:カリーナ(CV:満島ひかり)

 
――久しぶりにサンジの「メロメロ」というセリフ(サンジが女性キャラクターに対していうお決まりのセリフ)が聞けて嬉しかったです。

平田:「メロメロ」ね(笑)。ナミさん以外のところでやってたね、バカラちゃん(VIPの案内を務めるコンシェルジュで、ギルド・テゾーロの一味。CV:菜々緒)に。だってバカラちゃんの脇で、サンジの画がずーっと動いてるんだもん。

中井:そうですね。それはやらざるをえないですよね(笑)。

▲バカラ(CV:菜々緒)

▲バカラ(CV:菜々緒)

 
――中井さんはいかがですか?

中井:カリーナちゃん(謎の歌姫で、ギルド・テゾーロの一味。CV:満島ひかり)がかわいいですね!

平田:サンジが言うのはいいけど、ゾロが言うのはどうなの~?

中井:じゃあ、やめようかなぁ~。だってかわいかったんだもん(笑)。かわいくて、凛々しくて、「この人もまたワンピースの世界の人だな」っていうのがすごく伝わってきて、いい意味で、今時の感じではないような気がするんです。今風のアニメのヒロインっぽくないところが、すごくいいなと思いましたね。それと、ゾロはかっこいいです!

平田:ゾロは最後ずるいよな。テゾーロ(グラン・テゾーロを支配する黄金帝ギルド・テゾーロ。CV:山路和弘)に同じセリフ返すところ。カッコイイよ。

中井:ゾロは「俺、勝ってるな」って思うと、そんな挑発的なことは言わないんですけど、今回の映画では、「珍しく言っちゃってるな」って思いました。正直、気持ちがいいですね。

▲カリーナ(CV:満島ひかり)

▲カリーナ(CV:満島ひかり)

 
――ゾロやサンジは、決め技や決めゼリフも本当にかっこよかったですよね。

中井:そうですね。技がたくさん出てきました。大技ではないんですが、虎狩り(ゾロの戦闘技)描写で一瞬、虎のシルエットが入っているところがかっこいいなって!

平田:ああいうサービスは、サンジにはないの?

中井:どうすればいいんですか? お料理のシルエットが「バーンッ!」とかですか?

平田:「パーッ!」と、何かこう、煽られているチャーハンとか入るみたいな……。「悪魔風脚(ディアブルジャンブ。サンジの戦闘技)!」って、鍋の中にエビがあって……(笑)。

中井:「うまそうだな~」って……(笑)。

 
■ 中井さんと平田さんが感じたGOLDな瞬間とは?!

――本作のタイトル『ONE PIECE FILM GOLD』のGOLDにちなんで、お聞きします。おふたりにとってGOLDとは、どのようなイメージですか。

平田:ゴージャスな印象しかないですね。お金持ちのマダムが大口開けた時に見えるもの(笑)。

中井:最悪だな! 最悪だけど、そうだな。ホントにそうですね。

平田:じゃ、それ君にあげる!

中井:いらな~い!

平田:僕はゴージャスなイメージです!

中井:僕はそうですね、頂点ですね。金メダル!

平田:あれ? お金持ちのマダムの口じゃないの?

中井:やめてください!

 
――それでは、本作に関わる中で、おふたりが感じたGOLDな瞬間を教えてください。

平田:(中井さんに向かって)毎週スタジオで自分のセリフを言い終わった後は、恍惚な顔してますいるよね。しょっちゅうGOLDですよ。

中井:「俺、言ってやった~!」って……。違う違う! あの顔は、演じた瞬間から反省してるんです。

平田:次の人しゃべるから、「早くマイク場所から、どいて!」みたいな……。

中井:そういうんじゃない。そういうんじゃないから!

平田:(ゾロの言い方で)「鬼斬りっ! (ゾロの代名詞といえる技)」(言い終えた後、恍惚な表情を浮かべる)

中井:(笑いながら)鬱陶しいわ! 変な真似しないでください。っていうか、そんな人いないでしょう!

平田:(声のトーンがシリアスになって)僕はこの作品に出会えたことですかね! 

中井:失笑!

平田:身内がそういう笑い方するな!

中井:身内、失笑!

平田:(突然、真剣な表情で)麦わらの一味と出会えたことです!! ここ、太字にしておいてください。


――文末に(笑)は、なしですよね?

平田:なしです。ビックリマークはふたつで! 3つはくどいかなと思うので、ふたつでいいです。

中井:もう、めんどくさいなぁ……(笑)。


――中井さんのGOLDな瞬間を教えてください。

中井:ファンのみなさんの存在こそが、僕にとってのGOLDです(真顔)。(真顔)入れてください。


――(真顔)ですか?

平田:ふたりとも大嘘つきだ、ここ! だから、(中井さんより)先にしゃべるの嫌なんだよ!


――ビックリマークはどうしましょう?

中井:ビックリマークはいらないです。本当に真顔で、スッと自然に言ったように書いていただければ(笑)。

平田:次の質問からは、こっち(中井さん)から聞いて!

中井:めんどくさい! この人……(笑)。


■ 今作で改めて感じたゾロの魅力を語る中井さん、これまでのサンジを振り返る平田さん

――『ONE PIECE』という作品で、ゾロという役柄を中井さんが、サンジというキャラクターを平田さんが、長い間演じ続けてきたわけですが、ご自身が演じているキャラクターの好きなところや魅力について、お聞かせください。

中井:ゾロは麦わらの一味の中で、二の線(二枚目路線)にちゃんと踏みとどまっているところがえらいなと思う。それでいて、ちょっと浮いてるような存在でも、いい位置にいるのが僕は好きですね。

今回の映画の中で、みんなと離れてみて思ったのが、心底ルフィを信頼していて、かつ一番支える気持ちがある人なんだと改めて感じました。それを初登場以来、ずっと貫いているところが「ゾロのいいところだな!」って思いましたね。

映画を観ていて、「ゾロがいなくなったら、どうなるのかな?」って思ったら、フランキー(麦わらの一味で船大工。CV:矢尾一樹)がその役割をちゃんとやってくれている。「これ(フランキーの行動)、本来ならゾロだ!」っていう瞬間がすごくあって、「ゾロは、こうやってルフィのそばにいたんだな」って思いました。

平田:『ワンピース キャラクターズLog』(映画公開を記念して、麦わらの一味9人、ひとりずつに焦点を当て、全9話で冒険の軌跡をたどる総集編。フジテレビにて放送中)を観るまで、すっかり忘れていたけど、ゾロはバーソロミュー・くま(王下七武海のひとりで、革命軍幹部。CV:堀秀行)に自分の首を差し出してたんだな。(スリラーバーク編の1シーン。麦わらの一味はバーソロミュー・くまの出現により、全滅寸前まで陥るが、ゾロの命懸けの交渉により難を逃れた)

中井:そうなんです。

平田:「こんな話、あったっけ~?」とか思いながら……。

中井:いやいやいや……(笑)。あなた(サンジ)が聞いてきたんですよ、「何かあったの?」って……。それで(ゾロが)「……なにも!!! な゛かった…!!!!」。(『ONE PIECE』屈指の名セリフ)

平田:あ~! 3歩歩けば忘れるんだなぁ……。

中井:ひどいなぁ……(笑)。

平田:あのシーンはかっこいい! (サンジとして)昔さんざんムカついたはずなんだけど、あれを観て、また思い出して、ムカついた(笑)。

 
――平田さんは、ご自身が演じているサンジの好きな部分や魅力について、いかがでしょうか?

平田:なんだかんだいっても、最終的には騎士道を貫いて、自分の筋がかつてあったことが好きでした!

中井:過去形?! かつて好きだったサンジ(笑)。

平井:なんだかんだいっても、騎士道を最終的に通していた。あの頃のサンジは好きでした!

中井:誰向けのメッセージなんだ(笑)。どうしてほしいんですか?


――サンジは騎士の精神がありますよね。

平田:ありました!


――今回の映画でも、女性を守ろうとするシーンがありましたよね。

平田:今はポーズだけでしょうね(笑)。なんだかんだいっても、決めるところを決めてたサンジが好きでした!


――これからもあるんじゃないですかね。

平田:あの……、尾田に聞いてくれ!

中井:呼び捨て(笑)……。誰向けに言ったか、明らかになった(笑)。


――麦わら海賊団のメンバーたちは、自分の夢や確固とした信念を持って行動していますよね。おふたりがお仕事をする上で、ご自身が最も大切にしていることや心がけていることは何でしょうか?

中井:え~、何だろう……。

平田:中井くんは特にないそうです。

中井:そんなことない! 僕はあまり必要以上というか、求められている以上のサービスは、できないタイプなんです。でも、真心を込めて、お仕事をさせていただくようにしております。

平田:僕は慣れないことですね。けっこう長い期間この世界でお世話になって、いろんな垢もついて、テクニック的なことも覚えてくる。そうすると、流そうと思えば流せるようになるんですけど、慣れた時点で終わってしまう。ですから、いつもどこの現場に行っても、新人くんが頑張っている姿を見ると、「負けねえぜ!」とか思ったりします。

 
――サンジ役を演じ続けて、17年になりますよね。

平田:慣れちゃったな……(笑)。

中井:慣れましたか?

平田:慣れたかな?? サンジも自分の中でパターン化しないように、新鮮な気持ちで演じるようにはしています。

■ 今だからこそ、語れるゲストキャラクターの魅力!

――映画のお話に戻りますが、ゲストキャストが演じるキャラクターやキャストについて、印象に残ったところはありましたか?

平田:今回の作品では、ゲストキャストと一緒にアフレコ収録をしてないんです。一緒に録っていれば、もっと楽しいエピソードとかもお話できたんでしょうけど、白い犬のお父さん(SoftBankのCMに白戸次郎役として登場する犬。CV:北大路欣也)はスゴイです!

中井:レイズ・マックス(伝説のギャンブラー。その正体は革命軍の重要人物。CV:北大路欣也)のことを言うなら、白い犬はやめてください!

平田:北大路さん!

中井:濱田岳さん(本作ではタナカさん役として出演。auのCMでは金太郎役で出演)、菜々緒さんも出ているから、いろいろ厄介なことになるので! 

平田:docomoが出てない……。

中井:そういうこと言わない!

平田:auとSoftBankは出てるのに……(笑)。北大路さんのお芝居は、腹抱えて笑わせていただきました。生意気な言い方ですけど、「ギャグの何たるか」っていうのをわかっていらっしゃる。二枚目キャラだけど、どこかで面白くしたいなと、おとぼけなところを出したくなったりするところを我慢して、最後まで二枚目路線やり通して、結果、「あのビジュアルだから大笑いできる」っていうね。

中井:すごいですよね!

平田:みなさん素敵でした!

▲レイズ・マックス(CV:北大路欣也)

▲レイズ・マックス(CV:北大路欣也)

 
――中井さんは、ゲストキャストが演じるキャラクターやキャストについて、印象に残ったところは何かありましたか?

中井:アフレコ収録をご一緒しなかったので、どなたと戦っているのかわからなかったんですけど、ゾロの相手は(グラン・テゾーロのディーラーで、ギルド・テゾーロの一味のダイス役)ケンコバ(ケンドーコバヤシ)さんでした。攻撃しても攻撃しても「気持ちいい」って言っていたのがケンコバさんだったと思うと、ちょっと「本当に気持ちいい」って言いそうだなって……(笑)。

平田:不思議なリアリティ……(笑)。

▲ダイス(CV:ケンドーコバヤシ)

▲ダイス(CV:ケンドーコバヤシ)

 
――収録している時は、ダイス役がケンコバさんだとはご存知なかったんですか?

中井:そうなんですよ。ゲストキャストは、満島ひかりさんと濱田岳さんと北大路欣也さんくらいしか……。

平田:表に出てなくて、こちら側も知らないということもけっこうあると思います。関係者なのに、ネットニュースで知ったりもしますし。

中井:「あぁ、そうなんだ~」って……(笑)。

▲左:黄金帝ギルド・テゾーロ(CV:山路和弘) 右:タナカさん(CV:濱田岳)

▲左:黄金帝ギルド・テゾーロ(CV:山路和弘) 右:タナカさん(CV:濱田岳)

 
――ダイスの声はキャラクターとのイメージがピッタリでしたね。

中井:ピッタリでしたね~。

平田:ピッタリだったね~。

中井:ダイスというキャラクターは、すごく重厚感のある声で、「強いことは強いんだろうな。変だけど!」っていう部分がすごくよく表現されていましたね。


――ゾロとダイスの戦闘シーンでは、ダイスのおかしな反応に対して、ゾロが臆せず、どんどんせめていくところが印象的でした。

中井:そうなんです。そういう意味では、ダイスがケンコバさんって知らなくてよかったかもしれませんね(笑)。

平田:知ってたら、どう変わるのが知りたい!

中井:ダイスは、痛みがキモチイキャラだけに、「大人のお店的な雰囲気を醸し出す感じになってしまっていたのかも……(笑)」って、これ書けねえよ! 

平田:そこは書いてぇ~!(笑)。でも、このインタビュー、ゾロのキャラクターがブレてるけど、大丈夫かな…(笑)。

中井:大丈夫ですかね(笑)。


――最後に、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の公開を楽しみしているファンへ、メッセージをお願いいたします。

平田:愛してます♡

中井:(ゾロの声で)「斬る!」で……(笑)。一緒に楽しみましょう!

 
[取材・文]宋 莉淑(ソン・リスク)


◆ 作品情報

<公開情報>
映画『ONE PIECE FILM GOLD』 絶賛公開中!

 
<STAFF&CAST>
原作・総合プロデューサー:尾田栄一郎 (集英社 週刊「少年ジャンプ」連載)
監督:宮元宏彰
脚本:黒岩勉
音楽:林ゆうき
劇中曲:小島麻由美
キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤雅将
美術監督:小倉一男
美術設定:須江信人
色彩設計:永井留美子
CGディレクター:能沢諭
撮影監督:和田尚之
製作担当:稲垣哲雄
出演:田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 チョー 山路和弘
ゲスト声優:満島ひかり 濱田岳 ケンドーコバヤシ 菜々緒 北大路欣也

 
>>『ONE PIECE FILM GOLD』公式サイト
>>『ONE PIECE FILM GOLD』公式Twitter

■アニメイトタイムズの人気記事!

杉田智和さんらが出演! 海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』インタビュー

櫻井孝宏さん実写ドラマで新たな挑戦

“はなちゃん”こと花江夏樹さんが『おはスタ』への思いを語る

山寺宏一さん花江夏樹さんの師弟コンビへロングインタビュー【前編】

ミスター平成ライダー高岩成二さん「仮面ライダーは“僕”そのものです」

(C)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング