menu
ブルーロック
アニメ

森田成一さん&梅原裕一郎さんが明かす、バッカス役・岩崎ひろしさんの話とは……!?『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』先行上映会レポート

 2014年10月に放送された『神撃のバハムート GENESIS』の続編として、いよいよ4月に放送を控えたTVアニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』。本作の先行上映会が、2017年3月4日(土)にシネマサンシャイン池袋にて行われました。

 イベントでは、放送に先駆けて#4までを上映。『ユーリ!!! on ICE』『この世界の片隅に』などでも実績のあるアニメーション制作会社MAPPAによるハイクオリティな映像は本作でも健在です!

 さらに、声優陣登壇のトークショーでは、本作から登場となるニーナ・ドランゴ役の諸星すみれさんと、シャリオス17世役の梅原裕一郎さんに加え、前作でもおなじみのカイザル・リドファルド役の井上剛さん、アザゼル役の森田成一さんが登壇。作品に関するトークや、会場のみなさんへのプレゼント企画などで盛り上がりました。

アニメイトタイムズからのおすすめ


まるで劇場版クオリティ!? ド迫力の映像と、ニーナの表情に注目!
 イベントが始まると、まずはこのイベントの目玉である#1~#4の上映が行われました。前作『神撃のバハムート GENESIS』ではまるで劇場映画のような迫力の映像と音楽が話題となりましたが、本作ではさらにパワーアップしていました! ぜひとも放送をお楽しみに!!

 加えて、諸星さん演じるヒロイン・ニーナの活躍にも注目です。物語中ではニーナの表情がコロコロ変わるので、見ていて退屈することがありません。特に男性キャラクターとの絡みは、“恋と破壊の物語。”と銘打たれた本作では重要な要素となってくる……かも!?

ニーナは洋画に出てくるような女の子!?
 上映が終わったところで、森田さんをMCにトークコーナーが始まりました。早速、上映の感想が語られていきましたが、声優陣の反応は様々! 梅原さんは「劇場で見るのに適した作品」と評していて、TVアニメの域を越えている本作の絵や音響の素晴らしさを賞賛していました。

 諸星さんもこの日、会場のお客さんと一緒に#4までを見ていたことがわかると、森田さんが「どのあたりで会場が盛り上がっていた?」と尋ねました。すると、諸星さんは宮野真守さんが演じるイケメン絵描きが登場したシーンや、前作を思わせるカイザルとニーナのコミカルなシーンを挙げていました。

 今作からの新キャラクター、ニーナとシャリオス17世を掘り下げていく一幕では、まずは4話まででは目的が見えてこなかったシャリオス17世に触れられました。人間たちの王として魔族を奴隷として扱い、物語冒頭では神たちの神殿を襲ったシャリオス。演じる梅原さんから、「そんな彼のバックボーンが見えてくるのはこれから」という発言があり、今後シャリオス17世がどういった行動を起こすのか気になるところ。

 ニーナについては、諸星さんが監督のさとうけいいちさんから「洋画に出てくるような、感情の動きやリアクションがオーバーな女の子」と指示されたことを明かしました。諸星さんは「そんなニーナのテンション感を作るのに苦労した」と話しましたが、それを聞いた井上さんは「等身大で、のびのびやっている印象を受けた」とコメントしていました。

アフレコ現場でバッカス役の岩崎さんがすごい!!
 前作から登場しているリタ(CV:沢城みゆきさん)や、バッカス(CV:岩崎ひろしさん)らサブキャラクターが紹介されると、アフレコ現場でのエピソードに話が及びました。梅原さんは岩崎さんと現場が一緒になるのが初めてだったそうで、アドリブ妙技に非常に驚いている様子でした。

 森田さんによると岩崎さんは前作の時からアドリブをかなり入れてきていたそうで、バッカスの口癖の「バカヤロー!」は元々前作での岩崎さんのアドリブから生まれたのだとか。それが本作では最初から台本に入っているそうで、もはやバッカスを象徴するセリフとしてスタッフさんの印象にも残っていることが伺えます。

 そのほかにも気になる話が飛び出しました。監督のさとうさんがアフレコ前に前説をしていたという話が上がると、諸星さんは「気が引き締まった」とコメントしました。また、さとうさんから演出として画を気にしないで喋って欲しいという指示もあったそうで、自分の間合いでお芝居ができてやりやすかったのだとか。

 また、アフレコ現場で学生生活を送っている気分だったと話したのは、井上さん。アフレコの度に現在学生である諸星さんのことを気にかけ、学校行事やテストなどの期間がわかっていたのでそんな錯覚を覚えたそうです。

声優陣が#4までで気になったシーンは……?
 続いては、声優陣がスケッチブックに#1から#4の間で印象的だったシーンを描く、「神撃のお絵かき」のコーナー! 声優陣が選んだシーンはコミカルなシーンから人間ドラマを描いたシーンまで様々で、どれも納得のシーンばかり! なかでも前作で切り落とされたカイザルの左手のキャラクター・ロッキーがお気に入りだと言う諸星さんは、イラストでもロッキーを描いて会場のファンの好評を得ていました。

 森田さんによると、そんなロッキーに関する事件がアフレコ現場であったのだとか。先述した通り、ロッキーには切り落とされたカイザルの左手が使われています。しかし、リハーサル用の映像では右手になってしまっていて、カイザルが両腕とも失ってしまった状況になっていたとか。

「神撃のお絵かき」が終わったところで、「神撃のプレゼント」と題しこの日の出演者全員のサイン入りポスターが当たる抽選会を行いました。これに加えて来場前に配られた小冊子に、声優陣がサインしたものがあると明かされると会場中のお客さんたちは自分に配られたものを確認し、当たった人はその幸運を噛みしめていました。

 最後に現在公開されているPV映像を公開したり、作品に関わる情報を告知したところでイベント締めの時間となりました。森田さんが会場のみなさんに#4までの感想を問うと、万雷の拍手が起きました。

 前作から人間ドラマが熱い作品でしたが、本作では虐げられている悪魔たちからも目が離せません! ぜひとも4月からは超絶クオリティで描かれるこの物語に期待してください!


[取材・文/胃の上心臓]


拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ガンダムシリーズをはじめとするロボットアニメやTYPE-MOONを主に追いかけている。そして、10代からゲームセンター通いを続ける「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」おじ勢。 ライトノベル原作や美少女ゲーム、格闘ゲームなども大好物。最近だと『ダイの大冒険』、『うたわれるもの』、劇場版『G-レコ』、劇場版『ピンドラ』がイチオシです。

この記事をかいた人

胃の上心臓
拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ロボットアニメ作品やTYPE-MOONの作品を主に追いかけている。

担当記事

関連記事
TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』シリーズディレクター・唐澤和也さん&プロデューサー・内藤圭祐さんが語る、ダイたちと走り抜けた1年間と2年目への意気込み/インタビュー
日本が誇る国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズを基に、1989年~1996年にかけ「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画『ドラゴンクエストダイの大冒険』(原作:三条陸・作画:稲田浩司)。本作の新アニメ化作品として2020年10月から放送されているTVアニメが2年目へ突入し、いよいよ物語も佳境に差し掛かりました。そんな今が熱い『ダイの大冒険』ですが、アニメイトタイムズではこの機会にシリーズディレクターを務める唐澤和也さんと、東映アニメーションのプロデューサー・内藤圭祐さんへのインタビューを実施。おふたりには『ダイの大冒険』という作品との出会いから制作の上での苦労、一部ファンの間で話題になったネタや、アフレコ時の声優さん方とのエピソードまで根掘り葉掘り様々な事を伺いました。往年のファンから今後に期待しているアニメ初見の方々まで、必見の内容です。ぜひダイやポップらアバンの使徒たちのこれまでの冒険を本インタビューで振り返り、これから先の物語に想いを馳せてみてくださいね! 『ダイの大冒険』が大好きな人たちの、こだわりと熱意が柱に――アニメイトタイムズでは『ダイの大冒険』に関するインタビューは初めてになりますので、まずは再アニメ化が決まっ...
関連記事
劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』安野希世乃さん、大西沙織さん、茅野愛衣さんインタビュー|ついに完結を迎えるアニメ『冴えカノ』と演じるキャラクターへの想いとは
2度のTVアニメ化を果たした人気作『冴えない彼女の育てかた(以下、冴えカノ)』が、2019年10月26日より公開される劇場版『冴えない彼女の育てかたFine』で、ついにクライマックスを迎えます。TVアニメ第2期『冴えない彼女の育てかた♭』では、主人公・安芸倫也のゲーム制作サークル“blessingsoftware”の別れと再出発が描かれ、新たな希望と非常にもどかしい気持ちで終了しました。劇場版は、その物語の続き。原作が刊行されたのが2012年、TVアニメがスタートしたのが2015年ということで、感慨深い想いをいだいているファンのみなさんも多いことでしょう。それはキャラクターを演じたキャスト陣も同じ。アニメイトタイムズでは、加藤恵役の安野希世乃さん、澤村・スペンサー・英梨々役の大西沙織さん、霞ヶ丘詩羽役の茅野愛衣さんらヒロイン声優陣にインタビューを実施しました。劇場版で少し関係性の変わったキャラクター同士の掛け合いについてや、それを演じてみた感想、そして作品の完結まで関わっての思い出話など、気になるポイントを余すところなく伺いました。大西さんと茅野さんが語る劇場版での英梨々と詩羽の関係性や、安野さんが演じたかったシーンと一番見たかったシーンとは……?『冴え...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』オシュトル(ハク)役・利根健太朗さんインタビュー|藤原啓治さんから引き継いだ大役にプレッシャー。研究を重ねた末に見出した“ハクらしさ”とは
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、オシュトル(ハク)役の声優・利根健太朗さんへのインタビューを実施!利根さんが今作で演じるハクは、2020年に逝去された藤原啓治さんから引き継いだキャラクター。本稿では、役を引き継ぐまでの経緯や演じる際に気を付けていることなどを伺いました。オシュトル/ウコン役もオーディション時から藤原さんに寄せるというオーダーが!?――遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。オシュトル(ハク)役・利根健太朗さん(以下、利根):やると決まった時は驚きましたね。やはり前作『偽りの仮面』から月日が経ってしまいましたし、ここまでにたくさんの困難に見舞われたので、本当にアニメ化するのだろうか?と不安がありました。だから、今回から僕がハクを演じることになってプレッシャーを感じることや、素直に喜べない複雑な思いがあるのは間違いないのですが、満を持してのアニメ化なので非常に嬉しい気持ちです。 ――前作であるアニメ『偽りの仮面...
関連記事
「TVアニメ『からかい上手の高木さん』クリスマスイヴイヴイヴライブ ~あたため上手の高木サンタ~」【夜の部】レポート|高橋李依さんと大原ゆい子さんがこの時期にピッタリな楽曲をお届け!
山本崇一朗先生の漫画を原作として、第2期まで放送されたTVアニメ『からかい上手の高木さん』。本作のライブイベント「クリスマスイヴイヴイヴライブ~あたため上手の高木サンタ~」が、2019年12月22日(日)によみうりランド日テレらんらんホールで行われました。イベントには本作のヒロインである高木さんを演じる声優の高橋李依さんに加え、シリーズ主題歌アーティスト・大原ゆい子さんが登壇。第1期&2期のオープニング主題歌はもちろんのこと、“エンディングで高木さんが歌うJ-POPカバー曲”も披露。また今回は“クリスマスイヴイヴイヴ”ということで、この時期にピッタリなクリスマスソングも聴くことができました。本稿ではこのイベントの模様をお届けします。  「手を繋いだら勝ちでいい」このイベントで西片はその条件を満たせるか!?ライブのオープニング映像が流れると、観客のみなさんに立ってもらうようスクリーンに“standup”の指示が。もちろんこれを受けて会場に集まったファンのみなさんは立ち上がり、手拍子で盛り上げていきます。そうして1曲目は高橋さんが登場すると、いきものがかりの名曲「気まぐれロマンティック」を披露! この楽曲ではキーボードを大原さんが担当しており...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』クオン役・種田梨沙さんインタビュー|「ファンのみなさんが見たかった部分は全て大切に描いています」
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、クオン役の声優・種田梨沙さんへのインタビューを実施!今作では、主人公のハク役を亡くなられた藤原啓治さんから利根健太朗さんが引き継いで演じられます。種田さんには、そんな利根さん演じるハクと掛け合ってみた感想や収録時のエピソードも伺いました。ゲームからの『うたわれるもの』ファンのみなさんはもちろん、アニメ『偽りの仮面』の再放送から注目している方もぜひアニメ『二人の白皇』の魅力の一端をチェックしてみてくださいね! クオンを演じる上で大切にしているのは芯の強さ――前作『偽りの仮面』のアニメから7年、ゲーム『二人の白皇』からも6年が経ちました。遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。クオン役・種田梨沙さん(以下、種田):ありがたいことに、アニメ『偽りの仮面』やゲーム『二人の白皇』以降も本編以外のゲームなどでクオンを演じさせていただく機会は多かったので、そんなに『うたわれるもの』という作品から離れて...
もっと見る



作品概要
<イントロダクション>
 ここは、《人》《神》《魔》あらゆる種族が入り混じる神秘の世界ミスタルシア。バハムート復活による世界崩壊を免れてから10年───新たな《人》の王は《神》の神殿を襲い《魔》の国を攻め落とした壊滅寸前だった状況からの復興と更なる発展。王都は《人》に富をもたらす王都復興の糧として奴隷となる《魔》消えゆく信仰心により力を失った《神》均衡を失っていく世界で《人》《神》《魔》それぞれの正義が交錯する―――

<放送・配信>
2017年4月7日(金)より放送開始予定!
“アニメイズム”
MBS 2017年4月7日より 毎週金曜 26:10~
TBS 2017年4月7日より 毎週金曜 25:55~
CBC 2017年4月7日より毎週金曜 26:50~
BS-TBS 2017年4月8日より 毎週土曜 24:00~
サガテレビ 2017年4月10日より 毎週月曜 25:25~
AT-X 2017年4月9日より 毎週日曜 21:30~22:00
※リピート放送:毎週火曜 22:00~/毎週木曜 14:00~

Amazonプライム・ビデオにて放送終了後より独占配信

※放送時間は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

◆#1(第1話)の放送時間の変更について
TBS:4月7日(金)26:10~(15分押し)※通常放送時間 25:55~
MBS:4月7日(金)26:25~(15分押し)※通常放送時間 26:10~
CBC:4月7日(金)27:20~(41分押し)※通常放送時間 26:39~

<スタッフ>
原作:Cygames
制作:MAPPA
監督:さとうけいいち
脚本:大石静
キャラクターデザイン:恩田尚之
美術監督:中村豪希
音楽:池頼広
撮影監督:淡輪雄介
VFXスーパーバイザー:森川万貴
エフェクトアニメーション:橋本敬史
色彩設計:三笠修
CGディレクター:伊藤敬之
編集:廣瀬清志
音響効果:勝俣まさとし

<声優>
ニーナ・ドランゴ:諸星すみれ
シャリオス17世:梅原裕一郎
ファバロ・レオーネ:吉野裕行
カイザル・リドファルド:井上剛
アザゼル:森田成一
リタ:沢城みゆき
バッカス:岩崎ひろし
ハンサ:森久保祥太郎
ジャンヌ・ダルク:潘めぐみ
ムガロ:???
ソフィエル:坂本真綾
ディアス・バルドロメウ:間宮康弘
アレサンド・ヴィスポンティ:小野賢章

>>TVアニメ公式サイト
>>TVアニメ公式Twitter(@baha_virginsoul)

(C) Cygames/MAPPA/神撃のバハムート VIRGIN SOUL
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング