menu
声優
榊原ゆいさんによるカウントダウンライブの公式レポートが到着

榊原ゆいさんカウントダウンライブ『Countdown★LOVE×Live2016→2017』のオフィシャルレポートが到着!

 2016年12月31日。各地でカウントダウンライブを実施する中、新横浜NEW SIDE BEACH!!で榊原ゆいさんのライブ『Countdown★LOVE×Live2016→2017』が開催されました。

 榊原さんとファンが一体となって大いに盛り上がった、あっという間の約4時間。そんなカウントダウンライブからオフィシャルレポートが到着したので、ご紹介します!

 新横浜駅周辺は新年を迎えるために、色々な場所で色々な準備をしており、予想通り会場入り口には長蛇の列。会場に入ると、開演前にもかかわらず熱気ムンムン。その時間を待ちきれない皆の様子が、中の空気だけで感じられる。ステージの上は、新年を迎える準備なのか、扇が飾られていて雰囲気もバッチリ。そして舞台の暗転と同時に大歓声が沸き起こり、榊原ゆいさんこと、ゆいにゃんが登場。そのまま1曲目「凛武繚乱」をダンサーさん達4人全員従え熱唱。オープニングから超パワフルで会場もヒートアップ。

 MCを挟んで2曲目から4曲目。「きっと夢と雪でできている」、「Eternal Snow」、「戦刃恋歌」。ゆいにゃん曰く「Eternal Snowは清純そうな感じのPVでそう見えるように頑張ったけど、ちゃんと嘘(清純さ)つけてるかな~」と笑いを誘う。

 次の5曲目は〈ルーレットで曲を決めましょう〉との事で興味津々。ルーレットのボードに書いてある曲は「jewelry days」、「Eternal Destiny」、「メチャ恋らんまん☆」、「Chu×Chu!!」、「恋の炎」。どの曲が当たってもファンは納得できる。ところでボードに書いてある「OCHI」とは…?彼は卒業したはず。実際に本人も当日会場にいたみたいで、流石にこのネタは笑いを誘う。
「ルーレットの曲が5曲あるのに、歌うのはその中の2曲だけ。でももちろんどれが来てもいいように、ダンサーちゃんと5曲全て練習したかんね!」とゆいにゃん。企画は楽しいのだが、ゆいにゃんご苦労様と、ファンは思ったことだろう。

その後、ルーレットで決まった曲「恋の炎」を含め、初披露の「雷火來夜」、そして「時を超えて」、「愛、羽風、亜、夢遊時空」と、一気に4曲。そしてここで〈イントロ・ドン〉のコーナー。ゆいにゃんの色々な曲のイントロを会場に流して皆に答えてもらう趣向。ゆいにゃんの「わかった人~!?」の声に手を挙げる人が沢山。会場の皆の理解度が凄い。

 9曲目から12曲目はMCを挟み、IZUMO4の曲から3曲「Reincarnation」,「生きとしいける路、故に焉」、「Acceptance」、そしていつまでも色褪せない人気曲の「奇跡の絆」。さらにここで、また〈ルーレットで曲を決めましょう〉コーナー。今度は何の曲になるのかまたしても興味津々。「jewelry days」に決定した直後「ルーレットの曲の中で一番しんどい曲になっちゃったー!」とダンサーとともにズッコケるシーンも。予定ではこの曲の後に続けて14曲目から16曲目の「SHINING STAR」、「美しき勇者」、「大江戸小町」を歌うはずだったはずが、予定変更で少しの間のMC。続けて5曲歌う事もしばしばあるゆいにゃんにここまで言わせるとは…恐るべしファーストシングル曲「jewelry days」!

 次は〈年末ジャンボLOVE×宝くじ&カウントダウン〉コーナー。1等・ゆいにゃん宅とお揃いのアロマ加湿器、2等・ゆいにゃんチェキ、3等・ラブトラプロマイド。年末ジャンボ宝くじの抽選会の会場のように、ステージ上に数字のルーレットが並ぶ。ゆいにゃんがそれに向けて矢を射るが、なかなか矢がルーレットに刺さらず、再チャレンジすること数回。こんな軽いトラブルもイベントならでは。きちんとその場をフォローするゆいにゃんも流石。

 カウントダウンの時間までは、2016年を振り返ったり、トークで時間調整をする予定だったはずが、ゆいにゃんの大サービスが始まる。なんと、ファンからの催促コールで、カウントダウンに入るまでの時間を気にしながらも〈ルーレットで曲を決めましょう〉コーナーに用意したが歌われなかった残りの曲を、全て熱唱してしまう流れに。結局用意した人気曲を全て聴けて皆が大満足。ゆいにゃんの「せっかく大サービスしたんだから来年も来なさいよ~!これが私の気持ちだーー!」という言葉に「おーー!!ありがとうー!!」と答えるファン。ゆいにゃんとファンとの一体感を改めて実感。ゆいにゃんの2016年の最後の曲は「Eternal Destiny」。

 さて、このライブの目玉、カウントダウンの時間が来た。皆で声を合わせて「3~.2~.1~.HAPPY NEWYEAR!!」
会場のボルテージは建物が揺れていると感じるくらい最高潮~からの、間髪入れずに「剣の舞」!この流れが熱かった!

 カウントダウンが終わり、最初に〈厄払い&餅まき〉コーナー。ゆいにゃんが大幣(おおぬさ・祈祷師が持つ棒みたいなもの)を持出し本格的だなと思いきや、何だか訳のわからない呪文(あえて祝詞とは言いません…)を唱える。「皆のために願ったよ。変なこと言ってないからね~。私は自分で年末ジャンボが当たっていますようにお願いしちゃったよ。」とのお言葉。ゆいにゃんとダンサーさんとで、酉のコスプレをしたラブトラちゃんのシールが貼ってあるお餅をステージから会場にまくという餅まきも新年早々ありがたい。

 今年は酉年。それにちなんで酉(鳥)系の歌を…という言葉からの「鳥の詩(うた)」には、まさかのカバー曲でのサプライズでファンの皆が謎の声をあげ崩れ落ちていた(笑)! この曲を用意してくるところにも、ファン心がわかっているゆいにゃんならではなサービス精神が伝わってくる。続けて酉(鳥)「Fair Child」、「pipipi☆STIKE!」、「BLUE BIRDシンドローム」。

 4曲を歌い終わり、「時間たつのが早いね。体感が早い。」と、ゆいにゃん。会場の全員がそう思っているはず。残るはあとたった2曲。22曲目はいつ聴いても熱い「煌めき一閃」、23曲目はゆいにゃんの最強酉(鳥)曲であろう「片翼のイカロス」で本編は終了。

 もちろんこれで終わるはずない。会場からは割れんばかりのアンコールの声。しばらくそれが続いた後、ゆいにゃんがアンコール曲「Beautiful day」のイントロに合わせながら颯爽と登場。「2017年最初のアンコール。行くぞ~お前らぁぁあ!!」とMCを挟み、本当のラストソング「はぴでい♪」。ダンスの中で、ピコ太郎改め、ゆい太郎を披露。PPAPが流行っている時代の流れをアドリブのダンスで盛り込む、さすがゆいにゃん。

 全ての曲が終わり、ゆいにゃんから「いつかカウントダウンライブをやりたいと思っていたけど、とうとう皆のお陰でやることができた。」と、感謝の言葉を最後に伝えることを忘れていない。ファンの事をいつも考えてくれている。しかもライブ終了後には、会場に足を運んだ一人一人全員に会場出口で挨拶。これほどの規模のイベントでは、あまり見たことのない素敵な光景だった。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ結果発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021夏アニメ最速放送日一覧
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング