声優
『宇宙戦艦ヤマト 2202』 第二章の初日舞台挨拶をレポート

神田沙也加さん、神谷浩史さん、中村繪里子さんが『ヤマト』収録の裏話を語る! 『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』 第二章「発進篇」初日舞台挨拶をレポート

 アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリブートし、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト2199』。2017年2月からはヤマトファン待望の新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』全七章が順次劇場上映予定です。

 そして、本日より公開となる第二章「発進篇」の初日舞台挨拶が2017年6月24日(土)に新宿ピカデリーで行われました。全七章のシリーズを通して登場し、物語の鍵を握る【伝説の女神】テレサ役を演じる神田沙也加さんや、クラウス・キーマン役の神谷浩史さん、桐生美影役の中村繪里子さんだけでなく、監督の羽原信義さん、シリーズ構成の福井晴敏さんもご登壇。

 公開初日に相応しい熱い『ヤマト』トークが繰り広げられました。本稿ではこちらのイベントをレポートしていきます。


絵コンテしかなくてアフレコができなかった!? 神谷さんのぶっこみで会場は大盛り上がり!
 神田さん、神谷さん、中村さん、羽原監督、シリーズ構成の福井さんが溢れんばかりの拍手に出迎えられてご登壇されると、さっそく作品の感想を伺うことになりました。

「(ヤマトが)発進する時にまさかあのような立場になるとは……。」と中村さん。「いや~、よく完成しましたね! よかったですね、アフレコの時絵が絶望的に無かったので、ちゃんと完成するのかなって」と神谷さん。のっけから神谷さんのぶっこみに会場は大笑い。

 それもそのはず、そもそも絵が出来ていないので、声優陣はアフレコができず、あるのは羽原監督の絵コンテだけという絶望的な状況。「羽原監督の絵コンテ好きだから別にいいですけど」と神谷さんが発言にオブラートを包むものの。第一章の時はちゃんと絵があった状態でアフレコをしていただけに、その落差に驚きを隠せなかったようです。それでも、こうしてちゃんとクオリティの高い状態で完成して安心したと語っていました。

 今回のEDテーマ曲「月の鏡」を歌う神田さんは、ED曲は物語を余韻を残しながらも、次への期待感を持たせるという役割を担うので、大変責任感を感じたと語っていました。

今回のヤマトは”脱サラ物!?”そして羽原監督に用意されたサプライズとは……。
 次は第二章の見所へと話は移ります。中村さんは「まさか自分にとってはヤマト発進(見守る編)になるとは思いませんでした」と語り、それに対して福井さんが「これから出番が無かったらこんな所(試写会)に呼ばない」とフォロー。それを聞いて中村さんは「救われました」と胸を撫でおろしている様子でした。

 まさしくキーになるマン、キーマン役の神谷さんは「今のところ大した活躍をしていないですが、彼の”乗せろ、いいから!”という謎の倒置法の説得力が凄い」と語っていました。

 今回のヤマトには、オリジナルにはなかった要素が含まれているそうです。福井さんいわく、”脱サラ物”の雰囲気なのだそうです。「俺たちだけで起業しようぜ! 駄目だよこの会社! という感じで船出したら、いきなり約束していたメインバンクから、お宅とは取引ができないと言われ、も、もしもし!? で終わった所です」と今回のヤマトを簡潔に説明していただけました。これには会場大爆笑。

 そして最後に、羽原監督が3日前に誕生日を迎えたことと、監督のスケジュールがパンパンでこのままではヤマトが走り切れるか不安という福井さんの思いから、神田さん(テレサ)が羽原監督に祈りを捧げるというサプライズを決行。「羽原監督、54歳の誕生日おめでとう。この作品は、マジであなたにかかっています。体調に気を付けて、どうか最後まで成し遂げてください」というテレサの祈り監督を捧げて本イベントは終了しました。

▲神田さんに祈られて少し照れている羽原監督

▲神田さんに祈られて少し照れている羽原監督

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

宇宙戦艦ヤマト2202の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集