アニメ
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第1話ワールドプレミアレポ

京アニメ制作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』Anime Expo 2017での第1話ワールドプレミアイベントレポートが到着!

 2018年1月より放送と世界配信が発表されている、京都アニメーション制作によるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。

 本作の第1話ワールドプレミア上映が、アメリカのロサンゼルス・コンベンション・センターで開催のAnime Expo 2017にて、現地時間の7月2日(日)14時から行われました。

 本イベントには、監督の石立太一さんとヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さん、そして、OP主題歌を担当するTRUEさんが登壇。その模様をお届けするレポートが到着しました!

ヴァイオレットは赤ちゃんみたいなキャラクター
 開場前から長蛇の列ができ、会場は満員となり約3500名が集まりました。MCの呼び込みで、監督の石立太一さん、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さん、OP主題歌を担当するTRUEさんがステージに登壇。アメリカの熱烈なファンたちに大きな拍手で迎えられ、それぞれが挨拶を行いました。

石立監督「日本の京都からやってきました、監督の石立と言います」

石川さん「Hello, Anime Expo! Thank you. My Name is Yui Ishikawa. I am the leading voice actress of Violet Evergarden.(日本語訳:こんにちは、Anime Expo! 私の名前は石川由依です。ヴァイオレット・エヴァーガーデンを演じています)今日はたくさんの皆さんに上映を観ていただけるのをすごく楽しみにしていました! ぜひ最後まで楽しんでいってください!」

TRUEさん「Hello AX! My name is TRUE. I sing Opening theme song of anime “Violet Evergarden”. I will sing Opening theme song “Sincerely”.(日本語訳:こんにちは、AX! 私の名前はTRUEです。「ヴァイオレット・エヴァーガーデンのOP主題歌を歌っています。この後、OP主題歌の「Sincerely」を歌います!」)

 MCの掛け声とともに大歓声があがり、第1話ワールドプレミア上映がスタート。先ほどの大歓声から一転、会場は静まり返り、観客たちは固唾を飲んで映像を見つめ、シーンによっては歓声が湧きました。

 上映が終わると同時に、大きな拍手と歓声が贈られ、再び石立監督、石川さん、TRUEさんの3名がステージへ。監督から観客へ「みなさん楽しんでいただけましたでしょうか?」と投げかけると、観客は再び大きな歓声と拍手で答えます。

 続くQ&Aコー ナーでは、MCから「どのような思いでこの作品を作られていますか?」という石立監督への質問があり「ヴァイオレットって赤ちゃんみたいなキャラクターだと思っています。その赤ちゃんが成長していくところを、みんなで見守っていけるような作品になればいいなと」と答えた。また「ヴァイオレットというキャラクターをどのように捉えていますか?」という石川さんへの質問に対しては、「とても無垢な女の子です」とコメント。

 また「ロスに来てみていかがですか?」という質問に対しては、石立監督が「京都が蒸し暑いので、こちらはすごくカラッとしていて過ごしやすく、しばらく滞在したいと思っているんですけど……明日帰ります」と笑いを誘いました。

 石川さんは「食事のサイズが大きいことに驚きました。お腹いっぱい食べられて、日本ではあまりできない持ち帰りもできるのですごくいいところだなと思いました」、さらにTRUEさんは「昨日はオフで、メルローズでショッピング、サンタモニカのビーチで遊ぶことができたのですが、楽しかったです」と答えました。

 観客からの質問コーナーでは、「京都アニメーションさん、来てくれてありがとう。1話ではどのような印象を残そうと思って作ったのでしょうか?」という質問に対して、石立監督が「ヴァイオレットは、言葉の意味はわかるけど、実感できない。そういうキャラクターなんです。無垢な状態の美しさというものを伝えられたらと思っていて、1話ではそのゼロの状態をお見せしました」と答えました。

 LIVEコーナーとなり、TRUEさんがさきほど1話で流れたばかりのOP主題歌「Sincerely」を熱唱。観客もペンライトを振りTRUEさんの歌声に聴き惚れていました。

 最後に3人から、会場に来てくれたファンの方たちへそれぞれ挨拶を行いました。

TRUEさん:「OP主題歌「Sincerely」を作るにあたって、言葉を伝えるということをすごく考えました。初めて言葉を覚えた頃からたくさんの言葉を覚えてきて、“愛している”や“ありがとう”という言葉があまりに普通になっていたということに気がつきました。でもそういった言葉ってとても大切なんです。こうして皆さんに直接「ありがとう」と伝えることもそうなのですが、このアニメや音楽を通して、そういった言葉がとても大切だということを伝えたいと思います」

石川さん:「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を初めて観てくださった皆さんが、とても温かく迎えてくださって嬉しかったです。素晴らしい映像、音楽、歌に負けないように声優として私も収録を頑張っていきたいと思います。ぜひ親のような気持ちでヴァイオレットのことを見守っていてください。またAnime Expoに来たいと思っているので、応援お願いします!」

最後に、石立監督が「世界で初めて、このAXでこの作品を皆様に観てもらえて良かったなと思います。皆様の期待に応えられるように、この先のエピソードも頑張って制作していきたいと思います。これからもよろしくお願いします」とコメントしワールドプレミアを締めくくりました。

 ワールドプレミアにて約3500人の大観衆の前での先行上映となった本作は、2018年1月放送、世界配信が予定されています。

ワールドツアー情報
■AnimagiC 2017(ドイツ・マンハイム)
内容:第1話EUプレミア
>>詳細はこちら

■第3回京アニ&Doファン感謝イベント
私たちは、いま!!-2年ぶりのお祭りです- 響け!京都から世界へ編(京都)
登壇日時:2017年10月21日(土)14:00開演
登壇者:石立太一(監督)、石川由依(ヴァイオレット・エヴァーガーデン 役)、TRUE(OP主題歌歌唱アーティスト)
内容:第1話・第2話上映
>>詳細はこちら

■C3 AFA SINGAPORE 2017(シンガポール)
内容:第1話アジアプレミア
>>詳細はこちら

作品情報
アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
2018年1月放送・世界配信



<イントロダクション>
「自動手記人形」が生まれたのは、遠い昔のこと。

活版印刷の権威であるオーランド博士は、失明してしまった小説家の妻・モリーのために、目が見えなくても文字を記すことができる機械を発明した。

小さくて可愛らしい人形があしらわれた機械。
博士はそれを、妻への想いと願いを込めて「自動手記人形」と呼んだ。

やがて、「自動手記人形」は多くの人の支えとなり普及した。

今では、文字が書けない人や、想いを伝えたい人に代わって、その気持ちを汲み取り言葉にして届ける職業に就く女性たちの呼び名となっている。

これは、時代の転換期を生きた一人の少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが自動手記人形として、人と人との心をつなぐ物語――

第5回京都アニメーション大賞、初の大賞受賞作が動き始める。

「お客様がお望みなら、どこでも駆けつけます。
自動手記人形サービス、ヴァイオレット・エヴァーガーデンです」

<ストーリー>
ヴァイオレットには戦場で聞いた忘れられない言葉があった。
それは、彼女にとって誰よりも大切な人から告げられた言葉。

「―――」

彼女はその意味を理解できずにいた。

とある時代のテルシス大陸。
大陸を南北に分断した四年間にわたる大戦が終結し、人々は新たな時代を迎えつつあった。

かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、
戦場を離れCH郵便社で新たな人生を歩み始めようとしていた。

彼女はそこで相手の想いをすくい上げ言葉を紡ぐ「自動手記人形」という仕事に出会い、心を動かされる。
自動手記人形として働き始めたヴァイオレットは、人の心と向き合いながら、さまざまな感情や愛のかたちに触れていく。

あの時の、あの言葉の意味を探しながら。

<スタッフ>
監督:石立太一
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
音響監督:鶴岡陽太
アニメーション制作:京都アニメーション
OP主題歌アーティスト:TRUE

<声優>
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 石川由依
クラウディア・ホッジンズ 子安武人
ギルベルト・ブーゲンビリア 浪川大輔
カトレア・ボードレール 遠藤綾
ベネディクト・ブルー 内山昂輝

<主題歌情報>
OP主題歌:TRUE「Sincerely」

>>公式サイト
>>公式Twitter

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集