menu
アニメ
『ダリフラ』市ノ瀬加那×梅原裕一郎 ペアが苦労した2話、そのシーンとは

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』市ノ瀬加那(イチゴ役)×梅原裕一郎(ゴロー役) ペアが苦労した2話、そのシーンとは――

ついに放送がスタートしたTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。放送直前にお届けしてきた声優陣のインタビューに続き、第3話まで放送を終えたメンバーに少しずつ明らかになっている作品、そして物語についてお話を伺いました。今回対象となるペアは、市ノ瀬加那さん(イチゴ役)×梅原裕一郎さん(ゴロー役)。

ゼロツー(CV:戸松 遥)という存在が突然現れ、コドモたちの日常がどう変化していくのか、そしてどこに向かっていくのか……。謎も深まる中、物語はどんどん進んでいく――コドモたちを演じるキャスト陣は、序盤の展開をどう見ていたのか――


アニメイトタイムズからのおすすめ
お互いの声の印象と役作りについて
――お互いの声を聞いていかがでした?

ゴロー役・梅原裕一郎さん(以下、梅原):序盤は掛け合いが多かったので、僕はイチゴを見ていて大変そうだなって思っていました。リーダーシップも取るけど、それがハマっているかと言われたらそうでもなく、イチゴ自身も未熟なところがある。

その背伸びしている感が難しいだろうなって思っていたんですけど、市ノ瀬さんの声を聞いていると、頑張ってる雰囲気がすごく伝わってきますし、生のお芝居感があるので掛け合いをしていても面白いんですよね。生の反応が返ってくる感じというか。

――初めてのメインということですが、堂々としているなぁとかは?

梅原:多分ものすごく緊張はされていると思うんですけど、マイク前ではそれを感じないですし、話が進むごとにイチゴというキャラクターにハマってきていて、特に戦闘中にリーダーシップを取るところはハマってきたなぁって感じたので、すごいと思っています。

――市ノ瀬さんは?

イチゴ役市ノ瀬加那さん(以下、市ノ瀬):そうですね……。台本を読んでいるときのゴローの印象でも、頼りがいがある感じだったんですけど、梅原さんの声と演技が入った瞬間に安心感が半端ではなくて。

掛け合いをしていても引っ張っていってくれているような感じというか。私の拙い演技を引き上げてくれるような、包み込んでくれる安心感があります。イチゴ役としてはリーダーとしてしっかりしないといけないんですけど、私自身は委ねながら演技をしている所もあるので、ありがとうございます!という感じです。

――キャラクターを1話で作っていく段階で監督とすりあわせていった部分はありますか?

市ノ瀬:私は2話でのセリフが多かったので、ヒロとの距離感とか、リーダーとしてのイチゴと、ヒロの前に立っている女の子としてのイチゴの棲み分け的なところはいろいろと教えていただきました。戦っているときは、ヒロの前でもちゃんと凛々しい姿なんですけど、二人きりになると幼馴染に戻ってしまう。そこが本当に女の子だなぁっていう感じがにじみ出てると思います。

――梅原さんは監督と話したことなどはありましたか?

梅原:結構あとの話数なんですけど、休憩中に監督と話す機会があって、いい感じのキャラに育てたねって言っていただいたんです。わりとそこまでは苦戦していて、どうやったら一番いいのかなと思っていたんですけど、その中で監督が認めてくださったところがあって、それがすごく嬉しかったです。「ゴローの優しさを、いい塩梅で表現してくれてありがとう」って言っていただけて、嬉しかったです。

――やっぱり梅原さんも優しい人なんだと。

梅原:どうですかね~(笑)。僕にある1mmくらいの優しさを広げて演じてるんで(笑)。

――何かきっかけのシーンはあったんですか?

梅原:とある回がそれまでと話のテイストが変わるんですよね。そこでゴローがそれまでの回とはイメージが異なる立ち位置でギャグを言うシーンがあって、そこを演じてからはすごく僕自身がゴローを好きになれたというか。

こういうところもあるんだなって思ったんです。それまでが本当に優しい人だったから、どうしても裏があるのではないかと考えてしまって。ゴローにそれはないんですけど、そういう引っ掛かりが演じづらさになっていたのが、そのシーンでやっと自分の中に落とし込めたので、そこからはものすごく演じやすくなりました。


アフレコの雰囲気と今後の見どころ
――アフレコの雰囲気はどんな感じですか?

市ノ瀬:お話が進むごとにキャストの方々と仲良くなっていっている感じがあって、今和やかで楽しい現場になってます。現場以外でもご飯に行ったり、遊びに行ったりしてるんですよ。現場終わりに田村(睦心)さんと市川(蒼)くんと遊園地に行ったり。

――超仲良しじゃないですか!

市ノ瀬:ジェットコースターに何回も乗ったり、観覧車で夜景を見ながらカラオケしたり、すごく楽しい時間でした(笑)! あとご飯も一緒に行ったりするんですけど、タイ料理で脳が痺れるほどの激辛カレーを食べたり、鍋会もしたんですよ。

これは日を改めて集まれる方は集まるって感じだったんですけど、小西(克幸)さんオススメのお店に行ったんです。そしたら戸松さんがとても面白くて、身振り手振り、表情も変わりながらいろいろ話してくれたので本当に楽しかったです!

梅原:……そうですね、残念ながら僕は今の話にはスケジュールもあって、すべて参加してないんですけど(笑)、アフレコの雰囲気がすごく和気あいあいとしているなっていうのを………見てます。

――中に入っていきましょう(笑)!

梅原:みんな楽しそうに話してるな、良かったなぁって思いながら……見てます(笑)。いやでも、機会があったら僕も行きたいですね。

市ノ瀬:ぜひ来てください!

梅原:行き…行きます。

――ちなみに戸松さんはアフレコでもそんな感じなんですか?

梅原:マイク前でもものすごく激しく動いていて。ガッツリご一緒するのは初めてだったんですけど、すごい迫力だなって思いました。ゼロツーになりきっているというか。動くことによって声が変わるんだなって、戸松さんの芝居を見ていて思います。本当にすごいです。

市ノ瀬:やっていて惹き込まれる演技をされるんです。イチゴと対立しているキャラクターではあるのでイチゴとしてイラッとする場面もあるんですけど、そういう感情を引き出してくださるんです。最初のほうはゼロツーに相手にされていなかったけど、イチゴもこれからどんどん食いついていくので。

――3話まで放送されましたが、印象に残っているシーンはありましたか?

梅原:ミツルが瀕死になるところですね(笑)。あの直前まで、すっごい元気にヒロのことを煽っていたのに、急に瀕死になって出てくるので。あそこのセリフはオーディション原稿でもあったんですよ。だからすごく楽しそうだなぁって思いながら見ていました。

でも、あそこは一番ゼロツーの異常さと恐ろしさが垣間見られるシーンなので、みなさん、続きが気になるんじゃないかなと思います。

――それまでは、噂でしょ?ってところがあったけど、本当なんだ、みたいな怖さがありましたね。

梅原:そうですね。でも市川くんの演技が良すぎるから、ミツルが散々な目にあうのを「ざまあみろ!」って見てる方は思うかもしれません(笑)。

市ノ瀬:イチゴは2話がいわゆるお当番回みたいな感じで、イチゴとヒロでフランクスに乗ったんですけど、そこでイチゴが悪戦苦闘して頑張っている姿とか、ヒロとのキスシーンとか。しかもイチゴから!っていうところも印象的でした。あとイチゴの叫びも、上手くできなくてリテイクがいっぱいあったので、収録としても印象に残ってます。

梅原:2話は僕も一番苦労した気がします。本当に優しい会話をヒロとしていたんですけど、どうしてもそこで嫌味っぽい響きが乗っちゃったんですよね。そこを結構ディレクションしていただいて、難しいなって思いつつやりました。

――嫉妬心がないって、演じるのはすごく難しそうです。では最後に、今後の見どころをお願いします。

市ノ瀬:チームがまとまり切っていない中でゼロツーという異色の存在が突然現れて、チーム内でも対立してるし、何が起こるかわからないしっていう状況で、コドモたちが不器用ながら一生懸命戦っている。そこからのみんなの成長具合なども楽しみにしていただきたいと思います。どんどんチームがまとまってくるし、パートナー同士の信頼感も厚くなっていくので、楽しみにしてほしいです。

梅原:いわゆるお当番回みたいなものが、各キャラクターに用意されているので、そこでキャラクターのことをより深く知ってもらえるんじゃないかなって思います。最初はフランクスに乗るパートナーの関係性ですけど、だんだんこの人とこの人は気が合うんだなとか、別のパートナーのキャラクターとの絡みもあったりして、関係が変わっていくさまが見えたりするので面白いです。

あと、世界の説明が本当にゆっくりされていくので、そこを想像したり予想したりして見ていただけたら、とても面白いんじゃないかなって。もちろん群像劇としても面白いので、本当にいろんな楽しみ方ができると思います。

[取材・文/塚越淳一]

パッケージ情報


■ダーリン・イン・ザ・フランキス 1
2018年4月25日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
第一話「独りとヒトリ」
第二話「繋がるということ」
第三話「戦う人形」
本編約72分
完全生産限定版特典 [本編ディスク+特典ディスク 2枚組]
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典CD:音楽・橘麻美によるオリジナルサウンドトラック vol.1
・特製ブックレット
・映像特典:「ダーリン・イン・ザ・フランキス」放送直前番組特番(24min)/WEB予告映像
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 2
2018年5月30日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
4~6話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典CD:ドラマCD
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 3
2018年6月27日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
7~9話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・アニメメイキングDVD
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 4
2018年7月25日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
10~12話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 5
2018年8月29日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
13~15話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 6
2018年9月26日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
16~18話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 7
2018年10月24日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
19~21話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 8
2018年11月28日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
22~24話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

 

作品概要
■放送情報
TOKYO MX:1月13日より毎週土曜23:30~
とちぎテレビ:1月13日より毎週土曜23:30~
群馬テレビ:1月13日より毎週土曜23:30~
BS11:1月13日より毎週土曜23:30~
ABC朝日放送:1月13日より毎週土曜26:29~
メ~テレ:1月13日より毎週土曜26:39~
広島ホームテレビ:1月18日より毎週木曜27:00~
BSS山陰放送:1月19日より毎週金曜26:18~
BBCびわ湖放送:1月22日より毎週月曜26:45~
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

■主題歌情報
・オープニング主題歌
アーティスト:中島美嘉
曲名:KISS OF DEATH(Produced by HYDE)
作詞・作曲:HYDE
編曲:HYDE/Carlos K.

・エンディング主題歌
アーティスト:XX:me(キス・ミー)
作詞・作曲・編曲:杉山勝彦

■スタッフ
原作:Code:000
監督:錦織敦史
副監督:赤井俊文
シリーズ構成:錦織敦史/林直孝(MAGES.)
キャラクターデザイン/総作画監督:田中将賀
メカニックデザイン:コヤマシゲト
アクション監修:今石洋之
ミストルティンデザイン:中村章子
叫竜デザイン:岩崎将大
美術設定:塩澤良憲
美術監督:平柳 悟
色彩設計:中島和子
3Dディレクター:釣井省吾/雲藤隆太
3DCG:スタジオカラー/A-1 Pictures
モニターグラフィックス:座間香代子
撮影監督:佐久間悠也
音楽:橘 麻美
音響監督:はたしょう二
編集:三嶋章紀
制作:TRIGGER/A-1 Pictures

■キャスト
ヒロ:上村祐翔
ゼロツー:戸松遥
イチゴ:市ノ瀬加那
ミツル:市川蒼
ゾロメ:田村睦心
ココロ:早見沙織
フトシ:後藤ヒロキ
ミク:山下七海
ゴロー:梅原裕一郎
イクノ:石上静香
ハチ:小西克幸
ナナ:井上麻里奈
フランクス博士:堀内賢雄

■ストーリー
彼らは夢を見る。
いつの日か大空へはばたく夢を。
ガラスによって遮られたその空が、どれだけ遠いものだと知っていても。
遠い未来。
人類は荒廃した大地に、移動要塞都市“プランテーション”を建設し文明を謳歌していた。
その中に作られたパイロット居住施設“ミストルティン”、通称“鳥かご”。
コドモたちは、そこで暮らしている。
外の世界を知らず。
自由な空を知らず。
教えられた使命は、ただ、戦うことだけだった。
敵は、すべてが謎に包まれた巨大生命体“叫竜”。
まだ見ぬ敵に立ち向かうため、コドモたちは“フランクス”と呼ばれるロボットを駆る。
それに乗ることが、自らの存在を証明するのだと信じて。
かつて神童と呼ばれた少年がいた。
コードナンバーは016。名をヒロ。
けれど今は落ちこぼれ。
必要とされない存在。
フランクスに乗れなければ、居ないのと同じだというのに。
そんなヒロの前に、ある日、ゼロツーと呼ばれる謎の少女が現れる。
彼女の額からは、艶めかしい二本のツノが生えていた。

「――見つけたよ、ボクのダーリン」

●TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」×「アニメイトタイムズ」コラボページ
https://www.animatetimes.com/darli-fra/

TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式サイト
TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」公式ツイッター(@DARLI_FRA)

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング