アニメ
『ポプテピピック』最終話、あの声優が実写で登場する衝撃!

『ポプテピピック』最終話(第12話)、あの男性声優さんが実写で登場する衝撃!またこの回には別の世界線の可能性も!

『ポプテピピック』最終回の第12話。今回は前半パートの声優は、小山茉美さん(ポプ子役)とさ三石琴乃さん(ピピ美役)のベテラン声優コンビが、後半パートは、速水奨さん(ポプ子役)と中田譲治さん(ピピ美役)の『Fate/Zero』コンビが登場しました。

前半パートの小山さんと言えば『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻アラレ役や『キテレツ大百科』のコロ助役、意外なところでは『機動戦士ガンダム』のキシリア・ザビ役などを演じています。また、吹替からニュースのナレーションまで幅広く活動されています。三石さんは、『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎ役や『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト役、『ONE PIECE』のボア・ハンコック役や『ドラえもん』ののび太のお母さんなども担当されています。

お二人ともベテラン中のベテラン声優さん。小山さん演じるポプ子の「月に代わっておしおきよ」の意外性や、突入シーンでの三石さんから醸し出るエヴァ感は、多くのキャラを演じた二人だから出せる空気感だったのではと思います。

 
後半パートの二人は言えば、先にも紹介した『Fate/Zero』と言えます。遠坂時臣(CV:速水奨)と言えば言峰綺礼(CV:中田譲治)によって志半ばで最後を迎えた因縁の関係。二人の共闘は、声優ファンとしては嬉しくもあり、作品ファンとしてはモヤモヤする、心ざわつかせる展開だったかと思います。また「愉悦」「優雅たれ」などファンにはニヤリとできる台詞もあり、細かい見どころも数多くあったと思います。ただひとつ観ていたみなさんが揃ってこう思ったはずです、「このふたり、イケボ(イス)すぎる」と。

 

また、最終回ということで『ポプテピピック』は、物語としての終わりを迎えます。ハッピーエンドを迎えるために重要なキャラとしてある声優さんが登場します。すでに、観た人はビックリのあの方です。
 
 
 
 

※以下、ネタバレ含みますので、視聴を楽しみにしている方は、ご注意ください!

 
 
 
 

しょーたんがなぜか登場し、ピプ子とピピ美の最大のピンチを救う!

前半パートで、ポプ子とピピ美は合体してラスボスに挑みます。見事ラスボスを倒し、ふたりは再度分離。しかし、ピピ美ちゃんはなぜか石化のような状態に。泣きじゃくるポプ子の元に、とある男性声優さんが登場します。

彼は「お〜ぃ」と手を振りながら実写のママで登場。そして「ピピ美ちゃんがね……」とポプ子が説明しているところで、すべてを悟ったかのように「よぉーし任せて、ボクは自由に時を行き来することができるんだ」と、どこかで観たことある(国民的アニメの)タイムゲートのようなところを逆流していきます。その時、ポプ子に「あんた誰や?」と聞かれると、清々しい声で「蒼井翔太です」とキッパリ。

そう、最終回のラスト最後にポプ子とピピ美をピンチから救ったのは、「しょーたん」こと蒼井翔太さんだっんです。しかも、役名も「蒼井翔太(CV:蒼井翔太)」としてエンディングで表示されています。

放送後には、ご自身のツィッターでも、「ポプテピピックに蒼井翔太役」と報告しています。

 
ところで、蒼井翔太さんてどんな人なんでしょうか?
 

綺麗な顔立ちと優しい声色で、蒼井翔太さんにしかできない活動も多数!

アニメファンの方には説明の必要ないと思いますが、蒼井翔太さんは人気声優さんです。

アニメイトタイムズをご利用いただいてる方には、「アニメイト音楽館のメインパーソナリティです」と言えばわかるのではないでしょうか。アシスタントキャラのアニ☆メイトとの掛け合いが楽しいあの番組です。

 
蒼井翔太さんは『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの美風藍役や、『ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション』橘イツキ役、『王室教師ハイネ』リヒト・フォン・グランツライヒ役など多数のキャラクターを担当しています。

『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ 美風藍

『ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション』橘イツキ

『王室教師ハイネ』リヒト・フォン・グランツライヒ

 
また、アーティストとしても活動されており、「蒼井翔太」として8枚のシングルと2枚のアルバムをリリースしています。

 
声優としては、男性から女性まで演じることができのが特徴です。綺麗な顔立ちから女装もお似合いで『戦姫絶唱シンフォギア』のライブでは、多くの女性キャストに混じって、男性から女性へ性転換した「カリオストロ」として舞台にあがっています。



 

また、蒼井翔太さんが来ていた衣装に、「あ!」っと思った水樹奈々さんファンも多いと思います。実は今回の衣装、水樹さんのライブに出演していた時に着ていたものです。(日本武道館7Daysライブ<NANA MIZUKI LIVE GATE 2018>の6日目にゲストで登場)

 
今回を機会に蒼井翔太さんを知った方は、ぜひアニメイト音楽館を聴いてみてください。

アニメイト音楽館

https://www.animatetimes.com/radio/details.php?id=anikan

 

最終回、エヴァ感濃厚な別の世界線があったかも!?

以前、緒方恵美さんのこんなつぶやきが話題になった事を覚えているでしょか。最終回は世界線を移動するような展開でしたが、作品自体にも別の世界線のあった可能性が高いのです。

今回の前半パートは、どこかエヴァ感があったので、もしかすると緒方恵美さんの担当回だったのではと想像します。

小山さんのポプ子も「んちゃ(アラレちゃんのあいさつ)」や「地球割り(地球がスイカのようにパッカリとふたつに割れるアラレちゃんの特技)」などアラレちゃん感も強く小山さんの見せ場も多かったのですが、緒方恵美さんと三石琴乃さんの「特濃エヴァ感」も感じたかったです。

もし蒼井さんにお願いができるのであれば、「緒方恵美さん回も観たいので、過去に戻ってバラシになった収録のスケジュールを調整してほしいです」とお願いしたいですね。

 

『ポプテピピック』は続くのか?

今回の最後は「終劇」として終わりました。物語的にもハッピーエンドだったと言えます。原作の大川ぶくぶ先生も「クソアニメは次第に人の記憶から消し去られていくだろう しかし時代がクソアニメを必要としたとき クソアニメもそれに応えるであろう」という意味深な。発言をしています。

そして、エンディング後の『星色ガールドロップ』二期の発表。この後、一体何が起きるのでしょうか? 『ポプテピピック』は、今期で一区切りですが、まだ終わってないのかもしれません。今後にも注目です!

 

作品情報

STAFF

原作:大川ぶくぶ(竹書房「まんがライフWIN」)
企画・プロデュース:須藤孝太郎
シリーズ構成:青木純(スペースネコカンパニー)
コンセプトデザインワークス:梅木葵
音響監督:鐘江徹
音響効果:小山恭正
音響制作:グロービジョン
音楽:吟(BUSTED ROSE)
音楽制作:キングレコード
シリーズディレクター:青木純(スペースネコカンパニー)、梅木葵
アニメーション制作:神風動画
 

【商品情報】TVアニメ『ポプテピピック』BD&DVD vol.1

発売日:2018年1月31日(水)
価格:¥6,800+税
品番:Blu-ray:KIXA-775/DVD:KIBA-2304
【収録内容】#1-#4
【商品仕様】トールケース
【音声特典】オーディオコメンタリー(出演:大川ぶくぶ、マフィア梶田)
【映像特典】ノンクレジットオープニング・エンディング 他
【封入特典】リバーシブルジャケットイラストポスター

★購入はコチラ
アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

【商品情報】「ポプテピピック ALL TIME BEST」

CD3枚組/TVアニメ「ポプテピピック」BGM、エンディング曲他収録予定
発売日:2018年3月28日(水)
価格:3,980円+税

アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

おすすめタグ
あわせて読みたい

ポプテピピックの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集