アニメ
『ポプテピピック』第10話、コナン公式にも理解される衝撃!

『ポプテピピック』第10話、コナン公式にも完全に理解される衝撃! コナン声優3人が大活躍!

『ポプテピピック』第10話。今回は前半パートの声優は、徳井青空さん(ポプ子役)と三森すずこさん(ピピ美役)の『探偵オペラ ミルキィホームズ』&『ラブライブ!』コンビが、後半パートは、小山力也さん(ポプ子役)と高木渉さん(ピピ美役)の『名探偵コナン』コンビが登場しました。

今回は、なんとも探偵色の強いコンビです。

放送終了後に、徳井青空さんと三森すずこさんは、出演の喜びをツィートしています。

また、徳井さんは、小山さんと別のアフレコ現場で『ポプテピピック』の話題になったようです。『ポプテピピック』、声優さんの間でも話題になっているようですね!

 

「罪を犯した人は、許されるのか?」そんな深いテーマ性を感じる前半パート!

今回の見どころは、火曜サスペンス劇場風の『銀座ホステス探偵』です。銀座のママ・ピピ美と、新人・ポプ子のふたりだけの慰安旅行中に、殺人事件が起こります。そしてなぜか、ポプ子とピピ美が事件解決に動くというこれまた火曜サスペンス劇場風の横滑りな展開です。

このサスペンス、ほとんどサスペンスの体を成していません。殺人事件が起こり、ポプ子とピピ美の温泉サービスカット後には、タイトル表示で犯人が身バレしています。また、殺人現場では「〇〇〇〇(犯人)」と血文字で犯人がバラされていたりもします。素晴らしいほどに、火サスのパロディ感満載です!

ですが、『サザエさん』の磯野波平さんを演じている声優の茶風林さんが刑事役を務め、殺人場のシーンはピリッとしまった場面もあります。
また「罪を犯しても、人はやり直せる」と言うテーマ性は、しっとりとしたエンディングテーマ『人生』と相まって、じんわりとした感動を誘います。今回も本質的には良い物語です。

 
 
しかし後半パートでは……。
 
 

※以下、ネタバレ含みますので、視聴を楽しみにしている方は、ご注意ください!

 
 
 
 
 
 

声優・茶風林さんの名演が、コナンコンビによってすっ飛ばされる!

後半パートの『銀座ホステス探偵』に入ると、前半パートにあった「笑いと感動のミルフィーユ感」が、一気に味変します。

冒頭の殺人現場のシーンでは、ジングル(切り替わりなど、番組の節目に入る短い音楽)が、いきなり(おそらく小山さんの)ジングルのアカペラでスタート。

そして開始早々の温泉サービスカットから、小山さんと高木さんの演技がかなり軽い! 小山さんと言えば海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役などでも知れ渡る、渋めのイケボイス。高木さんも、数々の吹替を担当し、大河ドラマ『真田丸』に役者として出演している名優です。そんな、二人の演技が妙に軽いのです。

茶風林さん演じる刑事の登場シーン、前半パートではぴりりとした印象があったのに対して、後半パートではふたりのおしゃべりで茶風林さんの声が聞こえないほどです。二人が「日暮だってよ(ピピ美)」「良いんですか?w 良いんですか?wwww(ポプ子)」とアドリブらしきツッコミをし続け、茶風林さんの演技が、全然聞こえてきません。

「日暮」とは、茶風林さん演じる刑事の名前で、ポプ子とピピ美はその部分に突っ込んでいたんです。

というのも、3人とも『名探偵コナン』で、探偵・刑事役仲間で共演しているんです。小山さんが探偵の「毛利小五郎」、高木さんが刑事の「高木渉」、茶風林さんも警部の「目暮十三(メグレ ジュウゾウ)」を担当しているのです。

確かに「日暮(ヒグレ)」と「目暮(メグレ)」、かなり似ています!

渋めのシーンだった茶風林さん場面は、小山さん、高木さんが加わることで、コナン感が強まり、一気に「3人の声優とコナンパロディのミルフィーユ感」に味変してしまったという訳なんです。そして、この後も畳み掛けるような、コナンネタがいくつも盛り込まれます。ファン必見です!

おもしろすぎる!

 

「真実はいつもひとつ」というメッセージと共に、伝説が生まれた!

シリーズ構成を担当している、スペースネコカンパニーの青木純さんが、放送前のツィートでも、「今回も全力でやりきりました」と話しているように、全力でコナン回でした。

そして、そんな全力コナン回に奇跡がおきます! 放送終了後に、劇場版名探偵コナンの公式Twitterが反応したのです。しかも「完全に理解しました」のつぶやきと「#小五郎のおっちゃんと高木刑事と目暮警部」のハッシュタグ付き!

これは、ピピ美、ポプ子、日暮刑事のコナン回に対して、公式からの「真実はいつもひとつ」というメッセージなのでしょうか?

真実はどうであれ、第10話『銀座ホステス探偵』は『ポプテピピック』にまた伝説が生まれた瞬間と言えそうです。
 

 

作品情報

STAFF

原作:大川ぶくぶ(竹書房「まんがライフWIN」)
企画・プロデュース:須藤孝太郎
シリーズ構成:青木純(スペースネコカンパニー)
コンセプトデザインワークス:梅木葵
音響監督:鐘江徹
音響効果:小山恭正
音響制作:グロービジョン
音楽:吟(BUSTED ROSE)
音楽制作:キングレコード
シリーズディレクター:青木純(スペースネコカンパニー)、梅木葵
アニメーション制作:神風動画
 

【商品情報】TVアニメ『ポプテピピック』BD&DVD vol.1

発売日:2018年1月31日(水)
価格:¥6,800+税
品番:Blu-ray:KIXA-775/DVD:KIBA-2304
【収録内容】#1-#4
【商品仕様】トールケース
【音声特典】オーディオコメンタリー(出演:大川ぶくぶ、マフィア梶田)
【映像特典】ノンクレジットオープニング・エンディング 他
【封入特典】リバーシブルジャケットイラストポスター

★購入はコチラ
アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

【商品情報】「ポプテピピック ALL TIME BEST」

CD3枚組/TVアニメ「ポプテピピック」BGM、エンディング曲他収録予定
発売日:2018年3月28日(水)
価格:3,980円+税

アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

おすすめタグ
あわせて読みたい

ポプテピピックの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集