声優
寺島拓篤・梶裕貴ら声優陣が劇場版『サーヴァンプ』を語る|初日舞台挨拶レポート

劇場版『サーヴァンプ』への想いや収録現場でのエピソードを寺島拓篤さん、梶裕貴さんら声優陣が語る|初日舞台挨拶レポート

2018年4月7日(土)、バルト9にて劇場版『「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』の初日舞台挨拶が行われました。『SERVAMP-サーヴァンプ-』は原作・田中ストライクさんのマンガで2016年7月にはTVアニメ化もされた人気作品です。

劇場版本編終了後、寺島拓篤さん(城田真昼役)、梶裕貴さん(クロ役)、下野紘さん(有栖院御園役)、堀江一眞さん(スノウリリイ役)が登場。作品についてのクロストークで盛り上がりました。

 
御園・スノウリリイがメインの劇場版に下野さんの想いは?
舞台挨拶がスタートすると、寺島さん、梶さん、下野さん、堀江さんの4名が会場からの拍手に包まれつつ登壇。一言ずつ、挨拶を行ったところで早速MCからキャスト陣への質問タイムが始まりました。

劇場版が公開となった感想について聞かれると、「アニメ終了から期間が空きましたが、その間収録・イベントなどもあり、この4人で集まるのが自然な感じです」と寺島さん。梶さんはドラマCDから携わっていたこともあり、アニメ化・劇場公開できたことを感慨深い様子で喜びを語りました。

そして、本作品のメインキャラクターである有栖院御園を演じた下野さんは「ドラマCDでは御園がメインの話はありましたが、劇場版でメインという話を聞いて『嘘だろ…』って率直に思いました」と劇場版決定の際、期待や驚きがあったそうです。

また、御園の相棒のスノウリリイ役で、本作で舞台挨拶が初めてという堀江さんは「アニメシリーズで語られなかった話が劇場版になった」と喜びを語り、この作品がなければ舞台挨拶をせずに死んでいたかもしれない、と冗談っぽく話し会場の笑いを誘っていました。

 
本編同様、アフレコ現場も重い雰囲気に?

続いて、アフレコ現場の話題へ。アニメではあまりシリアスな場面が描かれなかったスノウリリイ。堀江さんはアフレコ時に「(スノウリリイが)怖くないか」「もっとやった方がいいか」とすごく考え、悩みながら演技をしていた、とのことです。

加えて、テレビシリーズと違って劇場版はシリアスなテイストになっていることもあり、現場も少し重い空気感だったそう。そんな中、今回のストーリーのキーパーソンの一人である御園の父・有栖院御門を演じる一条和也さんが現場を盛り上げていて、みんなのお父さんのような存在になっていた、とキャスト陣のみなさんが語っていました。

その後、映画本編が始まる前に流れる、真昼&クロ、御園&御国、リヒト&ロウレスによる劇場マナーを喚起するボイスドラマの紹介がありました。注意喚起のボイスは週替わりで変更となる劇場限定のスペシャル特典とのことです。

最後にこれを受け堀江さんが、スノウリリイの注意喚起を即興で披露。「ポップコーンはコーラで流し込む」「無駄な撮影禁止」「カップルのいちゃつき禁止」など、独特な注意喚起を行い、最後に梶さんが「あんたが一番注意だよ!」と鋭いツッコミをした瞬間、会場はこの日一番の大爆笑が起こりました。

このやり取りで舞台挨拶は終了。最後にキャスト陣が観客に向けて一言ずつ挨拶し、イベントは幕を下ろしました。

[取材・文/冴島友貴]

(C)田中ストライク・KADOKAWA/SERVAMP MOVIE PROJECT
おすすめタグ
あわせて読みたい

SERVAMP-サーヴァンプ-の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集