アニメ
『グラゼニ』第7話「二軍なのに一軍」の先行場面カット到着

『グラゼニ』第7話「二軍なのに一軍」の先行場面カット到着! 夏之介は、プロ入りしてから特に実績がない東光とバッテリーを組むことに

BSスカパー!初のオリジナルアニメ『グラゼニ』(原作:森高夕次、漫画:アダチケイジ/講談社「週刊モーニング」連載)。このたび、5月18日(金)午後10時30分から放送となる、第7話「二軍なのに一軍」の先行場面カット&あらすじが公開となりました。

第7話で登場するのは、大学時代スター選手として活躍したが、プロ入りしてからこれといった実績がない選手の東光(捕手)。今回、主人公・凡田夏之介(CV:落合福嗣)とバッテリーを組むことになるのですが……。

さらに本作のキャラクターデザインを務める大貫健一氏からのコメントも到着したので、あわせてご紹介しましょう。

第7話「二軍なのに一軍」

●あらすじ
第4の捕手・東光が1軍にあがってきた。32歳。年棒500万。大学時代スター選手として活躍し主将も務めたが、プロ入りしてからこれといった実績がない。この日も代打で結果を残せなかった。大学時代の親友でスポーツ紙のエース記者の北村は、引退して就職することを勧めるが、東光はガンとして拒否する。翌日、スタメン出場した東光の打棒が炸裂した。そしてリリーフで登場した夏之介とバッテリーを組んだ。

グラゼニ裏話
★今回話してくれたのは、キャラクターデザイン/大貫健一さん
「普通の野球漫画とちょっと違ったアプローチで面白いよ」と薦められて読み始めた「グラゼニ」。まさか数年後にキャラクターデザインのお話が来るとは思ってもみませんでした。キャラクターそれぞれにはっきりとした特徴があり、線もすっきりしていて描きやすいので楽しく設定作らせてもらっています。

(C)森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社
おすすめタグ
あわせて読みたい

グラゼニの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集